★阿修羅♪ > 経世済民133 > 454.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
近づく令和大恐慌と「預金封鎖」なぜアメリカのために日本国民が血を流すのか? ダイソン撤退、中国で販売急減 EVバブル崩壊か ヤマトHD、離れる顧客と消えた調整弁 「夜間配達員1万人採用」先送り 営業益8割減の50億円 ヤマト赤字転落、株価は1年で半減へ
http://www.asyura2.com/19/hasan133/msg/454.html
投稿者 鰤 日時 2019 年 10 月 23 日 18:24:15: CYdJ4nBd/ys76 6dw
 

近づく令和大恐慌と「預金封鎖」なぜアメリカのために日本国民が血を流すのか?
2019年10月20日


戦後の日本を金融植民地にしている国際金融資本が、「そろそろですな」と日本側のカウンターパートである財務省、財界、金融財閥に目くばせしたとき、預金封鎖のトリガーは引かれます。「デフォルトは起こるものである」との前提で考え方を改め、何が起こっても動じることのないよう、生活を組み立て直す必要があるのです。(『カレイドスコープのメルマガ』)

※本記事は、『カレイドスコープのメルマガ』 2019年10月3日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

※不許複製・禁無断転載(本記事の著作権はメルマガ著者および当サイトに帰属します。第三者サイト等への違法な転載は固くお断り致します)

預金封鎖の兆候を見逃すな。日本政府はあなたの資産を守らない
国内での海外送金チェック、より厳重に
先週、銀行の国際部・外為センターから一通の確認書が郵送で送られてきました。米国のメガバンクから私宛の海外送金が完了したことを示す送金計算書です。

「たいした額でもないのに、なんとも仰々しい」……いったい日本の金融機関で何が起ころうとしているのだろうか?

ある確信を持って、この記事を書くことにします。

海外の法人向けの仕事の対価としてドル→円で振り込まれるのですが、そのときに銀行は本人確認のために受取人に対して電話をします。

米国の銀行の場合、小切手を例外として、比較的少額の海外送金(振り込み)については直接銀行が振り込むのではなく、振り込み専門を業務とするペイメント・プロバイダーを通じて行われます。

あらかじめ、そのプロバイダーから海外送金を実行する旨を通知するメールが来ていたのですが、受け取り手の日本の銀行で「待った」がかかったのです。

日本の銀行までは届いているのですが、その銀行がペイメント・プロバイダーが指定する口座に振り込む前に、日本側で口座名義人に対して、今まで以上のチェックを行うよう金融庁から通達を受けているのです。

以前、海外送金を受けたときも、日本の銀行から本人確認の電話を受け取ったのですが、わずか20秒程度の会話で「確認が取れた」と言ってきました。

しかし、今回は、銀行の担当者も微に入り細にわたり訊いてきて、かなり厳重なチェックを受けることとなりました。

長電話になることを覚悟して、相手にじっくり説明すれば事足りるのですが、逆に「これはいい機会だ」ということで、直接、銀行に出向いて担当者に会うことにしました。

大義名分は「マネーロンダリング対策」だが…
銀行の担当者の話によれば、「海外から送金を受けるすべての口座保有者に対して、マネーロンダリングの疑いがないかどうか確認するための聴き取り調査をするよう金融庁から求められている」とのこと。

担当者との会話の内容は公開できませんが、「こんな少額なのにマネロンとか、なんと大げさな」と内心では呆れ果てながら、銀行の担当者の疲弊し切った表情をがうかがうと気の毒にも思えてきます。

もちろん、金融庁の狙いは、受取人個人に対してというより、海外からの不正送金の手伝いをしている金融機関のあぶり出しです。

つい最近まで、関東の地銀が北朝鮮への送金を引き受けていたことが分かりましたが、こうした案件ひとつひとつを把握しておきたいという当局の狙いは、「朝鮮半島有事に備える」ことであるはずです。

北朝鮮への送金などに使用されている口座を全凍結した場合、どれほどの経済的ダメージを与えることができるのか……円の兵器化の可能性を模索しているものと推察されます。

預金封鎖は「ある晴れた朝、突然、起こる」
さて、もうひとつ重要なことがあります。

日本でドル建ての小切手(外国小切手)の取り立て(円に両替した後の現金化)サービスは、すでSMBC信託銀行などの外為投資を取り扱っている金融機関以外では事実上廃止されました。

メガバンクでは今年の春頃から1行、また1行というように徐々にサービスの停止が発表され、地銀でも6月28日をもって完全に終了しました。

金融庁のこうした措置は、キュッシュの国際間の流れ(トランザクション)を追跡したいとする金融当局のDNAから出てきたものですが、ここまで厳密に行うというのは少し異常です。

意外にも、その銀行の担当者は「政府のデフォルトの可能性」について私に水を向けてきましたが、私の方としては、それで十分です。

政府の債務不履行の可能性について、各々の金融機関内部でも話題になっているということが確認できたからです。

しかし、私の不安は別にあります。

「最近の金融庁の動きから察するものがありながら、日本の銀行はデフォルトのプロセスについて理解していない」ということが明確に分かったことです。

したがって、金融機関は、それが民間であろうと公的機関であろうと、「あなたの預貯金、資産を守らない」ということです。

政府が日本中の銀行に「明日、数日後に預金封鎖を行うように」と指示すれば、彼らは黙ってそれに従うでしょうから。

銀行は、あなたが億万長者でもない限り、事前に通知するなどしません。それは、村上春樹の小説のように、「ある晴れた朝、突然、起こる」のです。

ですから、「かもしれない」ではなく、「デフォルトは起こるものである」との前提で考え方を改め、何が起こっても動じることのないよう、生活を組み立て直す必要があるのです。

Next: 日本人が富を搾り取られ、アメリカの生贄にされる理由

「100年債」の発行を計画するアメリカ
米・連邦準備制度理事会(FRB)の利下げ決定によって、世界中の中央銀行がいっせいに量的金融緩和に逆戻りしています。<中略>

9月12日、欧州中央銀行(ECB)がFRBに続いて利下げを行いました。ただし、現行のマイナス0.4%からマイナス0.5%へのマイナス金利の深堀り(拡大)です。

米国は、まだ1.8〜2.0%のプラスの金利ですから、利下げの余地はあります。

それでも、米財務長官のムニューシンは、100年債の発行に踏み切る計画があることを明かしました。

すでに50年債の発行が具体的な工程に入っていますが、その上で、米国が存在しているかどうかも分からない100年後に満期を迎える超長期債券の発行を真剣、かつ具体的に検討しているというのです。

22兆ドルもの返済不可能な巨大な債務を抱え、実質的には、すでに破綻している米国の財政リスクを軽減するためだとか……。

元本が返済されない(償還されない)国債など、いったい誰が買うのでしょう?10年、あるいは20年後には「永久国債」と名前を替えたうえ、無利子国債に転換されてしまうでしょう。

つまり、米国民の富がFRBによって「凍結」されるのです!

“踏み倒し国債”を買わされるのは日本
いや、50年債だの100年債だの、おだを上げるのは勝手ですが、日本の現政権の売国イエスマンぶりからわかるように、米国の植民地、いや、国際銀行家の忠実な奴隷である日本に強引に買わせようとしていることは明らかです。

米国債の国別保有残高を見れば、それが、すでに始まっていることが分かるでしょう。

トランプ政権になってから、日本政府は米国債を少しずつ売って米国債の保有残高を減らし、その保有残高では第一位だった日本と第二位だった中国が逆転して、しばらくの間、中国が第一位でした。

しかし、日本の米国債の保有残高は、2018年10月の最低残高1兆185億ドルを境に再び増え続け、直近の7月のデータでは1兆1308億ドルと、111%も増えているのです。10月には、さらに増えているでしょう。

反対に、中国は米中貿易戦争への対抗措置を口実にしながら、米国債を少しずつ売り崩して米国政府に脅しをかけ続けています。

しかし、中国はドルが安いときに、膨大な額のドル建ての借金をしているので、それを返済する意思を世界に示すためにも、これ以上、米国債を売ることは難しいでしょう。

この間、円は対ドルで113円台から107円台と、円高ドル安が進んだので、日本の米国債の保有残高が111%に増えても、実質的な価値はほぼ同じです。

つまり、その価値は日本から米国に流れたということなのです。

Next: 米国債は実質的に紙クズ。さらに日本でも「永久債」を発行か

米国債は実質的に紙クズ
トランプ政権によるいいかがりによって、この調子で、さらに日本が実質的な紙クズである米国債を買わされることは明らかです。

しかも、今度は「50年債を買え、100年債を買え」です。

断定しますが、50年どころか30年もしないうちに、米国は影も形もなく消滅しています!

行数が足りないため、詳しく書くことができないのは大変口惜しいのですが、ビルダーバーグ会議と米国を実質的に運営している陰の政府、外交問題評議会(CFR)グループは、「米国という国家の廃止に向けて」加速度を上げてスケジュールを前倒しにしています!

「米国の終焉」は、それが建国された時点で決まっていたということです。これは、世界の運営方針を勝手に決めているビルダーバーグ会議で10年以上前に再確認され、合意がとれていることです。

さらに日本でも「永久債」を発行か
満期償還期限の定めがなく、保有者からの償還の要求を受け付けず、場合によっては無利子扱いされる可能性がある債権のことを「永久債」と言います。

永久債の歴史は古く、280年前のフランスに遡ります。

やや遅れて、1751年に、英国でも国債の一種であり、永久公債の典型として挙げられているコンソル公債が発行されています。

比較的最近では、アルゼンチン、メキシコなどが金融危機を回避するために発行しましたが、今年1月に、中国の中国農業銀行などの金融機関も、こぞって永久債を発行を決めました。

中国の場合、永久債の90%は国や地方の資本が入っている公的企業によって発行されているので、「永久国債」と呼ぶべきなのですが、投資家たちに説明が不十分のまま見切り発車してしまったためか、さっそく早期償還に応じない企業が出てきたようです。

これは、CDSやレバレッジド・ローン、CLO、ハイ・イールド債と並んで、今後は債券暴落に誘導するほどの大きな問題になるでしょう。

政府が発行する永久国債は、実質的にFRB元議長のバーナンキが日本を実験台にしようとして果敢に推奨しているヘリコプター・マネーと同じような性質を持っています。

永久債とは、国や企業などが資金調達を行うために発行する、あらかじめ元本の満期償還の規定が定められていない債権の総称です。

発行主体(政府や企業)が、満期、あるいは一部の償還を言い出さない限り、永久債の保有者の側からは償還を要求することができない、という、ほとんど事業体への出資金と同じ株式の性格を帯びていますが、本質は借金なので、あくまでも債券です。

もっとも「永久債」を発行する計画は、日本でも動き出そうとしています。

Next: 日本国債は「飽和点に達しつつある」元日銀審議委員の見解

「もはや飽和点に達しつつある」元日銀審議委員の見解
日経新聞(2017年8月17日付)のオンラインは、元日銀審議委員の中原伸之氏にインタビューしたときの記事をアップしています。記事の要点は以下のとおり。

日銀の国債保有残高は、すぐに500兆円を突破する。もはや飽和点に達しつつあり、将来、バブル崩壊などが起きた場合、対処できなくなる。

そこで日銀は、財政出動と金融政策の融合を考えなければならない。

つまり、日銀が保有する国債の一部を無利子の永久国債に転換して、利払いの負担から自由にしておかなければならない。

そうすれば、償還の必要がなくなるので、政府には新たな建設国債を発行する余地が生まれる。

それを、たとえば地震に備えて国土強靭化計画を進めるための財政出動に使うのである。

そのために償還期限が60年の建設国債を発行して、これを民間銀行に引き受けてもらってから、日銀は市中から、これを購入すればいいのである――

一見して理屈が通っているように見えますが、大きな間違いが含まれています。「無利子の永久国債など存在しない」ということです。

国債の償還を無期限(本質的には「借りたものは俺のもの。永久に返えせん!」ということ)にすることはできますが、市場原理における金融秩序を守ろうとするなら、政府は実質的な利払いから逃れられないはずなのです。

政府が国債を発行しておきながら、利払いを拒否できるのは、日本が資本主義を終わらせて共産主義の国になった場合だけです。

それは、私が数年前から言ってきたように、「中央銀行と政府が統合された世界政府を頂点とする独裁政治」。世界政府なので、各国の政府と主権は奪われます。つまり、国単位の政府がなくなるのです。

「元本を返さないようにすればいい」東大大学院教授の開き直り
同じように、元財務官僚(旧大蔵省に入省)で東京大学大学院客員教授の松田学氏は、「赤字国債発行残高のうち300兆円分を今後10年かけて消し去る。具体的には日銀保有国債が満期を迎えるたびに、これを永久国債に転換すればいい」と主張しています。

つまり、すでに「発行済みの国債の満期が来ても、元本を返さないようにすればいい」と言っているのです。

彼は、2009年に、藤井厳喜(国際問題アナリスト)氏とともに『永久国債の研究』を共著で出版しています。

共著とはいえ、全体の6割以上、永久債の理論編のすべてを書いているので、実質的には松田氏の著書と言ってもいいでしょう。

この『永久国債の研究』の四六判(絶版)は、一時、10万円の値がつくほど人気化しました。

本人の弁によると、きっかけは「バーナンキ元FRB議長が、非公式に首相官邸と日銀を訪れてヘリコプター・マネーの導入を薦めたとき、永久国債にも言及した」とかで、気を良くしているようです。

Next: 麻生財務大臣の「心変わり」 すでに悲劇は始まっている

麻生財務大臣の「心変わり」
バーナンキのヘリマネにアレルギー反応を示したのは、麻生財務大臣です。

平成28年6月14日「麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要」の中で、「バーナンキのヘリマネについて、どう思うか」との記者の質問に対して以下のように答えています。

ヘリコプターマネーというのが一時期、いつ頃でしたか、中川秀直先生や竹中平蔵先生を含めていろいろ言っておられましたし、あの頃も日本銀行が30兆円のお金を出しましたが、市中銀行までお金は行くのですけれども、そこから先、市中からお金が広がらないということは既に証明済みですし、今現在でも問題なのは、お金があるないという話ではなく、実体経済における需要の絶対量が不足しているところが問題なのですから、そういった意味で金利を安くしたからといって特に需要がなければ、そのお金は生きてこないというのは、これまでで既に証明は終わっていると思いますけれども――

つまり、ヘリマネをやっても経済は浮揚しないと結論付けているわけです。

しかし、最近になって、松田学氏の熱意ある説得に心を動かされたのか、超・長期国債もやむなし、と考え方を変えたようです。

なにしろ、「満期が来ても償還しない」というのですから、やがて日本の債券市場は流動性を失って、完全にブラックボックス化することは明らかです。

その上、場合によっては無利子にして利払いまで拒否すればいい、というのですから、いったい誰が買うのでしょう。

ですから、必然的に、すでに議論沸騰の貯蓄税や法人税100%などが適用され、相続税対策のために無理やり買わされる、というようなことが起こるはずです。

つまり、絞っても一滴も出なくなるまで、国民の富を搾り取るのが永久国債です。

(続きはご購読ください。初月無料です)

マイナス金利の導入から「5G」までの流れ
2024年に渋沢栄一の1万円札が登場する重大な意味
 
https://www.mag2.com/p/money/792280


ダイソン撤退、中国で販売急減 EVバブル崩壊か

大西 綾
日経ビジネス記者
2019年10月23日
全1431文字
この数年で一気に膨らんだ「EV(電気自動車)バブル」がはじけつつある。英ダイソンはEVの開発を取りやめ、中国でも補助金削減により販売台数に急ブレーキがかかっている。長期的にはEVが次世代環境車の本命となる可能性は高いが、本格普及を前に淘汰の波が到来している。
EVの本格普及まで数年かかる見通し
●主な電動車の販売予測

出所:富士経済(写真=ロイター/アフロ)

[画像のクリックで拡大表示]

 「商業的に軌道に乗せることは不可能だった。自動車のプロジェクトは中止すると判断した」。ダイソンは10月10日、2020年までの投入を目指していたEVの開発プロジェクトを取りやめると発表した。創業者ジェームズ・ダイソン氏の声明が示す通り、開発費用がかさんだことに加え、買い手を見付けることができずに事業の継続が難しくなっていた。
 自動車大手による本格参入が始まる19年はもともと、「EV元年」とも言われてきた。現実はその逆で、「EVバブル」がはじけつつある。要因の一つは補助金頼みの構図だ。世界最大の中国市場の失速がその事実を物語っている。
 中国自動車工業協会が10月14日に発表した9月の新車販売統計。EVやPHV(プラグインハイブリッド車)など「NEV(新エネルギー車)」の販売は前年同月比34.2%減の約8万台となった。減少は3カ月連続で、その幅も8月の同15.8%減から拡大した。
この記事は会員登録で続きをご覧いただけます
https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/depth/00379/?n_cid=nbpnb_mled_mre


 

ヤマトHD、離れる顧客と消えた調整弁
証券部 松川文平
サービス・食品
2019/10/23 2:00日本経済新聞 電子版
ヤマトホールディングス(HD)が業績の回復軌道を描けずにいる。値上げによる収入増を原資に人手を確保したうえで、荷物の取扱量を安定的に伸ばす狙いだったが、荷物の取扱量が想定よりも大幅に減少。コスト高が先行してしまい、2019年4〜9月期の連結営業利益は前年同期比8割減の50億円程度となったようだ。ヤマトHDが宅配便市場の構造変化に対応できずにいることが背景にある。

「通期の会社目標(営業利益で過去…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51260480R21C19A0000000/?n_cid=TPRN0026


 
ヤマト赤字転落、株価は1年で半減へ。Amazonに媚びない3つの改革で業績復活なるか?=栫井駿介
2019年10月6日ニュース

シェア
581
ツイート
173
はてブ
4
Pocket
ヤマトHD<9064>の株価下落が続いており、この1年で株価は半分になりました。ネット通販の拡大で需要は旺盛な中、いったい何が起きているのでしょうか。(『バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』栫井駿介)

プロフィール:栫井駿介(かこいしゅんすけ)
株式投資アドバイザー、証券アナリスト。1986年、鹿児島県生まれ。県立鶴丸高校、東京大学経済学部卒業。大手証券会社にて投資銀行業務に従事した後、2016年に独立しつばめ投資顧問設立。2011年、証券アナリスト第2次レベル試験合格。2015年、大前研一氏が主宰するBOND-BBTプログラムにてMBA取得。
ヤマトは「豊作貧乏」に陥った?働き方改革に踏み切った結果は…
ついに赤字転落、株価は1年で半減
ヤマトHD<9064>の株価下落が続いています。この1年で株価は半分になりました。

ヤマトホールディングス<9064> 日足(SBI証券提供)
ヤマトホールディングス<9064> 日足(SBI証券提供)

直近の四半期では赤字に転落し、先が見通せない状況となっています。

ネット通販の拡大で需要は旺盛な中、いったい何が起きているというのでしょうか。

第1四半期は低調な季節
まず、直近の業績を見てみることにしましょう。以下は四半期ごとのグラフです。

出典:マネックス証券
出典:マネックス証券

ヤマトHDの業績は、第3四半期(10〜12月)をピークに山型を描くことがわかります。それもそのはずで、この時期はクリスマス・お歳暮と言った年末商戦にあたり、荷物量が急増するのです。

次に需要が大きいのがお中元のある第2四半期(7〜9月)、逆に第1・第4四半期(1〜6月)は需要が減少する傾向があります。

そう考えると、直近の第1四半期の業績が低調なのはそれほどおかしなことではありません。このように、業績を見る時には季節ごとの特性を頭に入れておかなければなりません。

Next: ヤマトは「豊作貧乏」に陥った? 働き方改革に踏み切った結果は…
https://www.mag2.com/p/money/780581

 

ヤマトHD、「夜間配達員1万人採用」先送り

2019/10/22 19:56日本経済新聞 電子版
ヤマトHDは配達員の採用計画を見直す

ヤマトホールディングス(HD)は宅配便の配達員の採用計画を見直す。夜間中心の配達員「アンカーキャスト」について2019年度中に1万人の確保を目指してきたが、計画の達成時期を先送りする。宅配便の取扱数が想定を大きく下回り、人件費などのコスト増が利益を圧迫し軌道修正を迫られた。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51272950S9A021C1TJC000/?n_cid=NMAIL007


ヤマトHD、営業益8割減の50億円 4〜9月
【イブニングスクープ】
2019/10/16 18:00日本経済新聞 電子版
保存 共有その他
ヤマトホールディングス(HD)の業績回復が遅れている。2019年4〜9月期の連結営業利益は50億円程度と、前年同期比で約8割減となったもようだ。前期に戦略的に絞った宅配便取扱量の戻りが鈍い。採用増に伴う人件費や外注費などのコスト増を補えない。17年の値上げ以降、数量の確保とコスト管理に苦戦している。

20年3月期の営業利益は前期比約1割増の600億円台前半と、従来予想の720億円から下方修正とな…



ヤマトHD株急落の「怪」 浮上した大株主の売り観測 (2019/9/20 15:16) [有料会員限定]
ヤマト引っ越し一部再開へ、17日から単身向け受注 (2019/9/6 17:28)
「空飛ぶトラック」試験飛行に成功 ヤマトHD (2019/8/27 10:19) [映像あり]

割れる「置き配」戦略 アマゾンは推進、ヤマトは慎重[有料会員限定]
2019/9/24 11:00

類似している記事(自動検索)
宅配便事業の従業員はこの1年で1万人強増えた
荷受け伸びない…改革ヤマトの誤算 4〜6月営業赤字
2019/7/31 20:00
ヤマト、宅配便3年ぶり増加へ、19年度見通し
2019/4/4 17:31
ヤマトホールディングスの社長に就任するヤマト運輸の長尾裕社長(左)とヤマトホールディングス次期会長の山内雅喜社長(21日午後、東証)
ヤマトHDトップ交代、グループの統治が課題
2019/2/21 19:01
佐川の荷受量は増加基調に
宅配3社18年4〜12月実績、佐川増加 日本郵便減少
2019/2/1 19:37
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51029690W9A011C1DTD000/?n_cid=SPTMG053


 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年10月23日 18:45:20 : OO6Zlan35k : L3FGSWVCZWxFS3c=[250] 報告

>国際金融資本が、「そろそろですな」と日本側のカウンターパートである財務省、財界、金融財閥に目くばせしたとき、預金封鎖のトリガーは引かれます。「デフォルトは起こるものである」との前提で考え方を改め、何が起こっても動じることのないよう、生活を組み立て直す必要があるのです。(『カレイドスコープのメルマガ

まだ、こんな愚かなことを言い続けているとは、ある意味、驚きではある

2. 2019年10月24日 14:23:38 : LKX1T8M2ak : LzlOdm80NkZObjY=[104] 報告
流通貨幣が変わって来るのか、何に・・
3. 2019年10月24日 14:24:35 : qJFwZrflOY : T1JsMEd5ZDFic1U=[59] 報告
この期に及んでもなお、その可能性を否定するような愚か者がいることも、ある意味で驚きですな
4. 2019年10月24日 18:34:07 : GuJJGWNU2A : QTJ5b3E5di9pT2c=[129] 報告
ウォール街をつぶせ! ノーモアーウォール街!

と、アメリカ国民は怒っているのです。で、トランプ誕生。

日本も、金持ち、大企業のギャンブルの損を、国民に押し付けるな!

当事者間で処理しなさい! 国民に損害を負担さすと許さんぞ!

今でもアメリカ追随の安倍。アメリカ国家破産が近いのにね〜まだ米国債買い続けている。

これでは日本人いくら働いても、豊かになれません。

国の頭が腐っているのだ。安倍、黒田のアベクロの脳タリン、、責任を国民に押し付けるな!

5. 2019年10月24日 19:09:50 : bLbVVSfKBo : Q0txSzNoeHg1TG8=[230] 報告
立ち往生 クズ国債を 買い続け
6. 2019年10月25日 09:43:55 : RKUMcOonHk : aWpiYkZOUWtsZjI=[3] 報告
まだ国債だと、馬鹿だね、いまはCLOだって、MDWのことだよ。かねをとるならもっと勉強セイヤ!
7. 2019年10月25日 19:28:32 : myJmO9sK9c : QnZLQmppeUlwMDI=[852] 報告

 プラス金利       vs マイナス金利

 金を借りるのはよくない vs 金を借りることはよいことだ

 デフォルトは起きる   vs デフォルトは起きない
 
 ===

 金を借りたら 「ご褒美に」金利がもらえるのだから ラッキーだ
 

8. 命を大切に思う者[98] lr2C8JHlkNiCyY52gqSO0g 2019年10月25日 21:43:41 : jEaSo3VXqU : Ni5WRm5IS2tzdGc=[60] 報告
> なぜアメリカのために日本国民が血を流すのか?

官僚と自民党がそれを選択してるからで、
それを選択する理由はアメリカの支配者達、すなわち軍需産業CEOらから、
「拒否したら日本本土に核ミサイルを撃ち込むぞ」と脅されているからですが、
それを選択する際に、国民に隠して勝手に選択してはいけないなあ〜
官僚と自民党による独裁国家じゃないんだから、
そう脅されてることを国民に公表し、選択を国民にして貰わないといけない!
官僚と自民党は
「国民も殺されるよりはただ働きさせられる方が幸せなのに、
 選択を国民にやらせると、一時の感情で選択を誤るから、我々が選択してやってるんだ」
と傲慢なことを言って、国民に隠して勝手に選択することは許されない。
核ミサイルを撃ち込まれて殺されても拒否することを国民が選んだのならそれが正しい選択、それが民主主義。

アメリカの軍需産業CEOらからそう脅迫されてることを国民に公表しろよ!
アメリカ政府の人間でもない軍需産業CEOらになぜ従うのかを聞かれたら、
「共和党の議員のほとんどは軍需産業の紐付きで軍需産業の命令に従う。軍需産業が下院を乗っ取ってる」
とアメリカの本当の姿を公表しろ! 軍需産業CEOらが共和党議員を使って世界を支配してることを公表しろ!

社会というのは、脅迫と暴力と殺人だけで動いているのです。
社会科の教師は子供達に本当のことを教えろよ、
一般庶民が泣き寝入りしてるせいで、武力を握ってる人達だけが暴力と殺人だけで支配していると。 
9. 2019年10月25日 22:27:05 : myJmO9sK9c : QnZLQmppeUlwMDI=[853] 報告

 世界で 債権の2000兆円が なんの仕事もしていない

 いままで この再建で 飯を食っていたのは なんだったのか??

 世界中の 銀行の4割が 仕事がなくなった

 

10. 2019年10月30日 23:03:57 : 7mgbzTpS8s : a25NSlFlaEQyaTI=[11] 報告
>>4
ウォール街をつぶせ! ノーモアーウォール街!
と、アメリカ国民は怒っているのです。で、トランプ誕生。
>

誤魔化しちゃいけないよ!

アメリカ国民はトランプを指揮しているデープステイト怒っているのです。

11. 2019年11月26日 02:01:04 : FUcCKECnJs : ajZzUENWZ2U5eTI=[5] 報告
小賢しい投稿だ!

ネオコン直系のカレードスコープ

日本の見方偽装のーーー恐慌煽り=預金封鎖詐煽り!
`


断定しますが、50年どころか30年もしないうちに、米国は影も形もなく消滅しています!
「米国の終焉」は、それが建国された時点で決まっていたということです。これは、世界の運営方針を勝手に決めているビルダーバーグ会議で10年以上前に再確認され、合意がとれていることです。

取って付けたような理屈をつけて、
ネオコン=deep state=NWOが包囲されて、追放危機――――米国を捨てざるを得なくなったにすぎない。


▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民133掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民133掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民133掲示板  
次へ