★阿修羅♪ > 戦争b22 > 700.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
米軍がトルコ人向けF35訓練を停止 ロシアのミサイル防衛システム導入をめぐる衝突は不可避か(ニューズウィーク)
http://www.asyura2.com/18/warb22/msg/700.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 6 月 13 日 13:44:45: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

米軍がトルコ人向けF35訓練を停止 ロシアのミサイル防衛システム導入をめぐる衝突は不可避か
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/06/s400f35.php
2019年6月12日(水)20時13分 ララ・セリグマン ニューズウィーク


アリゾナ州ルーク空軍基地ではトルコ空軍パイロット向けのF35(写真)の訓練は禁止された Airman 1st Class Aspen Reid/ U.S. Air Force


<経済制裁もちらつかせるアメリカの強硬な反対にもかかわらず、ロシアのS400購入を強行しようとするトルコは、NATOに背を向けるつもりなのか>

米軍当局は、トルコ空軍のパイロット向けにアメリカで行ってきたF35戦闘機の操縦訓練を打ち切り、F35に関する機密情報にもトルコ人はアクセスできないようにした。トルコが米政府の反対を押し切ってロシア製ミサイル防衛システムの購入計画を進めていることに対する警告だ。

米国防総省は6月7日、ロシアの地対空ミサイルS400の購入契約をトルコが7月31日までに破棄しなければ、F35関連のプログラムからトルコを完全に締め出すとして、正式に期限を提示した。それまでにトルコ政府が方針を変えなければ、NATO同盟国の一員として訓練を受けてきたすべての人員は、アメリカを離れなければならない。

アリゾナ州ルーク空軍基地にいるトルコ人パイロット6名(教官2名と訓練生4名)のF35へのアクセスはすでに禁止されている。米国防当局の話によれば、空軍中佐トッド・カンタベリー准将が先週、トルコ人パイロットの訓練と機密資料を保管している「ボールト(保管室)」への立ち入りを禁止した。

国防総省の報道官であるマイク・アンドリュース中佐は、7月31日の期限とは関係なく、ルーク空軍基地のトルコ人パイロットがもはや飛行できない状況であることを認めた。

「同盟国としてのトルコとは引き続き密に連携していくが、トルコの方針が変わらなければ、F35プログラムへの彼らの参加については段階的に縮小される」と、アンドリュースは述べた。

■F35への直接的脅威

今回の訓練打ち切りは、「運用の一時停止」と表現されている。トルコがS400の購入を断念すれば、トルコ人パイロットは訓練を再開できる。

だが、そうなる可能性は低そうだ。シリア紛争でアメリカがトルコと敵対するクルド組織を支援する一方、トルコはロシアと関係を深めてきたことから、アメリカとトルコ間の緊張は高まっている。今回の訓練打ち切りは、その最新の兆候にすぎない。

米政府は、トルコがS400の購入を止めないとなれば、経済制裁もありうると示唆している。それが現実になれば、すでに不安定な状態にあるトルコ経済とレジェップ・タイップ・エルドアン大統領の支持率に直接的な影響が及ぶだろう。6月22日に実施されるイスタンブール市長選のやり直し選挙では、前回に続き、エルドアン率いる与党の候補が敗れるとの見通しも出ている。

ロシア大統領府の発表によれば、S400のトルコへの納入は7月にも行われる見通し。S400は、F35に対する直接的な脅威になるという。また、S400とF35の両システムが統合されれば、アメリカの軍事機密がロシア政府に漏れる可能性もある。

欧州およびNATO担当国防次官補代理代行を務めるアンドリュー・ウィンターニッツによれば、F35関連プログラムからトルコを「締め出す」ことになった一因は、トルコがすでにロシアに人を派遣し、S400の訓練を開始していることが判明したことだという。

米国防総省の関係者は、トルコは重要なNATO加盟国なので、S400調達で対立があっても、より広範な協力関係は変わらず維持していたいと強調した。たとえば、トルコのインジルリク空軍基地は、中東における対テロ作戦の重要な拠点であり、トルコにはアメリカの核兵器も配備されている。またトルコは、ロシアの脅威に対抗する上でもNATOの重要な南の拠点でもある。

だが、米政府のこれほど強い反発にもかわらずS400購入を決めたエルドアンの動きは、より大きな戦略面でのトルコの方向転換を示していると専門家は指摘する。NATOに背を向け、ロシアに近づく方向転換だ。

トルコ議会の元議員で、米民主主義防衛財団の上級研究員を務めるアイカン・エルデミルは次のように指摘する。「トルコは危険な軌道に乗っている。トルコ軍はロシアの干渉を受けやすくなるだろう」

(翻訳:ガリレオ)

From Foreign Policy Magazine






 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[17400] kNSCqYLU 2019年6月13日 13:45:14 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[7465] 報告


2. 2019年6月13日 15:40:50 : xwrt7IGMiA : NlpTaTBMbERTaU0=[5] 報告
全く報道されないけれど、トルコは、米国の経済戦争にあって、四苦八苦の状態だ。

ロシアのプーチン大統領が出した、絶妙なトルコ救援策とは、北部シリアにおける、ロシア(シリア)とトルコの利益相反劇を、わざわざ作りだして(演出して)、トルコが、ロシアのS−400ミサイル購入断念の道筋をつけ、米国の経済制裁をかわそうとしていることだ。

歯牙にかける値打もない天皇オリガークの愚かな人々には、とても真似できない。

3. 2019年6月14日 09:53:27 : fCZ83cf8p2 : YzI0bTRWZmk2Mms=[318] 報告
  
 地理的に見てもロシアとトルコの位置関係が気になる  ノストラダムス予言でも中東で最終戦争が起こる時、ロシアはでもアルメニアから中東に下りてくるとある
 という前にトルコは中東にあって東西の要衝の位置も占めておりNATO帰属を巡っても周囲が気をもんで来たところ だがエルドアンの一連の動きはどう見てもプーチン大帝に組した流れだ  東西の要の位置から陽がどっちのローマから登ってくるかを
見定めてきた?! よー知らんけど
4. 2019年6月14日 09:56:17 : fCZ83cf8p2 : YzI0bTRWZmk2Mms=[319] 報告
>>3 2行目追加

 そしてその真下にあるのはどう見てもトルコになるわけだが‥

5. 2019年6月17日 02:02:52 : vnUxfbHXEY : eU9GNkMwZXpEdDI=[87] 報告
トルコが実際NATOの一員であるかどうかは疑わしい。トルコがEUに加盟することを希望していたときEUはそれを拒絶した。そしてトルコは自分たちが決して西欧の仲間ではないことを再認識した。近年はそのアイデンティティをイスラム教に求めることも多くなってきている。

しかしそのトルコの姿勢をNATOから非難することはできない。そんなことをすればこの地区での勢力は一気に西欧不利、ロシア・中国優位に傾く。

6. 2019年8月15日 15:57:41 : fCZ83cf8p2 : YzI0bTRWZmk2Mms=[415] 報告
確かにトルコを責めるのはオカド違いだよね  オバマのときトルコにミサイル提供を渋ったのがロシアの高性能ミサイル導入の切っ掛けになった  イランにせよトルコにせよ中東の親日国が今後厳しい立場にならないことを願うのみ‥

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b22掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b22掲示板  
次へ