★阿修羅♪ > 経世済民132 > 700.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
金の卵を産むニワトリを使って、最大限の利益を稼ぐ方法…「現在価値」という重要な思考(Business Journal)
http://www.asyura2.com/19/hasan132/msg/700.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 7 月 05 日 00:22:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

金の卵を産むニワトリを使って、最大限の利益を稼ぐ方法…「現在価値」という重要な思考
https://biz-journal.jp/2019/07/post_107858.html
2019.07.04 文=山崎将志/ビジネスコンサルタント Business Journal


「Gettyimages」より


 イソップの寓話に、こんな話があります。

 ある貧しい農夫の飼っていたガチョウが、黄金の卵を産みました。市場に持っていくと、その卵は純金であることがわかりました。それからもガチョウは一日に一個ずつ金の卵を産み、卵を売った農夫はやがて大金持ちになりました。お金持ちになるにつれ欲が出た農夫は、一日に一個しか産まないことに不満をもち、ガチョウのお腹を切り裂いて、卵を全部手に入れようとしました。しかし、そこにはもちろん金の卵はなく、そのうえガチョウさえも、失ってしまいました。

 この話の教訓は、短期的な利益ばかりに欲が出ると、長期的な利益を生み出す資源を失ってしまうということです。さて、この農夫がもう少し頭を使うことができたら、ほかにどんな選択肢があったでしょうか。方法のひとつはもちろん、毎日金の卵を産むガチョウと辛抱強くつき合うことです。もうひとつ考えられるのは、ガチョウそのものをほかの誰かに売ることです。では、このガチョウの値段をどのようにつけたらよいでしょうか?

 私はガチョウを見たことがなく、黄金の卵の大きさもわからなければ値段もわかりませんので、話を普通の卵を産むニワトリに置き換えて考えてみることにします。毎日ひとつ卵を産むニワトリがいるとします。このニワトリの値段をどうつければよいかを考えてみましょう。

■将来生み出す価値を現在の価値に直す

 このニワトリが死ぬまでの間に100個の卵を産むとしたら、このニワトリはお店で売っている卵100個分の値段と同じになるとあなたは考えました。卵一個当たりの値段を仮に20円とすると、このニワトリの値段は2000円、ということになります。しかし、ニワトリに毎日卵を産ませるためには餌を与えなければなりませんし、育てるための設備も必要です。それらのいろんなコストを差し引いて、卵を一個売った時の利益を10円とすると、このニワトリの値段は10円かける100個で1000円、ということになります。

 ニワトリの適正な値段がわかったと考えたあなたは、ニワトリを売りに行きました。すると、相手はこう言います。

「本当にこのニワトリは100日間卵を産み続けるのか、病気で死んでしまうことはないのか」

 そこであなたは考え込みました。ニワトリは平均的に100日間卵を毎日一個産み続けるかもしれませんが、目の前にいるこのニワトリが産むのは80個かもしれませんし、120個かもしれません。病気も今のところありませんが、絶対に病気にならないともいえません。ニワトリを1000円で売ることができれば、運よく120個産んだ時の利益を逃すかもしれませんが、80個しか生まなかったときや、病気で死んでしまった時のリスクから解放されることになります。そして、そのリスクはニワトリを買った人が負うことになります。

 もうひとつ、加えるべき別の観点があります。

 あなたはニワトリを売った瞬間に1000円の利益を得ることができますが、買い手がトータルで1000円の利益を得ることができるのは、いろんなリスクを負った後の100日後です。それならば、今目の前にある1000円と、100日後に手にできる可能性のある1000円の価値は違うはずです。そのため買い手は、100日後の1000円は今この瞬間の価値にするといくらになるのかを考えます。

 この考え方は、たいへん重要です。モノの値段から会社の値段に至るまで、ビジネスの世界ではこの、将来生み出す価値を現在の価値に直すといくらなのかという考え方を用いて価値を計算します。その価値のことを「現在価値」といいます。難しそうな概念に聞こえるかもしれませんが、銀行預金の逆だと考えれば簡単に理解できると思います。

 たとえば、あなたが持っている100万円を利息1%で10年間銀行に預けるとします。細かい計算は省きますが、10年後には100万円はおよそ110万円になります。正確には1,104,620円です。だいたい1.1倍になる計算です。10%増えると表現してもいいでしょう。

 では、10年たった後からさかのぼって現在を見てみると、その時の110万円の価値は、10年前には100万円だったということになります。これが、現在価値の考え方です。

 ニワトリに話を戻しますと、買い手にとっての現在価値は1000円よりは下が適正価格であるということです。

 先ほど100万円を1%の利率で銀行に預けるという例を出しました。でも、あなたは100万円をもっと有利な条件で増やしたいと考えるでしょう。実態として今の大手銀行の普通預金の金利は0.001%、100万円を1年間預けてやっと10円の金利です。定期預金にすると、なんと普通預金の10倍の金利がつきますが、それでも0.01%です。

 だから、もっとリターンが大きくなるような商品、たとえば金や上場株式等に投資しようと考えるかもしれませんし、何か商品を買ってオークションやフリマアプリで売ることを考えるかもしれません。100万円を増やす手段はいくらでも考えられます。ですから、ニワトリの買い手は今持っている1000円を増やす手段として、あなたの持っているニワトリを買うのが損なのか得なのか、ほかの投資機会と比較して考えているというわけです。だからあなたは最低でも1000円を100日間銀行に預けている間に得られる利息よりも、お得になる金額を提示しなければならないのですね。

■リスクと現在価値

 さて今、金利という観点で現在価値を見てきましたが、もうひとつリスクについて考えなければなりません。先ほどのニワトリが本当に100日間毎日一個産むかどうかもリスクですし、本当に卵一個当たり10円の利益が取れるかどうかわからないというのもリスクです。ニワトリの買い手が養鶏業者のようにノウハウを持っている人であればリスクは小さいですが、まったくの素人であればうまく卵を産ませ続けられるかどうかというリスクもあります。これらも踏まえて価値を考える必要があります。

 これも別の例で説明してみましょう。あなたの友人が、「5年後に必ず返すから100万円貸してくれ」と頼んできたとしましょう。長いつき合いだから必ず返してくれると信用できるとしても、100万円をそのまま貸すのはあまりにお人好しです。先ほどの話のように、あなたはその100万円をほかの方法で増やすこともできるからです。仮に友人から3%の利息をもらうとしたら、5年後には116万円返してもらう約束をしなければなりません。金利3%の5年間は、総額が16%増える計算です。それに当てはめると、5年後に100万円返してもらいたいならば、今貸せる金額は87万円です。

 しかし、その友人はたぶん返してくれると思うけど、そうじゃない可能性もあると考えたとします。つまり、返済されないというリスクがあると考えます。損をするのは嫌だから貸さないというのもひとつの考え方ですが、ビジネスの世界ではそのリスクを数字で考えます。たとえば、返ってこない確率が五分五分であると考えるならば、5年後には200万円以上を返してもらう約束をしなければなりません。5年で倍以上というと、金利に直せば15%です。5年後に返してもらう金額を100万円にするならば、今貸せるお金は54万円です。

 ちなみに、ここで少し余談ですが、消費者金融でお金を借りれば15パーセントの金利はよく見かける利率です。この金利で長い期間お金を借りるととんでもない金額になってしまうことが、先ほどの例を踏まえれば簡単にイメージできると思います。厳密には先ほどの計算は複利計算、つまり利息にも利息が付く計算方法で、消費者金融で貸すお金は単利、利息には利息が付かない計算ですので、5年で倍とまではいきませんが、この利息を見る限り、消費者金融側は、ここでお金を借りる人たちが返さないリスクをかなり大きく見積もっていることがわかります。

 また、クレジットカードのリボルビング払いの手数料も年率15〜18%程度に設定されています。クレジットカードを持っていると、リボ払いに切り替えると豪華賞品がもらえるなどのキャンペーンを頻繁に受け取りますが、長期にわたって使うと、相当な金額を手数料として払う必要があることは、もう皆さんおわかりでしょう。

■会社の値段の決め方

 さて、これまで卵を産むニワトリを例に、利息とリスクについてお話をしてきましたが、やっとここからが本題、つまり事業の値段についてです。

 事業は金の卵を産むガチョウと同じと考えることができます。上手に経営すれば永遠に卵を産み続けます。たとえば、毎年1000万円の利益を生む会社に1億円の値段をつけるとすると、1億円÷1000万円=10ですから、買い手はこの会社への投資を、10年で回収したいと考えている、ということになります(註:話を簡単にするためこの計算には現在価値で割り引いていません)。

 このような考え方は、今は関係ないと思う人も、難しいから敬遠したいと感じる人も、知っておくと必ず役に立つ時が来ると思います。

 たとえば、今、多くの中小企業が後継者問題を抱えています。私の行きつけの飲食店も、高齢を理由に閉店したところがたくさんありますが、廃業する以外の方法はあったはずだと残念に思います。

 たとえば夫婦二人で切り盛りしていて、ノウハウはすべてこの夫婦が持っている店があるとします。お客さんがついているならば、利益は出ていることでしょう。店の家賃や光熱費、材料費、人件費、利益をきちんと計算すれば、この店の現在価値は簡単に算出できます。レシピが門外不出で、店主が文章を書くのが苦手だったとしても、誰かに頼んでレシピを文字や映像にして残しておけば、味が変わるリスクが減らせますから、その分高い価値がつくはずです。そうすればお店を適正な値段で売ることができるため、夫婦にはキャッシュが入り、お店も存続します。夫婦が企業価値に関して聞く耳を持たなかったのか、アドバイスする人がいなかったのか、原因はいろいろだと思いますが、実にもったいないことです。

 あなたが今、会社員であっても、次のステップとして今あるビジネスを買うことは十分に考えられます。ケーキ屋を一からつくるよりは、すでにあるケーキ屋を買うほうがよいケースもあるでしょう。その時にこの会社の値段の決め方について知っておくことは、必ず役に立つはずです。

 イソップの寓話は紀元前6世紀頃につくられたといわれています。その当時に現在価値という考え方があったのかどうかわかりませんが、ガチョウそのものを適切な値段で売る方法を誰かがせっかちな農夫も教えてあげることもできたのに、と思います。

(文=山崎将志/ビジネスコンサルタント)

●山崎将志

ビジネスコンサルタント。1971年愛知県生まれ。1994年東京大学経済学部経営学科卒業。同年アクセンチュア入社。2003年独立。コンサルティング事業と並行して、数社のベンチャー事業開発・運営に携わる。主な著書に『残念な人の思考法』『残念な人の仕事の習慣』『社長のテスト』などがあり、累計発行部数は100万部を超える。

2016年よりNHKラジオ第2『ラジオ仕事学のすすめ』講師を務める。

最新刊は『儲かる仕組みの思考法』(日本実業出版社)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年7月05日 19:49:02 : D0QUl32qUN : OWczZmhIbUhDL3c=[971] 報告
見失う 刹那の欲に 縛られて
2. 2019年7月06日 07:28:16 : 7cJivu8LFh : VjI3bVlNNEs4YUU=[3] 報告
書いてることは間違っていないが・・・しかしもっとまとめて短く書けないか?
文字数ノルマがあるのはわかるが、ならばセオリーをまとめて簡潔に書き、その次に具体事例を手厚く紹介してほしかった。読者がイメージしやすいように。

セオリー + 具体事例複数 というのが売れる記事を書くコツです。
下手な記事を無理やり上梓すると読者や業界から信用を失いかねない。
書き終えてから、せめて一度は読み返そうね。

3. 2019年7月07日 19:01:13 : vnUxfbHXEY : eU9GNkMwZXpEdDI=[372] 報告
金融屋はあらゆる詐欺的手法を使って自分たちだけ利益を得る。こんな理屈はまだ単純だがデリバティブなどもうさっぱりわからない。元金が数百倍とか数千倍になる。

これがリーマンとかで破綻すると金融屋は自分の利益は握りしめてつまり確保しておいて倒産つまり清算となる。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民132掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民132掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民132掲示板  
次へ