★阿修羅♪ > 国際27 > 597.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「トランプには戦略的、抽象的な思考が欠如している。世界にとって危険なことだ」(ニューズウィーク)
http://www.asyura2.com/19/kokusai27/msg/597.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 10 月 25 日 16:31:25: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

「トランプには戦略的、抽象的な思考が欠如している。世界にとって危険なことだ」
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/10/post-13264.php
2019年10月25日(金)14時50分 シェイン・クラウチャー ニューズウィーク


一般の人から見るとトランプの精神疾患は分かりにくいと専門家は言う Leah Millis-REUTERS


<複数の選択肢を比較したり、リスクを評価したり、結果を予測したりすることができない。その代わり、恥さらし、低能、フェイクといった単純な形容詞を連発する>

ドナルド・トランプ米大統領には精神疾患があり、抽象的な思考ができず、物事を表面的にしか見ることができない、と精神医療の専門家が指摘した。

トランプの精神状態に関しては、これまでにも多くの心理学や精神医学の専門家が懸念を表明してきた。国際社会で影響力を持つ米大統領職の重要性と、大統領が行使する権力の大きさを考慮すれば、そうした懸念を持つことが重要だという考えからだ。その一方で、対面による診察を行わなければ、適切な評価、診断はできないという批判も出されている。

テキサス大学サウスウェスタン医療センターのジョン・タルマッジ教授(精神医学)は今週、「トランプはどんな問題に関しても政策がない。精神疾患によって戦略的、抽象的な思考ができないからだ」とツイートした。

「複数の選択肢を比較したり、リスクを評価したり、結果を予測したりすることができない。公平、公正、敬意、一貫性といった概念は文字通り理解できない。それはトランプのすべてのインタビューやメディア取材から見て取ることができる。抽象的な思考、アイデアを語ることはない」

「その代わりに、恥さらし、酷い、低能、完璧、いやらしい、バカな、フェイクなどといった単純な形容詞を使う。トランプはネガティブな感情に動かされ、しばしば被害妄想に陥り、(相手を)侮辱したり、辛辣に批判したり、下品に振舞ったりする」

これについてテキサス大学は、タルマッジの個人的な立場の発言だとしている。

■一般人には分かりにくい

タルマッジはまた、トランプは「子供じみた形容詞」を使って「浅はかな口調」で積極性を表現し、計画やプロジェクトを議論するうえで詳細は語らない。

「その意味ははっきりしている。トランプにはビジョンや計画がない。はっきりした、初歩的な、子供のような、表面的な言葉でしか考えられないからだ。例えばトランプは、『地政学的な影響がある多国間の紛争を米軍が安定化させる』といった抽象的な表現は理解できない」と、タルマッジは書いている。

「こうしたトランプの脳の機能不全は、一般の人たちには理解し難い。一般の人たちにとって、抽象的思考は自然に織り込まれるもので、ほとんど意識されない。一般の人たちは、結果とリスク評価を意識し、ほとんどの場合に合理的な決断をする」

「事実、トランプは正常ではなく、精神疾患を抱えている。正常な思考ができず、危険だ。大統領職を離れた時、文字通り何が起きたか理解していないだろう。話をでっち上げ、ウソをつき、ヒラリーのメール問題について喚き散らすしかない」

また今月、ハーバード大学のダニエル・ギルバート教授(心理学)は、トランプを強制的に拘束して精神的な健康をチェックするべきだと提唱した。

トランプは先週トルコのシリア攻撃に関連して、もしトルコが何か「比類なき偉大な私の叡智によって、限度を越えたと見なす」行為をしたら、「トルコ経済を完全に破壊し、壊滅させる(以前にやってことがある!)」とツイートした。ギルバートはそれにリツイートして、トランプの精神状態に疑問を呈した。

「このトランプの主張、脅迫が尋常ではないと考える心理学者は私だけなのか? 通常であれば精神疾患による拘束が必要とされるのではないか? 政治的右派、左派の立ち位置はさておき、これが深刻な問題であることを認めなければならない」と、ギルバートは書いている。

エール大学の精神医学者バンディ・リーは昨年、トランプ一家の長年の友人がトランプの精神状態に不安を感じて連絡してきた、と本誌取材に対して語った。また政権内部の政府職員2人からも同様の連絡があったと言う。

■病的自己愛かソシオパス

リーは昨年、学術系ニュースサイト「ザ・カンバセーション」に寄稿し、トランプが「感情的な強迫衝動、集中力欠如、自己愛、無謀さなどを反映した心理的症状」を示していると主張した。

また大統領顧問ケリーアン・コンウェイの夫で法律家のジョージ・コンウェイは今月、米誌「アトランティック」に長文の意見記事を寄稿し、トランプが精神的に大統領職に不適格であるという証拠を書き連ねた。

「一言で言えば、トランプに深く染みついた極端な行動的特徴から見て、憲法が求める大統領の役割を遂行することは不可能だ」と、コンウェイは述べている。

「問題は、トランプが国民の最高の信頼の受託者として行動できるかどうかにある。トランプが、病的で悪質な自己愛、ソシオパス(そのどれでもいいが)といった極端な行動的特徴を示していることを考えれば、それができないことは明らかだ」


The awkward debate around Trump's mental fitness





 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[36586] kNSCqYLU 2019年10月25日 16:32:54 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[26659] 報告


2. 赤かぶ[36587] kNSCqYLU 2019年10月25日 16:33:22 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[26660] 報告


3. 赤かぶ[36588] kNSCqYLU 2019年10月25日 16:33:55 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[26661] 報告


4. 2019年10月25日 19:01:05 : bLbVVSfKBo : Q0txSzNoeHg1TG8=[258] 報告
弾劾を ニューズウィークも お膳立て
5. 2019年10月25日 20:13:31 : 1hFwhl5XF6 : dXZTY1pyS01GUXM=[326] 報告
オバマの戦略的思考は、欠如していなかった?

毎日新聞【ワシントン会川晴之】「内戦を止めよう、人々の苦しみを和らげようと努力をしてきた。大統領として直面した課題の中で、最も厳しい仕事の一つだった」。オバマ米大統領は16日、ホワイトハウスで行った今年の締めくくりの記者会見で、6年近くに及ぶシリア内戦にこう言及した。さらに市民の犠牲が続いていることに「責任を感じる」と語った。

リビア内戦は、クリントンの抽象的思考のおかげか?

米英仏などによる軍事介入・戦局の長期化
しかし15日夜、訪仏したクリントン国務長官の報告を受け協議していたオバマ大統領はカダフィ大佐の脅しを聞いて参戦を決断、17日に国連安保理に、飛行禁止区域の設定と空爆の承認の決議がかけられた。カダフィ大佐を支持していたロシア・中国ももはやカダフィ大佐をかばいきれなくなり、拒否権を行使しなかった。理事会は同決議を賛成10、棄権5(中国・ロシア・インド・ドイツ・ブラジル)で採択した。フランスは空爆への準備を開始した。

リビアとシリアのインフラを爆撃して生じた難民は、何処にいるの?
で、クリントンとオバマは、何人の人を殺したの?

6. 2019年10月26日 01:02:54 : sUpHQ8Q75g : TzR2aVBha0pPeGc=[185] 報告
欧米支配層の提灯持ちであるフェイクニューズウィークがトランプを貶めるのは、トランプが欧米支配層の意に沿わない判断をするから。
7. 2019年10月27日 05:46:36 : LxS3t93X1U : S1Nwc3NaaS9TU1E=[23] 報告
この人何時も中東情勢を語る時に自身がイスラム教徒だからか
虐げられるイスラム教徒側として語ることが多いが
それにしてもこの言い草はない。

masanorinaito@masanorinaito
パレスチナ人にクルドの政治組織は節操がないと
批判的に見る人がいる。哀れみを誘うストーリーを語る事に
長けている反面、節操なく、アメリカ、イスラエルに頼り、
果てはアサド政権に頼ろうとするから。それで中身は
共産主義組織なのがYPG。ヤクザと同じで
クルド住民は恐いから逆らえない事に気づけ

https://twitter.com/masanorinaito/status/1188090116104785926

クルドが社会主義を志向していることが
それほど憎いか。

8. 2019年10月27日 05:53:31 : Q3NJlfL3aj : dzRvOEV3MDdHRWc=[30] 報告
masanorinaito@masanorinaito
この記事も注意深く読むと疑問だらけ

1.イラク領のクルド地域に逃げたのになぜ同胞から金を巻き上げる?
2.なぜイラク戦争を起こした米国を頼った?
3.なぜYPGはクルドの敵アサド政権に寝返った?

泣き叫ぶ声、放心、怒り現地で見たクルド百年の孤独
:朝日新聞デジタル
https://twitter.com/masanorinaito/status/1188092385772724224

記事は有料記事なので読んではないが1について
1が事実なら単純に施しを与えるだけの余裕がないだけでは。
2について。2はそれほどおかしいことのようには思えない。
そもそもアメリカはフセイン(スンニ)に的を絞っており
クルドに対して敵対していたわけではない。
イラク戦争という前提は何も関係はない、
シリア内戦のことなら単純に世界最強の軍事力を持つ
アメリカに付くのが民族(ナショナリズム)を守るのに
最適だと判断しただけだろう。3についても2と同様。

9. 2019年10月27日 05:58:30 : Q3NJlfL3aj : dzRvOEV3MDdHRWc=[31] 報告
masanorinaito@masanorinaitoは内ゲバをしていることに
気付いた方が良いだろう。

【中東見聞録】次のガザ戦争は近い? 「燃える凧」作戦で
危機煽ったハマス、イスラエルはやられたらやり返す

「被害者」をアピール

ガザでは3月末以降、イスラエルとの境界フェンスを
乗り越えようとするデモ行進が続いている。ガザ住民の大部分を
占めるパレスチナ難民が、イスラエル領内にある「父祖の地」に
帰還する−とのスローガンを掲げた運動だ。米大使館のエルサレム移転に
対する反発も相まって大規模化し、多くの住民が境界線を
はさんでイスラエル軍と対峙。これまでにイスラエル側からの
発砲や催涙弾でパレスチナ人百数十人が死亡、1万数千人が
負傷した(イスラエル側では、ガザからの銃撃で兵士1人が死亡)。

凧や風船を使う手法は、その中で生まれた。火炎瓶などを
結びつけてイスラエル側へ飛ばし、畑や森林に火を放って
イスラエル側を消耗させるためだという。

ただ、イスラエルはガザ周辺で厳重な監視態勢を敷いており、
延焼範囲は、デモを動員しているとみられるハマスが
期待するほどには広がっていない。

しかも、イスラエルは必ず、やられたらやり返す。

「燃焼凧・風船」作戦に関しても、限定的ながら、たびたび
関係するハマス拠点などを攻撃。7月9日には、イスラエルから
ガザへの物資搬入をさらに制限するなどの報復措置も講じている。
1日の電気供給が数時間しかないなど、すでに困窮を
極めているガザの生活がいっそう苦しさを増すのは目に見えていた。

にもかかわらず、ハマスはなぜこのような挑発行動を繰り返すのか。

まずは、存在感の誇示だ。正式名称を「イスラム抵抗運動」という
ハマスは、目に見える抵抗の成果を示し、求心力を
保たなくてはならない。その上で、世界の耳目を集め、
国際社会の反イスラエル世論を喚起することも狙う。

一連のデモでは、家族に連れられて行進に参加した乳幼児が
催涙ガスを吸い込んで死亡するなどのケースもあり、
非武装の住民に対するイスラエル軍の武力行使の例として
広く報道された。ハマスにとって、こうした「痛ましいニュース」は、
同国の不当性を訴える“武器”である。「燃焼凧・風船」を
飛ばす活動家が殺害されるなどすれば、やはり圧倒的な
武力差で虐げられる「被害者」だと訴える材料となる。
https://www.sankei.com/premium/news/180727/prm1807270005-n1.html

10. 2019年10月27日 06:09:49 : QJ7dge2NV6 : VFpHYnlJUFRWUms=[13] 報告
masanorinaito@masanorinaito 10月25日
クルド武装勢力の宣伝
トルコが人道危機を起こすと言うなら、クルド軍の司令官が、
シリアで最悪の人道危機を起こし、数十万の国民を殺した
アサド政権に協力を求めたことをどう説明するのだ?
そもそも中東の各地で戦争を起こしてきた
米国と組んできた事実をどう説明するのか?
_______________________________________

嗚呼・・・やはりそういうことか。クルドには
「クルドとして」ではなく「中東の人間として」の
行動を求めているからそういう思考になる。極論を
言えばクルドには「中東問題」は関係ないだろう。
逆に連帯感を抱かなければならないのならば
其れは其れで自由への侵害でしかない。他方で
連帯感とは敵に向かっていく時に有効になる。
逆に言えば連帯感なくして他の行動を
止めることは出来ない。

11. 2019年10月27日 06:15:11 : QJ7dge2NV6 : VFpHYnlJUFRWUms=[14] 報告
masanorinaitoの宗派はワッハーブ派か。
masanorinaitoはクルドをテロリストだと論じるが
ワッハーブこそテロリズムの温床でしかない。
狂信過激派がコーランの一説を利用しているだけだが
コーランには「異教徒を殺せ」と書かれている。
勿論、多くの人間はコーランには従っているが
この部分は現代社会と相容れない故に
読み飛ばし無視している。
コーランの問題が上がった時には此の部分には
極力触れないようにしている。

そうすることで「コーランを否定しない自分」
という言い訳をすることが出来る。

12. 2019年10月27日 06:18:59 : QJ7dge2NV6 : VFpHYnlJUFRWUms=[15] 報告
批判性は皆無に等しい。元より宗教に携わる人間のことなど
語る必要はないかもしれない。時代が進めば進むほど
捨て置かれていくのだから。
13. 2019年10月27日 06:24:17 : 6UY6R7tMGU : OURZYmwwcEFyb28=[2] 報告
ニュージーランドの女首相がテロ事件後にブルカを
被った時は「ブルカ着用強制の非人道性を主張している
欧米諸国がテロ事件で安易にブルカを被って
連帯を表明するのはおかしい」と述べていた。

内藤はよく「ダブスタ」等として欧米を批判するが
内藤にはどうすれば良いのかという案が抜けている。

逆に欧米が宗教の後進性を主張すればするほど
内藤はまた意固地になり欧米を責め立てるだけだろう。
逆に宗教的自由を推し進めて、例えばアフリカで
行われるクリトリス除去等にもGOサインを出せば
其れは其れで内藤は「欧米は人権を捨てるのか」と
批判するだけだろう。あるのは批判のみ。
内藤自身の方向性は皆無。

14. 2019年10月27日 06:33:45 : FlK6KYRp8I : cjB6dm90VE04TG8=[2] 報告
全方位的に非難して場を引っ掻き回しているだけでしかない。
現状極東の大学で宗教学を学ぶ教授でしかないので
国際政治に関与も何もしてなく、それ即ち壁に向かって
吠えているようなものと同じなので無害的ではあるが
何を軸に考えているのか、全く分からない。
だが、そうなるのも必然。内藤自身が「人権」と
主張している割に自身が人権性が皆無の宗教に
のめり込んでいるからだ。どおりで話がややこしくなるわけだ。
15. 2019年10月27日 06:43:10 : 1v28SnXuOE : WVdkVEZTRUJKL1U=[56] 報告
宗教ではなく人間を柱にして見れば真実は見えてくる。
また内藤は「アサドの非人道性」と言うが
それはシリア(ロシア)的な立場からすれば必要な措置。
反米路線なのは間違いないようだが
このように見ていくと内藤が何をしたいのか
全く見えてこないだろう。

トルコに留学経験があることからして
親トルコなのだろう。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際27掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際27掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際27掲示板  
次へ