★阿修羅♪ > 国際27 > 478.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
気候変動サミットと「温暖化論」の破綻 モンスター化したIPCC(長周新聞)
http://www.asyura2.com/19/kokusai27/msg/478.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 10 月 04 日 23:35:45: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

気候変動サミットと「温暖化論」の破綻 モンスター化したIPCC
https://www.chosyu-journal.jp/kokusai/13417
2019年10月4日 長周新聞


 「ニューヨークの国連本部で開かれた気候行動サミットは大きな成果を出せずに閉幕した。各国の削減行動は限られ、温暖化対策の国際枠組み“パリ協定”の目標達成の難しさがあらためて露呈した」(『日経』9月25日付社説)。大手マスコミはこうした状況を憂い、国連が演出した大人たちを叱咤するスウェーデンの少女を大きくとりあげ、各国政府が脱炭素に向けて舵を切るよう論陣を張っている。それは、「人為的CO2による地球温暖化」は科学者の大多数が認めている定説であり、それに異論をとなえるものは科学を否定するものだという調子である。

   

 IPCC(国連の気候変動に関する政府間パネル)は、この気候サミットにあわせて特別報告書を発表した。報告書は、このまま有効な対策を講じず温室効果ガスを排出し続ければ、今世紀末には20世紀末ごろから海面が最大1・1b上昇し、2300年には最大5・4b高まると警告している。また、巨大台風や高潮、豪雨などのリスクも増大すると並べている。

 マスメディアは、これが公表済みの約7000の論文を基に、日本の研究者4人を含む36カ国計104人の専門家が執筆にかかわって作成されたものであり、確固とした科学的な裏付けがあることを強調している。しかし、現実には元米副大統領ゴアらが先頭に立ってIPCCが発足し「地球温暖化の脅威」をふりまいて以来、地球の気温は横ばいのままである。

 IPCCが公表した1990年8月の第一次評価報告書は、今後も温室効果ガスの規制がなければ地球の平均気温は10年間当り0・2〜0・5℃上昇し、2025年までに約1℃、21世紀末までに3℃の上昇が予測されると記し、IPCC初代委員長は「2020年にはロンドンもニューヨークも水没し、北極圏のツンドラ帯は牧場になる」と予言していた。

 だがその後30年間の気温上昇は、世界のCO2排出量が中国などの工業化で激増してきたにもかかわらず0・2〜0・3℃。10年間当りに換算して0・07〜0・1℃である。IPCCの予測がまったくはずれていたことを示すとともに、CO2による人為的温暖化説の根拠を根底から揺るがすものだといえる。

 温暖化の横ばい自体はIPCCも認めていることであり、科学者の定説は次のようなものである。地球の気温の温暖化は、1700年ごろの寒冷期から徐除に進行してきた。しかし、IPCCがいうような二酸化炭素の排出の影響による急上昇は起こっていない。権威ある複数の機関が発表する地上気温も、衛星観測気温も横ばいのまま推移している。太陽活動の影響で寒冷化するという学説が増大している。

 ちなみに、ヒートアイランド現象(都市部での気温上昇)による暑さが続く日本においても、衛星観測による大気温は、過去35年間まったく上がっていない。

 こうしたことから、専門家の間でIPCCの内実−−「科学」を標榜する政治的ロビー集団−−についての研究、批判があいつぎなされてきた。

中立になり得ぬIPCC

 IPCCは1988年に世界気象機関と国連環境計画により設立された政府間組織で、もともと研究機関ではない。地球温暖化に関する評価(アセスメント)を世界に、とくに政策担当者や政治家に伝えることを目的とする広報機関である。

 深井有・中央大学名誉教授(物理学)は、『気候変動とエネルギー問題』(中公新書)で、IPCCはその活動規範として「人間が起こす気候変動(=温暖化)のリスク(=脅威)の科学面と影響、対策を考える」と謳っているように、「温暖化は人類への脅威」を大前提とする団体であることを強調している。

 IPCCの報告書は中立でなくてはならないとされている。また、内容を包括的で公正、信頼性の高いものにするために多くの国の科学者が執筆に携わり、各部会の統括責任者がとりまとめるまでには専門家による査読を何度も受けることになっている。たとえば第4次報告書(2007年)では、3000人以上の専門家の協力を得て130カ国以上の450人の科学者が執筆に携わったことが強調された。

 深井教授は、「しかし、実際には、もともと温室効果ガスによる地球温暖化を前提として作られた組織であり、科学的根拠については中立ではありえないものだった。気候変動の自然要因を認めることは、自己の存在理由を否定するから許されるものではなかった。IPCCが人為的温暖化の防止という目標に向けて一直線に走り出してブレーキが効かなくなったのは、この性格上、当然の成り行きだった」と指摘している。

 第4次報告書には、温暖化が今のまま進むとヒマラヤ氷河は2035年までには消失し、下流域は重大な水不足に陥るだろうと書かれていた。専門家ならだれでも気付く誤りが「何度も受けた」はずの査読をすり抜けて印刷された。この説の出所は、環境保護団体のパンフレットであること、ほかにも、科学的裏付けのないパンフレットからの引用が数多く発見された。

 ヒマラヤ氷河の問題では、当時のIPCC議長・パチャウリが主宰するインドのエネルギー資源研究所が「ヒマラヤ氷河の消長」をテーマにした研究に多額の研究費を受けていた。その一員の科学者は「2035年消失説が間違っていることは知っていたが、立場上いえなかった」と証言した。IPCCの統括責任者も「間違いには気付いていたが、この方がインパクトがあると思った」と語っている。

嘘やデータ捏造が次々露呈

 こうして、少なからぬ気候学者が二酸化炭素削減という目標に奉仕する役割を担わされた。「先に結論ありき」という逆立ちした「科学」は無理な作業をくり返したあげく、その破綻を覆い隠すことすらできなくなった。IPCCの科学部門を統括する「公正な権威ある機関」の中枢にいる科学者が気候温暖化を印象づけるために、データねつ造や都合の悪いデータの公表を抑えるためにやりとりしたメールが大量に流出した(クライメートゲート事件、2009年)。IPCCの元幹部でカリフォルニア大学のシュナイダー教授(2010年没)が記者会見で、「国民をその気にさせるには、あやふやな部分は隠し、国民が怖がりそうな話だけをメディアにズバッといわせるんです」と正直に吐露したこともあった。

 温暖化によって、ハリケーンの発生頻度が高くなるという報告書の主張も、米国・国立ハリケーンセンターのランドシーらの研究によって完全に否定されている。この根拠も査読つき論文とは程遠い災害保険会社のための内部資料だった。

 ランドシーはIPCC報告書の作成に携わっていたが、主筆が根拠のない記述を削除することに同意しなかったので、辞任した。

 温暖化による雨量の減少で北アフリカの食料生産が50%減少するという記述や、アマゾンの熱帯雨林の40%が影響を受けるという記述も根拠がないことも告発されている。温暖化による海水面の上昇でオランダの国土の半分以上が海面下になったという記述についても、オランダ政府が「今も昔も26%程度あった」として訂正を求めている。深井教授はこうしたことから、「IPCCがモンスター化したのは経済原理、平たく言えば地球温暖化は金儲けの種になる−−それも個人のレベルではなく国のレベルで商売になると判断されたからに違いない」とのべている。

 科学技術振興機構の佐藤靖フェロー(現新潟大学教授、科学社会学)は『科学的助言』(東京大学出版会)で、IPCCの大きな特徴として「科学者だけの組織ではなく行政官も入っている」ことをあげている。「しかも、それらの科学者や行政官は、先進国、発展途上国双方をバランスよく含む各国政府によって指名される。したがって、IPCCから政治的影響を排除することは最初から意図されておらず、むしろ科学的見解に政府が一定の形で関与することにより参加国が受け容れやすいものになり、また各国政府が無視できないものになる仕組みになっていた」とのべている。

 第1次報告書作成の作業部会にかかわった西岡秀三氏(国立環境研究所)は、次のように記録している。

 「要約原案を一行一行検討し要約づくりをする部会は、まさに科学を政策に伝える場である。ところがここでは科学の論理は通用しない。出席者は政府を背負う外交官であり、ロビイストであり、NGOである」。そして、予見をもった政治的発言や議論の引き延ばし戦術がまかり通るなかで、政策決定者向け要約が妥協の産物として合意された。「このような状況でなされる要約づくりが科学者の意見を正しく伝えているかには相当の疑問があるが、なんとか議長が踏み耐えている状況である。土足で神殿に踏み込まれた感じである。部会に参加した多くの研究者が、嫌気がさして二度とIPCCには出ていかないと宣言している」。

 「京都議定書」にかかわって気候変動交渉にとりくんだ経験を持つ有馬純・東京大学公共政策大学院教授(国際環境経済研究所主席研究員)も、途上国の交渉官や環境NGOが「“地球とは交渉できない”“科学とは交渉できない”“だから2度(あるいは1・5)目標は絶対だ”と、あたかも自分たちが科学を体現しているかのような発言をするのをしばしば聞いた」ことを回想。「先進国は2020年までに90年比25〜40%削減すべき」という途上国やEUの主張も「科学が(IPCCが)求める数字」であるとされてきた。しかし、温暖化のメカニズムやその影響について完全に解明されていない以上、上記の議論は特定の学説を根拠とした政治的発言であり、「科学による判決」ではなかったと断言している。

 そして、第5次報告書第二作業部会の総括責任執筆者の一人、リチャード・トール・サセックス大学教授が「IPCC報告書は温暖化の危機感を過剰に煽っている」との理由で報告書執筆者の名前から自分を削除することを求めて話題になったため、同教授を訪ねて聞いたことを紹介している。ドール教授は次のように語っていたという。

 「最近のIPCCは執筆者の選考過程にバイアスがあり、集団思考に陥っている。温暖化問題に懐疑的な学者はもともとIPCCに参加しないし、各国政府が執筆者を推薦するため、どうしても各国政府の立場を保証する執筆者になりやすい。もちろん中にはIPCCの主流派と異なる考えの学者もいるが、“招かれざる客”になるため、居心地が非常に悪く、離れていく人も多い。この結果、ますます似たような考え方の人人がIPCCに集まることになり、自分たちの確信を相互に補強しあうことになる」。

 有馬教授は、「“IPCCは温暖化のリスクを過剰に強調する一方、温暖化のポジティブな側面(例えば寒冷リスクの低減等)を過小評価している”というのがトール教授の議論である。彼は自分のブログの中で“さしたる根拠もなく、温暖化による貧困、紛争、移民、死のリスクを黙示録の四騎士のように煽り、マスコミがそれをさらに助長している”と警鐘を鳴らしている」ことも紹介している。

 専門家のなかには、IPCCが2007年にアメリカのアル・ゴアとともにノーベル平和賞を受賞したことをめぐって、「科学的というより政治的な組織であるということが改めて明確になった」と指摘する声もある。

 こうした批判を払拭するかのように近年、「人為的地球温暖化」説は「97%の科学者が合意している」などと、まことしやかにふりまかれてきたが、これも明確なでっちあげであることが暴露されている。このことも含めて、大手マスコミの異常な偏向報道に鋭い目が向けられている。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[33313] kNSCqYLU 2019年10月04日 23:36:55 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[23383] 報告


2. 2019年10月05日 09:50:44 : NQVFCSAEy6 : TWwyRUtuUWQ3YVE=[11] 報告
IPCCをあやつるのは原発マフィア。
しかし人類史上最大最悪の公害が福島原発。
いい加減に気づけよといいたい。
3. 2019年10月05日 18:14:51 : cbaI4Tc28E : WXlyNGtuZkZZMXM=[74] 報告
突っ込まれ 暗い素顔を さらけ出し
4. 2019年10月05日 19:01:53 : Ecnzg4ZtCE : eWtqRnpRYThZNW8=[1] 報告
すごいですね。長周新聞の調査能力は。
秘密文書や内部情報を入手して暴露する共産党の調査能力レベル。

ホッケースティックウソ曲線やクライメートゲートくらいは誰でも知
ってるが、IPCCの査読体制の欺瞞性や、IPCCの委員や関係者
の言動や身の振り方まで調べ上げて報じてるマスコミなど、日本中ど
こにも無いですね。

官製発表の垂れ流しだけでマスゴミが絶対やらない、調査報道の長周
新聞。

再三の警察による弾圧(ガサ入れ)にも負けず信念を貫いている長周
新聞は、NYやWPやガーディアンにも引けをとらない世界レベルの
新聞社ですね。
 

5. 2019年10月05日 20:18:42 : hNYoaH5jwg : aERHR2E1Yi9LVHc=[3] 報告
長周新聞は真のジャーナリズムがどうあるべきかを示している。大手の新聞が少しでも見習えば、日本はあっという間に変わる。
https://www.chosyu-journal.jp/
6. 佐助[7342] jbKPlQ 2019年10月05日 21:52:24 : CBecl62sKU : NVJZRmFlY1paMEk=[414] 報告
それでは聞くが,私は北陸地方の金沢で育ち,今は京都と石川能登を往復しています。シヘリアもその都度経験している。ただしサウジも体験している。1950年代から1975年ごろまでの温度は半端ではなく,昭和38年の大雪で金沢は一週間孤立し交通機関(北陸線)はすべて止まり,若い時に距離40キロの国道8号線を8時間かけて歩いたほどです。

その当時の北陸の寒さと雪は,毎年3mから6mの積雪で,冬は太陽が見えることはなく,くる病などの病気が北陸特有の病気に悩まされてきた。

もちろん,冬にある氷柱現象も,二回からグランドラインまで続くことが多く,半端ではなかった。気温もマイナス5℃付近です。特に新潟や砺波の積雪は多く,二回から出入りしていたことを記憶している。

そして夏場の気温は,30℃超えることは,年に一度あるかなし,クーラなんかいりません。

ところが今では,夏場の気温は,太平洋側と同じ気温で,37℃前後が長く続きます。冬は雪のない日が多く,太陽の光が差します。積雪も20センチ前後で,積雪のない日が多い。寒さも底冷えするようなことはない。

北陸でも「クマゼミ」がいます,長岡付近までいっているようで,信じられない傾向です。

だが北陸の温暖化と海水温の上昇で,北極の極寒地帯が南下しているようで,そのためなのか,シベリア,ブラーツクやイルクーツクなどの永久凍土も移動し,昔はショベルで掘削しても,カテゴリが固く専用の爪でないと掘削できなかったが,今は普通の爪で掘れます。昔はマイナス50℃が連続していたが,そんなに続くことはなくなっている。

問題は,日本海側の大雪が,太平洋側や北海道に移動したのだろうか,個人的には温暖化の影響が大きいのではなかろうか,海水温が高いと水蒸気雲が厚くなり高くなりますね,季節風でアルプスなどの山越えが容易になり,季節風が日本海側から太平洋側や北海道に押しやり大雪になっているのではなかろうか,山梨はそうでしょう。これは素人なのでよくはわからないが当たっていると思う。

どちらにしても北陸地方の平均気温は8℃以上高くなり,雪も少なく海水温も上がり,太平洋側の害虫が増え,西日本のクマゼミが発生している。なぜなのかこの説明を専門家はして欲しい。

そして専門家は,部分的な,報告や検証だけでなく,地球温暖化と空気汚染スモッグ・嘆息・河川汚染・海水温にいて説明して欲しい。あたかも個人,化石燃料,原発・消費電力を全体のCO2で割り振るいい加減な換算に対しての苦情でなし,真の真実を知りたいものだ。

7. 2019年10月06日 04:23:16 : yL5Gzq7kkU : VmVNM0RML3doVWc=[701] 報告
今年の冬、ナイアガラの滝が凍結しミシガンもイリノイも寒さに震えたそうだ。寒かった点も暑かった点もあるようでどれか一つだけを強調しても正しい結論が出るわけではない。

北極圏上空の寒気団にしてもどこかが張り出せばどこかが凹むわけで。

8. 2019年10月06日 07:26:32 : hOYobrRHQ6 : OGZYdDZtVjFwbHc=[4] 報告
地球のことまだまだわからないことだらけ。
簡単に決めつけてしまうのは危険。
常に考えることが大切だけど、それを実行できる人は圧倒的に少ない。
多数派についた方が楽だから。
9. 2019年10月06日 10:36:12 : vXLvxlS3ue : U1NTLnlVMlZabnc=[17] 報告
陰謀論なら野党も支持しないとコメント欄に書いたところ、気に入らないのか、こんな記事をあげてきた。
いちいち反論する

>地球の気温は横ばいのままである
間違い。80年代からの予測と大きく変わらずに温暖化は進んでいる。
James Hansen's 1988 testimony after 30 years. How did he do? 
30年前の温暖化モデルの気温上昇の予測は外れていたかどうか?英語がわからなくとも、出てくるグラフを見ればわかるだろう
https://www.youtube.com/watch?v=UVz67cwmxTM

>有馬純 リチャード・トール
これらの人は環境経済の専門家で気候学者ではありません。有馬氏自身が経産省出身の元役人。第一線の気候学者すら悩んでいるのに「寒冷リスクの低減」などわかるのですか。

クライメートゲート事件 ←恥をさらしたのは否定派
クライメートゲート事件の最終報告が出たそうですが、結局どうだったのです か?
http://daily-ondanka.es-inc.jp/faq/archives/id002724.html

深井氏については下記
久し振りに温暖化懐疑論
http://www.yasuienv.net/FukaiBook.htm

西岡氏がそんなにIPCCに不満があるなら、なぜ以下のような文章を書くのだろう。
高い目標掲げ真の豊かさを 国立環境研究所 特別客員研究員 西岡秀三氏
https://scienceportal.jst.go.jp/columns/highlight/20090619_01.html

査読を通っていないのは、俗に温暖化否定論と呼ばれているものがほとんど。これも比率が以前にネイチャーにデータも出てたし(0コンマ以下)
その論文すらならないもののには誤った古い論文を使いまわしたり、都合の良い一部だけを使い「チェリーピッキング」という言葉が世界中に広まったきっかけになった。
地球温暖化の科学的コンセンサスは存在しない  (日本語ではない場合、国旗を押す)
https://skepticalscience.com/translation.php?a=17&l=11

もちろん間違いはある。しかしその間違いが温暖化そのものを否定しているわけではない。
温暖化否定論者は、その時々のデータや論文上の誤りをすぐ温暖化全否定に結び付ける。

その他
地球温暖化問題懐疑論へのコメントVer.3.0 ←武田らへの反論はここに出ている。もちろん全部読めばわかる
http://www.cneas.tohoku.ac.jp/labs/china/asuka/_src/sc370/kaigiron_ver302082cc83r83s815b.pdf
気候変動の向こう側
http://climatechange.seesaa.net/

IPCCについては査読論文を基礎にしていて、特定の議論を排除しているわけでも、あれしろこれしろと書いてあるわけではない。批判したければ、気象や気候論文の査読を通るようなレベルの議論をすればよいだけ。
IPCC報告書」の信頼性は? 江守氏
https://news.yahoo.co.jp/byline/emoriseita/20140331-00034097/
気候変動における不確実性問題 ←ハイエタス(気温の一時停滞)については、最新の学説はほとんど否定的
http://www.cneas.tohoku.ac.jp/labs/china/asuka/_src/sc437/8bc8cf38ab493x96e291e8838f815b83l839383n81j83w81k815b83n81k815b.pdf

温暖化については、火を燃やすなとか、牛肉を食べるなとか、あれやこれや言う人がいるのは確か。そういう人は海外で嫌われることもある。
誰しも自分の生き方を否定されたり強制させられるのは嫌がる。
納得したうえで(自発的に)何ができるか考えることが重要。押しつけはよくない。しかしあの演説での残された時間も少ないのも事実。

それ以前に相変わらず温暖化議論を「原発推進派」か「自然現象」にする人が年寄りに多いのが全く理解しかねる。石油メジャーがカネを与えて否定論をばら撒いていて(これは陰謀論でも何でもない事実だが)、結果として彼らの走狗と化している。
石油最大手5社、1100億円投じて「反環境」ロビー活動展開 報告
https://www.afpbb.com/articles/-/3217092
エクソンら石油会社は温暖化のことを40年前から知っていた
https://www.gizmodo.jp/2016/01/exxon-knew-all-along.html
石油メジャー最大手が40年前から地球温暖化による気候変動を予測していた
https://gigazine.net/news/20190525-exxon-knew-co2-levels-increase/
「地球温暖化のウソ」に日本人はいつまで騙され続けるのか? 志葉玲
https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20151221-00052624/
温暖化は”モンスター”ばりに否定しつつも孫の成長を望む年寄りというのは、グレタさんのその子ども孫の世代がそのいい加減な否定だらけの文章を読んだら、相当がっかりするされるだろう。


そもそも温暖化問題とかの前に、仮に野党がしっかりとした認識をしてても、支持者がこれでは、なんにも知らない人が阿修羅で陰謀論と並び安倍政権の批判の記事やコメント欄を見ても、
そこから受ける印象というのは、この掲示板はフェイクニュースやトンデモ記事を平気で掲げ、野党支持者というのは、そういう人の集まりと思われるだけ。
逆に与党支持を増やす要因のひとつになると思う。
実際に温暖化否定者や再エネ嫌いはネトウヨだらけ。阿修羅も演説をコケにした竹田ツイートや武田邦にぶら下がり、ネトウヨのツイートだらけにした方が理屈は通る。

10. 2019年10月06日 12:16:40 : 1GJFQVU66M : c0lqbmRoR2RQY2c=[252] 報告
一万2千年前の日本は氷河期だった。瀬戸内海は淡水の湖だった。どういうわけが氷河期が終わって、地球は温暖化した。

紀元前3000年頃の縄文時代前期の日本は平均気温が最も高かった。世界の気温も日本と同じように推移したはずだ。

地球が最も温暖化した紀元前3000年頃、世界では大規模な灌漑農業と王国が誕生している。大陸の辺境の日本は弥生時代になるまで、農耕社会の恩恵を受けなかった。

11. 2019年10月06日 13:55:08 : yrp7RuNbZw : QXAwWUtKbElicTY=[30] 報告
>>9
>の元役人。第一線の気候学者すら悩んでいるのに「寒冷リスクの低減」などわかるのですか。
これはちょっと文脈を勘違いされているのでしょう。
温暖化によって救われる産業があったり,増産できる穀物があったり,助かる人がいる(極端な例は,
家の中で亡くなるような凍死者が減らせるかも。家の中で亡くなるなんて私にはあんまり想像つかな
いけど,結構いる)という話。
気象学者の領域なほんの一部。

温暖化のメリットも書かないとアンフェアで説得力ないでしょという話。

>地球温暖化問題懐疑論へのコメント
これは全然ダメ。反論出ているでしょ。途中で議論を終了するのはアンフェア。

12. 2019年10月06日 15:23:59 : bCmXUtJugA : MDI1dkdvYjJOMW8=[96] 報告
長周新聞はれいわ記事が多いがれいわの何処か科学的だと言うのかね?
13. 2019年10月06日 15:38:52 : bCmXUtJugA : MDI1dkdvYjJOMW8=[97] 報告
>>11
>温暖化のメリットも書かないとアンフェアで説得力ないでしょという話

>>9に対する問いだから筋違いだが長周新聞は
未だに実験段階にある資本主義に対して
極論メリットなど一つも書いたことはないぜ?
アンフェアなのは長周新聞

14. 2019年10月06日 15:42:17 : bCmXUtJugA : MDI1dkdvYjJOMW8=[98] 報告
>>9
>実際に温暖化否定者や再エネ嫌いはネトウヨだらけ

同意。カルト=左翼ではない。また阿修羅だと
反米の親中・親ロ(おまけに反安倍)が居るが
ああいう奴等は人権とは無縁な奴等。
海外で死者が出たりしてもヤラセとか言ってるしな。
誰が振り撒く人権論か、でもポジションが変わる。
アメリカが前面に出す人権は最初から
拒否する姿勢が顕著。

15. 2019年10月06日 15:45:43 : bCmXUtJugA : MDI1dkdvYjJOMW8=[99] 報告
苦しんでいる人がいる〜〜〜だかられいわ新選組に〜〜〜
みたいな論調だが苦しむ人間は平成であれ
昭和であれ大正であれ明治であれ存在した。
だからどうした。科学的だの言うのなら
データで語るべきだろう。俺は反資本主義者だが
中国では改革開放政策で貧困率が劇的に改善した。
そういう「正の側面」語らずして何が科学だ?
人様に「偏向報道」とか言える立場なのか?ええ?
16. 2019年10月06日 15:57:17 : bCmXUtJugA : MDI1dkdvYjJOMW8=[100] 報告
>>9

石油最大手5社、1100億円投じて「反環境」ロビー活動展開 報告
https://www.afpbb.com/articles/-/3217092

反対論者は原発ロビーの活動を強調するのだろう、
データ化に際しての政府の印鑑業者への配慮もそうだが
下らなさすぎる。その点は理論はともかく
れいわが言うように補填してやれば良いだけの話。

石油業界を衰退させて支えるのは大変だが
ブラジルもそうだがインセンティブなければ動かない。
だけども環境保護活動家には人に
インセンティブを与えることは出来ない。

>温暖化については、火を燃やすなとか、牛肉を食べるなとか、
>あれやこれや言う人がいるのは確か。そういう人は
>海外で嫌われることもある。誰しも自分の生き方を
>否定されたり強制させられるのは嫌がる。
>納得したうえで(自発的に)何ができるか
>考えることが重要。押しつけはよくない。

そういう個人的なことが問題に上がるのは
間違いではないが其れは個人的問題であり
社会としての本質ではない。問題は
経済的に可能か否かだけ。
ハッキリ言えば環境保護は金を生み出さないから
こと日本に於いては特に毛嫌いされているわけよ。

17. 2019年10月06日 16:03:19 : bCmXUtJugA : MDI1dkdvYjJOMW8=[101] 報告
でも環境で被害に遭うのって誰か考えてみれば
分かるが「弱者」なわけよ。

金持ちほど安全安心な食材・医療に有り付けるわけで。
そういう犠牲の上で資本主義があるわけさ。
まあ資本主義と言うか競争社会の負の側面と言えば良いか。
アラル海事業も人に食わせようとか
アメリカに負けないように国力付けようとしたか
または体面を保つために推進したのだろうが
結果はあれ。資本主義ではなく
人間の下らない勝気さがああいうことを招くわけよ。
勿論?悪いことばかりじゃないだろう。

資本主義で競争を強いられ血と汗と涙の結晶が
今ある技術とも言えるわけさ。
商品の裏に自殺者が思い浮かぶなら感慨も一入だろ。

18. 2019年10月06日 16:10:35 : bCmXUtJugA : MDI1dkdvYjJOMW8=[102] 報告
れいわ新選組が環境について言わないのもそういうこと。
個別では「環境は大事に」と言っているが政策としては掲げない。
何でかって。れいわは消費優先だから。
決して現在の資本主義を否定しているわけではない。

だけども共産と連携する手前か法人税の大幅な
課税強化は訴えている。だけどそんなことして
海外と価格競争で負けたら日本人食えなくなるよな?
全体的にチグハグではある。まあだから
ポピュリズム政党などと言われるのだろうけど。

全体的に話が脱線したが、そんなれいわ新選組を
長周新聞は熱烈に応援している。
「人権よいよね」的にね。これの何処か
科学的なんでしょうか??????

19. 2019年10月06日 16:30:44 : bCmXUtJugA : MDI1dkdvYjJOMW8=[103] 報告
大体ここで絶賛されがちな室井佑月(個人的には嫌い)が
グレタのこと応援していたのだよな。
他左派系の人達もグレタについて賛同ツイートをしていた。
多分反原発の奴等はそういう人達を
「ミーハー」「操られている」等と言うのだろうが
ああいうのは実にシンプルな主張なわけよ。
「環境を大事に」は、そのまま「人に優しく」と同義。
じゃあ経済どうすんのか、どうやって食わすのか、
と言われたら何も言えないと思うけどね。

でもそんな奴等を普段「良いね」と言っているのも
おまえ等なんだろう?

20. 2019年10月06日 16:40:21 : yrp7RuNbZw : QXAwWUtKbElicTY=[31] 報告
>>14
いろいろですよ。
槌田敦さんは,サヨって言われてもおかしくないんでないの?。
というより,データをどう見るかだよね。データを眺めて,「温暖化が先だよね」と思ったら,
「そうじゃない」に説得されるまでは,保つべきなんでないの。それが良心ってものでないの?。
21. 2019年10月06日 16:45:35 : bCmXUtJugA : MDI1dkdvYjJOMW8=[104] 報告
俺はどっちかと言うとれいわ支持だが今回の長周新聞の論は
受け入れないわ。山本太郎も言うように宗教じゃないんだから
1から10まで支持する必要はねえし。
また俺は馬鹿だから(←予防線)これは理論ではなく感情な。
あと俺自身は喫煙者な。環境保護活動化には
ナチ的な嫌煙家が存在するが(左派に転向した古谷も
指摘している)まあそういう存在を置いておくとしても
グレタの意見には全体的に賛同。

低燃費を実現した上で食わしてくれ、それだけ。
Wikipedia英語版で植民地系のページを見ていたら
教皇の発言が出典として載せられていたが
それで検索してみたらフォーラムで外人も
似たようなこと言ってたわ。何も与えることは
出来ない無能だが庶民が
求めているのは「安定」それだけだ。
以下機械翻訳。

Vatican News: Isolationism and populism lead to war
https://www.catholica.com.au/forum/index.php?mode=thread&id=226974#p227019

22. 2019年10月06日 16:49:57 : bCmXUtJugA : MDI1dkdvYjJOMW8=[105] 報告
人類が現在直面している最大の問題は、トランプ、ジョンソン、
モリソンのような人々を巨大な力の位置に置く大衆(しばしば
「基地」と呼ばれる)に移された力です。大多数は、政治、神学、
科学に少しでも興味があるわけではありません。問題の一部は
時間の1つです。毎日、すべてを聞いたり、勉強したりするのに
十分ではありません。もう1つの問題は、20世紀後半の豊かさに
関係しています。圧倒的多数は、単に「良い時間」が
続き続けることを望んでいます。おそらく、
西洋の民主主義国家の約半数の人々は、偶然性と偶然性に
好まれています。彼らは賢いからだと信じています。または、
彼らは豊かさを与えたいくつかの式を知っています。
状況に応じたセキュリティまたは何らかの力。そして、
彼らの人生の「成功」、または単に安全は、ある種の
「神の選ばれた者」であるか、彼らの祈りが答えられるからだと
信じる宗教原理主義者がいます。マンゴマッカラムは、
スコットモリソンの人口のこのセクターに対する魅力について、
メナデュに関する今日の良い解説を持っています。
[参照: 「ハローマンはハネムーンを開始します」リンク ]。
トランプやボリス・ジョンソンにも似ています。それらは
ACグレイリングからの優れた反省でもあり、デブはますます
分裂した王国で何が起こっているかについて
別のストリングを私たちにもたらしました。

社会の新たな要因は、不安と恐怖の高まりです。「良い時代」が
続いていないかもしれないということです。トランプや
ボリスのような「芸能人」や、エンターテイメント、気晴らし、
多くのことを提供するモリソンのような「一般の人/非実体」に
ますます向かう、かなり浅い感情レベルで生活している
この非大多数見掛け倒しがたくさん。

答えがわかりません。おそらくルパートを除いて、誰も信じない。
トランプ、ジョンソン、モリソンのような人々を選出する
この「ベース」人口は、願望です-「良い時間」が続き続けるために。
セキュリティが継続するため。彼らは、「良い時代」が
どのようになったかを説明するかもしれない知性化、または
理論に少しも興味がありません。彼らはただ続けて欲しいのです
。サーカスや道化師が「良い時間」を維持するために
町の申し出に転がった場合、彼らは彼らに投票します。
ルパートと最近の一般的な商業メディアは、彼らのニーズを
読み、他の誰よりもはるかに良いことを望んでいます。
そして、彼らは彼らが最も望むものを提供します:
娯楽と気晴らし–そして、あなたはあまり
何も考えすぎる必要がないという信念。

人口は非常に多く、これらの種類のリーダーに投票しています。
そして、私たちの世界で起こっていることについて、より深刻な、
または知的な感謝を申し出ている人に聞いたり読んだりしない
最後の1ドルを賭けることができます現在のところ。その証拠として、
最近人々が聞いている人の読者と視聴者の統計をチェックしてください。

私の感覚は、社会に降り注いでいるこの「気分」がうまく
機能しなければならないという感覚です。それに対抗するために
できることはほとんどありませんが、それらの巨大な大衆が
彼らの選択に伴う痛みを伴う教訓を学ぶまで、私たちはこれに
我慢せざるを得ません。そして、最終的にそれらの
「痛みを伴うレッスン」が来るでしょう。しかし、
事前に警告する力や範囲を持つ人はいません。

豊かさと「良い時代」が私たち全員が過去半世紀に
わたって慣れてきたなら、この新しい「気分」が社会に
降り注ぐことはなかったでしょう。気分の変化は、
複雑なさまざまな理由で「良い時代」が
続かないかもしれないという社会の不安と
恐怖の高まりから来ています。

_______________________
解決策も提示せず「教育だ」という結論になってるが
俺なんて教養なんてものはねえんだが何か?
庶民の希求する部分は的確でも解決策は杜撰。
これがカトリックに関するフォーラムで語られていたこと。
少々白けるがな。

23. 2019年10月06日 16:53:49 : bCmXUtJugA : MDI1dkdvYjJOMW8=[106] 報告
まあでもカトリック的には「痛み」を「試練」というふうにも
言うからアリなのか?弱者(又は庶民)に痛み云々言うのは
外道だと日本人の俺は思うんだがな。
24. 2019年10月06日 17:04:22 : bCmXUtJugA : MDI1dkdvYjJOMW8=[107] 報告
興味と理解力は別だわな。俺はそもそも負け組。
興味があったとして難解な数式が
解けるようになるわけでもない。

それを新自由主義のリベラルは
外人と国内組を同列視して「てめえは外人よりも無能だ」
「そんなてめえの給料が低く抑えられるのは当然だ」と
言うわけだ。最悪「死ねゴミクズ」という言葉が
添えられてな。ざけんじゃねえ、ってことよ。
じゃあ俺とてめえ変えろよ。
俺が遺伝子操作で頭良くしててめえは
遺伝子操作して能力を低く抑える。
そんな状況で「平等だ」等と言ったら
てめえは受け入れんのか?ああ?

25. 2019年10月06日 17:36:10 : bCmXUtJugA : MDI1dkdvYjJOMW8=[108] 報告
大体「痛み」ってなんだよ。人の移住も何もかもよ。
その人間が本当に望んでいることなのかよ?
もしかしたら自国に居たいと思ってる奴もいるんじゃねえのか。
それをよ。経済とか金とかで動かされるわけよ。
まあ物の全て滅茶苦茶にされるわけ。
そういう行動をしている内に自分の本当の気持ちすら
あやふやになってきたり。つまり複雑化、混乱。
それを金が一応の安定として機能することで
誤魔化す心が横行。選択も何もかも縛られたまま。
政策で誘導されることもある。

想像の中でもぶち壊したくなってくるってもんよ。

26. 2019年10月06日 17:46:29 : bCmXUtJugA : MDI1dkdvYjJOMW8=[109] 報告
カトリックフォーラムはURLがAUなのでオーストラリア。
批判の対象は民衆とトランプとジョンソンとモリソン。
ってことはトランプの熱烈支持者である
キリスト教原理主義の福音派への批判でもあるわけだ。
じゃあこいつって一体何処を支持しているのだろう?
労働党か?別に明確に否定はしてないが
ああいう党というのは総じて雑多であり
無宗教も多く居るんだけど、良いのかね?

まあ民主党系の「人類に優しく」でも良いけど
全ての人類に衣食住と少々の娯楽を最低限保障しろよな。
環境も経済も何もかも話はそれからだ。
そこからが全てのスタートになるべきだ。

であるなら俺は子供を作らなくても良いよ。
どうせ消化試合。自殺を勧められるのは
ざけんじゃねえ、って気持ちだが
何の為に生まれてきたかも分からない命でも
捨てるのは惜しいもんよ。ちょいと時間は掛かるが
自然消滅してやっからそれで許して頂戴。

27. 2019年10月06日 23:07:56 : EaNUHxTJ8I : WmpKWVNzazR4VlE=[1] 報告
国連 (Nazis) Agenda 21:
https://www.youtube.com/watch?v=b6jrN3eF8Mo
28. 2019年10月07日 09:01:20 : jVp9WN9xnI : M1l4TTFDcEtobHM=[1] 報告
*二酸化炭素の水に対する溶解量(mg/l)

10℃ 0.83
20℃ 0.61
24℃ 0.54
25℃ 0.53
26℃ 0.51
27℃ 0.50
28℃ 0.48
29℃ 0.47
30℃ 0.46
31℃ 0.45

気温の上昇→水温の上昇→水中溶解量の低下→二酸化炭素濃度の上昇

つまり、二酸化炭素の増加は気温上昇の原因では無く、気温上昇が引き起こした結果です

29. ろくさん[728] guuCrYKzgvE 2019年10月07日 12:43:25 : Qv8nBfGcjI : SWM2enhmbUwzZy4=[2] 報告
ずっと温暖化詐欺叫んできたけど、みんな知ってたんだね。

金設ける為の偽善にしか思えなかったし世界中の人を丸裸にしやがってとんでも無い方向向いてるもんな...

早くテレビもこの事実を放送してくれ。新聞もね。

毎日生きてれば何が起こってるか気付くの簡単だよ。

30. 2019年10月07日 14:09:39 : yrp7RuNbZw : QXAwWUtKbElicTY=[34] 報告
>>16
>反対論者は原発ロビーの活動を強調するのだろう、
いろいろだろうけど,「科学的議論としておかしなものはおかしい」,「間
違っているという自信がある」という2つが私にはあるけど,ただ,どうせ政
策として同じ事をやるのなら,拘る必要もないとも思う。
反対する理由として,日本の環境省も,ずっと問題視してきたけど,地球の大き
な問題として,焼き畑農業の問題,砂漠化の問題とか,大気汚染もそうだけど,い
ろんな問題があるのにマスクされているのが,それは「違うだろう」,「どっちが
深刻なんだ」というようなことがあります。

>ハッキリ言えば環境保護は金を生み出さないから
>こと日本に於いては特に毛嫌いされているわけよ。

2019年2月13日 会議名 資源エネルギーに関する調査会
西岡秀三氏(国立環境研究所)
有馬 純氏(国際環境経済研究所)
平田 仁子氏(機構ネットワーク 理事)
https://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/detail.php?ssp=36139&type=recorded

日本の産業の衰退(転落)は,経営者が悪い,技術者,昨今では職人までが,
実際に能力が低いとかいうことはあるけど,日本がおかれている条件がきつい
(電気代が高いとか,為替がきつかった)とかいうことも多分にある。
これ以上,日本の産業界が潰れない施策が望まれるだけです。
当分は再エネ支援分が電気代に乗るわけです。
クリアできるなら,かなりに平田さんより(再エネ100に近づける)の施策でよい
ので,そろばん次第なのです。
私はそう思います。

太陽光利用は,無から有を産むようで,なんか怪しげだが,もともと太陽光分
はプラスであるから使いまくっても大丈夫には違わない。化石燃料も元はと言えば
太陽光ー>光合成でできたエネルギーだわね。パネル作るのにエネルギーがいるの
と「パネルというごみをどうしましょう」が困るぐらい。パネルが台風で全部吹っ
飛ぶのは物騒だねとか,がけ崩れするような施工がなされるとか,景観を考えて計
画的にとか,いろいろあるけど,安くできるなら,別に誰も反対しないと思うよ。
可能性としては,揚水発電や蓄電池を使ってベースロード電源たりえるでしょうし。

31. 2019年10月07日 16:34:03 : yrp7RuNbZw : QXAwWUtKbElicTY=[35] 報告
>>30
あれ,ミスした。
X 西岡秀三氏(国立環境研究所)
〇 秋元圭吾氏(国立環境研究所)
ごめんなさい。
32. AN[320] gmCCbQ 2019年10月08日 03:04:39 : yMNPYpFb52 : LnlCMXF6SXVuRFU=[288] 報告
日本の年平均気温
国土交通省気象庁
https://www.data.jma.go.jp/cpdinfo/temp/an_jpn.html
日本の年平均気温偏差
https://www.data.jma.go.jp/cpdinfo/temp/fig/an_jpn.png

 どう読むかはアナタ次第。
 

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際27掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際27掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際27掲示板  
次へ