★阿修羅♪ > 国際27 > 454.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
建国70周年の中国、批判封じ込めが経済リスクに 香港駐留の中国部隊が2倍超に増加、抗議激化に備え 香港でまた大規模デモ
http://www.asyura2.com/19/kokusai27/msg/454.html
投稿者 鰤 日時 2019 年 10 月 01 日 01:03:05: CYdJ4nBd/ys76 6dw
 

コラム2019年9月30日 / 15:34 / 9時間前更新

建国70周年の中国、批判封じ込めが経済リスクに
Pete Sweeney
2 分で読む

[香港 30日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 中国は10月1日に建国70周年を迎える。習近平国家主席は汚職を摘発し、政府に批判的な動きを抑え込んできた。ただ、批判の封じ込めは経済の耐性へのリスクになりつつある。


2019年現在の中国は経済規模が14兆ドルと、国民党との内戦などで経済が疲弊した1949年の建国時とは雲泥の差だ。中国共産党も昔とは異なる。外国との貿易や民間による資産保有を受け入れるようになり、自由への許容度を高め、インフラや学校の建設および金融市場の構築を担わせるため、成長志向の官僚を育成してきた。

こういった現実主義の官僚らが外国から累積で1兆6000億ドルの投資を呼び込み、国内企業の国際的な地位を高めるのに役割を果たしてきた。

一部の官僚はあまりにも実利主義だったため、地位を利用して私服を肥やした。習主席は2012年の最高指導者の地位について以降、汚職を一斉に取り締まり、同時に権力を固めてきている。

エコノミストのアンディー・シエ氏は、汚職によるコストは国内総生産(GDP)の約10%に相当する経済的損失をもたらしたと推計。ただ、何十万人もの当局者の粛清を受けて国内に恐怖が広がった。

多くの地方政府官僚はリスク回避姿勢が余りにも強いため、経済の減速を受けて刺激策を打ち出そうと必死だ。さらに悪いことに、政府関係の職は違法な賄賂で所得を水増しできなくなった後も給与水準が引き上げられなかったことなどから、専門家よりもイデオロギー信奉者が志願するようになった。金融規制当局から民間に人材が流れたことは、2015年の株価暴落で当局が対応を誤った一因だった。

米中貿易摩擦で米国が予告どおり対中関税を引き上げた際、中国商務省は経験豊富な交渉官が十分にいないと認めた。

習主席は自身への忠誠を重んじてきた。それと同時に外部の助言に対して政府の耳をふさいだ。楼継偉元財政相のような改革派官僚は主流から外され、リベラルなシンクタンクである「天則経済研究所」は今年、強制的に閉鎖された。

取り締まり強化は中央政府内や地方で情報空洞化の拡大を引き起こしている。トランプ米大統領の貿易戦争に関するツイートに反応して中国株式市場が急落した際は、その理由を知らない投資家が本土に多数いた。指導部でさえ十分な情報を得ていないため、巨大経済圏構想「一帯一路」への批判や香港での大規模デモに意表を突かれている。

この結果、投資先としての中国の官僚をかつては理性的と考えていた投資家は、信頼を失いつつある。中国政府は高い代償を払うことになるかもしれない。

9月30日、中国は10月1日に建国70周年を迎える。写真は上海の街頭に設置された建国70周年のインスタレーション。26日撮影(2019年 ロイター/Aly Song)
*筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。
https://jp.reuters.com/article/china-anniversary-breakingviews-idJPKBN1WF0GT


 

ワールド2019年10月1日 / 00:30 / 27分前更新
香港駐留の中国部隊が2倍超に増加、抗議激化に備え=外交筋
Reuters Staff
1 分で読む

[香港 30日 ロイター] - 中国政府が香港に駐留部隊を秘密裏に2倍以上に増やしていることが分かった。「逃亡犯条例」改正案を巡る抗議活動のさらなる悪化に備えた動きとみられる。

中国は先月、数千人規模の治安部隊を香港に移動。国営新華社通信は、1997年の香港返還以降行われている定期的な部隊の入れ替えだと伝えていた。

ただ、アジアや西側諸国の外交筋7人は8月後半に行われた部隊移動について、通常の入れ替えではなく増強だったのは明らかと指摘。また、うち3人の関係者は、6月に抗議活動が始まって以来、香港駐留の中国軍関係者は2倍以上に増加していると明かした。増加前は3000─5000人だった規模は、現在1万─1万2000人に上るという。

この結果、香港に展開されている人民解放軍や機動隊の規模は過去最大になっているとみられる。

さらに、5人の関係者によると、増加した駐留部隊には中国人民武装警察(武警、PAP)も含まれるという。PAPは人民解放軍とは別組織で、本土の騒乱防止や治安維持向けの部隊。香港への展開はこれまで公にされていない。

中国国防省や人民解放軍の香港駐屯部などはコメントに応じていない。

また、香港政府トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官のオフィスもコメントしていない。香港警察の報道官はロイターに、警察部隊は法と秩序の維持が可能で、香港の公共の安全を回復する決意だと述べた。

ロイターの報道後、香港政府の保安局報道官は声明を発表。人民解放軍の香港駐屯部の活動は法を厳守しているとし、規模を含む部隊入れ替えの詳細は明らかにしないと述べた。
https://jp.reuters.com/article/china-army-hongkong-military-idJPKBN1WF1PT


ワールド2019年9月30日 / 09:49 / 12時間前更新
香港でまた大規模デモ 行政長官は北京での中国建国式典へ
Reuters Staff
1 分で読む


[香港 29日 ロイター] - 中国政府への抗議活動が続く香港で29日、再び大規模なデモが発生、警察が放水砲やゴム弾、催涙ガスで制圧、逮捕者が出た。28日も警察とデモ隊の衝突が起きており、中国の建国70周年となる10月1日までにさらなる抗議活動が予定されている。

一方、香港政府によると、林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は30日、翌日の中国建国70周年を祝うため、北京に向かう。長官は、香港での祝賀イベントのために中国側に招待状を送っていたが、変更の理由は明らかになっていない。

デモ隊に対し警察は立法会(議会)の建物の屋根から催涙ガスを発射。デモ参加者らは傘を使って身を守り、警官に火炎瓶を投げつける者もいた。タクシーの窓ガラスを割る者や店舗にスプレー缶で落書きする者もいた。

地下鉄を運営する香港鉄路(MTR)によると、一部のデモ隊が車両後方の運転室に侵入するなどし、運行サービスが一時停止した。デモ隊は、反中のスローガンを叫び、民主的な普通選挙など5つの要求に応じるよう政府に訴えた。

行政長官の北京訪問について、デモの参加者は、予想していたと語り、「この3カ月、キャリー・ラムは抗議者らのことを実際に気にしたことはない。彼女が気に掛けるのは『ボス』の中国共産党だけだ」と批判した。
https://jp.reuters.com/article/hongkong-protests-idJPKBN1WF019  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年10月01日 02:56:40 : quMKleKEOA : andmOS5lY2dYN00=[444] 報告
香港で騒いでいる紅衛兵を見ると、
中国はまだ阿Q正伝の世界なのだと感心する

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際27掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際27掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際27掲示板  
次へ