★阿修羅♪ > 経世済民131 > 789.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
楽観過ぎる想定為替 令和元年“円安中毒”企業が次々と傾く(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/19/hasan131/msg/789.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 4 月 03 日 15:21:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

 


楽観過ぎる想定為替 令和元年“円安中毒”企業が次々と傾く
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/250988
2019/04/02 日刊ゲンダイ


令和元年は円高要因だらけ(C)日刊ゲンダイ

 新元号に浮かれていた4月1日、日銀が発表した3月の短観は散々だった。大企業製造業の景況感を示す業況判断指数(DI)は、第2次安倍政権が発足して以降、最大の悪化となった。企業は先行きに不安を抱き始めているが、想定為替レートはあまりにも楽観的。これでは、急激な円高で傾く企業が続出しかねない。

 DIは前回の昨年12月調査から7ポイント下落のプラス12だった。低下幅は、2012年12月(9ポイント低下)以来、6年3カ月ぶりだ。

 驚いたのが、2019年度の想定為替レート。大企業製造業が事業計画の前提としている想定為替は、1ドル=108.87円だった。

 現在は111円前後だが、2〜3月は109〜111円台、1月は107〜109円台で推移していた。1月3日には一時104円台まで円高が進行する場面もあった。

■円高要因だらけ

 企業が想定する108.87円は、足元の為替に毛が生えたようなレベルなのだ。経済ジャーナリストの井上学氏が言う。

「あまりにも楽観的で驚きました。ほとんど円高リスクを織り込んでいない想定為替です。あっという間に、想定割れが起こるでしょう。為替は、今年中の100円割れも十分考えられます。というのも、この先、円高要因がたくさんあるからです」

 ▼欧米の今年中の利上げ見送り、または利下げ▼日米貿易協定交渉におけるトランプ大統領の円高圧力(為替条項)▼世界経済への不安からの安全な円買い――。これらはすべて円高要因だ。通常なら日銀が、利下げや金融緩和で、過度な円高にブレーキをかけるのだが、すでにジャブジャブの金融緩和はマイナス金利策までやり果てており、打つ手がない。円高がドンドン進行しても日本は傍観するしかないのだ。

「1ドル=80円台の民主党政権時代、企業は苦しみましたが、80円でも利益が上げられるように鍛えられた面もあります。一方、安倍政権下、6年余の長期間の円安政策で、企業は円安メリットにドップリ甘んじてきました。その結果、企業の体質はかなり弱くなっています。本来なら円高要因が見えている19年度は、せめて105円、できれば100円以下の厳しめの為替の想定をして、それでも利益が上げられる施策を講じていく必要があるのです。108円台での事業計画では、急激な円高になった時、アッサリ赤字が出てしまうことになります」(井上学氏)

 1円の円高でトヨタは年間400億円、日産やホンダは100億円、キヤノンは50億円の利益が吹っ飛ぶといわれている。

 短観で示されたように、企業が景気の行方に危機感を持っているのなら、令和に元号が変わる前から大幅な円高を前提に備えた方がいい。長年どっぷりハマった“円安中毒”からは、すぐには抜けられない。












 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[8398] kNSCqYLU 2019年4月03日 15:21:51 : 90EZJT5uPI : YU9qMWtEWURTcUk=[3437] 報告


2. 赤かぶ[8399] kNSCqYLU 2019年4月03日 15:22:20 : 90EZJT5uPI : YU9qMWtEWURTcUk=[3438] 報告


3. 赤かぶ[8400] kNSCqYLU 2019年4月03日 15:23:07 : 90EZJT5uPI : YU9qMWtEWURTcUk=[3439] 報告


4. 2019年4月03日 19:14:52 : O8HL2KZeN6 : R3B5aGZLdXlFWW8=[15] 報告
円安に 溺れふらつく 足元が
5. 佐助[6709] jbKPlQ 2019年4月03日 20:03:28 : z5Sx38n0Sg : VHN1VmMvUE9LZS4=[166] 報告
TPPやFTAは自国の農業畜海産と対外競争力の低い中小企業を犠牲にして関税障壁を低くし、外資を導入すると、恐慌が進むことは1929年の世界恐慌で検証済。

商品の優位性をもつ円が、円安では世界貿易の不均衡は是正できない。そのため心ならずも円は、キンとリンクし基軸通貨になる。ユーロは、ドルとの均衡安定を回復するため、加盟国のキンをかき集めて、ユーロの固定通貨圏の動揺を防止するため、心ならずも、第三次キン本位制に移行する

キンの助けを借り、世界の金融システムは一時的に安定させざるをえない。キン離れは、為替をフロート(変動相場制)化し、キン返りは為替を固定化させる。

世界の準備通貨と各国の保有する国債で、ユーロがドルを上回りつつあることだ。そのため、ドル暴落は不可避となる。そこで、米国は「保有しているキンを尺度に通貨を発行する」キン返り政策を採用せざるをえない。

世界のエコノミストの中に、紙幣とキンを交換する第一次金本位制を復活させるべきだと主張する人はゼロである。再び、国と国の貿易赤字の決済にキンを使うべきだと主張している人もゼロである。

だが、各国の通貨の発行限度の尺度としてキンを使うべきだという主張は、ドルが暴落するたびに、米国財務省内で議論される。

その目的は、崩壊しつつあるドル本位制度をテコ入れする選択肢の一つとしてだ。だが、金利を上げて、貿易黒字国からドルが還流されると、この案はお蔵入りになってきた。

こうして、ニクソンのキン離れによる為替フロート制は終わる。そして、世界の為替システムは、まず、ドルとユーロ通貨に各国がリンクする固定レート時代へ移行する。次に、国家がキン買いの主役となるキン獲得競争の勝者が三極目&四極目の世界通貨となる。

世界の通貨はキンの束縛から開放され、膨張を加速した。その膨張は、地球の内部で底動するマグマに似ている。巨大なドルのマグマは出口を求め、地震や火山爆発のごとき突発的な災害に、人類を巻き込むことを不可避にする。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民131掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民131掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民131掲示板  
次へ