★阿修羅♪ > 原発・フッ素51 > 151.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
原発事故に翻弄された14人描く 土井敏邦監督「福島は語る」公開(サンデー毎日)
http://www.asyura2.com/19/genpatu51/msg/151.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 3 月 06 日 01:20:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

原発事故に翻弄された14人描く 土井敏邦監督「福島は語る」公開
http://mainichibooks.com/sundaymainichi/sports-and-entertainment/2019/03/17/post-2235.html
サンデー毎日 2019年3月17日号


 土井敏邦監督の「福島は語る」は、日本の原風景ともいうべき美しい自然のトップシーンに目を見張らされる。あれから8年、福島の苦難の日々がここに綴(つづ)られている。

 映画は、生活を根こそぎ奪われ、人生を翻弄(ほんろう)された14人の被災者に焦点を当てている。2時間50分と長尺ながら、そこで語られる彼らの体験や思いにぐいと引き込まれる。

 内容は、テーマごとに8章に分かれ、第1章の「避難」では、2人の幼児を抱えた若い妻が、夫とは新潟と福島とに別れ別れで暮らし、離婚寸前まで追いつめられている。その彼女の語りを通して、子を持つ福島の母親たちの苦労が思いやられる。

 たとえば「仮設住宅」の章では先の見えない空虚感、「悲憤」の章では補償の負い目を背負って生きるやりきれなさ、「学校」では転校した教え子がどうしたらいじめに遭わずにすむか苦慮する教師─。暮らしの中から被災後の困難を浮かび上がらせているのが特徴だ。

 その中でずしりときたのは「喪失」の章。石材工場を営んでいた父が、息子に工場を譲ったばかりに息子はボロボロになって亡くなってしまう話。一家は昼となく夜となく働いて立派な家を建て、さぁこれからだという矢先、原発事故で石まで汚染され、息子の希望を奪ってしまう。「こんな狂った人生を送るとは夢にも思わなかった」と、自らを責める父の苦渋にみちた表情が切ない。

 こういった人々の語りから「病めるフクシマ」という言葉がじわりと浮かんでくる。

 福島原発告訴団の武藤類子団長が登場する章では、「自分たちは理不尽な被害者なのに、黙っていていいの?」と問いかけ、沖縄で闘っている人の言葉をこう紹介する。

「国を相手にケンカしたって勝てない。でも、おれはやるんだ。それが尊厳なんだ」と。
 胸に響く。

(木下昌明)


『福島は語る』予告編 土井敏邦

doitoshikuniweb 2018/12/22 に公開

証言ドキュメンタリー『福島は語る』(2018年)
監督:土井敏邦
http://www.doi-toshikuni.net/j/fukushima/

2019年3月2日(土)より劇場公開決定! 3月9日(土)〜の週は全国一斉上映!!
2019/3/2(土)〜3/15(金) 新宿K's cinema
2019/3/9(土)〜3/15(金) 渋谷ユーロスペースほか全国一斉公開

原発事故から7年が過ぎました。日本は、2020年の東京オリンピックに向けて浮き足立ち、福島のことは「終わったこと」と片づけようとしているように感じます。しかし、原発事故によって人生を変えられてしまった十数万人の被災者たちの心の傷は疼き続けています。100人近い被災者たちから集めた証言を丹念にまとめました。その“福島の声”を、忘却しつつある日本社会に届けたいと願い、この映画を制作しました。(土井敏邦)
自主上映募集中




※詳しくはこちらをクリック
作品紹介 福島は語る





















(東日本大震災8年)原発事故、苦悩いまも 被災者14人が語る記録映画、全国で順次上映
https://digital.asahi.com/articles/DA3S13920208.html
2019年3月5日16時30分 朝日新聞 後段文字起こし


「福島は語る」に登場する14人=土井敏邦監督提供

 東京電力福島第一原発事故で被災した人々の証言を集めた記録映画「福島は語る」が、東京・新宿のケイズシネマで上映されている。分断を強いられた避難生活の苦悩や喪失感、過酷な暮らしの実情が語られ、故郷とは何かを問いかける。

 手がけたのは、パレスチナで約30年取材を続けるフリージャーナリストの土井敏邦監督(66)。「人災」で故郷を追われた人々の姿をパレスチナの苦難と重ね合わせ、原発事故後の福島を描いた映画は「飯舘村 故郷を追われる村人たち」(2012年)、「飯舘村 放射能と帰村」(13年)に続く3作目となる。

 目に見えぬ放射線の被害の伝え方を考えていた時、「福島原発告訴団」の証言集会に参加。避難生活ゆえの離婚や農業が立ちゆかない悲しみなど、生々しい告白に圧倒された。「一見、平穏に戻ったように見える福島県内の町を歩くだけでは何も見えない。ならば、この語りこそ伝えるべきだ。記録に残さなくては」

 告訴団のメンバーを手がかりに人脈をたどり、車中泊を重ねながら4年かけて約100人にインタビューした。作品にはこのうち14人が登場する。

 「こんな狂った人生になるとは夢にも思わなかった。今まで涙なんか、流したときねえ。我慢してた」。避難先で息子を亡くした飯舘村の男性は、涙を拭いながら心情を吐露した。

 うつ状態だという川内村の女性は「悔しい、悔しい」と繰り返しつぶやいた。

 一昨年、くも膜下出血で亡くなった郡山市のコメ農家の男性は、原発事故後に注文が激減した状況の中、「俺らのつらさをね、絶対、福島県だけで終わらせてほしい。絶対、(原発)再稼働はあってはなんねえ」と訴えていた。

 「福島の人たちをこんな目に遭わせて放置しておいて、何が東京五輪だ。何を日本は浮かれているのか」と土井監督は憤る。「原発事故は決して終わっていない。彼らの声を一人でも多くの人に聞いてほしい」

 ケイズシネマでの上映は15日まで。東京・渋谷や横浜、福島、札幌、仙台、名古屋、大阪、京都、福岡など全国で順次上映される。(川村直子)



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[5761] kNSCqYLU 2019年3月06日 01:53:14 : 90EZJT5uPI : YU9qMWtEWURTcUk=[797] 報告


2. 赤かぶ[5762] kNSCqYLU 2019年3月06日 01:54:36 : 90EZJT5uPI : YU9qMWtEWURTcUk=[798] 報告


3. 茶色のうさぎ[-9922] koOQRoLMgqSCs4Ks 2019年3月06日 19:45:02 : hePtwzZ6j2 : QmRaUHo2V0RKWW8=[-6] 報告

 土井敏邦監督 ←涙の原因?

 ↑ 福島エートスも、知らないの? ばか

 ただの、感傷映画?

 純真?誠実? 吉永さんも、利用されちゃってるよー♪www💢

 まぁ、ガス抜き、、 死んでください。 応援♪ うさぎ♂ ぺっ♪

 もっと、勉強しろよ!!あほ



[18初期非表示理由]:担当:反原発を装い、原発を推進して日本を今日の大破局に追いやった自民党=利権官僚政府と原子力ムラには批判も非難もせず口を開けば『小出がー』『松本ガー』『共産党がー』とやって利権者以外を誹謗中傷するコメント多数のため全部処理http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/413.html#c82

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素51掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素51掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素51掲示板  
次へ