★阿修羅♪ > 戦争b22 > 731.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
戦争と医療は、おなじように、ウソで作られてきたものである
http://www.asyura2.com/18/warb22/msg/731.html
投稿者 あのに 日時 2019 年 7 月 09 日 20:35:18: xZaQXyDl16EGo gqCCzILJ
 

戦争と医療は、おなじように、ウソで作られてきたものである


1、戦争が、ウソで作られてきたことが、わかってきた

この2つ、戦争と医療は、ぜんぜん関係のないものと、一般に思われてきたし、わたしも、かっては、そう考えてきた。だが、この2つはきわめて似ていることが、だんだんわかってきた。

戦争が、ウソで作られることは、多くの人の努力であきらかになってきた。この阿修羅戦争板では、戦争が、CIAのウソで作られているという真実を実証する記事があまりないように思う。わたしは、mko氏のツイッターなどで、これを確信し、昨年の3月ころの空耳板投稿では、シリア戦争のウソについて書いている。

それは米軍が支援するISISのことだが、西欧や日本政府まで、テロリストISISに莫大な支援金を出しているのだ。これは、いま現在もであろう。
また、かって、テロリストISISの活動(ホワイトヘルメットのことだ)に、ノーベル平和賞まで与えられかけた事実などを、みなは、いったい、どう考えているのだろう?

あるいは、日本や西欧のマスメディアすべてが、シリア政府の化学兵器使用というウソを宣伝していたのである。いま、現在もそうである。いまでも、テロリスト支援が全マスメディアのスタンスなのである。
このとき、たとえば北朝鮮や中国は、シリア政府の応援の動画があったのである。北朝鮮などは、ほんとうに、まともな国なのだな、と、そのとき思ったものだ、

また、ホワイトヘルメットに支援金を出しましょう、というネット広告もグーグル検索のトップにあったことをわたしはよく記憶している。まだ、昨日ですら、ラジオで、みなさん地球温暖化防止に協力しましょうとの発言があるしまつだ。ウソばかりが蔓延する現代社会である。ありとあらゆることが、ウソばかりである。

真実、戦争によって被害を受けるのは、双方の一般市民なのであり、富裕な1%のカネもうけのために、CIAによって過去も現在も、戦争がつくられてきたのだ。

だが、この事実が、もしわからなければ、新聞テレビを止め、ネットの記事をみることだ。といっても、ネットの記事さえも、7割から9割が、CIAによって支配されている。だが、医療とくらべたら、まだまだ比較的わかりやすい。

2、医療が、ウソで作られてきたことが、わたしにはだんだんわかってきた

だが、医療が、戦争と酷似し、まったく、おなじ構造であることは、きわめてわかりにくいが、あきらかになってきた。

ともに、ニセユダヤ人のカネもうけのためのウソである。この人類最大規模のウソの帝国、ハザール王国については、ほとんどなんの資料も存在していない。消されているからだ。現代文明とは、後期ハザール文明というべきなのである。

自分の体調不良から始まった探求である、空耳板の人口削減シリーズ、戦争板でのケムトレイル、HAARPシリーズを考えることによって、この医療が、ウソによって作られていることが、わたしには、だんだんあきらかになってきたのだ。

医者をコントロールするのは、ごく簡単である。カルテ、レセプトが書けねば、その病気も治療も存在できないのだ。既存の病気、治療しか医者はあつかえない。この点で、GWI湾岸戦争疾病群でのガース・ニコルソンは、あまりに偉大な英雄であると思う。真実へと続く入口は、かれによって示されたからである。

わたしの空耳板の人口削減シリーズは、このガース・ニコルソンによって示されたエイズ遺伝子を持つマイコプラズマ・ファーメンタンス菌について考察してきた。また、戦争板のケムトレイル、HAARPシリーズでは、後半で、このM.ファーメンタンス菌などを内蔵した大腸菌エシェリキア・コリによる下痢等、腸炎によって心筋梗塞、脳梗塞、脳出血等がひき起こされることを考えている。そして、ガンは、エボラ遺伝子を持つマイコプラズマ菌で起こるのであろうと想像した。


3、免疫低下を起こすM.ファーメンタンス菌。心筋梗塞、脳梗塞を起こす大腸菌エシェリキア・コリによる腸炎。

おそらくケムトレイルからであろう免疫低下を起こすM.ファーメンタンス菌などによって、あらゆる感染症にかかりやすくなるばかりでなく、肺炎などでは、この要素が消されているがため、どんなに入院治療をしても、死につながるのである。

また、感染大腸菌による腸炎では、感染マクロファージによる血栓を生じ、破砕血球によってHUSが起こると考えている。心筋梗塞、脳梗塞は、従来考えられていたのとは別のメカニズムで血栓が起きていると考えている。

つまりM.ファーメンタンス菌やその感染大腸菌を考えないことで、医療全体が、ウソの医療になってしまっているのである。あるいは、ガン治療でも、ウソの抗ガン剤治療によって、殺人がおこなわれているのであろう。


4、風俗からの感染による不治の病いと不妊症

また、わたしのまわりの男性のほぼ100%ちかくが、前立腺炎などの不治の病いの問題をかかえている。風俗からのエイズ遺伝子などを持つM.ジェネタリアンの感染症であろうか。あまり、聞くことがないがためか、男性のほぼ100%ちかくが感染しており、死ぬまで病気をかかえて治らないという語られない事実がある。男性のほぼ100%ということは、女性もかなりの感染割合であろうか。不妊症が蔓延するのはきわめて当然なのである。とうぜんながら、これは人口削減の策略のゆえで、この事態になっているとわたしは考えている。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. あのに[259] gqCCzILJ 2019年7月09日 21:05:06 : oQjMLzQtME : TTlqWGZFWW52RFk=[24] 報告

4への動画

内海学校
感染ショック!日本国民が全滅する日
https://www.youtube.com/watch?v=VU17Ho9ISx8

2. 2019年7月10日 15:02:24 : uF8ROIEODI : cG5Db3lXRTFrMy4=[3] 報告
同意!
歴史は、ユダヤ資本や戦勝国の都合に合わせ塗り替えられている。
不都合な事実は隠蔽し、或いは真逆のウソで塗り固めて出来上がっている。
以下は、他の板にコメしたもの。一部のみ引用します。
_____________

>ポニョ・Q・マスコミの殆どがモサド支配下だった、藤原・ネタは海に逃げるしかない、CNNが初めてトラをまともに報道。であるhttp://www.asyura2.com/18/cult19/msg/694.html
http://www.asyura2.com/18/cult19/msg/694.html#c9
1、 金貸しは国家を相手に金を貸し、戦争をけしかける 〜 歴史の通説は虚構である 〜
2、ミサイル危機は、日米(CIA)朝による軍産のための「ミサイル詐欺」である
3、北朝鮮は旧日本軍の残地国家、「横田めぐみは、正恩将軍の生母であり西太后生」である
4、横田夫妻は西太后となった娘とご対面! 今後も益々張り切って「岸壁の母」を演ずる!?
5、虚説に満ちた情報操作と日本の支配構造__贋作民主主義(疑似民主主義・民主化詐欺)
____________________________________________

1、金貸しは国家を相手に金を貸し、戦争をけしかける 〜 歴史の通説は虚構である 〜

ロシア革命が実はユダヤ資本によるユダヤ国家の建設だったのであり、アンネの日記が児童向けフィクションであり、敵同士であったナチスと米国資本が裏側で手を握っていたことは歴史の闇に閉ざされている。学校で教える歴史、メディアから繰り返し流布される歴史の通説は嘘の上塗りであり、でっちあげられたフィクションである。もちろん、明治維新も昭和天皇に関する通説も、である。

1−1>ロシア革命の真相 https://sites.google.com/site/uranenpyou/home/russian-revolution
1917年、ロシアでボルシェビキ革命が起き、帝政ロシアのロマノフ王朝が倒れ、ソビエト連邦が誕生する。革命を主導したレーニンやトロツキーに資金提供したのがブンド(ユダヤ人労働総同盟)とジェイコブ・シフやポール・ウォーバーグなどの国際銀行家であった。レーニンは1918年から1922年までの4年間に4億5000万ドルをクーン・ローブ商会に返済している。・・・
共産党幹部達は、ロシア名を付けていても、本当はユダヤ人だった。
[ソ連高級委員のユダヤ人のロシア名と本名]
レーニン⇒ウリヤーノフ、トロツキー⇒ ブロンシュタイン、カーメネフ⇒ ローゼンフェルト
ジノビエフ ⇒ アプヘルバウム、メシュコフスキー ⇒ ゴールドバーグ・・・

1−2> プーチンもビックリ!Russian President Vladimir Putin said that at least 80 percent of the members of the first Soviet government were Jewish.
http://www.jpost.com/Jewish-World/Jewish-News/Putin-First-Soviet-government-was-mostly-Jewish-317150
1−3>ブッシュとナチスの結託 政府公文書で確証http://cybervisionz.jugem.jp/?eid=50
〜911事件以降 イラク(中東)に於いて "自由・解放"の名の下に殺戮を繰り返す米ブッシュ大統領の家系は、第二次大戦当時 祖父のプレスコット・ブッシュによってナチス・ヒットラーとの関係により財を成してきた家系であることが政府公文書で確証されている。

__以下略:つづきはリンク参照__________

3. 2019年7月10日 19:02:29 : D0QUl32qUN : OWczZmhIbUhDL3c=[1105] 報告
嘘を撒き 信じ込ませる 宣伝で

害を為す 治すものだと 思わせて

医薬界 マッチポンプで ボロ儲け

4. 2019年7月11日 22:03:42 : 1C2TkCRDiw : LlAwVW5wTjl6RUk=[8] 報告
広飲み屋はしょんべん袋をぶら下げていますよね
前立腺肥大で重症らしい
5. 2019年7月13日 00:19:55 : U9fIuXbR1Y : ZkhLeDA1RkdRREU=[1] 報告
日本が属国化されてしまい、出てきた70年の弊害について

世界で生産されている医療薬品の総販売高のうちなんと約40%が実は日本で消費されています。薬漬けの国民が多くこれが多くの寝たきり患者の多い国になっている要因でもあるのです。もしも日本の医療が本当に正しければ世界に普及しその比率はもっと低いはずです。70億の国がありますので等しく・・米英の医療が正しい治療方法なのであれば世界に普及して日本の薬購入のシェアは3%くらいのはず。40%というのは日本の医療が世界とは異常な状態です。

じつは世界そして日本の医薬品産業の株主は実は米英の資本家たちになっています。この人たちの会社の商品を使わなければいけないのが日本なのです。がんの治療には抗がん剤という化学療法がありますが厚労省は 抗がん剤にはがんを増殖させる作用がありますよ と正式に見解をしていますが、 がんを増殖させてしまう作用のあるその薬品 をなぜ?止めずに使い続けるのか、なぜやめないのか?・・・・不思議な日本の医療産業と病院、医師たちなのです。

アメリカでは国民が賢くて抗がん剤が がん増徴剤だということがばれて、この治療方法を国民が拒否しだして医療に使用できなくなり薬品は売れなくなりました。ヨーロッパでは拒否されていますし、治療はニンジンジュースと温熱、休養での免疫回復治療なのです。

ヨーロッパでは昔、健康診断検診制度がありましたが今では廃止されています。なぜかというと健康診断を受けてそして治療をする人たちが早死にしていることが分かったからです。日本でもそうなのです。それなのに日本だけが健康診断をし続け、がんと診断されてがん増殖薬を飲まされて早死にしているのが。。。実態です。高血圧、コレステ、高脂血、これらも何度も健康基準とやらをどんどん下げてしまい、健康な人を病人扱いして処方と称して毒薬を売り続け、そのうち結果として人口透析のように人為的行為で体がほんとにだめになるという結果になり、冷静にみればそこへしむけてしまっているのが病院と薬屋たちなのです。

医師も薬剤師も 薬は毒なのです と平気で開き直って説明しています。毒で対処療法するのではなく根本原因をなおしてほしいのに。これって結果としては詐欺のような商売になっている医療なのですよ。健康診断を受けて あなたは病人です という対象が7割8割というのが 健康診断 などというのはもう異常なことです。

病気だとする基準値を勝手にいじって健康な人をどんどんと病人にしたてて毒を売るのはいけません。悪徳です。

これに対してフランスの国ですが、この国は米英の資本家の影響が日本よりも、うけてはおらず、でこの国には明治時代に現れたカント医師により「海の水が血液と成分が同じであることから点滴にできることを確認され、海の成分をそのままに血液と同じ濃度にさげて全身の血液を入れ替えてしまい、それにより(海の塩水というのは地球のすべての生命の源で、なんと輸血そのものに使えますし、それどころか細胞を更生させる薬作用があるのです=そしてどの動物にも効く優秀な輸血剤であり、生物の再生のための神様が与えてくれている水そのものなのです)自己免疫力、驚くべき自然治癒力、体のもつ回復能力で細胞を元気にさせて病気を治してしまう医療」といったものがあります。海の水なので薬のようなお金はかかりません。

カント医師はそれで100の診療所を作りフランスの数百万の国民の命を救い、彼の葬儀では100万人の参列があったほどいうほどの医療伝説があったりします。

ノーベル賞ものの発見だったのですが、ノーベル賞自体があの資本家たち〜ロスチャイルド一家やロックフェラーの企業にお金が入る発明ではなければならない制度なので表彰はされませんでした。彼らの事業の血液つまり 赤十字の商品の血液 そのものが売れなくなるからなのです。 そういう医療方法では日本で医薬品や医療機器なども売れなくなりますので情報も伝えられず、むしろ邪魔をして日本にはいれさせないという・・・占領されてしまったがゆえの日本人の社会の指針選択が自由にできないような社会になっているのです。フランスのカント医師の治療は体の体質からもとに戻す根本治療なのに対して日本の医療は対処療法で病人を固定客化そして永続的に通院させることができるので永続的にお金が入るから病院もそうしているのです。日本の医は当の昔に仁術ではなくなり算術化しているのです。

癌はドイツではニンジンジュースと絶食療法、またタヒボの木の茶。糖尿なども桑の木の茶などで治ってしまうのです。これを日本の医者は「治らない病気だとしておかないといけないのです。でないと我々はすべて潰れてしまう」と知らぬふりをしています(笑)。ほんとです。医者から「いいですか。この薬はあなたは飲み続けなくてはならない」と言われていたのに、・・・試しにこの薬をやめてみたら・・・あれれ、なんだか治ってしまったという経験が僕には多くあります。それも自分の体のもつ自然治癒力なんですね。

・・実は日本は先進医療の国ではないのです。異常医療の国。早期発見早期毒殺処分、人口削減先進国なのです。毒殺ついでに薬代を払わせてお金を稼がせる餌食にさせられています。これは日本に来ている知識のある外国の方(僕は仕事上で外国人と多く会っております)からそのような多くの意見を僕は聞いていて驚いたんですが、調べていくうちに なるほどそういうことか と納得するようになりました。

いつまでもこのまま米国のいいなりの社会にさせられることなく、日本人が日本の社会にあったしくみつくりを日本人自身が考えてしくみをつくっていけるようでなければならないはずです。それには・・・・今の日本の位置を戦争とその後の推移をきちんと日本人が評価して日本人が正しい行動をしなければ。。。

自分で考えること、調べることをやめてしまった今の日本人、自ら滅びるようなことはしないでおこうよ・・・と危惧をしていまます。

6. 2019年7月13日 00:21:42 : U9fIuXbR1Y : ZkhLeDA1RkdRREU=[2] 報告
歴史で習った中世のあくどい武器商人たち、奴隷商人たちは昔の物語で「こういう人達がいたんですよ」の昔物語なのではなくて・・・今も現在進行形ということ。

1945年の大東亜戦争終了時点まで彼らは姿を現さず植民地支配を続け、国を争わせてきていた。日本もまんまと術中に乗せられ戦争を仕掛けられて今日にいたります。

でも植民地化には日本が立ちはだかり続いてアジア各国が独立戦争で独立したことで一度崩壊しかけたが、手を返して品を返して、今度は「金融資本家」「石油資本家」「武器資本家」「医療医薬品資本家」としていよいよ姿を現して「俺たち資本家株主こそ大事な存在だ。私たちがこの世の王なのだ。そして地球上のあなた方は王である私のもとに契約社員制度、派遣社員制度で勤労させてやるからおとなしくひざまずきなさい」とやってきているような社会が現在の世界です。日本も危なくなってきている。

7. 2019年7月13日 19:16:43 : U9fIuXbR1Y : ZkhLeDA1RkdRREU=[3] 報告
塩を日本政府が専売公社に独占させて ミネラルのないただのナトリウムの 食塩 と称するものを売りつけてきたことは罪があると思う。あれで国民は
ずいぶん体を害してきていると思うね。

日本でこれしかだめと専売公社の専売になっていた塩はただのナトリウムで薬品みたいなものだったと知ったのでこれをやめて、海の精のような昔ながらの製法の塩を海水のようにして一つまみ口にほりこんでコップ一杯の水を毎日二杯飲んできましたところ、腰痛、ひざ痛がなくなり、アレルギー性鼻炎もおこらなくなり、目のかすみも軽快し、体が若返ってきたように感じます。
とくに腰痛と膝痛が治まったのは嬉しい。

海塩にはマグネシウムやカルシウムなどのミネラル成分があるそうでこれがからだに効いてきているように思います。

皆さんも昔ながらの塩に戻したほうがいい。

8. 知的上級者さん[272] km2TSY_ji4mO0oKzgvE 2019年7月14日 01:15:33 : VTH59AY6XQ : WWk1VDA0bXVWVGM=[192] 報告
塩は「どこそこの海で採れた塩」とかの謳い文句に騙されないように
袋の裏に書いてある製法を確認して「イオン膜」と書いてあったら極悪塩です
極悪塩は安いので、味噌・醤油に使われているでしょうね
なんで政府は使用禁止にしないんだってことですが

軍産複合体に対して、医産複合体が出来上がっていて
医薬と食品業界が連携してるでしょう
マーガリン、サラダ油、グルタミン酸ナトリウムなどが放置されているのは
病人を増やしたいから規制するな、という圧力があるとしか思えないのれす

軍産は政府の軍事予算をチューチュー吸う
医産も政府の医療福祉費が狙いです
貧乏人でも癌認定すれば政府から金が出てくるわけで
正常な人を抗がん剤治療すれば病院は患者一人当たり2千万?儲かるそうで
金の亡者が集まって来るのは当然でしょう

ではなぜ政府は戦争ヤクザや医療マフィアと戦ってくれないのでしょうか
本文ではハザール・ユダヤ人が悪いことになっていますが
ハザ−ルというのは、今のウクライナやカザフあたりに居た肉食の遊牧民で
アーリア人だかチュルク族だか、とにかく獰猛なのです
獰猛ってことは人間の心を持たないサイコパスってことで
農耕民族と違う、狩猟民族脳なんでしょう
それが欧米を支配してしまったのです

一方、黄色人種にもハザールと同じ性質を持つ民族がいます
遊牧に適した草原地帯は限られていて
その草原地帯の西側にいたのがハザール、東側にモンゴル族とツングース
NHKが相撲中継している時点で、日本にモンゴル・ツングースが来ていると判ろうというものです
相撲はあっちの方にルーツがありますからね

日本にハザールと同じ狩猟民族脳の連中がいる!
これは恐ろしいことだ
欧米の人々はハザールとの闘いを始めた
しかし日本人は敵を認識する能力が無い
これまた恐ろしいことだ
皇居にいるあの連中が敵に見えない
これは困ったことだ

9. 知的上級者さん[274] km2TSY_ji4mO0oKzgvE 2019年7月15日 03:26:28 : VTH59AY6XQ : WWk1VDA0bXVWVGM=[194] 報告
今はバターがぼちぼち出てきたが
ちょっと前はバターの供給が止められていた
マーガリンを食って病気になれよ
病院を儲けさせてくれよという意味なんです

臓器売買も密かに行われている
ある人が救急車で病院に運ばれ亡くなった
翌日奥さんが駆けつけると目玉を抜かれて義眼になってるわ
臓器は抜かれてるわでもう大変
それに対して裁判を起こしても絶対に勝てない
天皇に治外法権を与えられた者がやっているので弁護士がつかない

10. 2019年7月20日 03:47:30 : U9fIuXbR1Y : ZkhLeDA1RkdRREU=[4] 報告
日本の家の神棚にはお供えで 塩、水、米、酒などを上げてますが、日本の祖先は僕たちに健康の秘訣をおしえてくれていたと思っています。それは塩と水。これは神に供えたあとのお下がりで食のためにいただきますがこれで体内にやどる体の中の名医さんが体を健康にしてくれるのです。驚く奇跡がおきますよ。

僕は 塩水 を飲みだしてすこぶる元気です。 膝痛、腰痛、筋肉痛、関節痛、不整脈等 で悩んでいたのがうそのように治まったんです。あと アレルギー性鼻炎 も一度くしゃみをしたら寝るまで大変だったがこれも治まりました。それに ひどい頭痛 もよくおきていたんですがバファリンを買い込んでいましたがこの頭痛も不思議としなくなりました。目もかすみか年齢なのか飛蚊症で悩んでいたが以前ほど悪くないし。

マグネシウム・・・僕は毎日 海の精 という塩を一つまみとコップ一杯の水をですね。それを一日三回飲み干す。小さじに三分の一づつで1日小さじすり切り一つの5G。昔は1日に15Gまでいいと厚生省は長く言っていた時期がありますし問題ないと思います。今はたったの3Gだそうで、でもそれだと熱中症になりますので政府の頭はもう狂っていておかしいと思いますね。国民をわざと不健康になぜするのというか。政府が国連で人口削減に反対もしていないようですが、アメリカさんの圧力に屈してわざと国民を薬漬けにさせることを黙認しておられるのか?という風に見えてきます。・・・根性なしめ。大和民族だぞ俺たちは。

一回の食事時で数種類の薬を三度飲んで 十数粒の薬という毒 を飲むより、この大自然の海の塩水(ニュー血液)を三度のむほうがよほどいい薬になっているように思います。
薬はもうなにも飲んでいません。病院通いもやめてしまいました。調子いいからです。


政府の食塩ではだめですよ(あれは薬品みたいなものでマグネシウムのようなミネラルが入ってない)、昔ながらの海塩と水がいいようですね。お茶やジュースの水分ではなくてただの 水 ですよ。
 これで 薬いらず、医者いらずで生活ができます。

なぜ《塩と水》だけであらゆる病気が癒え、若返るのか!
https://www.amazon.co.jp/dp/4864715149/ref=pe_2107282_266464282_TE_dp_1

朝食は毎日抜き、昼もたまに抜き、きちんと食べるのは夕ご飯だけ。ニンジンジュースとカキフライ、イカの刺身、カツオの刺身。8分つきの玄米ごはんやね。お茶はゴーヤ茶とか、桑畑の桑の茶。
などもいい。

昔ながらの塩は約500〜600円と専売公社の塩の70円に比べたら少しお高いけども 海の精 のような昔ながらの塩 と 水 だと体内の 血液や細胞と同じ成分に なるのだそうで昔から生物のDNAに必要なものだったということではないでしょうか?これを飲めば血液が補充されるようなもので体内の古い血液を押し出して血がきれいになるのだろうと思います。僕のいくつもの体調不良が消えたのは驚きでした。

今の多くの日本人の病というのは要は体質変化が悪いほうにいっちゃってて、体質を古来のDNAにあうように戻す必要があるのでは?それはナトリウムではなくて 海水の自然塩と水 だと思います。

昭和46年から政府が食塩と称して専売品にして(あれは薬品みたいなものでマグネシウムのようなミネラルが入ってないという工業塩というべきもの)あれを強制的に食事にさせてきたことが 多くの国民を不健康にしてきたこと は罪深いぞよと僕は思っています。でもあれもアメリカに言われてアメリカに技術料払ってやったらしいです。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b22掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b22掲示板  
次へ