★阿修羅♪ > 戦争b22 > 643.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
北朝鮮 短距離ミサイル発射 韓国軍が発表 NHK 
http://www.asyura2.com/18/warb22/msg/643.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 5 月 04 日 11:35:35: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

北朝鮮 短距離ミサイル発射 韓国軍が発表
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190504/k10011905191000.html
2019年5月4日 10時10分 NHK



韓国軍によりますと、北朝鮮は4日午前、東部から短距離ミサイルを発射し、韓国軍はアメリカ軍とともに詳しい情報の収集を急いでいます。

韓国軍の合同参謀本部によりますと、4日午前9時6分ごろ、北朝鮮が東部のウォンサン(元山)から東に向けて短距離ミサイルを発射しました。

韓国軍はアメリカ軍とともに、発射されたミサイルの種類や落下位置などの詳しい情報の収集と分析を急いでいます。

北朝鮮はことし2月の2回目の米朝首脳会談が物別れに終わって以降、アメリカ側に対して不満を示しつつも、協議については今後も継続する意志を見せています。

今回、北朝鮮が発射したミサイルについても、弾道ミサイルではないことから、国連安全保障理事会の制裁決議に違反しないよう配慮しながら制裁に屈しないというメッセージを国内外に示そうとした可能性があります。

日本へのミサイル飛来確認されず 防衛省

北朝鮮が東部のウォンサンから東に向けて短距離ミサイルを発射したと韓国軍の合同参謀本部が発表したことについて、防衛省は、これまでのところ日本の領域や排他的経済水域への弾道ミサイルの飛来は確認されておらず、日本への直接の影響は確認されていないとしています。

アメリカへのけん制か 防衛省幹部

防衛省幹部はNHKの取材に対し「日本に直接影響があるものではないと考えている。北朝鮮は、米朝協議が停滞する中で、アメリカへの一種のけん制として今回の発射を行ったのではないか」と話しています。

別の幹部は「日本やアメリカに直接影響する中長距離の弾道ミサイルではないことを考えると、北朝鮮は米朝協議の決裂を望んでいるわけではないと見られる。こう着状況を打開したいという意図だろうが、今後も北朝鮮の動向を注視したい」と話しています。

防衛省はミサイルの種類など情報収集を続けるとともに、引き続き警戒と監視に当たっています。












 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[11839] kNSCqYLU 2019年5月04日 11:36:23 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[1904] 報告


2. 赤かぶ[11840] kNSCqYLU 2019年5月04日 11:37:13 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[1905] 報告


3. 赤かぶ[11841] kNSCqYLU 2019年5月04日 11:38:18 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[1906] 報告


4. 赤かぶ[11842] kNSCqYLU 2019年5月04日 11:39:16 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[1907] 報告


5. 赤かぶ[11843] kNSCqYLU 2019年5月04日 11:40:19 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[1908] 報告


6. 赤かぶ[11844] kNSCqYLU 2019年5月04日 11:40:59 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[1909] 報告


7. 2019年5月04日 11:49:11 : zHkZ9HE9RQ : M0dxTnZLSmxHLk0=[1] 報告
米国と韓国は、空軍の軍事訓練を再開した。

北朝鮮は、これは裏切り行為だと非難している。

> US, South Korea Begin Smaller Annual Air Drills on Korean Peninsula

https://sputniknews.com/military/201904231074396769-us-south-korea-begin-smaller-annual-air-drills/

8. 赤かぶ[11845] kNSCqYLU 2019年5月04日 12:17:42 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[1910] 報告

北朝鮮 短距離の飛しょう体 21分間で数発発射 韓国軍が発表
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190504/k10011905191000.html
2019年5月4日 11時56分 NHK



韓国軍は、北朝鮮が4日午前、東部から短距離の飛しょう体を21分間のうちに数発発射したと発表し、アメリカ軍と詳しい分析を進めるとともに、追加の発射に備えて、警戒と監視を強化しています。

韓国軍の合同参謀本部の発表によりますと、北朝鮮は東部のウォンサン(元山)から東に向けて4日午前9時6分ごろから21分間のうちに、飛しょう体数発を発射しました。

この飛しょう体はおよそ70キロから200キロ飛んで日本海に落下したということです。

韓国軍は当初、飛しょう体について「短距離ミサイル」だとしていましたが、その後の発表で「短距離の発射体」という表現に改めています。

韓国軍はアメリカ軍と詳しい分析を進めるとともに、追加の発射に備えて警戒と監視を強化しています。

韓国メディアは、今回発射されたのがミサイルだった場合、おととし11月に、北朝鮮西部のピョンアン(平安)南道から日本海に向け新型のICBM=大陸間弾道ミサイル級の「火星15型」1発が発射されて以来およそ1年半ぶりだと伝えています。

一方で北朝鮮は、ことし2月の2回目の米朝首脳会談が物別れに終わって以降、アメリカ側に対して不満を示しつつも、協議については今後も継続する意思を見せています。

今回の飛しょう体についても弾道ミサイルではないと見られることから、北朝鮮は、国連安全保障理事会の制裁決議の違反を避けながら国際社会からの制裁には屈しないというメッセージを国内外に示そうとした可能性があります。

日本へのミサイル飛来確認されず 防衛省

韓国軍の合同参謀本部の発表について、防衛省はこれまでのところ、日本の領域や排他的経済水域への弾道ミサイルの飛来は確認されておらず、日本への直接の影響は確認されていないとしています。防衛省は今回の発射について情報収集を続けるとともに、引き続き警戒と監視にあたっています。

アメリカへのけん制か 防衛省幹部

防衛省幹部はNHKの取材に対し「日本に直接影響があるものではないと考えている。北朝鮮は、米朝協議が停滞する中で、アメリカへの一種のけん制として今回の発射を行ったのではないか」と話しています。

別の幹部は「日本やアメリカに直接影響する中長距離の弾道ミサイルではないことを考えると、北朝鮮は米朝協議の決裂を望んでいるわけではないと見られる。こう着状況を打開したいという意図だろうが、今後も北朝鮮の動向を注視したい」と話しています。








9. 赤かぶ[11846] kNSCqYLU 2019年5月04日 12:27:27 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[1911] 報告


10. 2019年5月04日 18:04:44 : q4HLyru6DY : S3M4WHJ5WHg0LmM=[142] 報告
北朝鮮指導部はろくなものではない、確かにそのとおりだ。しかし北朝鮮がアメリカいいなりだったら今の北朝鮮はベネズエラのようになっていただろう。

あるいは、フセインやカダフィのようにもう存在しなくなっていたか。

11. 2019年5月05日 12:29:32 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[808] 報告
北朝鮮が短距離ミサイル発射、1年5カ月ぶり
.
ch 国際政経
2019/05/04 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=5cfRebxhkVU

http://www.kcna.kp/siteFiles/img/201905/MM00276653.jpg
金正恩党委員長が最前線・東部前線防御部隊の火力打撃訓練を指導

【平壌5月5日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長で朝鮮国務委員会委員長、朝鮮武力最高司令官であるわが党と国家、武力の最高指導者金正恩同志が4日、朝鮮東海上で行われた最前線・東部前線防御部隊の火力打撃訓練を指導した。

訓練は最前線・東部前線防御部隊の大口径長距離ロケット砲、戦術誘導兵器運用能力と火力任務遂行正確性、武装装備の戦闘的性能を判定、検閲し、これを契機に全軍を名射手、名砲手運動へより力強く奮い立たせ、経常的な戦闘動員準備を抜かりなく整えさせることに目的を置いて行われた。

敬愛する最高指導者は、監視所で口径別火力打撃手段の火力打撃計画を了解し、大口径長距離ロケット砲と戦術誘導兵器の火力陣地進出と展開をはじめ射撃準備の過程を検閲した。

敬愛する最高指導者は、火力打撃の順次と方法を定めてやり、射撃命令を下した。

敬愛する最高指導者は、人民軍が近代的な大口径長距離ロケット砲と戦術誘導兵器の運用を本当によくする、みんなが名砲手である、近代的な兵器システムに精通し、訓練を度合い強く行った結果、いかなる状況にも迅速に対処できる任務遂行の能力を備えたとたたえ、予告なしに不意に手配した火力打撃訓練が成功裏に行われたことを高く評価した。

敬愛する最高指導者は、いつ、どの時刻に命令が下達されても、即時に戦闘に進入できるように万般の態勢を整えている最前線と東部前線防御部隊の迅速反応能力に大きな満足の意を表し、人民軍の作戦戦闘訓練を改善、強化していくうえで提起される綱領的な教えを与えた。

敬愛する最高指導者は、全ての人民軍将兵が強い力によってのみ真の平和と安全が保障され、保証されるという哲理を銘記し、いかなる勢力の脅威と侵略からも国の政治的自主権と経済的自立を固守し、革命の獲得物と人民の安全を守られるように高度の臨戦状態を維持しながら戦闘力強化のための闘いをいっそう力強く繰り広げなければならないと強調した。

金平海、呉秀容、李炳哲、趙甬元の各氏をはじめ党中央委員会の幹部が訓練を参観した。−−−
(2019.05.05)
http://www.kcna.kp/kcna.user.special.getArticlePage.kcmsf

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b22掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b22掲示板  
次へ