★阿修羅♪ > 経世済民131 > 758.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
三菱自、日産・ルノー3社連合からの離脱が取り沙汰…三菱自・ホンダ連合結成シナリオも(Business Journal)
http://www.asyura2.com/19/hasan131/msg/758.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 4 月 02 日 01:38:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

三菱自、日産・ルノー3社連合からの離脱が取り沙汰…三菱自・ホンダ連合結成シナリオも
https://biz-journal.jp/2019/04/post_27301.html
2019.04.01 文=編集部 Business Journal


三菱自動車(「Getty Images」より)


 日産自動車の新しい会長・社長を誰にするのかと同様、三菱自動車工業のアライアンスからの離脱の動きが、今年秋から冬にかけて表面化しそうだ。

 環境対応の切り札とされる電気自動車(EV)。中核部品である電池(リチウムイオン電池)をめぐり、海外メーカーからの調達戦略が日産、仏ルノー、三菱自の間でギクシャクしている。カルロス・ゴーン日産前会長の逮捕後、ルノーと日産の関係が悪化。「空白の4カ月」といわれる状況を呈しており、いろいろな案件が決まりにくくなっていた。

 こうしたこともあって、三菱自は3社連合とは別枠で、EV用の電池の調達の道を独自に模索し始めた。EVでは、日産や三菱自から明らかに出遅れているルノーが、電池などの調達を取りまとめる体制になっている。これ自体が、かなり歪といえる。ゴーン被告の独裁の弊害のひとつと酷評する向きもある。

 日産、ルノー、三菱自の3社連合は3月12日、「アライアンス・オペレーション・ボード」を設立すると発表した。三菱自の益子修会長兼CEO(最高経営責任者)は「企業連合は、それぞれのステークホルダーに責任を持つ3社の自律的、継続的なものだ。今後も持続的な成長ができると信じている」と発言した。「ステークホルダーに責任を持つ」とは、実に微妙な言い回しだ。三菱商事、三菱重工業、三菱UFJ銀行が三菱自のステークホルダー(利害関係者、大株主)だ。

 2月14日、ルノーの新しい会長に就いたジャンドミニク・スナール氏が初来日し、日産の西川廣人社長兼CEO、三菱自の益子氏と同日夜、都内のホテルで食事をしながら約1時間半にわたり会談した。翌15日、これとは別に益子氏と個別に会っている。

 関係者によると「このトップ会談に三菱商事、三菱UFJ銀行の幹部が同席していた」という情報もある。三菱商事は「ゴーンのくびきから脱する機会」と考えているフシがある。三菱自が3社連合から離脱する可能性は、従来以上に高まっている。そうでなくても、三菱自の生え抜き社員は「日産・ルノーに、電気自動車など“いいとこ取り”をされている」と不満を募らせているからだ。三菱商事・三菱自は、自前の東南アジアの販売網に日産・ルノーがタダ乗りしようとしていることに対して、怒りに近い感情を抱いているともいわれている。

■三菱自とホンダが組む“秘策”も

 三菱自の離脱は三菱グループの強い意向との見方がある一方、益子氏は「自分を救ってくれたゴーン被告に対して、いまだにシンパシーを抱いている」(関係者)ともいわれる。だが、三菱グループの首脳たちはもっとドライだ。「安倍政権は、三菱グループを日産の後ろ盾としてルノー・フランス政府と戦う戦略」(永田町筋)との、かなり偏った見方も水面下で静かに流布し始めた。

 自動車再編の台風の目は三菱自、そしてトヨタ自動車グループに属していない本田技研工業(ホンダ)だ。ホンダのメインバンクは三菱UFJ銀行。ホンダは米ゼネラルモーターズ(GM)と提携しているが、四輪事業が足踏みしている。軽自動車「N−BOX」シリーズ以外にヒットしているクルマがない。二輪車事業で食べているのが現状だ。三菱自が3社連合から離脱してホンダと組むというシナリオであれば、三菱UFJ銀行、三菱商事とも「否」とはいわないだろう。

 日産・ルノー・三菱自の3社連合の一角が崩れると、それが自動車再編の号砲となる可能性は高い。3社連合の危うい均衡を、より危うくしている震源地が三菱自なのかもしれない。

(文=編集部)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年4月02日 06:41:27 : 1GJFQVU66M : c0lqbmRoR2RQY2c=[41] 報告
三菱自動車は飛んで火に入る夏の虫になったのか。提携先に失敗している。すくなくとも日経資本と手を組むべきだった。
2. 2019年4月02日 19:01:37 : hE3PRSoheQ : aDMueWFCSkFsbkU=[345] 報告

 ドバイから 帰ってきたばかりだが

 日本車は 相当量走っていた トヨタのレクサスとランクルが 圧勝していたが

 それでも 日産・本田・三菱の4駆は 走っていたね〜〜

 少ないと思ったのは マツダと富士重工だよね〜〜〜〜〜


 ===

 がんばれ 三菱!!

 
 

3. 2019年4月02日 19:11:43 : pxgwgovz2Q : eWNiYmY5R1dFRWs=[88] 報告
軛から やはり抜けたい 三菱自
4. 2019年4月02日 20:14:22 : Ytgdj5HhTA : bkpKTnRKNEk4OUE=[29] 報告
やっと出てきた、本命アベ癒着ミ●ビシ!
ダシに使われたヤッチャッタ、ニッサン!
大丈夫ですか???

ミツビ●愛が過ぎる(癒着あるいは贈収賄犯罪・・)の、
重役さんが親族様のアベ憲法違反犯罪者で内乱罪で訴えられているアベ、
東京特捜ウ●コ部を使っての職権乱用、国際犯罪人です! カ?

ヒトゴ●シ兵器と放射能バラマキ湯沸かし器しか売る物が無く、

飛ばない飛行機と、うかばない旅客船と、
湯沸かし器部品不良品で、あの狂暴ないヒトゴロ●世界一の、
アメ●カ国の原発を廃炉にして
損害賠償、脱原発資金を、アメリカ国謀略国や、
同じように、あのフランス国からもせびられてる、
ミツビシ、アベ贈収賄犯●企業!

あのNHKには、アベ指名、国民をダマし洗脳する工作員を派遣している、
ミツビシ派遣社員上田を配置して、
ウ●コを垂れ流してる犯罪企業●HKの皆様、
しっかりと、
アベと上田とミツビ●と、カルト宗教団体日本会議さんについて、
しっかりと報道してあげてくださいネ!

よろしくお願いします。

5. 2019年4月02日 23:32:45 : KyPgZPlu8Y : U0EzUDRXcC5YdzY=[109] 報告
この寄せ集めの3社連合などと言う企業グループは、存続する訳がない。三菱自動車は2007年頃、同じフランスのプジョー・シトロエングループと提携を強めていた。三菱自動車水島製作所で製造される世界初の量産型電気自動車、三菱アイミーブをプジョー・イオン、シトロエン・C-Zeroとして供給することが決まったからだ。また、ロシア連邦におけるSUV合弁生産も決まっていた。

2018 Citroen C-Zero exterior and interior
https://www.youtube.com/watch?v=sr1kA1FwANE

元々三菱自動車は、シトロエンに対して憧れを持っていたところがある。1976年発売のギャラン・ラムダ。ハンドルが1本スポークだが、これなど当時生産中だったシトロエンGS、CXに範をとったものだ。うちはGS、CXどちらも乗った。(CXは現在所有中)

1978 MITSUBISHI GALANT LAMBDA (A133A) 三菱・ギャランラムダA133A型【4K】
https://www.youtube.com/watch?v=dLQqUDm90xQ

CITROEN CX 2000
https://www.youtube.com/watch?v=NQeldUJ9qYs
●途中で1本スポークのステアリングが出てきます。

その次の前輪駆動化したギャラン・シグマのサテライトスイッチなど、完全にシトロエンを目標としている。

三菱自動車は1980年代からパリ。ダカールラリーに参戦したが、その時にシトロエンも参戦していた。親会社のプジョーも参戦している。

Peugeot 205 T16 Paris Dakar
https://www.youtube.com/watch?v=4HTVO1TP-iY
●事故が相次いだグループBが禁止されたため、プジョーはホイールベースを延伸して、パリ・ダカール仕様を開発し、同ラリーに投入しました。

Citroen ZX Rallye Raid - Timo Salonen - Old Top Gear
https://www.youtube.com/watch?v=twzfyh0VSn0
●1990年代はシトロエンZXラリーレイド仕様が登場し、無敵の強さを見せました。

このパリ・ダカールラリーを通じてプジョー・シトロエンと三菱自動車との間の交流が強まったのです。それ以前にも、三菱自動車が豪州で現地生産していた時代にプジョーから共同生産の申し入れがありました。(これは実現せず。)

1974年に倒産したシトロエンを、フランス政府の仲介で手に入れたプジョーは、1978年にはクライスラーの英仏西の子会社を買収。その後、勢いを失った同グループですが、2014年以降勢いを取り戻し、GMからドイツのオペルとイギリスのヴォクスホールを買収。欧州自動車業界はますます上位メーカーの寡占化の動きを強めています。勢いに乗るプジョー・シトロエンは、日本メーカーとの提携を水面下で進めているという観測もあります。

プジョー・シトロエングループは、シトロエンが1919年に自動車生産を開始した時から、「打倒ルノー」をモットーにしており、両グループの抗争は、実に100年も続いています。

citroen type A
https://www.youtube.com/watch?v=q-5ITN8ezGg
●ヨーロッパ初のフォード式大量生産方式を導入し、これにルノーは大打撃を受けました。創業者、アンドレ・シトロエンは、フランスの自動車王と呼ばれています。

Modele Renault z lat 1898-1919
https://www.youtube.com/watch?v=yU6kWxR9hhc
●シトロエンより20年も前から自動車を生産していましたが、多車種少量生産だったため価格が高く、販売も限られていました。これに対しシトロエンは、単一車種の大量生産でルノーの半額以下で殴り込みをかけたから、さあ大変。ルノーは1960年代までシトロエンに負け続けました。

★100年の抗争はダテじゃない。三菱も巻き込まれそうな感じ。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民131掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民131掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民131掲示板  
次へ