★阿修羅♪ > 経世済民132 > 283.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
財政赤字容認の「現代貨幣理論」を“主流派”がムキになって叩く理由(ダイヤモンド・オンライン)
http://www.asyura2.com/19/hasan132/msg/283.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 4 月 26 日 13:41:25: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

財政赤字容認の「現代貨幣理論」を“主流派”がムキになって叩く理由
https://diamond.jp/articles/-/200555
2019.4.26 中野剛志:評論家 ダイヤモンド・オンライン


Photo:PIXTA


 昨今、「現代貨幣理論(MMT、Modern Monetary Theory)」なる経済理論が、米国、欧州そして日本でも話題となり、大論争を巻き起こしている。

 今なぜ、MMTなのか。

 景気減速感が強まる一方、金融政策が手詰まりな状況で、「財政政策で活路を」と考える論者や、格差是正やグリーン・ニューディールなどを訴えて財政拡張政策を主張するいわゆるリベラル政治家らが、その理論的な根拠としていることがある。

 だが、このMMTに対して、主要な経済学者や政策当局の責任者たちは、ほぼ全員、否定的な見解を示している。日本でも、MMTに関する肯定的な論調はごくわずかだ。それには理由がある。

「異端の学説」なのか
MMTをめぐり大論争


 MMTが注目を集めているのは、その支持者が「財政赤字を心配するな」という主張をするからだとされている。

 より正確に言うと、「(米英日のように)通貨発行権を持つ国は、いくらでも自国通貨を発行できるのだから、自国通貨建てで国債を発行する限り、財政破綻はしない」というのである。

 普通であれば、MMTのような「異端の経済学説」が、真面目に取り上げられるなどということは考えられない。無視あるいは一蹴されて終わりだろう。

 ところが、極めて面白いことに、MMTは、無視されないどころか、経済学者のみならず、政策当局、政治家、投資家そして一般世論までも巻き込んで、大騒ぎを引き起こしたのである。

暴露された
主流派の「不都合な事実」


 その理由は、MMTが、主流派経済学者や政策当局が無視し得ない「不都合な事実」を暴露したからである。

 もう一度言おう。MMTが突きつけたのは、「理論」や「イデオロギー」ではない。単なる「事実」である。

 例えば、MMTの支持者が主張する「自国通貨建て国債は、デフォルト(返済不履行)にはなり得ない」というのは、まぎれもない「事実」である。

 通貨を発行できる政府が、その自国通貨を返せなくなることなど、論理的にあり得ないのだ。

 実際、「自国通貨建て国債を発行する政府が、返済の意思があるのに財政破綻した」などという例は、存在しない。財政破綻の例は、いずれも自国通貨建てではない国債に関するものだ。

 実は、MMT批判者たちもこの「事実」を否定してはいない。その代わりに、彼らは、次のいずれかの批判を行っている。

 批判(1)「財政規律が緩むと、財政赤字が野放図に拡大し、インフレを高進させてしまう」

 批判(2)「財政赤字の拡大は、いずれ民間貯蓄の不足を招き、金利を高騰させる」

 MMTに対する批判は、ほぼ、この2つに収斂している。

 では、それぞれについて、その批判の妥当性を検討してみよう。この検討を通じてMMTが指摘した「不都合な事実」とは何かが明らかになるだろう。

財政赤字拡大で
「インフレは止まらなくなる」は本当か?


 まず「財政赤字の拡大は、インフレを招く」という批判(1)を考えてみよう。

 実は、MMT批判者たちが指摘するように、財政赤字の拡大はインフレを招く可能性はある。これはMMT自身も認める「事実」だ。

 政府が、公共投資を増やすなどして財政支出を拡大すると、総需要が増大する。総需要が増大し続け、総供給が追い付かなくなれば、当然の結果として、インフレになる。

 それでもなお、野放図に財政赤字を拡大し続けたら、インフレは確かに高進するだろう。

 ということは、MMT批判者たちもまた、「インフレが行き過ぎない限り、財政赤字の拡大は心配ない」「デフレ脱却には、財政赤字の拡大が有効」と認めているということである。

 言い換えれば、仮に「財政規律」なるものが必要だとすれば、それは「政府債務の規模の限度」や「プライマリーバランス」ではなく、「インフレ率」だということだ。

 すなわち、インフレ率が目標とする上限を超えそうになったら、財政赤字を削減すればいいのである。

 そして、米国も欧州も低インフレが続いており、日本にいたっては20年もの間、デフレである。

 そうであるなら、財政赤字はなお拡大できる。それどころか、デフレの日本は、財政赤字がむしろ少なすぎるということになる。

 この点は、MMTの批判者でも同意できるはずだ。

 実際、MMTを批判する主流派経済学者の中でも、ポール・クルーグマンや、ローレンス・サマーズ 、あるいはクリスチーヌ・ラガルドIMF専務理事らは、デフレや低インフレ下での財政赤字の拡大の有効性を認めている。 

 ところが、より強硬なMMT批判者は、「歳出削減や増税は政治的に難しい。だから、いったん財政規律が緩み、財政赤字の拡大が始まったら、インフレは止められない」などと主張している。

 しかし、これこそ、極論・暴論の類いだ。

 そもそも、国家財政(歳出や課税)は、財政民主主義の原則の下、国会が決める。「財政規律」なるものもまた、財政民主主義に服するのだ。

「政治は、財政赤字の拡大を止められない」などというのは、財政民主主義の否定に等しい。

 また総需要の超過は好景気をもたらすので、所得税の税収が自動的に増大し、財政赤字は減る。したがって、仮に増税や歳出削減をしなくとも、インフレはある程度、抑制される。

 加えて、金融引き締めによるインフレ退治という政策手段もある。

 要するに、インフレというものは、経済政策によって止められるものなのだ。

 実際、歴史上、ハイパーインフレの例は、戦争・内戦による供給能力の棄損や社会主義国の資本主義への移行による混乱、独裁国家による政治的混乱といった、極めて特殊なケースに限られる。

 また、1960年代後半から70年代にかけての米国の高インフレも、ベトナム戦争、石油危機、変動相場制への移行といった特殊な外的要因が主である。

 特に戦後の先進国で、財政支出の野放図な拡大が止められずにインフレが抑制できなくなったなどという事例は、皆無だ。

 そして何より、日本は、過去20年間、インフレが止められないどころか、デフレから脱却できないでいる。歳出抑制や消費増税といった経済政策によってインフレを阻止できるという、皮肉な実例である。

 したがって、「財政赤字の拡大を容認すると、インフレが止まらなくなる」などということはないのだ。

 これは、「事実」である。

「民間の貯蓄不足を招き
金利を高騰させる」は本当か?


「財政赤字の拡大は民間貯蓄の不足を招き、金利を高騰させる」という批判(2)は、先ほどの批判(1)とは違って、完全に「事実」に反する。

 まず、基本的な事実確認から始めよう。

 一般に、銀行は、個人や企業から預金を集めてきて、それを貸し出すと思われている。しかし、それは「誤解」である。

 実は、銀行は、集めた預金を貸し出すのではない。その反対に、銀行の貸し出しによって預金が創造されるのである。

「預金⇒貸し出し」ではない。「貸し出し⇒預金」なのだ。これが、いわゆる「信用創造」である。

 これは、MTT固有の理論ではない。銀行の実務における「事実」にすぎない。

 余談だが、この「事実」は、最近でも例えば、参議院決算委員会(2019年4月4日)の質疑で、西田昌司参議院議員が黒田日銀総裁に確認している。ちなみに、黒田総裁はMMTには否定的である。

 西田委員「銀行は信用創造で10億でも100億でもお金を創り出せる。借り入れが増えれば預金も増える。これが現実。どうですか、日銀総裁」

 黒田総裁「銀行が与信行動をすることで預金が生まれることはご指摘の通りです」

政府の赤字財政支出が
民間貯蓄を増やす


 貸し出しが預金を創造するというのは、政府に対する貸し出しにおいても、同様である。

 すなわち、政府の赤字財政支出(国債発行)は、民間貯蓄(預金)によって賄われているのではない。その反対に、政府の赤字財政支出が、民間貯蓄(預金)を増やすのである。

 ただし、政府は民間銀行に口座を開設しておらず、中央銀行にのみ口座を開設している。

 それゆえ、実際のオペレーションは、図1の通りとなる。



 この図1からも明らかなように、民間銀行は、個人や企業が預け入れた預金をもとに、新規発行国債を購入するわけではない。

 中央銀行から供給された準備預金(日銀当座預金)を通じて、購入するのだ【1】。その上で、政府が財政支出を行うと【2】、それと同額だけ民間貯蓄が増える【4】。

 このように、政府の財政赤字は、民間貯蓄の制約を受けていない。その逆に、赤字財政支出が民間貯蓄を増やしているのだ。

 しかも、この【1】から【5】までのプロセスは、永続し得る。

 そして、このプロセスにおいては、民間銀行の準備預金に変動はない【5】。したがって、赤字財政支出それ自体が、国債金利を上昇させるということもない。

 それどころか、銀行が保有する国債を日銀が購入すれば、国債金利を下げることすらできるのだ。

 このオペレーションもまた、何もMMTに固有の理論や提案ではなく、普通に行われている「事実」にすぎない。

 この「事実」を裏付けるように、過去20年間、日本では、政府債務残高が著しく増大する中で、国債金利は世界最低水準で推移し、上昇する気配はほとんどない(図2)。



超インフレ、金利高騰は起きず
主流派経済学の「権威」脅かす


 このように、MMTは、実は、特殊な理論やイデオロギーではなく、誰でも受け入れ可能な単なる「事実」を指摘しているのにすぎないのである。

 だが、その「事実」こそが、主流派経済学者や政策当局にとっては、この上なく、不都合なのだ。

 例えば、「インフレが行き過ぎない限り、財政赤字の拡大は心配ない」というのが「事実」ならば、これまで、主流派経済学者や政策当局は、なぜインフレでもないのに財政支出の拡大に反対してきたのだろうか。

 防災対策や貧困対策、少子高齢化対策、地方活性化、教育、環境対策など、国民が必要とする財政支出はいくらでもあった。にもかかわらず、主流派経済学者や政策当局は、財政問題を理由に、そうした財政支出を渋り、国民に忍耐と困苦を強いてきたのである。

 それなのに、今さら「インフレが行き過ぎない限り、財政赤字の拡大は心配ない」という「事実」を認めることなど、とてもできないということだろう。

 さらに、「財政赤字は民間貯蓄で賄われているのではない」という「事実」を知らなかったというのであれば、「貸し出しが預金を創造する」という信用創造の基本すら分かっていなかったことがバレてしまう。

 主流派経済学者や政策当局にとって、これほど不都合なこともない。彼らのメンツに関わる深刻な事態である。

 というわけで、主流派経済学者や政策当局が、よってたかってMMTをムキになって叩いている理由が、これで明らかになっただろう。

 その昔、ガリレオが宗教裁判にかけられたのは、彼が実証した地動説が教会の権威を揺るがしたからである。

 それと同じように、MMTが攻撃にさらされているのは、MMTが示した「事実」が主流派経済学者や政策当局の権威を脅かしているからなのだ。

(評論家 中野剛志)


















 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[10977] kNSCqYLU 2019年4月26日 13:42:23 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[1039] 報告


2. 赤かぶ[10978] kNSCqYLU 2019年4月26日 13:43:00 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[1040] 報告


3. 赤かぶ[10979] kNSCqYLU 2019年4月26日 13:43:30 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[1041] 報告


4. 赤かぶ[10980] kNSCqYLU 2019年4月26日 13:44:09 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[1042] 報告


5. 赤かぶ[10981] kNSCqYLU 2019年4月26日 13:45:03 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[1043] 報告


6. 2019年4月26日 16:09:47 : OO6Zlan35k : L3FGSWVCZWxFS3c=[61] 報告

MMTの問題点は、もう一つある

それはゾンビ企業の存続による生産性の低迷

つまり不況による淘汰が起こらない社会主義化という問題であり

厳しい国家間競争がある場合、最終的には、

そうした非効率な社会主義国家は崩壊することになる

7. 2019年4月26日 19:26:08 : ETdbtmk0KA : cmkxbHh5YVM0a0U=[233] 報告
ゾンビたち 淘汰させずに 甘やかし
8. 2019年4月26日 19:49:27 : PxS1k7MhD2 : V3E1TmcvaUw5emc=[18] 報告
>MMTの問題点は、もう一つある
>それはゾンビ企業の存続による生産性の低迷
>つまり不況による淘汰が起こらない社会主義化という問題であり

インフレ率2〜3%でも企業は淘汰されますが

>厳しい国家間競争がある場合、最終的には、
>そうした非効率な社会主義国家は崩壊することになる

企業間競争の間違いだろ?(笑)

9. 2019年4月26日 19:58:46 : PxS1k7MhD2 : V3E1TmcvaUw5emc=[19] 報告
>⒈財政規律が緩むと財政赤字が野放図に拡大しインフレが高進する。

インフレは金融政策で制御出来ます(笑)

>⒉財政赤字の拡大はいずれ民間貯蓄の不足を招き金利を高騰させる。

金利は資金需要がある場合だけ上昇します。


政府債務(国債)=民間の資産

政府債務増加(国債増加)=民間の資産増加

出来るだけ国債発行を増やして
民間の資産を増やそう。

10. 2019年4月26日 20:42:48 : fCZ83cf8p2 : YzI0bTRWZmk2Mms=[160] 報告
国家が経済を統制出来るなら市場の論理だの摂理だの近代経済学だのは
一体何だったのってことに  てか働けだの貯めろだのもウソだったんじゃねえの?サックスだったんじゃ?とニート革命が起こりそうで心配  責任者出てきて説明がカンヨー  //もうこの惑星イヤだ  ヨリ 
11. 2019年4月26日 23:19:56 : qehR54IICE : bzJHNkRvLjNlY3M=[42] 報告
>>7
なるほど 貧困層のことかー なるほどなるほど
12. 2019年4月26日 23:33:20 : qehR54IICE : bzJHNkRvLjNlY3M=[43] 報告
この手の話はむじいなー
5chだと3.4人程のキ〇ガイでスレを回して
1000に到達することもあるが全然話が尽きないつーか
答えが出ないつーか、いや答えは出ても
認めていなかったり論点ずらされていたりするだけか

>一体何だったのってこと

大体何の為に〇〇してるのか分からないしな
誰が動かしてんの?資本家?経済学者?
地球や国家や人は何処に
向かおうってんで?行先は?

13. 2019年4月27日 17:42:48 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[55] 報告

国民が十分賢く、自律的であれば、超少子高齢化の中で

構造改革とMMTを併用し、投資と生産性を高めることで、

労働力として価値のない高齢者や精神障碍者を含む

多くの貧困層を養いつつ、緊縮不況の罠から抜けることができる

一方、愚かで利己的で、怠惰(依存的)で無責任であれば、MMTにより

目先の狭い既得権や利便性に執着して改革の痛みを先延ばしする


つまり生産力が消費を下回ったとしても、必ず社会保障やゾンビ企業、地方へのバラマキ継続の

ポピュリスト政治家を選び、MMTを誤用して、確実に財政破綻することになる


残念ながら、多くの国では、後者の道を選ぶことが圧倒的に多く

結局、MMTとは関係ない話ではある

14. 2019年4月27日 19:13:44 : PxS1k7MhD2 : V3E1TmcvaUw5emc=[22] 報告
国債発行を増やして財政政策をやってもインフレになるだけ(笑)
インフレ率は4%以下に抑えればいいの(大爆笑です)
だから積極的に国債を発行して財政政策を推進しよう

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190427-00010271-besttimes-pol&p=2
日本やアメリカやイギリスのように、自国通貨を発行できる政府
(正確には、政府と中央銀行)は、デフォルト(債務不履行)しない。

自国通貨建ての国債は、デフォルトすることはない
(アルゼンチンなど、デフォルトの事例は、外貨建て国債に関するものだけ)。   

だから、アメリカや日本は、財源の心配をせずに、
いくらでも、好きなだけ支出ができる。

ただし、財政支出を拡大し、需要超過になって、インフレになる。
たった、これだけです。

15. 2019年4月28日 14:54:39 : z0SQdjEyNM : WUxPTXhZaFdKYWM=[112] 報告
国債でだいたい賄うからジャンジャン使えとな。

まあ現時点でそうなってますが
原発みたいに危ない予感がします。
気のせいかな。

ならばなぜ税金を徴収すると聞きたい。
嫌がらせだけの徴税なのかと。

16. 2019年4月30日 06:13:27 : 8oV4mMDqzA : dnA5S05Pa0J2NVk=[6] 報告
つまり、徴税など不要だから税務署など雇用対策に過ぎない。税務署員を造幣局に配置換えすれば良い。
何故しない?

国民皆公務員にして給与を一億円にすれば天国ができる。
何故しない?

銀行を日銀だけにして全国民に一億円づつ入金してくれてやれば消費は増え経済は活性化される。
何故しない?

17. 2019年5月04日 17:45:39 : aJHihOalXo : YUxDakRtTVouTmM=[2] 報告
>>6

実需が伸びていればともかく、
インフレでは企業間格差は拡大、淘汰は起きるぞ。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民132掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民132掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民132掲示板  
次へ