★阿修羅♪ > 経世済民133 > 871.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
盟友テスラからも見放され…パナソニック、世界最高技術の車載用電池、事実上譲渡の窮状(Business Journal)
http://www.asyura2.com/19/hasan133/msg/871.html
投稿者 赤かぶ 日時 2020 年 1 月 03 日 22:19:30: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

盟友テスラからも見放され…パナソニック、世界最高技術の車載用電池、事実上譲渡の窮状
https://biz-journal.jp/2020/01/post_135040.html
2020.01.03 文=編集部 Business Journal


パナソニックの津賀一宏社長(写真:ロイター/アフロ)


 パナソニックとトヨタ自動車は2020年4月、車載用電池の共同事業を始める。共同生産会社の出資比率はトヨタが51%、パナソニックが49%。社長にはトヨタのパワートレーンカンパニーの好田博昭氏が就任する。東京と関西の2本社体制で、従業員数は約3500人になる。

 電気自動車(EV)向けの車載電池をパナソニックの加西事業所(兵庫県加西市)や中国・大連工場など4工場で生産する。リチウムイオン電池に比べて容量が大きく、安全性が高い全固体電池など次世代電池の研究・開発も進める。パナソニックを通じて自動車メーカーに販売する。

 パナソニックは車載電池では世界屈指の規模と技術を誇る。津賀一宏社長が、家電から脱皮する一丁目一番地と位置付けていたのが車載電池だが、新会社の出資比率でトヨタが主導権を握る。

「赤字事業の切り離し。テスラ向け以外の車載電池のトヨタへの譲渡」(金融関係者)と受け止められている。パナソニックの成長のエンジンとなるはずだった米EVメーカー、テスラ向けの車載電池事業が軌道に乗らないことが影響している。

■テスラと決別か

 津賀氏は12年6月、パナソニックの社長に就任した。プラズマテレビからの撤退で業績を回復させ、車載電池の大規模生産を打ち出し、成長戦略を探った。1兆円の戦略投資枠を新設し、EV大手の米テスラと車載電池の共同生産にカジを切った。この当時は「住宅」と「車」を成長の二大分野と位置付けていた。

 テスラとパナソニックが共同で運営する電池工場「ギガファクトリー」には、20億ドル(約2100億円)の巨額投資をした。だが、ライン立ち上げのための人件費負担に加え、テスラのEV生産が軌道に乗らなかったこともあり、17年1月に工場が稼働して以来、テスラ向け電池事業は通期で赤字が続いてきた。

 19年4月、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)はツイッターで「パナソニックのセル供給がモデル3の増産の制約となっている」と投稿をした。パナソニックは「セル」と呼ばれる電池の中核部材をつくり、これを使ってテスラが完成品のバッテリーパックに仕上げる。「セルの生産ペースが遅い」と不満をぶちまけたのだ。テスラは同年5月、蓄電技術の開発を手がける米マクスウェル・テクノロジーズを買収した。マクスウェルは特電技術に長じている。テスラは自社で車載電池を開発、生産する方向に軸足を移した。

 テスラは20年春に壁に取り付ける家庭用蓄電池「パワーウォール」を日本で発売する。日本での価格は1キロワット時換算で7万円強となり、日本勢の平均とされる18万円前後を大きく下回る。テスラは立ち上がったばかりの日本の家庭向け蓄電池市場で先行するパナソニックやシャープを脅かす「黒船」と恐れられている。

 かくしてパナソニックとテスラの蜜月は終わった。パナソニックが19年5月に発表した19〜21年度の新中期戦略では、これまでの成長事業に位置付けていた車載を「再挑戦事業」に格下げした。

■赤字3兄弟の液晶、半導体、車載電池を整理

 パナソニックは19年11月、液晶パネル事業からの撤退と半導体事業の売却をたて続けに発表した。液晶パネルは10年に生産を始めたが、16年に競争激化を理由にテレビ向けから撤退。その後は医療機器や車載用などに特化して赤字脱却を目指したが、再建を断念した。半導体事業は台湾の新唐科技(ヌヴォトン・テクノロジー)に売却する。半導体子会社パナソニックセミコンダクターソリューションズ(京都府長岡京市)の全株式を20年6月をメドに約270億円で売却する。

 パナソニックは半導体を自社の家電製品に多く組み込み、かつては生産量が世界10位に入っていた。しかし、韓国・台湾企業の低価格攻勢を受け、競争力を失った。19年3月期の売上高は最盛期の5分の1程度の922億円に減少、営業損益は235億円の赤字。20年3月期の黒字化は難しくなっていた。売却額270億円という安さに関して、「店仕舞いのバーゲンセール」(金融関係者)と酷評された。

「AV機器が沈んでいくなか、車載向けなどにカジを切ったが、スピード感が足りなかった」

 半導体事業を担当する北折良常務は11月28日、台湾メーカーへの事業売却を発表した席上、“敗戦の弁”をこう述べた。車載事業の中心はリチウムイオン電池である。ノーベル化学賞を受賞した吉野彰・旭化成名誉フェローが開発したリチウムイオン電池は、日本勢のお家芸だった。だが、近年は中国が最大のEV市場となり、中国政府は車載用電池について国を挙げて育成に乗り出した。中国企業が首位を走っていたパナソニックに追いつき、追い越した。

 パナソニックは21年度までに赤字事業をなくす方針を掲げる。巨額投資の成果が出ない車載事業を「成長の柱」から外す。これが、テラス向け以外の車載事業をトヨタに事実上、譲渡することの意味だ。液晶パネル、半導体、車載電池の“赤字3兄弟”の整理のメドがついた。

■ポスト津賀は3人に絞られた

 津賀社長は19年11月22日、アナリスト向け経営説明会を開き、「当面、不採算事業の撤退や売却など赤字事業を撲滅する」と宣言した。リストラで捻出した経営資源を、オフィスの空間設計や工場の省力化など法人向けサービス事業に充てる。しかし、成長戦略として力不足の感は否めない。

 成長の柱に据えたテスラと組んだ車載事業が軌道に乗らず、経営責任を明確にしなければならない。20年4月、津賀氏は社長の椅子から降り、会長兼CEOになるという見方も強い。“ポスト津賀”は誰か。19年4月に昇格した社内カンパニートップの50代の役員が次期社長の有力候補とみられている。

 19年4月新設した中国・北東アジア社のトップは本間哲朗氏。ビデオなどのデジタル家電分野を歩いてきた本間氏は、12年にグループ全体の経営企画担当に抜擢され、以来、“参謀役”として津賀社長を支えてきた。中国・アジア社は津賀社長が「中国市場で勝てなければパナソニックの将来ない」という重点分野で、家電や住宅などの強化が課題だ。中国では、16年ぶりの家電工場の建設も明らかになった。

 家電の社内カンパニー、アプライアンス(AP)社の品田正弘氏、車載事業のオートモーティブ社の楠見雄規氏も“ポスト津賀”の有力候補である。

 液晶、半導体から撤退したパナソニックが、往年の輝きを取り戻すことができるのか。新経営体制の構築が正念場を迎える。

(文=編集部)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[49558] kNSCqYLU 2020年1月03日 22:20:52 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[838] 報告


2. 赤かぶ[49559] kNSCqYLU 2020年1月03日 22:21:20 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[839] 報告


3. 赤かぶ[49560] kNSCqYLU 2020年1月03日 22:21:59 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[840] 報告


4. 赤かぶ[49561] kNSCqYLU 2020年1月03日 22:22:30 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[841] 報告


5. 赤かぶ[49562] kNSCqYLU 2020年1月03日 22:23:22 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[842] 報告


6. ポンポン博士[46] g3yDk4N8g5OUjo5t 2020年1月04日 08:49:35 : 4VpVJC7bvM : NlJPNE5MVFhZTDI=[1] 報告
津賀氏は12年6月、パナソニックの社長に就任した。プラズマテレビからの撤退で業績を回復させた
この当時は「住宅」と「車」を成長の二大分野と位置付けていた。「住宅」と「車」を成長の二大分野

これより数年前、パナソニックのヤフー掲示板に私は書き込んだ
「パナソニックは自動車産業に進出せよ ただし今の経営陣では、そんな度胸はないだろう」と
その後、新社長の津賀氏は自動車産業に足を踏み入れた
残念ながら、電池という自動車部品であった
やっぱり、そこまでの度胸はなかった
しかし、今からでも遅くはない
2人乗りでよいから、小型の電気自動車を売り出すべきだ
上手くいけば、自動車産業の足掛かりができることになる

7. ポンポン博士[47] g3yDk4N8g5OUjo5t 2020年1月04日 09:00:07 : 4VpVJC7bvM : NlJPNE5MVFhZTDI=[2] 報告
6の続き

電池に関するパナソニックの一番の汚点は三洋電機の吸収合併である
当時の社長、確か中村か
三洋電機株を無理に暴落させ、それに乗じて株を買い占め、吸収合併した
このことは三洋電機の株主に多大な損失を与えた
当時、三洋電機はエネループなどで知られる蓄電池事業は世界最高水準の技術を持っていた
そこで元々関係が深かった三洋電機を取り込んだのだ
汚い手を使うと、商売と言うものは上手くいかないものなのだ


8. 2020年1月04日 10:30:27 : NNHQF4oi2I : WXhzeVFYNXV5aGc=[99] 報告
<<,日本企業に蔓延してると思われる「スピード感が失われる」本当の原因ってなんだろうね

小選挙区制度の廃止
 消費税廃止
 裁判官の ボランティア活動 義務化
 行政機関は 憲法試験 義務化

 警察監視機構の創設 民間による 独立機関 当然自衛隊も
 情報公開と ネットによる 国民監視が必要
霞ヶ関官僚の50%削減 非効率過ぎるのと 小人閉居して不善を為すの言葉通りに成り下がっている

9. 佐助[7549] jbKPlQ 2020年1月04日 12:19:55 : IQjAfxQurE : SjYwWS5oY2RqcHM=[79] 報告
蓄電池や電気自動車ではない,蓄電池車の電気を、未来の車だと錯覚しているにスギナイ,普及率は3〜9%で頭打ちとなり姿を消す。遅延させる企業は間違いなく消失します。

次産業革命で、CO2を発生させる動力は一掃され、乗用車はエンジンレスとなる。

今やっていることは,経験科学方式と、古い科学思考(パラダイム)では、膨大な経費と試行錯誤の時間が空費されるだけだ。

しかも,今は既存のエンジンでの排ガス減少に固執し、実用化は遅延されるだけ。そしてハイブリッド車の改造ブームが発生し、販売は伸びない。

そして、既存のエンジンで、バイオ・LPガス、メタノール,蓄電池,電気等の排ガスを減少させる燃料と、触媒の改良に頼らざるをえない。

だが、車の普及を制限しないかぎり、空気中のCO2量の増加を阻止できない。

そこで、燃料電池よりパワーの大きい、水素も酸素もリチウムも必要のない電子電池がある,

太陽光線は、光と共に電磁波を24時間地球に送っている。光は夜や曇りの時間は太陽光発電できないが、電子発電は24時間できる。と言っても、電子電池は、電池のように電気をため込むのではなく、電子を熱変換して使用する永久起電装置である。だから半導体とコンデンサーとの組み合わせが必要不可欠である。記憶させ再生エネルギーとなる。

当然,百%自給できる家庭用自家発電や核廃棄物をつくらない電磁波起電力発電所の建設が可能になる。年金や保険を食いつぶすが、役人と政治家には天下国家百年の計画は苦手なのだ。

もちろん,既存のシステムでもA1,遠隔操作システムや自動化は,既存のシステムで自動化や飛ぶことも可能だ。

だが電磁波起電力の技術を組み合わせると、乗用車は、全く燃料の補給が必要なく、燃料電池を積まなくても路上を走れる。そして、浮上し飛ぶことも、ビルの壁面に磁石のように張りついて上昇下降することもできる。エンジンも電池なく、衝突の心配のない無人運転車になる。

これはSF映画の話ではない。すでに実用化されているテクノロジーである。電磁波起電の原理の応用である,道路や線路に電磁波ケーブルを設置し稼働する無人鉱石運搬車やモノレールは、既に実用化されている。磁気浮上鉄道(リニアモーターカー)や電磁波起電力を推進力に使った船や車も完成している。

家庭用の電磁波(電子)レンジ、電磁調理器(IHコンロ)、MRI(磁気共鳴画像方式)などは、日常生活の中で活躍している。だが、これらのテクノロジーが、電磁波起電の原理の?用であることは知られてない。その理由は、その現象が全く異なって見え、危険だとか目的も大きく異なるためだ。

10. 2020年1月04日 19:32:48 : HHmQYhRlSc : WFVNWldXT01tNnc=[17] 報告
パナソニックは、既に国際競争力を失った会社!

技術力は少しだけ残っているが、全体として社員の給料が高過ぎ、今から何をやっても米国と中国のハイテク企業には勝てっこない。

早いとこ外国企業に身売りして赤字の垂れ流しを少なくしたほうがよい。

社員もこの会社にいてももうよいことはないよ。

優秀な社員は自分で企業するか、シリコンバレーか中国深圳のハイテク企業に早いとこ転職した方が余程マシ。

泥船が沈む前に早く逃げなさい!

11. 命を大切に思う者[613] lr2C8JHlkNiCyY52gqSO0g 2020年1月04日 21:59:07 : 49zgz1tbXk : RGtncng1c3BvUG8=[50] 報告
国を運営してる連中に、
不正(円安操作)をやって貰うことをあてにした経営を続けて来たから、
能無しになってしまったのです。今じゃ、実力は、世界では下だろうなあ。

不当に円安操作して貰って、輸出企業は甘い汁を吸って来たけど、
円高傾向に反転してから、苦しくなった。 
12. 2020年1月05日 06:41:27 : PLe1KgfjQ2 : M3Vsc0lzbnN4aGs=[594] 報告
上の記事を読んで、いくつか気になるところを取り上げてみます。

★「AV機器が沈んでいくなか、車載向けなどにカジを切ったが、スピード感が足りなかった」

●戦後の高度成長時代の花形産業だった家電産業。1950年代に始まって80年代中頃までの家電メーカー各社の勢いは凄まじいもので、欧米向け輸出はどんどん増えて現地の昔からのメーカーを次々と経営危機に陥れた。国内向けでも、冷蔵庫、洗濯機、テレビジョン、ステレオ、ビデオデッキと次々と新製品を投入して、消費者はメーカーの宣伝に踊らされて次々と家電製品を買わされていった。

その製品の価格も、今から考えると異常に高く、カラーテレビジョンなど20インチで約20万円もしたし、ラジオカセットも1970年代後半からステレオが出てくると約6万円から10万円もしたし、ステレオコンポなど安いものでも10万円台で、高いものなら40万円、50万円はザラだった。これが次から次へと売れるので、当時の松下電器の給料は高く、社員と一緒に買い物に行ったら、高い衣料品を次から次へと買うのにはまいった。この成功体験が、パナソニックの足を引っ張っているのは間違いない。

★パナソニックは21年度までに赤字事業をなくす方針を掲げる。

ここで問題になってくるのは、かつて会社全体の業績を引っ張っていたのに、今や会社全体の足を引っ張るお荷物事業となったテレビジョン事業。メーカーは発表していないが、パナソニックは年間200億円から300億円ほどテレビジョン事業で損失を出していると推定されており、同部門からの撤退は待ったなしなのに、かつての花形部門だったことや、「テレビを失うことはメーカーの看板を失うに等しい」と経営陣は考えていることから、お先真っ暗である。

早い話、松下電器からの伝統のあるテレビジョン事業が、韓国や中国に負けたなどと認めたくないのである。「あいつらは格下だ。」と思っているのである。松下電器の創業者、松下幸之助氏は生長の家の信者で、右翼である。松下政経塾なるものをつくったが、そこのカリキュラムにも「日本スゴイ」思想が満載である。

●韓国や中国に負けたことを認めたくないのか、パナソニックはますます創業者を神格化して偶像崇拝しているように見える。このような暗黒時代の思想から抜け出さない限り、パナソニックの生き残りは不可能と言わざるを得ない。

13. 2020年1月05日 06:45:10 : fKkQda7Cxw : a01WR1RYQWZoY00=[347] 報告
テスラの打ち上げ花火は相変わらずだが
パナソニックがテスラに赤字を押し付けられている構図と見た。

誰が喚き散らそうとも良いリチウム電池はそんなに都合よく安く作れないのだ。


14. 2020年1月05日 10:00:32 : YjTSZWJ9WM : bXpjSXhRbGFNU3c=[74] 報告
日本凋落の最大の原因は、安倍政権が企業にぬるま湯を贈ることを成長戦略と勘違いしたことです。円安政策、無条件の法人税減税、国家戦略特区での助成金いずれをとっても、国民の貧困、疲弊に繋がるものばかりで未来に繋げるものは皆無です。
15. 2020年1月05日 19:00:10 : eFaqyzwS2A : SXZ3TFo2YkZ4aE0=[146] 報告
新技術 ババを掴んで 明け渡し

甘やかし そして落ちゆく 技術力

16. ポンポン博士[48] g3yDk4N8g5OUjo5t 2020年1月07日 22:33:08 : 17Pxlnyv9Y : Sm1pVE14UUJJU0k=[1] 報告
EVではパナソニックではなく、ソニーに先を越されたようだ
実際にソニーがEVを出せば、かつての先進のソニーが復活する

ソニー、電気自動車「VISION-S」を披露。360度オーディオも【CES2020】

ソニーは本来ならばウォークマンの後継はアップルではなくソニーのアイポッド、IPHONEと繋がったはずが、出井の先見性のなさで失敗した
今回、自動車産業に進出すればEVの先進メーカーなれる可能性を持つ
ホンダと提携するのも面白いが、今の経営者にそこまでの度胸があるか

17. 2020年1月09日 09:39:59 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[4081] 報告
パナソニックが家電部門の本社を中国に移転、狙いは伏魔殿の解体
.
新国際政経
2020/01/08 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=WVLUjE-bsKs
18. 2020年1月09日 22:40:37 : PLe1KgfjQ2 : M3Vsc0lzbnN4aGs=[622] 報告
17様の情報の続きです。パナソニックの生産拠点が集中している滋賀県草津市はパナソニックの企業城下町となっているが、丸ごと出ていく可能性があるということで、パニックになりそうな勢いである。パナソニックの労働組合なんて御用組合だから、スト打って会社の方針を覆すだけの根性なんてない。

同盟系で今は連合だが、その流れで民社党支持から国民民主党支持の有力単産である。国民民主党も、何もできないだろうな。電機労連なんて、そんなもん。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民133掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民133掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民133掲示板  
次へ