★阿修羅♪ > 国際27 > 373.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
WTC第7ビルに関する技術報告に対するメディアの反応(マスコミに載らない海外記事)
http://www.asyura2.com/19/kokusai27/msg/373.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 9 月 11 日 17:38:45: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

WTC第7ビルに関する技術報告に対するメディアの反応
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2019/09/post-f18210.html
2019年9月11日 マスコミに載らない海外記事


2019年9月10日
Paul Craig Roberts

 WTC第7ビルに関する技術的報告に対するメディアの反応

 WTC第7ビルが制御倒壊で崩壊したという結論の研究に関する売女マスコミ報道をご覧になったかどうか知らせて欲しいというお願いに多くの読者が答えて下さった。現時点で、唯一のアメリカ・メディアの例は、アラスカ、アンカレッジのテレビ局とフェアバンクスの地元紙だけだ。( https://www.ktva.com/story/41015153/fire-did-not-cause-world-trade-center-building-7-collapse-uaf-study-suggests )( Fairbanks Daily News-Miner )

 イギリスの新聞エクスプレスのオンラインサイトが、これを報じている。
https://www.express.co.uk/news/world/1175375/9-11-world-trade-center-twin-towers-September-11-conspiracy-theories

 他の読者も、知らせてくださった。

 「カナダでは、どの新聞でも、この報告についてのニュースを見ていません。」

 「TVニュースでは一つも報道を見ておらず、私は毎日それを監視しています。」

 研究に関する報道はごく少数の代替インターネット・サイトに限定されている。

 だから、専門家たちによる衝撃的なニュースがあるのに、それは報道管制をされているのだ。人々が知っていることは、権力者が民衆に知って欲しいと思っていることに過ぎない「マトリックス」で我々が生活しているのだという証拠が、これ以上必要だろうか?

 Paul Craig Robertsは元経済政策担当財務次官補で、ウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編集者。ビジネス・ウィーク、スクリップス・ハワード・ニューズ・サービスとクリエーターズ・シンジケートの元コラムニスト。彼は多数の大学で教えた。彼のインターネット・コラムは世界中の支持者が読んでいる。彼の新刊、The Failure of Laissez Faire Capitalism and Economic Dissolution of the West、HOW AMERICA WAS LOST、The Neoconservative Threat to World Orderが購入可能。

記事原文のurl:https://www.paulcraigroberts.org/2019/09/10/media-response-to-engineering-report-on-wtc-7/

----------


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年9月11日 19:11:00 : VJIuGl9ao2 : V05zVy5XR3hoQkU=[2] 報告
報じるマスコミが存在する国と、全てのマスコミが沈黙する国と、その違いは何だろう。
2. 2019年9月11日 20:38:14 : 21HksZQf2s : cWo3b25wdFprZ1k=[4] 報告
報じない やはり都合が 悪いから

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際27掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際27掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際27掲示板  
次へ