★阿修羅♪ > 国際26 > 178.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
フェイスブックは「病的な嘘つき」──ニュージーランド当局(ニューズウィーク)
http://www.asyura2.com/19/kokusai26/msg/178.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 4 月 10 日 16:33:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

フェイスブックは「病的な嘘つき」──ニュージーランド当局
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/04/post-11951.php
2019年4月9日(火)17時51分 ジェイソン・レモン ニューズウィーク


フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO Leah Millis-REUTERS


<クライストチャーチの銃乱射ライブ配信のような悲劇にも責任を取ろうとしないフェイスブックに、世界の規制当局は怒りを抑えられなくなっている>

ニュージーランドのプライバシー・コミッショナー(プライバシー監督機関の長)は4月7日、フェイスブックを非難する一連のツイートを投稿し、フェイスブックは「大虐殺」に手を貸していると糾弾した。

コミッショナーのジョン・エドワーズは、ツイッター投稿のひとつで、「フェイスブックは信頼できない。倫理的に破綻した、病的な嘘つきだ。彼らは(ミャンマーで起きている)ロヒンギャ大虐殺に手を貸している。外国が民主制度を覆そうとするのを手助けしている」と書いた。これらのツイートはその後、削除された。

「(フェイスブックは)自殺や性的暴行、殺人がライブ配信されるのを看過し、(ニュージーランドのクライストチャーチで起きた)モスク銃乱射事件の動画をそのまま流し続け、『反ユダヤ主義者』など憎悪に満ちた人々をターゲットにした広告を掲載している。そして、いかなるコンテンツや危害に対しても責任を取ることを拒んでいる」とエドワーズは続けた。

エドワーズはその後、一連のツイートは削除したと報告した。削除の理由として「有害かつ誤解に満ちたコメントが大量に寄せられたから」と述べ、4月8日にラジオ・ニュージーランドで受けたインタビューのリンクを貼った。

■ライブ配信を遅らせるのを拒否

エドワーズはこのインタビューの中で、フェイスブックに対する批判を再び繰り広げている。「(フェイスブックは)多大な害をもたらすことができるテクノロジーだ」とエドワーズは述べ、フェイスブックが最近発表した一連の声明について「不誠実だ」とはねつけた。

「彼(ザッカーバーグ)は、フェイスブックで何件の自殺、何件の殺人、何件の性的暴行がライブ配信されたか、その数を私たちに教えることができないし、教えるつもりもない」とエドワーズは語った。「実際に私は先週、そうした数字をフェイスブックに対して問い合わせたが、彼らは、単に把握していないか、私たちに教えるつもりがないかのどちらかだ」

同コミッショナーのコメントは、フェイスブックの最高経営責任者(CEO)マーク・ザッカーバーグが4月4日にTVインタビューで、ライブ配信を(内容確認のために)遅らせる機能を追加するつもりはないと述べたのを受けたものだ。

ニュージーランドのクライストチャーチで3月15日、白人至上主義者がモスクで銃を乱射する事件が発生し、50人が死亡、50人以上が負傷した。犯人はフェイスブックで、モスクで祈りを捧げる人たちに向けて銃を乱射する自らの姿をライブ配信したが、フェイスブックはそれに対する対応が遅かったとして批判を浴びている。同社はオリジナルの動画を削除したが、ほかのユーザーが再投稿するケースがあとを絶たない。

エドワーズのコメントを受け、フェイスブックは声明を発表した。同社は「ポリシーの強化と技術の向上に全力を注いでおり、フェイスブックがこれからも安全な場であり続けるよう専門家の力も借りている」と述べた。

フェイスブックは、世界各地で発生する暴力やヘイトスピーチに対する反応で国際的な批判にさらされている。ツイッターやユーチューブなどと同様、ユーザーがシェアするコンテンツのなかに急増するヘイトスピーチやフェイクニュース、暴力的な動画や画像への対応に苦慮している。

ミャンマーでは、イスラム系少数民族ロヒンギャを大量虐殺しているとして軍が非難されている。そしてフェイスブックは、ロヒンギャを攻撃する政府によるプロパガンダを広めるための主なプラットフォームになっているとして批判を受けている。ニューヨーク・タイムズ紙は2018年10月、軍関係者がフェイスブックを「民族浄化の道具へと変えた」と主張する記事を掲載した。

ニュージーランドの隣国オーストラリアは4月4日、ソーシャルメディアでシェアされる「忌まわしい暴力コンテンツ」を厳重に取り締まる法案を可決した。この法律によって、フェイスブックをはじめとするソーシャルメディアの経営幹部は、暴力コンテンツを速やかに削除しなかった場合には責任を問われる可能性がある。罰則として、最長3年の禁錮刑と最大750万ドルの罰金が経営幹部に科せられるか、あるいは会社に対して年間売上高の10%の罰金支払いが科せられる。

(翻訳:ガリレオ)










 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[9236] kNSCqYLU 2019年4月10日 16:33:37 : 90EZJT5uPI : YU9qMWtEWURTcUk=[4275] 報告


▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際26掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際26掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際26掲示板  
次へ