★阿修羅♪ > カルト22 > 268.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
時事・立憲関係者・半分きて半分は維新か新党だろう。枝豆は国民を分断しようとしているだけで、野党共闘から立憲を外すべきである。
http://www.asyura2.com/19/cult22/msg/268.html
投稿者 ポスト米英時代 日時 2019 年 8 月 07 日 14:34:38: /puxjEq49qRk6 g3yDWINnlcSJcI6ekeM
 

やはり、枝豆は日本新党、さきがけ日本新党、旧民主党の頃から性根が変わっておらず、相手が小沢でも国民であっても空き缶や野田豚や前原のように引っ掻き回す事しかできず、駄目な男である。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年8月07日 18:20:06 : 1hFwhl5XF6 : dXZTY1pyS01GUXM=[159] 報告
支配層の最も古典的テクニックが、「分断して統治せよ」なのです。
トロイの木馬作戦もそれですね。

基本的に両バリなので、どちらに転んでも損しませんから。

2. 2019年8月07日 23:12:39 : PLe1KgfjQ2 : M3Vsc0lzbnN4aGs=[8] 報告
立憲は、元々CSISコイケの「排除いたします。」に対する緊急避難的政党として無理やりつくられた経緯がありますので、各都道府県組織がありませんでした。友人からのメールによると、助けてくれと各都道府県の社民党に頼んでくるので、社民党が自分の党のように全力で応援したのに、うちの候補者に手を突っ込んで立憲に横取りしたり、酷いもんだそうです。人の恩を何だと思っているんだ。

立憲は、自分たちの力で成長しているなどと、勘違いしているようですね。そもそも地方組織をつくるのは並大抵の努力ではできません。選挙をよく手伝ってくれた人に声かけて学習会やったり、夏のキャンプやったり、持ち出しばかりでした。新聞、購読してもらったり、政党入ってもらったり。この、政党入ってもらうまでたどり着くのが大変です。

立憲はネットによるパートナーづくりをしているようですが、これでは表面だけのつきあいになりがちです。やはり党員制度にしないと。党員だったら、どんな苦難の中でも党を支えるからです。立憲のやり方では、飽きたらすぐ逃げられますよ。

3. 2019年8月08日 03:50:38 : UuKOCPyxlQ : d2NVbkhrNjJnYUk=[126] 報告

2さんへ
枝豆は 実際に見た事あるが 感情のない サイボーグみたいな人間だった!!
4. 2019年8月08日 09:01:21 : Ga2AzD7w8h : Q0pjWDd0YXVuemc=[3] 報告
枝豆はアメリカからマッチポンプ政党の役割を与えられたんだよ❗

見返りは不正選挙かなぁ⁉️

5. 2019年8月08日 16:36:54 : q5UHoxXe2M : UnJwejRac3QzU0k=[43] 報告
トロイの木馬の幼稚ヴァージョンが前原の乱である。前原氏はどこにいる?国民民主である。国民民主が野党連合の主?ありえない。国民民主の党首は選挙終了直後にネトウヨ番組で生まれ変わり宣言!これでは裸の木馬である。枝豆枝豆とけなしたところで、これもまた裸の野次馬か。付き合わされる庶民はたまったものではない。
6. 2019年8月08日 23:13:26 : 8zne86Ve2E : WWovbG5ZNFNlaWs=[39] 報告
あの立憲ブーム、メッチャメチャ変だったもんなぁ。
作られたというか。
売国主流メディアのおだてあげが凄かった。
普通に考えればあべちゃまの敵なんだから、つぶしにかかるっしょ。
今思えば半アベ勢力を誤誘導してるような感じだったよなぁ。
結局、昔の社会党みたいな、なれ合い野党勢力をガス抜きとして作っておきたいってことだったんだろうなぁ。まあ、大成功だよね。野党勢力は四分五裂したし。

▲上へ      ★阿修羅♪ > カルト22掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > カルト22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
カルト22掲示板  
次へ