★阿修羅♪ > 経世済民132 > 345.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
アマゾン成長減速、小さな衝撃ではなかった理由 The Wall Street Journal(ダイヤモンド・オンライン)
http://www.asyura2.com/19/hasan132/msg/345.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 5 月 07 日 18:01:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

アマゾン成長減速、小さな衝撃ではなかった理由
https://diamond.jp/articles/-/201309
2019.5.7 The Wall Street Journal ダイヤモンド・オンライン


Photo:Reuters


――WSJの人気コラム「ハード・オン・ザ・ストリート」

 ***

 新しいアマゾン・ドット・コムには好きなところがたくさんあるが、慣れるにはまだ少し時間がかかりそうだ。

 アマゾンの変化は、25日に発表された1-3月期(第1四半期)決算と今後の見通しに表れていた。同期の売上高は前年同期比17%増の597億ドルと、ウォール街およびアマゾン自体の予想にほぼ一致した。営業利益は129%増加し、過去最高の44億ドルに達した。これに伴い、営業利益率は過去最高の7.4%となった。たいていは金離れのいい同社がコストを抑えている証拠だ。

 言い換えれば、アマゾンは成長が鈍化し、利益が増加している。必ずしも悪いことではないが、投資家が慣れていた状態でないことは確かだ。モノとサービス合わせた年間売上高が2400億ドルを超える企業で17%という成長率は印象的だ。しかし、過去3年間の四半期の平均30%に比べるとかなり低い水準でもある。

 4-6月期(第2四半期)の成長率については、アマゾン自社予想の中央値は16%だ。ここ4年、2四半期連続で20%を下回ったことはない。

 投資家が懸念するのも無理はない。アマゾンにはそうした巨大企業が通常経験する重力に逆らう能力があり、株価の主な裏付けとなってきた。アマゾンの株価は過去3年の予想株価収益率(PER)平均が100倍強、時価総額は世界で3本の指に入る。

 アマゾンは、成長に向けた投資を続けると主張している。過去の事例からすると、ひそかに何か用意している可能性もある。第三者による販売や広告やクラウドサービスといった利幅の厚い事業が売上高に占める割合が増えている。収益力を増したアマゾンよりも悪いものはある。

(The Wall Street Journal/Dan Gallagher)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民132掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民132掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民132掲示板  
次へ