★阿修羅♪ > 戦争b22 > 314.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
シリアでの戦争を「内戦」だと言い張る侵略勢力(その2)(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/18/warb22/msg/314.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 9 月 08 日 16:17:45: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

シリアでの戦争を「内戦」だと言い張る侵略勢力(その2)
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201809070001/
2018.09.08 櫻井ジャーナル


 1991年はCIA人脈がKGBの中枢と手を組み、ソ連でクーデターを成功させた年だ。これは本ブログでも書いたことがある。ハンマー作戦だ。その勢力に操られたボリス・エリツィンは1991年12月にソ連を勝手に消滅させてしまった。

 ソ連が消滅したことでネオコンたちはアメリカが唯一の超大国になったと認識、自由に世界を侵略できる条件が整ったと考え、単独行動主義へ傾斜、国連を無視するようになる。そして​1992年2月、国防総省のDPG草案という形で世界制覇プランを作成​した。旧ソ連圏、西ヨーロッパ、東アジアなど潜在的なライバルを押さえ込むと同時にエネルギー資源を支配しようと考えた。中国が残された中の国で最も警戒するべき対象と考えられたことから、東アジア重視が打ち出される。

 このプランはウォルフォウィッツ次官を中心に作成されたことからウォルフォウィッツ・ドクトリンとも呼ばれているが、その基本的なアイデアは国防総省内部のシンクタンク、ONA(ネット評価室)で室長を務めていたアンドリュー・マーシャルが考えたと言われている。冷戦時代、マーシャルはソ連の脅威を誇張した情報を流してCIAの分析部門と対立していた人物で、ソ連消滅を受けて中国脅威論を叫び始めた。

 ブッシュ・ジュニア政権の終盤、アメリカ支配層の想定と違ってロシアの軍事力が強いことが判明、バラク・オバマ大統領は2010年8月にPSD-11を出してムスリム同胞団を使った侵略計画を承認した。そして「アラブの春」が始まる。

 この計画に基づき、2011年2月4日にNATOはカイロでリビアとシリアの体制転覆に関する会議を開き、2月15日にはリビアで侵略戦争を開始、3月15日にはシリアでも体制転覆を目指して戦争を始めた。この侵略戦争でアメリカ、イスラエル、サウジアラビア、イギリス、フランス、トルコ、カタールが地上兵力として使ったのがムスリム同胞団やサラフィ主義者(ワッハーブ派、タクフィール主義者)を中心とするジハード傭兵である。その後、様々なタグがつけられるが、基本構造に変化はない。

 シリアを侵略する口実として「民主化運動の弾圧」が掲げられていたが、2010年シリアで活動を続けているベルギーの修道院の​ダニエル・マエ神父​は住民による反政府蜂起はなかったと語っている。したがって、政府による弾圧もなかった。これは現地を取材したジャーナリストも指摘している。

 「民主化運動の弾圧」という幻影を信じさせるために使われたのがシリア系イギリス人のダニー・デイエムやSOHR(シリア人権監視所)。その話に飛びつき、アメリカの侵略を受け入れた人もいるようだ。

 ところが、デイエムの発信する情報が信頼できないことを示す映像が2012年3月1日にインターネット上へアップロードされた。この日、ダニーや彼の仲間が「シリア軍の攻撃」を演出する様子が流出したのだ。つまり彼の「現地報告」はヤラセだった。

 2012年5月にシリアのホムスで住民が虐殺されるると、西側の政府やメディアはジハード傭兵と同じように、シリア政府軍が実行したと宣伝する。これを口実にしてNATOは軍事侵攻を企んだものの、宣伝内容が事実と符合せず、すぐに嘘だとばれてしまう。その嘘を明らかにしたひとりが現地を調査した東方カトリックの修道院長だった。

 現地を調査した​ローマ教皇庁のフランス人司教​は侵略軍のサラフィ主義者や外国人傭兵が住民を虐殺したと報告、それを教皇庁の通信社が伝えた。その司教は「もし、全ての人が真実を語るならば、シリアに平和をもたらすことができる。1年にわたる戦闘の後、西側メディアの押しつける偽情報が描く情景は地上の真実と全く違っている。」と書いている。

 また、現地で宗教活動を続けてきたキリスト教の聖職者、​マザー・アグネス・マリアム​も外国からの干渉が事態を悪化させていると批判していた。シリアにおける住民殺戮の責任を西側の有力メディアも免れないと言っているのだ。(つづく)




 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2018年9月08日 20:09:08 : d09awybmvs : 9XELq6f142c[230] 報告
冷戦を 終えて見つけた 次の敵
2. 2018年9月08日 21:46:18 : FowVxq9peM : DXBOTi4xAAE[30] 報告
アメリカ影の政府とイスラエル、サウジがシリアを侵略したが、失敗したようだね。

中東の戦争は、全て、侵略者がいる。

内紛を起こし、傭兵を使い侵略戦争をする。

戦争する金をどこの国が出しているか?、調べれば、答えはわかります。

被害者は、中東の国民たちなのです。

3. 2018年9月09日 11:41:04 : LiAK8mOVpk : JfLzxe_9T5I[819] 報告
今世紀に入り、直ぐ様911自作自演偽テロ事件が起きて、それから延々アメリカ主導に依る中東や世界中でのテロや紛争が起きるように成った。

その頃はツイッターも無くネット環境もBBS通信くらいしか無かったやっとブログというモノが登場した頃だろうか?

そんな中、911の真実やら日航機123便の真実だとか、見聞きしてネットにかじりついていた。
一時期は共謀罪?成立とともにブログを畳む人が増えてこれから先真実の伝達はどうなるのか?とも思っていたが、嘘も増えたが其れ以上に真実を伝える、真実に関心を持つ新たな人達が増えてきていると思う。

そうして、平和と平等、自由な社会、安保、米国、米軍、脅威の中国、脅威の北朝鮮、脅威のロシアの実態がかなり整理されていろんな人達が真実を理解し始めている、もう連中の悪巧みはこれからは通用しないだろう。

今日もイドリブではロシア、シリアによるテロリスト拠点への激しい空爆が始まった様だ。
一日も早く中東の平和が訪れる事を願う。

4. 2018年9月09日 12:17:06 : LiAK8mOVpk : JfLzxe_9T5I[822] 報告
http://blog.canpan.info/jig/archive/6732
中東TODAY
中東の人々の本音を知るため、中東ニュースの重要項目を解説し、中東の未来を予測します。

NO:5231  9月10日  『アメリカW・ヘルメットを使い偽旗作戦準備』 [2018年09月09日(Sun)]
 アメリカは人道支援組織といわれている、ホワイト・ヘルメットを使い、シリアで偽旗作戦を準備している、ということだ。このホワイト・ヘルメットは、以前にもシリア政府がガス兵器を使って、市民を犠牲にしたと宣伝し、欧米マスコミはそれを、大々的にテレビなどで宣伝し、シリアへの軍事攻撃を正当化している。

 今回の、シリア軍とロシア軍によるイドリブ作戦でも、同じことが繰り返されようとしている、とロシアの国防相やシリア政府は国連に訴えている。今回はヌスラ組織が主役であり、ヌスラがガス兵器を使って市民を攻撃する。

 それをホワイト・ヘルメットが救援に駆けつけて、犯行はシリア軍だと世界に訴える、というシナリオだ。攻撃される予定地はジスル・シュグールやセラカブ、タフタナズ、セルミン、などイドリブの街だと言われている。

 シリアの国連大使は既に、この偽旗作戦に関する、報告書を国連に提出し、『偽旗作戦というガス兵器使用の作戦は、既にテロリストによって立案されている。それをシリア政府の犯行と訴えるつもりでいる。』とシリアの国連大使は語った。

 ロシアの軍部もジュスル・シュグールに、8本の塩素ガスキャニスターが、既に持ち込まれていると非難している。また、ホワイト・ヘルメットの要員も、既に現地に入っている、ということの様だ。

 ロシア政府も国連に対して、関係書類を送りつけている。テロリストたちはこのガス作戦で、シリア政府を陥れようとしている、とも語っている。

 他方、この作戦が行われた場合、アメリカはシリアのどこの街に、報復攻撃するかを決めている、ということだ。そして、アメリカに加え、この作戦には、イギリスやフランスも加担する予定だ、ということだ。

 真相は分からないが、多分にありうる話であろう。アメリカにとって、イドリブがロシア軍やシリア軍の手に落ちてしまい、これまでアメリカが育成し、支援してきたIS(ISIL)を始め、ヌスラなどテロリスト集団が壊滅すれば、シリア作戦は大打撃を、受けることになるからだ。

 このシリアやロシアによる、アメリカの偽旗作戦への非難は、もうじき真実が明らかになろう。ただ、世界のマスコミは相変わらず、ホワイト・ヘルメットを正義の味方のように、報道するのかもしれない。日本でも中東問題をコメントする、専門家といわれる人士も、アメリカの偽旗作戦大賛成であり、そのような発言しかしない。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b22掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b22掲示板  
次へ