★阿修羅♪ > 国際26 > 496.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
レイプや近親相姦でも「中絶禁止」の衝撃(ニューズウィーク)
http://www.asyura2.com/19/kokusai26/msg/496.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 5 月 29 日 18:36:45: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

レイプや近親相姦でも「中絶禁止」の衝撃
https://www.newsweekjapan.jp/stories/woman/2019/05/post-187.php
2019年05月29日(水)11時45分 ルース・グラハム ニューズウィーク


最高裁前で中絶禁止を掲げるデモ隊(19年1月、ワシントン) JOSHUA ROBERTSーREUTERS


<アラバマ州で全米で最も厳しい中絶禁止法が成立。女性に中絶の権利を認めてきた歴史が覆されつつある>

12年、ミズーリ州の上院選挙に出馬していたトッド・エイキン下院議員(共和党)がレイプ被害者の人工妊娠中絶について見解を問われた際、彼の答えは党派を超えて一笑に付された。エイキンは自信たっぷりにこう言ったものだ。「医者たちによれば......もしそれが本当にレイプであるなら、女性の体には流産しようとする機能が備えられている」、と。

これには保守派からも批判の声が上がり、エイキンは選挙で惨敗した。しかし当時、中絶反対派が学んだのは、エイキンの発言が問題視されたのは根拠のない医学的知見に言及したからであり、彼がレイプ被害で妊娠した女性にも中絶を認めないと示唆したからではない── ということだったらしい。

あれから7年。この間、アメリカにおける中絶政策は一変した。5月15日、アラバマ州で中絶を実質的に受胎の瞬間から全面的に禁止する「全米で最も厳しい」中絶禁止法が成立。数時間後には、ミズーリ州議会が妊娠8週からの中絶を禁止する法案を可決した。2州の法案について最も目を見張るのは、レイプや近親相姦によって妊娠した場合についても「例外なく」中絶を禁止している点だろう。アラバマの新法は、中絶をした医師には禁錮10年から最大99年の刑を科すとしている。

歴史的には、中絶反対を掲げる活動家や政治家の間でさえ、レイプや近親相姦による妊娠については中絶禁止の例外とするのが主流派だった。被害者にトラウマを強いながら妊娠から出産まで堪えさせるのは酷だ、という見地からだ。キリスト教福音派が 年に発表した見解でもこれらのケースには中絶を勧めていたし、共和党の歴代大統領であるレーガンやブッシュ親子もこうした例外を支持。トランプ現大統領も予備選中の15年に「例外に賛成」と発言した。

■アメリカが変わり始めた

だが、それも過ぎ去りし日のこと。アラバマ州の新法が例外を認めていない(母体に危険がある場合のみ認めている)のは、この法案の支持者たちが、中絶を女性の権利と認めた73年の連邦最高裁判決を覆すことを最終的な目的としているからだ。

現在の中絶反対派の新しい「主流派」は、例外は倫理的に認められない、という共通認識を持っている。もし妊娠初期の中絶が「殺人」であるなら、例外に対しても同じだ、と。

中には、中絶を認めないことはレイプの被害者にとって利益になるという声さえある。「レイプ犯にとって中絶は大歓迎だ。 自分たちの罪を隠してくれるのだから」と、保守派ライターのマット・ウォルシュはアラバマ州法成立に際してコラムに書い た。「もし仮に15歳のレイプ被害者が出産したら、加害者の有罪をDNAテストによって判定できるかもしれない」

「例外」をめぐる議論は、前回の大統領選の共和党予備選で福音派候補のテッド・クルーズとマルコ・ルビオ両上院議員が例 外への反対を示唆した際に、大きな変化を遂げ始めたと言える。そして今回、アラバマで中絶禁止法が成立して中絶反対派の間 で広がった祝賀ムードを見る限り、彼らが「例外禁止」に大きく傾いたことが分かる。

全米規模で見れば、18年のギャラップ社の調査でレイプや近親相姦の場合、妊娠3カ月までの中絶は合法だと考える人は4分の3以上に上る。とはいえ、昨年から複数の州で中絶禁止法が次々と成立しているのも事実だ。来年の大統領選でも大きな争点になることは間違いない。

©2019 The Slate Group










 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年5月29日 23:36:55 : 2FOSukKJfI : Nkw4c2tKeW9zdVU=[213] 報告
アメリカはもともとキリスト教の「原理主義的」な宗教観があったと聞くが、それがいよいよ表に出てきたかな。

どんな宗教であれ「原理主義」は危険だ。
かつ、「原理主義」はそもそも、近代の産物のようだ。

サウジアラビアのワッハーブ派のような、女性には特に厳しい宗派も、元々はイスラムの中でも主流ではなかったらしい。

ワッハーブの開祖が生まれたのはたしか、15世紀ごろで、それが細々とベトウィンの中に受け継がれていたのが、例のアラビアのロレンスの活躍、つまり英国の後押しで宗教国家が出来たのが20世紀初頭の近代だからな。

これからのアメリカがそうなっていかないとは断言できないだろう。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際26掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際26掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際26掲示板  
次へ