★阿修羅♪ > 経世済民131 > 337.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
アングル:労働分配率の高まり、利益減が主因 賃金への還元まだ進まず
http://www.asyura2.com/19/hasan131/msg/337.html
投稿者 うまき 日時 2019 年 3 月 01 日 20:42:02: ufjzQf6660gRM gqSC3IKr
 

ビジネス2019年3月1日 / 18:24 / 2時間前更新
アングル:労働分配率の高まり、利益減が主因 賃金への還元まだ進まず
Reuters Staff
1 分で読む

[東京 1日 ロイター] - 10─12月期の法人企業統計では、2010年代以降、低下傾向にあった労働分配率が上昇に転じつつある様子が浮き彫りになった。ただ、分配の元手となる付加価値が景気減速で減益となる一方、人手不足などに伴って人件費が増えたことが背景となっており、企業から個々の働き手への還元が進んでいるとまでは言えない状況だ。

大和総研チーフマーケットエコノミストの岩下真理氏が独自の計算式で試算した労働分配率は、原数値で45.05%。昨年同期の43.94%から上昇していることがわかった。

農林中金総合研究所・主席研究員の南武志氏の試算でも、61.3%(季節調整済み)と2四半期連続で上昇、16年4−6月期の水準まで一気に高まった。

長期にわたり、企業が賃金を抑制してきたとの批判が高まっていた中での労働分配率の上昇は、表面的には、ようやく企業の収益が賃金に還元され始めたようにも見える。

実際、17年度までの過去6年間、企業の利益は右肩上がりで拡大し、生産性にあたる「一人当たり付加価値額」も上昇の一途をたどってきた。本来であれば生産性向上に連動して賃金が上昇するはずだが、企業が人件費を抑制して利益水準を確保。結果として内部留保をため込んできた。(下図参照)。

今回の法人企業統計では、労働分配率が継続して上昇していることがようやく確認できた。しかし、その背景について、農林中金総研の南氏は「企業から先の雇用者への還元が強まったわけではない」と厳しい見方を示す。

同氏によると、フルタイム労働者の不足に伴う供給制約に対応するため、女性や高齢者などパートの雇用が増え、昨年7─9月以降の前年比増加率はそれまでの1─2%台から3─4%台に上昇している。パート従業員の賃金水準は低いとはいえ人数の増加により、人件費は3−5%台の伸びを続けている。

一方で、労働分配率の分母となる付加価値は、中国経済の減速に端を発した需要伸び悩みや原材料費の増加で減少に転じている。

労働分配率の増加は、雇用増に対して付加価値がさほど伸びなかったことが要因というかたちだ。付加価値が向上し、それが適正に賃金に配分される構図に至ったと判断できる状況では、まだなさそうだ。

中川泉 編集:石田仁志  
https://jp.reuters.com/article/japan-labor-share-idJPKCN1QI407  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年3月01日 20:49:44 : ZzavsvoOaU : aHVwMGJ2SHM5RE0=[13] 報告

景気後退期には、労働分配率が高まるのは当然の結果

アベノミクス景気で企業利益が上昇して労働分配率が低下し、非正規雇用の急回復から一人当たり実質賃金が下落したのと対照的だが

今後、さらに景気が悪化すれば、さらに労働分配率は高まり、

企業が倒産し、非正規の大量解雇で一人当たり実質賃金が上昇することは

民主党不況時を見れば明らかだが


今回は、以前に比べて遥かに社会保障が強化され、若年労働者も大幅に減り、

しかも政府によるバラマキと日銀による財政ファイナンスも強化されているから

それほど悪化することはないだろう


ただしトランプ政権による、金融政策への内政干渉や、

インフレ恐怖症の、国内、財政保守派(高齢既得権層)による政権交代が起これば話は別ではある


▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民131掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民131掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民131掲示板  
次へ