★阿修羅♪ > 国際27 > 188.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中国が日本の核武装警戒=対北朝鮮交渉「進展まだ」−米高官/時事通信・msnニュース
http://www.asyura2.com/19/kokusai27/msg/188.html
投稿者 仁王像 日時 2019 年 8 月 16 日 18:14:56: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

中国が日本の核武装警戒=対北朝鮮交渉「進展まだ」−米高官/時事通信・msnニュース
2019/08/16 14:51
http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%81%8c%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e6%a0%b8%e6%ad%a6%e8%a3%85%e8%ad%a6%e6%88%92%ef%bc%9d%e5%af%be%e5%8c%97%e6%9c%9d%e9%ae%ae%e4%ba%a4%e6%b8%89%e3%80%8c%e9%80%b2%e5%b1%95%e3%81%be%e3%81%a0%e3%80%8d%ef%bc%8d%e7%b1%b3%e9%ab%98%e5%ae%98/ar-AAFRrNV?ocid=iehp

 【ワシントン時事】ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は、米政府系放送局ボイス・オブ・アメリカ(VOA)のサイトに15日掲載されたインタビューで、北朝鮮の非核化に向けて中国による一層の取り組みの重要性を強調した。中国の行動の背景については、北朝鮮の核保有によって日本が核武装に向かうことを警戒していると指摘した。

 ボルトン氏は「北朝鮮の核保有が北東アジアの不安定化につながると中国は考えており、その分析は全面的に正しい」と指摘。「中国の考える『北東アジアの不安定化』とは、日本が核兵器を持つことだ」と述べるとともに、「北朝鮮の核保有が長期化すれば、それだけ日本が独自の核を保有する動機は強くなる」との見解を示した。

 一方で、非核化に関する米朝の実務協議については「トランプ大統領と金正恩朝鮮労働党委員長が(6月末に)南北境界の非武装地帯(DMZ)で会談した後、実質的な進展はない」と認め、早期の協議再開に期待を表明した。「われわれは明確かつ適切な(非核化)検証と合意順守のメカニズムを求めており、すべてこれから交渉することになる」とも語った。   

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年8月26日 13:26:49 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[2707] 報告
2019.08.24 (10:08) │ 共和国,外交 │

米国務長官の制裁発言を非難/朝鮮外相が談話

朝鮮の李容浩外相は23日、談話を発表し、ポンペオ米国務長官が米紙とのインタビューで「北朝鮮が非核化しなければ米国は歴史上、最も強力な制裁を維持する」と語ったことについて「米国が対決姿勢を捨てず、制裁を持ってわれわれに立ち向かおうとするなら、それは誤算だ」と強く非難した。

李外相は朝米対話が浮上している時に、米国協議チームを指揮するという米国務長官の口からそのような妄言が繰り返されているのは看過できないとし、「このような者と対座して問題を解決することができるのか失望感が増すだけ」と述べた。

李外相は「朝鮮半島の核問題を生じさせ、その解決を困難にする張本人が米国であることは周知の事実」とし、「特に、6・12朝米共同声明の採択以降、米国がやったことは朝鮮半島とその周辺でわれわれに反対する戦争演習を絶え間なく繰り広げ、戦略資産を引き込んで問題をより複雑にしたことしかない」と非難。「われわれは対話にも、対決にも全て準備ができている」としたうえで、「非核化のために米国自身がやるべきことが何であるのかを必ず悟らせるであろう」と警告した。

(朝鮮新報)
http://chosonsinbo.com/jp/2019/08/24suk-24/

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際27掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際27掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際27掲示板  
次へ