★阿修羅♪ > 国際27 > 753.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
歪曲が軽信され続ける地球温暖化人為説(田中宇)全文 歪曲の手口から見て、人為説や温暖化問 題の黒幕は軍産である
http://www.asyura2.com/19/kokusai27/msg/753.html
投稿者 てんさい(い) 日時 2019 年 11 月 18 日 11:11:45: KqrEdYmDwf7cM gsSC8YKzgqKBaYKigWo
 

(回答先: 歪曲が軽信され続ける地球温暖化人為説/田中宇 投稿者 仁王像 日時 2019 年 11 月 16 日 09:46:29)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★歪曲が軽信され続ける地球温暖化人為説 http://tanakanews.com/191115warming.htm
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人類が排出した2酸化炭素など温室効果ガスによって地球が温暖化しているとい
う「地球温暖化人為説」は、地球温暖化問題の大黒柱だ。人為説に基づき「温室
効果ガスの排出を規制しないと、地球温暖化によって旱魃や山火事、洪水、海面
上昇による埋没、巨大台風など大惨事が急増して間もなく人類が滅亡する。温室
効果ガスの排出を厳しく規制すべきだ」と騒がれているのが「地球温暖化問題」
だ。

http://www.zerohedge.com/health/11000-experts-make-modest-proposal-end-global-warming-just-kill-billions-people
11,000 Experts Propose Final Solution To Global Warming: Just Kill Billions Of People

http://tanakanews.com/150216warming.htm
まだ続く地球温暖化の歪曲

この「問題」の最大の難点は、本当に人類の温室効果ガスの排出によって地球が
危機的に温暖化しているのかどうか確認できないことだ。地球が温暖化している
としても、その原因が人類排出の2酸化炭素でないなら、巨額の費用をかけて石
炭石油などの利用を規制して2酸化炭素の排出を減らしても温暖化は止まらず、
無意味な政策になる。人為と無関係に地球が温暖化している場合、温暖化の原因
は、太陽活動の変化など地球と太陽にまつわる周期的な変動である可能性が高く、
それだと地球の気候は一定周期で温暖化と寒冷化を繰り返してきたわけで、今
から何十年か先に温暖化で人類が滅亡する可能性はほぼゼロだ。

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-7107857/Have-reached-solar-minimum-sun-without-spots-16-consecutive-days.html
Have we reached solar minimum?

http://www.zerohedge.com/news/2019-03-08/global-warming-hoax-and-scam-pushed-greedy-government-scientists-greenpeace-co
Global Warming A "Hoax And Scam" Pushed By Greedy Government Scientists: Greenpeace Co-Founder

この4半世紀に世界的な大騒動となっている地球温暖化問題は「人為が原因で急
速な温暖化が起きているのかどうか」が問題だ。単に「温暖化しているかどうか」
が問題ではない。太陽から地球に向けて放出されてくる宇宙線(微粒子)の量の
変化など、人為以外の温暖化(寒冷化)の要素の中には重要そうなものがいくつ
かある。それらでなく、人類が排出した2酸化炭素などが原因で急速な地球温
暖化が起きているという「人為説」を確定的に立証するのが先決だ。「石炭石油
を使い続けると温暖化で人類が滅亡する。石炭石油の利用を禁止せよ」と軽信的
な大馬鹿者みたいに騒ぐのはその後にやるべきことだ。

http://www.naturalnews.com/2019-09-09-time-to-put-an-end-to-the-climate-cult.html
Time to put an end to the climate cult

http://tanakanews.com/070220warming.htm
地球温暖化のエセ科学

温暖化人為説の根拠となってきたのは、国連の専門家パネル(IPCC)の学者
たちが気候変動をシミュレーションするプログラム(気候変動モデル)を作って
動かしたところ、人為が原因でこれから温暖化が進んで大惨事が増えるという結
論が出たことだ。このモデルを作る際のデータの使い方が、温暖化を誇張する方
向に偏向しているのでないかという議論が4半世紀にわたって続いてきた。
IPCCの内外では、モデルが正しいと主張する勢力が、モデルに大きな偏向や
誇張があると主張する勢力を政治力で無力化・排除する傾向が続き、このモデル
が正しいと客観的に言える状態からどんどん遠ざかっている。

http://www.ft.com/content/e5374b6c-d628-11e9-8367-807ebd53ab77
Survey underscores high levels of US scepticism on climate change

http://tanakanews.com/f0827warming.htm
地球温暖化問題の歪曲

http://tanakanews.com/080422warming.htm
地球温暖化問題の裏側

このモデルを作った米国のマイケル・マンらIPCCの学者たちは、以前は安定
していた地球の気温が、温室効果ガスの人為排出が急増した産業革命以来、急速
に温暖化しているという「ホッケーの棒理論」を90年代から提唱していた。だ
がその後、ホッケーの棒理論は地球の過去の気温変化について間違っており正し
くないという議論が続き「この理論によって人為説が確定した」といえる状況で
はなくなった。

http://en.wikipedia.org/wiki/Hockey_stick_controversy
Hockey stick controversy - Wikipedia

http://www.zerohedge.com/news/2019-09-09/armstrong-climate-change-has-been-routine-scare-tactic-1930s
Armstrong: Climate Change Has Been A Routine Scare Tactic Since The 1930s

2009年には、IPCCを主導してきた英米などの専門家たち(マイケル・マ
ンの仲間)が、人為説を確定的なものに見せかける目的で、データ分析の際の歪
曲のやり方を議論した電子メールの束が漏洩・暴露されてスキャンダルになる
「クライメート・ゲート」が起きた。人為説を声高に主張してきたIPCCを主導
する学者たちが、健全な科学的な議論に基づいて人為説を強化するのでなく、科
学者としての倫理に反する歪曲行為を謀議しながら集団的に進め、人為説を捏造
していたことが明らかになった。だが、クライメート・ゲートはあまり問題にな
らず忘れられていき、その後もIPCCが発する人為説と「温暖化で大惨事が起
きる」という誇張が「確定的に正しい事実」としてマスコミで喧伝され、人類の
多くがそれを鵜呑みにする事態が続いている。(何となくおかしいと思っている
人は多いかもしれないが)

http://tanakanews.com/091202warming.htm
地球温暖化めぐる歪曲と暗闘(1)

http://tanakanews.com/091227warming.htm
地球温暖化めぐる歪曲と暗闘(2)

IPCCなど人為説を喧伝する勢力は、人為説を補強するためのグラフをいくつ
も用意して「根拠」として主張している。だが、これらのグラフの中にインチキ
が多いことを、リバタリアン系の経済分析者であるマイク・シェドロック(Mike
Shedlock)が最近指摘している。彼は、米国の人為説の主張者たちが近年の地球
温暖化の根拠として挙げている5つのグラフについて、いずれもグラフの始まり
の年次を恣意的に選ぶことで、それ以前の反対の傾向を隠し、もっと長期的な
グラフだと温暖化の傾向にならないものを、短い期間のグラフにすることで温暖
化しているかのように歪曲していると指摘している。以下、彼が書いた「Global
Warming Fraud Exposed In Pictures」のページの内容に沿って説明する。

http://moneymaven.io/mishtalk/economics/global-warming-fraud-exposed-in-pictures-bA-1mNrK0kiarserpfa9iA/
Global Warming Fraud Exposed In Pictures

1つ目(U.S. Heat Waves)は、米国での年間の熱波の発生回数が1960年代
から増え続けているグラフだが、1960年からでなく1900年からのグラフ
を見ると増減しつつの横ばい状態味で、1930年ごろにかけていったん増えた
後に大きく減り、1970年ごろから再び増えている。1900年からのグラフ
だと温暖化していないことになってしまう。温暖化していると歪曲するためにグ
ラフの起点を1960年にした観がある。

2つ目(U.S. WildFires)は、米国での年間の山火事の発生回数が1985年ご
ろから増える傾向であること。これも、もっと長く1916年からのグラフを見
ると、1922年から1930年ごろにかけて急増し、その後1968年にかけ
て減り続け、その後は1985年ごろまで横ばいで、その後少しずつ増えている。
この最後の少しずつ増えている部分だけを取り出し「山火事が増えている」と
誇張している。

3つ目(Arctic Sea Ice Extent)は、北極海での氷域が1979年から縮小傾向
にあること。これも1970年からのグラフを見ると、1970−79年に氷域
が急拡大しており、それを見せると「温暖化によって氷域が縮小している」と
言えなくなるので78年以前を隠している。

4つ目(U.S. Sea Level)は、米国NYの海面が1920年代から上昇傾向であ
ること、これは、2万年前からのグラフを見ると、人類が温室効果ガスをほとん
ど排出していなかった産業革命前の方が急速に海面が上昇し、最近の千年ぐらい
はむしろ以前に比べて少しずつしか海面が上昇していない。2万年間のグラフを
見せると海面上昇が人為排出と関係ないことがバレるので、産業革命後だけの状
況を見せている。

5つ目(WaVerly Ohio)は、オハイオ州の町で最高気温が華氏90度(摂氏32
度)以上になる年間の日数が1955年から増加傾向であること。これも、
1890年からのグラフを見ると、むしろ日数は減る傾向にある。これらの例で
はいずれも、本当は人為説が正しくないことを示しているグラフが、開始年次の
恣意的な選択により、人為説が正しいかのように思わせるグラフとして使われて
いる。非常に悪質な、現実と異なる結論への誘導である。これを見ても人為を
喧伝するマスコミやIPCCの詐欺的な専門家たちに対する怒りを感じない人、
この件で私を攻撃してくる読者は、ひどく洗脳されてしまっている。マスコミや
専門家(詐欺師)に騙されて温暖化対策が急務だと叫ぶ運動家たちは哀れだ。
自分が間抜けなことをやっていると気づかず、そのように指摘する人を逆切れ的
に間抜け扱いするので、さらに哀れだ。

http://nationalinterest.org/print/feature/climate-change-enthusiasts-will-create-energy-crisis-90026
Climate Change Enthusiasts Will Create an Energy Crisis

フィンランドで今年6月に発表された「No Experimental Evidence for the
Significant Anthropogenic Climate Change.(人為が大きな気候変動を引き起
こすと考えられる証拠がない)」と題する論文によると、IPCCは低層の雲が
気候に与える影響を無視し、それによって気候変動に対する人為の影響を実際の
10倍に見積もっていた。人為が地球を温暖化した度合いは歴史の全体で摂氏
0.01度以下であり、気候変動の原因の大半は人為でなく、地球の磁場の変化で
太陽から降り注ぐ微粒子(銀河宇宙線)の量が変わり、微粒子を核として発生す
る雲の量が変わることによる地表の温度変化であると論文は結論づけている。

http://arxiv.org/pdf/1907.00165.pdf
No Experimental Evidence for the Significant Anthropogenic Climate Change

http://www.naturalnews.com/2019-07-22-study-confirms-that-man-made-climate-change-is-completely-fake-so-much-for-consensus.html
Study confirms that man-made climate change is completely fake (so much for consensus…)

http://www.investmentwatchblog.com/climate-change-hoax-collapses-as-new-science-finds-human-activity-has-virtually-zero-impact-on-global-temperatures/
Climate change hoax COLLAPSES as new science finds human activity has virtually zero impact on global temperatures

今年6月に発表された神戸大学の論文「地磁気逆転途中に冬の季節風が強化して
いた」も、同様の結論を出している。

http://www.kobe-u.ac.jp/research_at_kobe/NEWS/news/2019_06_28_01.html
地磁気逆転途中に冬の季節風が強化していた ―銀河宇宙線による地球の気候への影響を証明

http://www.sciencedaily.com/releases/2019/07/190703121407.htm
Winter monsoons became stronger during geomagnetic reversal

フィンランドや神戸大学での研究結果は、人為説を覆しうるものとして重視され
るべきだったが、政治的に人為説を誇張する動きの中でほとんど無視されている。
人為説を否定する方向の学説は、政治的に無視ないし揶揄されてきた。無視や
揶揄を批判する学者も攻撃され、研究費が回ってこなくなるなど学術界でほされ
てしまう。出世したい小役人な学者ほど「ご無理ごもっとも」的に人為説を受け
入れ、人為説を批判する者を率先して攻撃することで出世していく。専門家の
97%が人為説を「正しいと考えている」と報じられている。97%の大半は
「小役人」であり、人為説を「正しい」と考えているのでなく「ご無理ごもっ
とも」と考えている。

http://www.zerohedge.com/political/exposing-bogus-97-consensus-claim-over-climate-change-science
Exposing The Bogus "97% Consensus" Claim Over Climate Change 'Science'

http://tanakanews.com/140129warming.htm
地球温暖化の終わり

権威筋とその(うっかり)傀儡勢力は、新たな科学的な論証が出てきても無視し、
人為説の再検証を阻止し、人為説が正しくない可能性が高まっていることを隠し
て「人為説はすでに確定しており絶対的に正しい」というプロパガンダを人々に
信じ込ませている。このひどい状況は20年ほど続いており、人為説をめぐる
状況は全く科学的でなくなり、全体主義もしくは悪質な新興宗教になっている。
全体主義や新興宗教を敵視し、科学的な態度を自称する左翼やリベラル、共産党
の人々が、人為説を確定した無誤謬なものと頑固に考えていることは、彼らの思
考停止した教条主義的な浅薄さを示している。

http://www.zerohedge.com/news/2019-09-09/world-meteorological-organization-chief-castigates-climate-alarmists-its-not-end
World Meteorological Organization Chief Castigates Climate Alarmists: "It's Not The End Of The World"

専門家の中には、このひどい状況を変えるべきだと思っている人々もいる。今年
9月の国連総会に合わせて、世界の気候学や関連の学者たち500人が連名で
「There is no climate emergency(気候変動で危機が起きることはない)」と
題する書簡を国連事務総長あてに出した。書簡の概要は以下のとおりだ。IPCC
の気候変動のモデルは欠陥の多い不適切なものだ。実際の温暖化の傾向はモデル
の予測の半分以下であり、こんな未熟なモデルを使って政策を立てるべきでない。
このモデルに基づいて何兆ドルもの費用をかける温暖化対策をやるのは浪費で
あるだけでなく、世界経済を破壊する危険な行為だ。気候変動が人類の危機につ
ながるという人為説の主張は間違っており、科学でなく政治に基づいた動きだ。
もっと科学的にやるべきだ。人為説が毒物として扱う2酸化炭素は、実のところ
植物の繁茂など人類に有益な存在だ。莫大な金をかけて2酸化炭素を減らすのは
やめるべきだ。温暖化がハリケーンや洪水や干魃を増やしていると考えられる統
計的な根拠もない。

http://clintel.nl/brief-clintel-aan-vn-baas-guterres/
There is no climate emergency.

http://www.breitbart.com/environment/2019/09/24/500-scientists-write-u-n-there-is-no-climate-emergency/
500 Scientists Write U.N.: ‘There Is No Climate Emergency’

私から見ると、この書簡の主張は全く正しい。温暖化人為説と、それを(軽信し
て)推進する人々は、人類にとって害悪である。2酸化炭素でなく、人為説こそ
が毒物だ。しかし、世の中の「常識」や、「事実」として報じられていることは、
これらと正反対の方向だ。人為説は、歪曲的なプロパガンダの典型だ。ものごと
の事情を詳しく調べる人々は歪曲に気づきうるが、そのような人は少数だ。

http://tanakanews.com/180708posttruth.php
ポスト真実の覇権暗闘

http://www.theepochtimes.com/there-is-no-climate-emergency-scientists-call-for-reasoned-debate-2_3100870.html
‘There Is No Climate Emergency’: Scientists Call for Reasoned Debate

ここまで、地球温暖化問題の根幹にある人為説が歪曲であることを書いた。なぜ、
この歪曲が根強く行われているのか。歪曲を主導するのは科学者でなく政治勢力
だろう。科学者は下っ端だ。マスコミや学術界を動員して何十年も歪曲を維持
するのは軍産複合体の特有のやり方だ。歪曲の手口から見て、人為説や温暖化問
題の黒幕は軍産である。軍産は、何のために温暖化問題をやっているのか。長く
なったので、そのあたりの考察は次回に書く。


この記事はウェブサイトにも載せました。
http://tanakanews.com/191115warming.htm

●最近の田中宇プラス(購読料は半年3000円)

◆NATOの脳死
http://tanakanews.com/191114nato.php
【2019年11月14日】トランプは、EUに対米自立の好機を与えるために覇権放
棄や同盟破壊をやっている。NATOの脳死を指摘した今回のマクロンの発言
は、EU上層部が対米自立したがっていることを象徴している。だが、EU内
には冷戦時代から受け継がれた軍産傀儡勢力がまだ多く残っており、彼らが邪
魔をしているのでEUは対米自立できない。マクロンの発言は、現状に対する
苛立ちの表明でしかない。とはいえ、日本にはそれすらない。対米自立したく
ない日本の官僚機構は、自分たちが世界の状況に無知になるよう仕向け、日本
のマスコミは国内のくだらない話ばかり流す。日本人は世界の動きからわざと
遅れている。これは上からの意図的な策略なので今後も是正されない。日本も
国をあげて脳死状態だ。

◆インチキが席巻する金融システム
http://tanakanews.com/191111bubble.php
【2019年11月11日】米連銀は、QEがバブル維持のための不健全な策だとい
うことを隠すインチキをやってきたが、不健全なのでQEが限界に近づくと、
別のバブル維持策をインチキな理由をつけてやらねばならなくなっている。
そのため、これまで不況を好況に見せかけてきたインチキを転換し、不況であ
ることを認めた上で「不況だから政府の財政出動が必要だ」という新たなイン
チキを始めようとしている。インチキの百花繚乱になっている。

◆トランプのシリア撤兵の「戦略的右往左往」
http://tanakanews.com/191104syria.php
【2019年11月4日】シリア撤兵をめぐるトランプの右往左往は、中東の政府と
人々の反米感情をあおり、国際社会に「米国は覇権国として失格だ」と思わせ
て、米国覇権の失墜と多極化を扇動するための意図的な策略だ。中東の人々は、
何十年も続いた米英の石油利権目的の汚い謀略に怒っている。シリアから撤兵
すると見せて油田を略奪したトランプの策は、絵に描いたような石油目的の汚
い謀略だ。アルタンフの基地温存も、シリアを撤退した米軍がイラクにとどま
ったことも、米国の汚い中東支配の典型だ。これらをわざとやることで、トラ
ンプは米覇権への信用や好感を意図的に引き下げている。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年11月18日 20:46:50 : 4mJlr2mNYE : RS45UmdsWHVRUTY=[70] 報告
・・

 【 誰でもわかるCO2による温暖化詐欺の証拠 】


           平均気温

       沖縄の那覇市  東京都大手町

1890    31.3    29.0
1940    30.0    29.0
1970    31.1    31.7
1990    31.6    32.4
2000    30.4    32.4
2018    31.2    32.5

 ★:那覇市は何ら温暖化を示さない!!

結局は
ヒートアイランド現象だ。
世界の平均気温も都市部のみで測定してる詐欺だべ。
名古屋工業大学の論文の通り、人口1000人以下の世界中の田舎約40か所の
平均気温は十数年前から下がり続けている。すでに寒冷化。

https://blog.goo.ne.jp/taitouku19/c/9b4eef0a562b11bc14aa66ca3e62b9a5/3

https://blogs.yahoo.co.jp/nishiokablog/25862170.html

http://sdgs-agri.work/2019/08/26/%E4%BA%8C%E9%85%B8%E5%8C%96%E7%82%AD%E7%B4%A0%E5%9C%B0%E7%90%83%E6%B8%A9%E6%9A%96%E5%8C%96%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E3%82%A8%E3%82%BB%E7%A7%91%E5%AD%A6%E3%81%AF%E4%BA%BA%E9%A1%9E%E3%82%92%E6%BB%85-9/

・・

2. てんさい(い)[1107] gsSC8YKzgqKBaYKigWo 2019年11月19日 07:43:59 : 0kUGInjLpY : ZUJoU1c2MzFGUzY=[115] 報告
田中宇の国際ニュース解説 無料版 2019年11月18日 http://tanakanews.com/

ーーーーーーーーーーーーーーー
★地球温暖化問題の裏の裏の裏
ーーーーーーーーーーーーーーー

この記事は「歪曲が軽信され続ける地球温暖化人為説」の続きです
http://tanakanews.com/191115warming.htm

前回の記事で、地球温暖化問題の大黒柱である「温暖化人為説」がIPCCやマ
スコミなどによる歪曲であり、実際は、石化燃料の利用による2酸化炭素の排出
などの人為が気候変動にほとんど影響していない可能性が高いことを書いた。
2酸化炭素の排出を減らしても気候変動を止められない半面、気候変動が人類を
破滅させるという温暖化問題の活動家らの主張も非現実的な誇張だと考えられる。
国連などで議論されている、巨額をかけて2酸化炭素を減らす事業は、各国の財
政破綻につながりかねない有害な公金の無駄遣いだ。地球温暖化問題は、報じら
れている「人類の破滅」でなく、全く別の「財政危機」という大きな問題になり
かねないと500人の学者が警告している。

http://clintel.nl/brief-clintel-aan-vn-baas-guterres/
There is no climate emergency.

http://www.naturalnews.com/2019-07-22-study-confirms-that-man-made-climate-change-is-completely-fake-so-much-for-consensus.html
Study confirms that man-made climate change is completely fake

しかし事態をさらに良く見ていくと、地球温暖化問題は「騙しの構造」が別のと
ころにもあることがわかる。それは、パリ協定で定めた温暖化対策の中心となる
事業として国連で議論されている「緑の気候基金」が「2酸化炭素の排出を減ら
す」ためと喧伝されているものの、実際は2酸化炭素の排出を減らすものになっ
ていないことだ。国連で議論されている地球温暖化対策を主導するのは「欧米
(トランプの米国以外)」であるように見えるが、実のところそうでなく、主導役
は「中国」だ。中国は2009年のCOP15でオバマ大統領から主導役を委譲
されて以来、温暖化問題を主導している(近年はトランプの覇権放棄策によって、
温暖化対策だけでなく国連全体が中国やロシアの主導になっている)。

http://en.m.wikipedia.org/wiki/Green_Climate_Fund
Wikipedia - Green Climate Fund

中国は世界最大の2酸化炭素の排出国だが、2酸化炭素の排出を減らすと自国と
世界の経済にマイナスだと知っているので、自国と国連が「2酸化炭素を減らす
ふりだけして実際の削減事業をやらない」策略を採っている。国連の温暖化対策
の中心である緑の気候基金は「2酸化炭素の排出を減らす事業」に投融資するこ
とになっているが、投融資の対象には、2酸化炭素の排出量が石油や天然ガスよ
り多い「石炭火力発電所」の建設も含まれている。「石炭火力を建設したら2酸
化炭素が増えるじゃないか」と気候活動家たちは非難するが、中国側は「以前の
石炭火力発電所より2酸化炭素の排出量が少ない新型の石炭火力の建設への投融
資なので、2酸化炭素の排出削減になっている」と言って非難を無視している。

http://www.theguardian.com/environment/2015/mar/29/un-green-climate-fund-can-be-spent-on-coal-fired-power-generation
UN green climate fund can be spent on coal-fired power generation

http://www.zerohedge.com/economics/von-greyerz-problem-economy-stupid-not-climate
The Problem Is The Economy, Stupid! Not The Climate

石炭火力発電所の建設を対象事業にできるぐらいだから、ちょっとした「省エネ」
の要素を含むインフラ整備などの事業のほとんどが「緑の気候基金」の投融資の
対象になる。この基金は、先進諸国に資金を出させて発展途上諸国の事業への
投融資を行うもので、日英独仏など米国以外の先進諸国が資金を出している(途
上諸国、新興諸国も一部の資金を出している)。すでに書いたように、世界の温
暖化対策を国連で主導するのは中国だから、この基金を主導するのも中国だ。

http://www.climatechangenews.com/2019/10/25/green-climate-fund-replenishment-fails-fill-hole-left-trumps-us/
Green Climate Fund replenishment fails to fill hole left by Trump’s US

中国が、国連の傘を着て先進諸国に圧力をかけて巨額資金(計画では総額100億
ドル)を出させ、一帯一路など中国の世界戦略にプラスになる形で途上諸国の
インフラ事業などへの投融資に使うのが「緑の気候基金」の本質だ。トランプは
「先進国から途上国に(何の見返りもなく)資金を渡すだけ(の馬鹿げた計画)
だ」と言って、この基金への参加を拒否している。トランプは人為説を否定して
いるが、たとえ人為説を肯定する立場から見ても、トランプの指摘は正しい。

http://thehill.com/policy/energy-environment/467493-us-opts-out-of-conference-where-climate-fund-pledges-near-10
27 nations pledge nearly $10B to fight climate change, US not among them

地球温暖化問題は90年代に最初に問題にされた時は、これから2酸化炭素を排
出する途上諸国にカネを出させ、先進諸国が途上諸国(新興市場諸国)の経済発
展を制限したりピンはねする、冷戦後の米国覇権の維持策の一つだった。中国イ
ンドなど新興諸国は、経済成長を放置すると先進諸国をしのぐ強い勢力となり、
米英覇権体制を崩して世界が多極化しかねない。80年代末には、米国(共和党
レーガン政権)がソ連と和解して英国・軍産好みの冷戦構造を崩してしまい、放
置すると世界が多極化し、英国が米国を操って覇権をとらせてきた冷戦時の世界
体制が崩れかねない。それを防ぐ策の一つが、人為説の誇張による地球温暖化対
策によって新興諸国の石化燃料の利用を規制することだった。

http://tanakanews.com/f0906multipolar.htm
欧米中心の世界は終わる?

ブレア(労働党)の英国が民主党クリントン政権の米国を誘い、米国覇権(英国
黒幕)の傘下にあったG7諸国などを入れて、まず先進国が原発増設や省エネを
推進して2酸化炭素の排出を削減していき、同じ削減を中国など新興市場に強要
する構想で、97年の京都議定書はその一環だった。英米は「地球温暖化は世界
全体の安全保障の問題であり、外交官や軍人が担当すべき問題だ」という話にし
て、冷戦時代に覇権を運営していた米英の外交官や軍人(いずれも軍産複合体の
要員たち)に温暖化対策を担当させて軍産要員の失業対策事業としてやり、軍産
側の不満解消を試みた。だから、米国防総省は「温暖化による世界破滅」の凄惨
な予測図絵を繰り返し流布したがるし、米国務省や日本外務省ではエリートが
「気候変動交渉官」をやっている。

http://tanakanews.com/130530warming.php
地球温暖化は政治と投機の問題

温暖化問題は、冷戦に代わる英米覇権の維持策として考案されたが、その態勢は
長続きしなかった。京都議定書など温暖化対策の交渉に欧米の国際NGOが入っ
てきて、彼らがマスコミを巻き込んで「新興諸国より先に先進諸国が2酸化炭素
の排出を削減しろ」と要求し、それが世界の主流になったからだ。2酸化炭素の
排出削減を真剣にやると経済成長が大幅に阻害される。英米の覇権運営者は、温
暖化問題の真の標的を新興諸国にする覇権維持策をやりたかったのに、国際NGO
は英米の覇権衰退と多極化につながる先進諸国の2酸化炭素削減を声高に要求し
続けた。国際NGOの多くは左派リベラル勢力(米民主党、英労働党などの系列)
で、彼らの主張が英米覇権の自滅につながることから、彼らの背後に冷戦を終わ
らせた隠れ多極主義の勢力がいる感じだ。

http://www.zerohedge.com/news/2019-09-09/world-meteorological-organization-chief-castigates-climate-alarmists-its-not-end
World Meteorological Organization Chief Castigates Climate Alarmists: "It's Not The End Of The World"

米国など先進諸国が先に本格的で自滅的な2酸化炭素排出削減をせねばならなく
なるのは話が全く違うので、米国などの財界やエリート層が難色を示した。米国
は、政権が共和党のブッシュになって京都議定書の批准を拒否し、議定書を無意
味な存在におとしめた。米共和党には隠れ多極主義の勢力(ニクソン、レーガン、
トランプの系譜)がおり、彼らは党内の石油ガス利権勢力と結託して温暖化対策
の推進を妨害した。

http://tanakanews.com/070227warming.htm
地球温暖化の国際政治学

英米諜報界は、英米覇権維持派(軍産複合体)と多極化推進派(隠れ多極主義者)
との暗闘が戦時中から延々と続いており、温暖化問題も暗闘の戦場になっている。
温暖化問題は軍産が起案した「新興諸国の2酸化炭素排出を制限する」策だった
が、それを左派(米民主党など)の多極側が「先進国の2酸化炭素排出を制限
する」策に転換してしまい、これを受けて右派(米共和党など)の右派が「米国
と同盟諸国の経済成長を阻害するのでダメだ」と言って反対を強め、左右の多極
派が潰しにかかった。

http://tanakanews.com/b0507energy.htm
アメリカの原子力発電と地球温暖化

左派の国際NGOがマスコミや学術界を巻き込んで権威をつけて政治発言力を持
つ世界体制は、もともと英国の諜報機関MI6(軍産の大元締めの黒幕)が作っ
たもので、英米覇権の維持(人権外交や環境外交、民主化要求で英米の脅威にな
りうる諸国を潰す策)がこの体制の当初の目的だったが、軍産と多極の暗闘にと
もなってNGOの主張が過激化し、英米覇権にやいばを向ける事態になっている。
NGOを背後から操作する権限が、英米諜報界の軍産側から多極側に乗っ取られ
ているようだ。右派の業界で、人権外交を推進して英米覇権を強化するふりを
して出てきた「ネオコン」が、人権外交を過激に稚拙にやって失敗させて英米覇
権を自滅させた構図の「左派版」が国際NGOの過激策である。(温暖化人為説
が事実でないプロパガンダであることと、イラクの大量破壊兵器保有が事実でな
いプロパガンダだったことが、左右の稚拙さの同一性の象徴だ)

http://tanakanews.com/161229refugee.htm
欧州の難民危機を煽るNGO

http://tanakanews.com/991213wto2.htm
世界を支配するNGOネットワーク

09年に米政権が民主党のオバマになると、軍産は覇権的な巻き返しを狙い、
NGO側は先進諸国の自滅を狙って、京都議定書に代わる温暖化対策を作ることに
なり、2009年のCOP15でパリ協定として結実することになった。先進諸
国だけが2酸化炭素の排出削減の数値目標を強制され、途上諸国は目標値なしで
許されていた京都議定書と異なり、パリ協定は両方の諸国が努力目標値とその達
成度をこまめに公表する義務を負った。だが同時に、この協定の交渉は最終的に、
オバマの米国と習近平の中国との2極的な交渉になり、オバマはその後の温暖化
対策の国際交渉(COP)の体制全体の主導役を中国に譲ってしまった。

http://tanakanews.com/091227warming.htm
地球温暖化めぐる歪曲と暗闘

http://tanakanews.com/091031warming.php
新興諸国に乗っ取られた地球温暖化問題

オバマはなぜこんなことしたのか?。オバマはNGOの出身だが現実的な人権重
視派で、人類が巨額をかけて本気で2酸化炭素の排出を削減したら世界経済の不
況がひどくなって世界の貧困層(黒人など)の生活苦が急増するので、それを回
避したかったのだろう。温暖化人為説のプロパガンダの構図を壊す根本策をやる
のはオバマでも無理だった(何十年もかかる)。だから人為説のインチキはその
ままで、温暖化対策の主導権を、軍産と多極の暗闘で稚拙で過激なプロパガンダ
まみれの米国(英米)から、もっと現実的な経済成長を止めない姿勢である中国
(金儲け重視の世界的な大国)に移譲したと考えられる。

http://tanakanews.com/150216warming.htm
まだ続く地球温暖化の歪曲

オバマは同様に、世界強制民主化やISアルカイダの涵養といったテロ戦争で、
ネオコンと軍産が中東などで何百万人も殺戮しているのも止めたかったのだろう。
テロ戦争自体のインチキ構図を壊すのはこれまた何十年もかかるのでそのままに
して、イラク撤兵や米イラン戦争の回避であるイラン核協定、シリア内戦対策の
ロシアへの丸投げなどをやった。これらはいずれも、覇権を米国から中露シリア
の側に移転させる多極主義的な政策だ。オバマは隠れ多極主義的だが、米国覇権
の自滅でなく軟着陸をねらっていた観があるのでトランプやチェイニーのような
多極主義者でなく、現実策として米覇権の一部を多極化したのだろう。

http://tanakanews.com/151221syria.htm
シリアをロシアに任せる米国

(共和党と異なり、米民主党には隠れ多極主義の系譜・伝統がないが、オバマは
CFRなど隠れ多極主義が民主党に送り込んだ例外的な要員だった可能性もある。
米覇権維持派のように見せかけて実は多極派という見方も可能だ。トランプは
やり方が露骨なので理解しやすいが、オバマは黒人エリートなので表向きのバラ
ンス重視で本質が見えにくい)

http://tanakanews.com/160323obama.htm
軍産複合体と闘うオバマ

なぜ国際NGOはこの中国覇権体制を非難しないのか??。NGOを操作するの
が英国MI6・軍産だという従来の構図だと、この疑問が噴出するが、NGOの
操作権が英米諜報界の軍産側から多極側に移っているという新たな構図を前提に
すると、こうした疑問も湧いてこなくなる。

COP15でオバマが温暖化の主導権を中国に与えた後、パリ協定とその実施の
内実が中国好みのものに変質した。石炭火力発電所の新設を含むインフラ整備事
業のほとんどが「以前に比べて2酸化炭素の排出が減る」との理由で「温暖化対
策事業」に入った。中国が覇権を握ったのは温暖化対策だけでない。通常兵器の
国際取引体制(武器貿易条約、2014年発効)も、全米ライフル協会の圧力で
トランプが離脱したがっている結果、中国やロシアの影響力が急拡大している。
世界の兵器取引を米国(軍産)でなく中露が管理する多極化の流れだ。トランプ
は国連への拠出金を滞納して「他の国々(中国など)からもらえ」と放言するな
ど国連との関係を粗末にしているが、米国が捨てた国連の支配権を中露が拾い、
国連が中露など非米側・新興諸国のものになる傾向が増している。

http://uk.reuters.com/article/uk-un-assembly-china-arms/china-aims-to-join-u-s-spurned-arms-treaty-as-soon-as-possible-idUKKBN1WD02U
China aims to join U.S.- spurned arms treaty as soon as possible

http://www.armscontrol.org/act/2019-05/news/us-quit-arms-trade-treaty
U.S. to Quit Arms Trade Treaty

http://www.thenewamerican.com/world-news/north-america/item/33652-trump-tells-bankrupt-un-to-find-money-elsewhere
Trump Tells Bankrupt UN to Find Money Elsewhere

独仏などEU諸国はプロパガンダ発信源である英国の影響が強いので、温暖化問
題の主導役が中国(諜報界の多極側)に移っても温暖化人為説を軽信する姿勢を
崩さず、2酸化炭素の排出を本気で削減する気でいる(そぶりを見せている)。
だが、米国の影響が強く、中国に近いので中国の台頭を脅威と感じる傾向も強い
日本や豪州は、中国が温暖化対策の主導権を握った後、米国に同調して2酸化炭
素の排出削減をやりたがらない傾向を強めた。米日豪は協調して「緑の気候基金」
への資金の拠出をしぶる動きを昨年から続けている。この記事の冒頭に書いた
ように、緑の気候基金は、先進諸国の資金で途上国の排出削減事業に投融資する
のが建前だが、実質はかなり違っていて、先進諸国が中国の覇権拡大に協力する
ことになる途上国への投融資事業だ。「中国包囲網」を標榜する米日豪は、緑の
気候基金に協力したがらない傾向だ。

http://www.presstv.com/Detail/2018/09/08/573530/Thailand-Bangkok-UN-global-warming-US-Paris-Accord-on-climate-change-developing-nations
US hindering key UN talks to fund battle against climate warming

今年の国連総会と同期して9月23日に開かれた気候変動サミットでは、事務局
である国連が「緑の気候基金」にいくら拠出するかを明言しない国の首脳にサミ
ットでの演説をやらせない姿勢をとった。米日豪は首脳がサミットを欠席し、首
脳演説がなかった。日本は小泉進次郎環境相が出席したが「演説するのは首脳だ
けだ」という口実で演説しなかった。外交界のことなので、しなかったのか、さ
せてもらえなかったのか決定的でないが、経緯から見て、させてもらえなかった
のだろう。

http://www.telegraph.co.uk/global-health/climate-and-people/australia-us-japan-banned-speaking-uns-flagship-climate-summit/
Why Australia, the US and Japan are banned from speaking at the UN's flagship climate summit

国連は以前、米英主導の先進諸国の傀儡勢力だったが今や違う。今の国連は、誰
の傀儡勢力なのか。国連は「緑の気候基金」にカネを出さない国に演説禁止の懲
罰をしたが、この基金は中国主導だ。今の国連は、中国の傀儡ということになる。
国連は10年ほど前から中国など反米非米諸国の影響力が強くなっている。とは
いえ、戦後ずっと国連を采配してきたのは米英諜報界だ。10年ぐらいの短さで
は、中国が独力で米英を押しのけて国連支配をやれるはずがない。米英諜報界の
中に、中国の国連支配を支援している勢力(隠れ多極主義者)がいるはずだ。
この勢力は、トランプ当選や英国のEU離脱をやらかした勢力と同じだろう。

http://tanakanews.com/080928UN.htm
国連を乗っ取る反米諸国

米日豪が協力して中国支配の緑の気候基金を敵視していると書いたが、さらによ
く見ると、これも微妙に修正が必要だ。最近の日本はこの件で静かに米豪を裏切
り、中国にすり寄っている。緑の気候基金の枠組みを使って途上諸国の火力発電
所を建設しているのは中国だけでなく、日本もどんどんやっている。緑の気候基
金は15年3月の理事会で、石炭火力発電所など石化燃料を使う事業にも基金の
投融資を使えることを決めたが、この決定は中国、日本、サウジアラビアの主導
で行われた。日本は中国と一緒になって、緑の気候基金を日中好みに歪曲するこ
とをやっており、この歪曲を利用して日中はあちこちの途上諸国で、基金の枠組
みで石炭火力発電所などの建設を競って受注している。温暖化対策は中国の主導
だから、これは日本でなく中国主導の動きだ。日本は、米国の傘下を静かに離れ
て「対中従属」しているわけだ。

http://www.theguardian.com/environment/2015/mar/29/un-green-climate-fund-can-be-spent-on-coal-fired-power-generation
UN green climate fund can be spent on coal-fired power generation

石炭火力発電所の建設受注は日中ともにやっているが、緑の気候基金の絡みで石
炭火力発電所を建設しているけしからん国として報じられているのは、中国でな
く日本だけだ。中国が「主犯」であり「巨悪」なのに、「従犯」で「下っ端(小
役人!)」の日本だけが槍玉にあげられている。中国は、すでに米英諜報界の多
極派の後押しで国連を牛耳る覇権国になっているので、温暖化問題に関して、米
英諜報界が統制するマスコミから悪しざまに書かれにくい傾向になっている。悪
しざまに書かれるのは、国連創設時の「戦犯国」だった日本の方だ。

http://tanakanews.com/181029japan.htm
米国の中国敵視に追随せず対中和解した安倍の日本

http://tanakanews.com/170731abe.htm
中国と和解して日豪亜を進める安倍の日本

米国で今、人為説に基づく温暖化対策を最も声高に言っているのは、新人議員で
あるオカシオコルテス下院議員(AOC)ら民主党の左派だ。AOCは、10兆
ドルの米政府財政金をかけて2酸化炭素の排出削減をやるべきだと主張している。
財政赤字をいくら増やしても政府は破綻しないと主張する「MMT(現代貨幣理論)
」に依拠し、米政府が財政赤字の増加で10兆ドルを作り、そのカネで2酸化炭
素の削減事業をやる「緑のニューディール」をAOCらが提唱している。
これは米英などで古くからある構想をまとめたものだ。人為説は事実でないので、
2酸化炭素を減らしても温暖化対策にならない。温暖化は危険なものでないので、
そもそも温暖化対策も必要ない。MMTも正しくない理論だ。緑のニューディール
を実施すると、米政府は無意味なことに10兆ドルを使って財政破綻する。

http://apnews.com/8893a152c21844789aa109f80bd393b2
Ocasio-Cortez: Serious climate plan to cost at least $10T

http://www.zerohedge.com/political/more-green-new-deal-ideas-emerge-uk-suitable-trash-can
More 'Green New Deal Ideas' Emerge In The UK... Suitable For The Trash Can

http://tanakanews.com/191111bubble.php
インチキが席巻する金融システム

だがマスコミは、緑のニューディールを新人議員らの与太話と見ず、大々的に喧
伝した。かなり大掛かりな意図を感じる。これは、誰のどのような戦略に基づく
動きなのか?。歴史的な経緯から考えると、AOCの背後にいる勢力は、オバマ
を困らせて温暖化問題の主導権を中国に引き渡させた国際NGOの背後にいた勢
力(隠れ多極主義)だろう。AOCも、国際NGOの多くも、米国の色分けでは
民主党左派だ。彼らは、クリントン・ブレアといった冷戦後の英米覇権立て直し
を狙った軍産・エリート系の中道勢力と米民主党・英労働党の内部で対立し続け
、エリート系を追い出して党内の主導権を握りつつある。英国ではコービン労働
党首がすでに労働党を握り、ブレアの系譜を無力化している。トランプ弾劾騒動
も、最終的に弾劾が失敗してバイデン元副大統領(民主党エリート系の唯一の大
統領候補)の悪事暴露に至るだろうから、民主党内でエリートがしぼんで左傾化
に拍車をかけて終わる。

http://en.wikipedia.org/wiki/Green_New_Deal
Green New Deal - From Wikipedia

http://tanakanews.com/190929impeach.php
トランプを強化する弾劾騒ぎ

民主党を牛耳りつつある左派は、緑のニューディールやMMT、大金持ちへの資
産課税などを主張し、財界人など従来の民主党の軍産・中道エリート派を支持し
てきた人々を民主党から遠ざけてしまう。米国では、温暖化人為説を正しくない
と考えている人の比率が共和党支持者の3割であるなど、人為説のインチキを看
破している人の比率が欧州や日本より高い。トランプの米国は昨年からパリ協定
の離脱を宣言していたが、実際の離脱手続きを開始したのは最近だ。このタイム
ラグの意味するところも、これからの大統領選挙戦の期間に、温暖化問題の真贋
や、パリ協定離脱への賛否を争点の一つにして、人為説のインチキを暴露するの
をトランプ支持の増加につなげようとする策だと考えられる。

http://www.theguardian.com/us-news/2019/nov/04/donald-trump-climate-crisis-exit-paris-agreement
Trump begins year-long process to formally exit Paris climate agreement

http://www.ft.com/content/e5374b6c-d628-11e9-8367-807ebd53ab77
Survey underscores high levels of US scepticism on climate change

この記事はウェブサイトにも載せました。
http://tanakanews.com/191118warming2.htm

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際27掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際27掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際27掲示板  
次へ