★阿修羅♪ > 国際27 > 348.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
米国が戦略上の重要な拠点と位置づけているインドが露国への接近を強めている(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/19/kokusai27/msg/348.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 9 月 06 日 13:44:45: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

米国が戦略上の重要な拠点と位置づけているインドが露国への接近を強めている
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201909060000/
2019.09.06 櫻井ジャーナル


 ロシアのウラジオストックで9月4日から6日にかけてEEF(東方経済フォーラム)が開催されている。そのフォーラムへウラジミル・プーチン露大統領の名誉ゲストとしてインドのナレンドラ・モディ首相が出席​​、両国がソ連時代の「兄弟関係」へ向かいつつあると注目されはじめた。

 2016年8月、インドとアメリカは両国軍が修理や補給でそれそれの基地を利用できることで合意しているが、今回、モディ首相はロシアとも同じ取り決めをしたと伝えられている。

 すでにインドはロシアから防空システムS-400を5システム、54億ドルで購入することを正式に決め、2018年10月には契約書が取り交わされた。引き渡しの完了は2023年が予定されている。その契約を破棄するようにアメリカ政府は圧力を加えてきたが、すでに支払いが始まったという。

 インドはロシアにとってもアメリカにとっても重要な国。アメリカ太平洋軍は2018年5月に名称をインド太平洋軍へ変更、インド洋から太平洋にかけての地域を統括して扱うようになった。太平洋の拠点は日本、インド洋の拠点はインド、ふたつをつなぐ役割をインドネシアが担うという。ディエゴ・ガルシア島も重要な役割を果たすことになる。

 ソ連が存在していた当時、インドはソ連、インドのライバルであるパキスタンは中国と結びついていたが、今、ロシアと中国は戦略的な同盟関係にあり、インドとパキスタンを接近させる力として働いている。

 アメリカと同じアングロ・サクソン系の国であるイギリスは19世紀からアジア大陸の東側を支配、略奪する拠点としてインドと日本を利用した。イギリスの後継国であるアメリカも同じだ。その戦略をまとめた理論をハルフォード・マッキンダーというイギリスの学者が1904年に発表している。今でもアメリカはこの戦略に基づいて動いているように見える。

 この理論はイギリス(アメリカ)が海洋を支配しているという前提で、ユーラシア大陸の周辺部を支配して内陸部、つまり中国やロシアを締め上げていくというもの。ヨーロッパの内陸国もターゲットだったのだが、ふたつの世界大戦で米英の支配下に入っている。NATOの役割のひとつはそのヨーロッパを支配することだ。

 フランスの大統領だったシャルル・ド・ゴールは1966年に自国軍をNATOの軍事機構から離脱させ、67年にはSHAPE(欧州連合軍最高司令部)をパリから追い出しているが、これはそうした事情を熟知していたからだろう。

 イギリスやアメリカの中国侵略が本格的に始まったのは19世紀のアヘン戦争からだが、イギリスが薩摩や長州を支援して徳川体制を倒して新体制を樹立、その新体制を支援した理由は中国の内陸部を支配するためだったようにしか思えない。

 そのアヘン戦争でイギリスが奪い取った地域のひとつが香港である。それ以来、ここはアジア侵略、麻薬取引、マネーロンダリングなどの拠点として利用されてきた。シティを中心とするタックス・ヘイブンのネットワークにも組み込まれている。

 明治時代、朝鮮はイギリスの侵略に加担しようとせず、日本の侵略を受けた。現在、朝鮮半島は北の朝鮮と南の韓国に分かれているが、朝鮮だけでなく韓国も中国やロシアに接近している。アメリカが朝鮮半島を支配することは難しい情勢だ。

 アメリカとしては日本支配を強めようとするだろうが、ボリス・エリツィン時代のロシア人と同じように、日本人は絞め殺されることになる。ロシアでは大多数の国民が貧困化、その一方で西側巨大資本の手先になった一部は巨万の富を手にしたわけだが、それこそが日本の「エリート」が望んでいることだ。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[29168] kNSCqYLU 2019年9月06日 13:45:48 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[19236] 報告


2. 赤かぶ[29169] kNSCqYLU 2019年9月06日 13:46:33 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[19237] 報告


3. 2019年9月06日 19:43:04 : YlFawM0pAs : NzQ4bkNkQzJPREU=[46] 報告
思惑を 見抜けばならぬ 言いなりに
4. 2019年9月07日 08:11:36 : zWPiE8is1Y : SndLeXJVSzN3c0U=[5] 報告

UKの分断しての統治を身にもって体験しているだろうから、国際政治、即ち地政学的に、軍事的に、経済的に一方に偏らずに国家運営をするのだろう。さすれば一つの極としての存在が増す。

 他民族、多宗教(深刻な対立をかかえている)の住民をまとめての運営が上手くいくならば、他の諸地域への成功の例示となる。

 極東の島国については、ここの支配層は自分等が主張していた、良き文化なるものまでも破壊し、幼児レベルの多幸感に酔いしれている。この状態は依然として進行中で、いまだ底が見えない。

 経済的な繁栄がこの先にあるとしても、それは更なる格差の増大をもたらす、そのような構造がビルトインされている。その為、指標上での経済の拡大、繁栄が今後も可能かについては、はなはだ心もとない。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際27掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際27掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際27掲示板  
次へ