★阿修羅♪ > 戦争b22 > 601.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ロシア軍は超能力を使っている?(ニューズウィーク)
http://www.asyura2.com/18/warb22/msg/601.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 4 月 06 日 08:13:45: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

ロシア軍は超能力を使っている?
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/04/post-11934.php
2019年4月5日(金)16時00分 ブレンダン・コール ニューズウィーク


1941年、ナチス・ドイツとの戦いに向けて行軍した歴史的軍事パレードを記念する行事(2018年11月7日) Maxim Shemetov-REUTERS


<政府公認の出版物が超能力の使用を肯定する記事を掲載して、国内でも驚きの声があがっている>

ロシア国防省の公式機関誌に掲載されたある記事が話題になっている。ロシア軍が超能力者と手を組み、超常現象を利用した戦術で兵士を支援したり、イルカを使ってテレパシー実験を行っている、という内容だ。

この記事は陸軍ダイジェスト誌に掲載されたもので、「未来の戦争に対応するスーパー兵士」というタイトルがつけられている。記事では、鍵のかかった金庫に保管している書類の内容を、鍵を開けずに超能力者に読み取らせることに成功したといった、ロシア軍が行った奇妙な実験の数々が紹介されている。

この記事が最初に公開されたのは2月だったが、4月に入り、ロシアのRBC誌や、政府に批判的なノーヴァヤ・ガゼータ紙、ニュース系ウェブメディアのメデューサなどが相次いで取り上げたことで、にわかに注目を集めている。超能力を肯定する内容の記事が、政府公認の出版物に掲載されたことに、識者からは驚きの声があがっている。

この記事を書いたニコライ・ポロスコフは、チェチェンやシエラレオネでの軍事作戦に参加した経験を持つ人物だ。そのポロスコフによると、1980年当時のソ連軍で、科学者たちが超常的な能力を使う方法を開発したという。「いわゆる変性意識状態にある人間から情報を引き出す」ことが目的だった。

ポロスコフはさらに、この手法がチェチェンでの軍事作戦で実際に用いられたと記している。その目的は、「敵対勢力の計画や、部隊の編成、武器を暴く」ことだったという。

■遠隔地からの尋問も

さらにポロスコフは、ロシアには、テレパシーを使って囚人を尋問する専門家が存在すると述べている。この能力は、イルカを使った実験で磨かれたものだという。

「彼らはイルカに芸をするようテレパシーを送った。それが、人間にも使えることが判明した」とポロスコフは書いている。

2月の記事では、超常的な能力を活用した戦術が、外国語の習得や負傷した兵士の治療、待ち伏せの察知といった任務で、兵士の支援に用いられていると主張している。超能力でコンピューターをクラッシュさせることも可能だという。

記事によると、テレパシーを使った「言葉を使わない尋問」は、敵軍の兵士が寝返りの誘いを受け入れる余地があるかどうかを判断するのに役立つという。また「超能力的な対抗手段」は、特殊部隊の兵士が敵の尋問に耐え、秘密を守るのにも役立っている。

雑誌「ロシアの兵士」の分析部門でトップを務めるアナトリー・マトビチュクは、RBC誌の取材に対し、旧ソ連の科学者が超能力に関わる分野の研究を行っていたことは事実だと述べた。こうした研究は、特に1960年代から1980年代にかけて盛んに行われたという。

「戦闘目的の超心理学は、実際に一定の地位を占めてきた。(中略)この手法は、ソ連科学アカデミーが人間が持つ驚異的な能力を発見しようとした試みのなかで開発された」と、マトビチュクは述べた。

しかし、ロシア科学アカデミーでニセ科学の撲滅に取り組む委員会の座長を務めるエフゲニー・アレクサンドロフはRBC誌に対し、「戦闘目的の超心理学」などというものは、ニセ科学が生み出した概念だと一蹴した。

「こうした取り組みは実際に存在し、開発も行われ、機密扱いになっていた(中略)。しかし、世界の多くの国と同様に、これらの研究はすべて、今ではニセ科学的の烙印を押されており、まったく意味がないものだ。超心理学など存在しない。おとぎ話だ」と、アレクサンドロフは断じた。

「いかなるものであれ、離れたところにいる人間に思念を伝達できるとの主張には、科学的根拠はなく、そうした報告例は存在しない。まったく不可能だ」と、アレクサンドロフは付け加えた。

(翻訳:ガリレオ)















 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[8744] kNSCqYLU 2019年4月06日 08:17:07 : 90EZJT5uPI : YU9qMWtEWURTcUk=[3783] 報告


2. 2019年4月06日 09:30:04 : jdbscxdMEI : ZWNRcnA3VXlMSmM=[283] 報告
いつでもどこの国でもカルトの種はつきない。日本のテレビはカルトそのもの。西欧も神は精霊で人の子を作ることがあるとされているわけで当たり前のこと。
3. 2019年4月06日 20:47:19 : 2FOSukKJfI : Nkw4c2tKeW9zdVU=[132] 報告
こういう話、ずっと前からあったよね。
米ソ冷戦時代から米ソ双方の科学者が超能力の軍事利用を目指して研究してるとかって。
あくまでうわさであって、公式になったという話は聞かないけど。

私自身は超常現象や第六感的なものは有り得ると思ってるけど、それを人間が自由自在に使える日は来ない、コントロールは不可能だと思ってる。

「実用化」は無理だと思うよ。

4. 2019年4月07日 12:36:20 : mqBEk9NHPU : WEZaUlVuNWR0Mm8=[30] 報告
Third Eye Spies (2019) | Official Trailer HD
https://www.youtube.com/watch?v=iBokQomPr_g

ドキュメンタリー映画:Third Eye Spies (full)
https://thepiratebay10.org/search/Third%20Eye%20Spies/1/99/0

5. 2019年4月07日 19:00:54 : O8HL2KZeN6 : R3B5aGZLdXlFWW8=[103] 報告
縋りたい 超能力の ファンタジー
6. しんのすけ99[334] grWC8YLMgreCrzk5 2019年4月09日 16:11:30 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[96] 報告
でもぉ  超能力とやらが本当に使えるのならば何故 ソビエト連邦は崩壊してしまうのか 何故それが
予測出来なかったのか ソ連崩壊によって憂き目を見た特権階級は そうとう居たでしょうな
マトモに給料すら当たらなかった軍人や役人もいたとか。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b22掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b22掲示板  
次へ