★阿修羅♪ > 国際26 > 581.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ISの英国人処刑部隊「ビートルズ」の生き残り「もう終わりにしたい」(ニューズウィーク)
http://www.asyura2.com/19/kokusai26/msg/581.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 6 月 11 日 21:56:45: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

ISの英国人処刑部隊「ビートルズ」の生き残り「もう終わりにしたい」
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/06/is-15.php
2019年6月11日(火)14時06分 カラム・ペイトン ニューズウィーク


「ビートルズ」の一人、「ジハーディ・ジョン」ことエムワジは、無人機攻撃で殺された  REUTERS/SITE Intel Group


<世界を恐怖に陥れた首切り処刑人「ジハーディ・ジョー」を含むイギリス人4人組処刑部隊の幕切れた見えてきた>

テロ組織ISIS(自称イスラム国)処刑部隊の英国人メンバーで、2018年1月に身柄を拘束された二人のうちの一人が、欧米人の誘拐に関与したことを告白し、謝罪した。この告白によってアメリカへの身柄引き渡しが早まる可能性もあるが、それは承知の上だと語った。

元ISIS戦闘員のシャフィ・シェイクは、共に身柄を拘束されたアレクサンダ・アモン・コーティと共にCNNのニック・パトン・ウォルシュのインタビューに応じた。残虐行為と英国風のアクセントから「ビートルズ」と呼ばれていた悪名高い4人組で、27人の欧米人を処刑したといも言われている。処刑部隊のうち、残っているのは3人。彼らはそのうちの2人だ。

コーティとシェイクは、ISIS がイラクとシリアの広い地域を支配していた2014年ごろに、欧米人の誘拐を手伝っていたことを認めた。だが、ISISの代名詞となった残虐行為や殺人については、関与していないと否定した。

「私は戦闘員だった」とコーティは主張した。「人質たちから連絡用のメールアドレスを聞き出すのが役目だった。たとえば人質の生死について聞かれたときのために、本人でなければ知りえない情報を聞き出した」と彼は語った。

■元人質は「ビートルズから拷問を受けた」

シェイクは、欧米人の誘拐についても、「欧米人捕虜と彼らの解放交渉に携わっている人々との連絡役をしただけ」だったと主張した。米国務省は、2人が人質の拷問も行っていたとしている。

ISISに身柄を拘束されたことのある複数の人物が、「ビートルズ」が拷問や殺害を行っていたと証言している。

ビートルズのうち「ジハーディ・ジョン」と呼ばれて恐れられたイギリス人は、米国人ジャーナリストのジェームス・フォーリーとスティーブン・ソトロフを「処刑」している。本名はモハメド・エムワジで、2015年にドローン攻撃で殺された。

<参考記事>「イスラム国」機関誌、ジハーディ・ジョン死亡を発表

Isil 'Beatles' members say fair trial is impossible in UK

拘留先で、手錠を外されジャーナリストと話すコーティー(左)とシェイク

ISISに拉致された経験があるスペイン人カメラマン、リカルド・ガルシア・ビラノバは、こう証言する。「私はISISに拉致されていた間、覆面をかぶり英国風のアクセントで話す複数の男から拷問を受けた。一緒に拉致されていた多くの人質たちも彼らから拷問を受け、中には命を落とした者もいる。彼らが、自分たちのしたことについて裁かれることを望む」

1990年代に家族でスーダンからイギリスに逃れたというシェイクは、自分がしたことについて申し訳なかったと語った。「ISISのなかで自分が果たした役割は過ちのひとつで、謝罪したい。直接・間接に影響を受けた、すべての人に謝罪したい」

現在2人はシリア北部でクルド人主体の反政府組織、シリア民主軍に身柄を拘束されているが、2019年1月、イギリスの裁判所はその身柄をアメリカに移送して裁判を受けさせることを認める判断を下した。英政府は2015年に2人の市民権をはく奪している。

シェイクは、罪を告白することでアメリカへの送還を回避したいとは考えていないと語った。「むしろ告白したことで、私たちのアメリカへの送還または身柄引き渡しが早まることもあると考えている。今回の告白で、アメリカ行きを避けられるとは思っていない。ただ、もう終わりにしたいだけだ。何をすべきかは分かっている。真実が明らかにされるべきだ」と彼は語った。

「ザ・ビートルズ」の4人目のメンバーであるエイネ・デービスは2015年、トルコへの攻撃を計画していた疑いでイスタンブールで身柄を拘束された。2017年にはISISの幹部だった罪に問われ、同国で有罪評決を受けている。

(翻訳:森美歩)








 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年6月12日 05:24:02 : 2YqP2jr0ae : cS5IaEVoR1pvL28=[34] 報告
ようするに、
ISは、イスラム過激派ではなくて、
「英国過激派」だったて言ってるんですカ??

ついでにせっかくなので、
他国をデッチアゲて空爆しまくって多数の人々を
殺した、
ブ●アやキャメ●ンやメ●は、

現代の虐殺犯罪の責任者なので、
さっさと捕まえた、
罪を償わせてあげてくださいネ!

キリギリスのヒトゴロ●主権者の皆様、
よろしくお願いします。

2. 2019年6月12日 10:49:57 : Ft5PhGZaus : eVhpVlpSams1eTY=[145] 報告
 「海賊の王」で世界に君臨したグレートブリテンのやってきた事は中国ー清朝へのアヘン支配で分かっているだろうに。
 ブレジンスキーのような悪知恵が死んじまってさっぱり生まれてこず、残るはブロンクスの「喝上げ屋」のアーミテージなんかの「フェニックス作戦じゃあ、ほら「民主主義が悪さしにきた」、「自由が悪さしにきた」で終わっちまう。
 手っ取り早く「アグレイブの恐怖」「グァンタナモの恐怖」でやらかせば良いと「海賊の王」に命令されて「特殊部隊」をISISのにわか部隊にしてやった事だろうが、「戦場の人間」は騙されないもの、二、三年はトヨタのランクルをご褒美に威勢が良かったが、正体がバレ出したらもはや「オジャン」だな。トヨター日本も随分と貢献したものだ。
 
3. 2019年6月13日 00:31:52 : unLWhOiSo2 : S0Q4elBFR2pPaG8=[4] 報告
「米国」に行くってことは、取りあえず、命は落さない、ただ望んでいるのとは真逆

永遠に、米国軍産複合体マフィアの奴隷として、人殺しや拷問の仕事に携わることになる

ドイツ・ナチスの幹部連中は、敗戦間際に、ドイツを脱出し、南米・北米に逃亡

その逃亡を手助けしたのは、米国であり、バチカン

戦後、A級戦犯だった岸や笹川らが、処刑を免れ、新たに付き従った組織がナチスCIA

そのCIAの構成員となったのが、米国やバチカンが海外に脱出逃亡させた、ナチス幹部

安倍の祖父、岸は、戦前、戦中英国や米国の戦争ビジネス金儲けの為、日本国内で買弁工作

に尽力した、根っからの戦争屋、ナチスは戦後、CIAという名で経歴ロンダリングして

生き残り、世界の紛争の火種を作りだすべく、延々と工作活動を展開中ってこと

現在、安倍を使って、日本国憲法を破壊し、戦争で金儲け、人殺し、人権弾圧、迫害を

「合法的」に遂行できる状況を作りだそうとしているわけ

ISISだって、元々、英米仏イスラエル&サウジアラビアが中東軍事侵略戦争を遂行する

ために、民間軍事クーデター請負会社を使って、立ち上げた多国籍傭兵リクルート部隊

ロシアがシリアでISISを駆逐、劣勢に立たされると、ナチスの幹部と同様

ISISの幹部らを、米国や英国やイスラエルが協力して、脱出させ待機、更なる侵略作戦

に向けて、準備中なのだから第2次世界大戦となんら状況は変わってはいないってこと

ナチスがISISと名前を変え、多国籍部隊となり、侵略先を変えただけで、

操っている連中は、まったく同じなわけだ

4. 2019年6月13日 18:45:11 : 1dUJLc9CiQ : ZVM1Z011eml1Yy4=[3] 報告
3氏の簡潔に書かれた文、読み通りでしょう。

一度でも悪の道に入った者は真人間には戻れない、昔も今も。

Gang stalking,Group stalking【やらずぼったくり!の闇バイト!創価学会集団ストーカー犯罪者も同じ】
ふつう?の人とどこかが違う。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際26掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際26掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際26掲示板  
次へ