★阿修羅♪ > 経世済民131 > 191.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
年金に手をつけずバリバリ働く60代夫婦は大きな間違いを犯している(マネーポスト)
http://www.asyura2.com/19/hasan131/msg/191.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 2 月 18 日 19:11:25: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

年金に手をつけずバリバリ働く60代夫婦は大きな間違いを犯している
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190218-00000004-moneypost-bus_all
マネーポストWEB 2/18(月) 16:00配信 女性セブン2019年2月28日号


年金に手をつけずにバリバリ働くのはNG?(イメージ。写真:アフロ)


 老後の命綱である「年金」は、受給者である国民一人ひとりが“オーダーメイド”で受け取り始める時期を決められる。それを知らずに生活しているなら、非常に“もったいない”ことになりかねない。

 都内在住の武田さん夫婦(夫67才、妻66才)は、近所でも有名な「現役夫婦」だ。

「夫は62才の時、それまでずっと勤めてきた産業機械の専門商社を退職しました。でも、“おれはまだ家に引っ込むほど老けてないぞ”なんて言いながら、それまでの人脈とキャリアを生かして、コンサル会社を立ち上げました。“社長だ”なんて威張ってますが、年収はサラリーマン時代の半分以下ですよ(笑い)」(妻の千賀子さん)

 それでも、毎朝スーツを着込んで、得意先に出かけていく姿は頼もしい。年収は300万円ほどだという。千賀子さんが続ける。

「私も建築関係の会社で経理のパートを続けています。子供が独立してからなので、かれこれ25年ぐらい経ちます」

 60代後半の武田さん夫婦は、年金を受給している。ただ、年金は専用の銀行口座に寝かせたままで、一切、手をつけていないという。

「家のローンも終わってますし、退職金もまだ充分にあります。だいぶん減ったとはいえ、夫婦ふたりで慎ましく生活できるほどの収入はありますから、年金に頼らなくても何とかやっていけています」(千賀子さん)

 老後破産なんて無縁。順風満帆なセカンドライフ──そう見えるかもしれないが、「年金博士」こと、ブレインコンサルティングオフィスの北村庄吾さんは「なんてもったいない」と指摘する。

「武田さん夫婦は、生活に困っていないのに年金を受け取っています。でも、もし年金の受給をとりあえずストップしておいて、働けるだけ働いたり、貯金でしのげるだけしのいで、いざ必要になった時点で年金を受け取り始めれば、年金額をグッと増やせることができたんです」

 年金の受給開始年齢は、基本的に65才というルールになっている。ところが、65才時点では請求せず、受け取り始める年齢を遅らせることで年金額を増やせる―─そんな仕組みのことを、年金の「繰り下げ受給」という。

 年金額は受給開始を1か月遅らせるごとに0.7%、1年で8.4%増える。最大5年まで繰り下げられ、70才から受給開始すれば42%もアップする。夫のサラリーマン時代はごく平均的な収入の世帯だった武田さん夫婦がともに、女性の平均寿命(87才)まで生きたと仮定しよう。

 夫婦ふたりが65才で受給を開始すると、生涯で受け取る年金総額は約5424万円だ。ところが、まだまだ現役バリバリでいけそうな武田さん夫婦が70才まで「繰り下げ受給」を選んだとすると、なんと約6028万円も受給できる計算になる。600万円も増えた(表を参照)。

「銀行口座に貯めておいても、利息は微々たるものです。老後資金に余裕がある世帯にとってみれば、年金の『繰り下げ受給』ほど“高利率”の資産運用法は他にはありません」(北村さん)

 必ずしも、武田さん夫婦のように、65才以上も現役でいる必要はない。今日本の60代以上世帯の平均の金融資産は2500万円ほど。それだけの貯蓄があれば、当面は貯金を取り崩しながら、繰り下げ受給して少しずつ増やしていくことも、人生100年時代を生き抜く知恵だろう。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年2月18日 21:16:48 : vo1inwrATY : i@1ARl@NkRk[4] 報告
受給を先に延ばせば需給が気は増えるが、その代わり税金、社会保険料も上がるから、
それを計算に入れて判断しないと。
2. 2019年2月19日 12:21:25 : mp6fw9MOwA : XTWWyuFax_s[261] 報告
年金制度はその時の国の状況により、修正がくわえられるリスクが有る事を理解しなければならない。
高配当が見込めるものにはリスクが伴い、年金だけが別だと言い張るには原資の50%が株式投資で有る事から無理がある。
現状の官僚・政府の対応から、年金制度の将来を十分に配慮しているとは思われず、目先の支出を抑えていると感じられる。
原資が枯渇した際の見直しでは、過去の年8.4%の繰り延べ加算は精査が足りなかったのでこれ以降の支給には見直し額を適用との検討が始まるかもしれない。
それが10年後に顕在化したなら、87歳まで生きれば高額と思っていたが、78歳程度から、支給額の加算が減額し、早くなくなった場合の減額との実態が浮き彫りになるかもしれない。
3. 2019年2月19日 16:17:36 : dUPZ2cbdJA : bkjwGxu5d4c[4] 報告
このモデルケースでは総合的に損と片づけてしまうのは少々乱暴です。
恐らくこのような方々は様々に分散投資をしていっらしゃるケースも
多く貯蓄したままですと言うのはこういったことも含んでいることに
外ならない。
先に延ばせばとは言うけれど、何時死んでしまいか分からない時代だ
働きながら年金を受給するというのが最も賢いような気がします。

100歳?あと数年でバタバタと国民が死んでいくと言うのに夢のよ
うだな…と思ってしまう。この話題が出始めたのは原発事故後。
国もいかに年金を払わずに死んでもらうかを考えたわけだ…

これは現状の話であと15年も経ってみたら非正規歴が長く年金の
掛け金を支払っていない人が急増する。
それまでに年金とは切り離してベーシックインカムを確立させなければ
ならない。

人の金銭感覚と言うのは「人それぞれ」であり「無いと不安」「少なくて
十分」等その人のライフステージで変わってくる。

4. 2019年2月20日 07:52:46 : uOInhU8FRw : 7J6nYEZ_2RA[1] 報告
70歳になってお金の使いようが無いですよ 体も動かなくなる 旅行なんて
ほとんどいけないだろう 貰える時に貰うのが基本です 現状だと65歳
こういう記事を書く人は40代か50代 体の絶頂期?ですよ ご老体の状態なんて
わかりゃしないよ いつまでも若いと思っている 
65歳過ぎると病気が出てくるんですよ いろいろとね 

65歳になると体がきつくなってくる、高齢者にある仕事は体を使う仕事しかない
ハローワークをネットで見られるので見たほうがいいですよ 警備員とか
清掃夫、交通整理とか そういうのしかないです 今までの経歴なんて
ほとんど役立ちません 家でのんびり貧乏でも生活したほうがいいですよ
毎日walking これです 夫婦で他人にしがらみ無く生活できる、運が良かったなあ
と思う今日この頃 みなさんお元気ですかぁ....

5. 2019年2月20日 23:45:40 : Ye6rWhFDQo : v8dy46oHNgs[131] 報告
元気で〜す
6. 2019年2月21日 11:09:08 : axHiCq3DwE : JTagOk@Rzt0[182] 報告
もう60過ぎたら、特別に若い身体を持った人以外は、旅行も趣味も程々になってしまう。70になってから年金をもらって、アレコレやろうと思っても、もう身体が言うことをきかず病気も出てくる。昔と同じように活動的に過ごせるのは、せいぜい65歳までだろう。生涯現役でと言う方は、数万人に一人ぐらいのものだ。年金を一銭ももらわないうちにくたばることになる。動けるうちに年金を受け取り、使った方が良いだろう。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民131掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民131掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民131掲示板  
次へ