★阿修羅♪ > 原発・フッ素51 > 174.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「原発事故後の甲状腺検査のあり方は」IARC報告書を受けシンポ(全住民に対する甲状腺検査は推奨しない??)
http://www.asyura2.com/19/genpatu51/msg/174.html
投稿者 戦争とはこういう物 日時 2019 年 3 月 11 日 01:29:44: N0qgFY7SzZrIQ kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo
 

 曾ては100万人に一人といわれた甲状腺がん。福一原発事故後の一斉検査で千人に一人程度の癌疑いが検出されて以後、なぜか「実際は千人に一人は見つかる物だが殆ど自然に治る」という「過剰診断説」が喧伝されるようになった。
 チェルノブイリと傾向が異なるのは、汚染牛乳を与えるか避けるか、など条件が違う事にもよる。検査を辞めれば良い、とはどういう事か。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(ここから)

「原発事故後の甲状腺検査のあり方は」IARC報告書を受けシンポ
投稿者: ourplanet 投稿日時: 金, 03/08/2019 - 06:01

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2379
 
環境省は7日、「原子力事故後の甲状腺 健康 モニタリングの在り方について 〜WHO国際がん研究機関の報告より」と題するシンポジウムを都内で開催した。報告書の提言は、次に原発事故が起きたい際、「全住民に対する甲状腺検査は推奨しない」というもの。シンポジウムのコーディネータは、2年前、福島県知事に面会し、甲状腺検査の縮小や国際的な機関の関与を求めた福島医大の山下俊一副学長が務めた。
 
●原子力事故後の甲状腺集団スクリーニングは推奨せず
シンポジウムではまず、IARCの環境・放射線部門のヨアキム・シュッツ部門長が講演。一般的ながんのスクリーニングに関する利益・不利益などについて説明したのち、甲状腺検査に言及。甲状腺がんでは生存率が高いため、検査が死亡率の低下には結びつかないとして、全住民に対する積極的なスクリーニング検査は推奨しないと述べた。また、100ミリ〜500ミリ以上の甲状腺被曝をした小児や胎児などには、検査プログラムを検討するよう提言した。
 
またシュッツ氏は、甲状腺ガンの罹患率を低下させるためにはガイドラインが必要と指摘。甲状腺検査以外にも、がん登録の整備や事故後の線量モニタリングの実施、安定ヨウ素剤の配布、事故前からの地域住民へのコミュニケーションが必要であるとの考えを示した。
 
・シュルツ氏が発表したスライド
http://tmnuc.iarc.fr/public/docs/TM-NUC_lay_summary_final2.pdf
・原子力事故後の甲状腺健康モニタリングの長期戦略:IARC 専門家グループによる提言(邦訳版)
http://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/303719.pdf
 
●事故初期の線量計測に関心集まる
この後のシンポジウムでは、国際機関の関与を提言した山下氏本人が、コーディネーターとして登場した。
 
*(画像)シンポジウムのコーディネータを努めた山下俊一氏。http://www.ourplanet-tv.org/files/2019030702.jpg
  
最初に登壇したのは、ロシア・ブルナシヤン連邦医学生物物理学センター産業放射線衛生部のセルゲイ・シンカレフ部長。事故直後の放射性ヨウ素等のモニタリング方法について説明し、チェルノブイリ原発事故時には、1日100〜150人計測できるチームを100チーム編成し、約50万人の線量モニタリングを実施したと報告。事前の準備や計画が重要であると強調した。
 
続いて、イムス三芳総合病院貴田岡正史内分泌・代謝センター長と福島県立医科大学原子力災害医療・総合支援センターの長谷川有史 センター長が登壇。臨床上のリスク評価の重要性や事故後の混乱期の実情をそれぞれ紹介。報告書やガイドラインが充実していても、実際に運用する医療従事者の知識や経験が状況を左右するとの認識を示した。
 
参加者の関心が高かったのが、事故後の線量モニタリング。日本では、福島原発事故後、甲状腺の線量がほとんど計測できなかった実情を受け、使用する機器や計測場所などにについて質問が飛んだ。
 
*(画像)シンポジウム終了後の記者会見

 
同報告書を受けて、福島県でも甲状腺検査を中止すべきだとする意見が強まっていることに関し、シンポジウム終了後の記者会見で、記者が質問。福島県の検査について聞いたところ、シュッツ氏は、「これは福島県の検査には使えない」と強調。「福島県の経験は重要で、それを学ぶことで、この報告書ができた。この報告書は、これから原発事故が起きた時に備えるものだ」と、同報告書と福島県の甲状腺検査は切り離して考えるよう求めた。
  
今回のシンポジウムは、報告書作成の資金を提供した環境省の主催。その国内での初の成果発表だったはずだが、マスコミの撮影は冒頭だけ。また終了後の記者会見も一人一問に限られた。
 
国際がん研究機関 甲状腺検査特設サイト
http://tmnuc.iarc.fr/en/
 
関連記事
甲状腺検査めぐり海外の専門家交え議論(2018年1月7日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2210
甲状腺検査の検討はじまる〜国際がん研究機関(2017年10月23日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2179
甲状腺検査の専門家会議〜環境省が全額負担(2017年6月9日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2137
第26回「県民健康調査」検討委員会(2017年2月20日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2102
第25回「県民健康調査」検討委員会(2016年12月27日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2083
甲状腺検査の見直しを提言〜山下俊一氏ら専門家(2016年12月9日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2077
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(ここまで)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年3月11日 15:52:20 : 3QrVUSnqMc : S01aRWRmcWpaVlk=[10] 報告
すでに、全病で、隠蔽に入っていると推測する。

以下は、ほんの一例。

> 小児甲状腺がん少なくとも273人〜福島サポート事業で判明

検討委員会で公表されている202名よりはるかに多い患者の存在が明らかになった

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2342

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素51掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素51掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素51掲示板  
次へ