★阿修羅♪ > 国際27 > 872.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
英国の総選挙でEUからの離脱だけでなく、新自由主義的な政策も進むことになる(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/19/kokusai27/msg/872.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 12 月 14 日 12:44:45: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

英国の総選挙でEUからの離脱だけでなく、新自由主義的な政策も進むことになる
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201912140000/
2019.12.14 櫻井ジャーナル


 イギリスで12月12日に実施された総選挙は保守党が「地滑り的勝利」だと伝えられている。この結果に疑問を抱いている人もいるようだが、ひとつの結果は出たと言えるだろう。その結果を受け、労働党のジェレミー・コービンは次の選挙までに身を引くと表明した。

 2016年6月にイギリスではイギリスのEUからの離脱、いわゆるBrexitに関する国民投票が実施され、52%が離脱に賛成しているが、その後、混乱が収まらなかったことから、今回の選挙をBrexitの信任投票だと位置づける人が少なくない。

 しかし、勿論、選挙はそれだけにとどまらない。その結果によって国のあり方は少なからぬ影響を受ける。新自由主義を継続して富の集中と貧富の格差拡大を進めるのか、アメリカと共に侵略戦争を進めるかといったことを決めるものでもあった。

 そうしたこともあり、アメリカやイギリスの情報機関、その手先である有力メディアは2015年9月にコービンが労働党の党首に選ばれて以来、露骨な彼に対する誹謗中傷を繰り広げてきた。「反ユダヤ」だ、北アイルランド過激派を支持している、コミュニズムに共鳴している、ロシアのスパイだと行った具合だ。日本にもこの宣伝を真に受けている人がいるようだ。

 2016年に国民投票が行われた際、ジェイコブ・ロスチャイルドやジョージ・ソロスのような富豪は有力メディアで離脱すると不利益を被ると主張していたが、王室の周辺からは離脱に賛成する声が聞こえていた。

 イギリスでBrexitを支持する人が少なくないのは、EUの非民主的な性格も影響している。堀田善衛はEUの前身であるECについて「幹部たちのほとんどは旧貴族です。つまり、旧貴族の子弟たちが、今ではECをすべて取り仕切っているということになります」(堀田善衛著『めぐりあいし人びと』集英社、1993年)と書いているが、1993年のマーストリヒト条約発効に伴って誕生したEUも基本的に同じだ。

 イギリスがEUからの離脱へ進み始めた一因はギリシャの財政破綻にあるだろう。その大きな原因は第2次世界世界大戦や軍事クーデターによる国の破壊だったが、西側の有力メディアは年金制度や公務員の問題などを原因だと宣伝していた。

 破綻のベースは戦争やクーデターなのだが、直接的な切っ掛けは2001年に通貨をドラクマからユーロへ切り替えたことにある。通貨の発行権を失ったギリシャは財政問題に対応できなくなったのだ。

 本ブログでも書いてきたが、本来、ギリシャはその財政状況から通貨の切り替えはできないはずだった。財政状況の悪さを隠す手法をゴールドマン・サックスがギリシャのエリートに教え、それを可能にしたのだ。

 その手法とは、CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)などを使い、国民に事態を隠しながら借金を急増させ、投機集団からカネを受け取る代償として公共部門の収入を差し出すというもの。国を借金漬けにした後、「格付け会社」がギリシャ国債の格付けを引き下げて混乱は始まる。

 そうした操作が続けられていたであろう2002年から05年にかけてゴールドマン・サックスの副会長を務めていたマリオ・ドラギは06年にイタリア銀行総裁、そして11年にはECB(欧州中央銀行)総裁に就任する。ECBが欧州委員会やIMFと組織する「トロイカ」がギリシャへの「支援』内容を決めてきた。その「支援」とは危機の尻拭いを庶民に押しつけ、債権者である欧米の巨大金融資本を助けるという緊縮財政だ。

 西側支配層が目論んでいることを理解していたギリシャ人は「支援」を拒否、2015年1月に行われた総選挙では反緊縮を公約に掲げたシリザ(急進左翼進歩連合)に勝たせ、7月の国民投票では61%以上がトロイカの要求を拒否した。トロイカの要求に従うと年金や賃金がさらに減額され、社会保障の水準も低下し続け、失業者を増やして問題を深刻化させると考えたからだが、勝利したシリザは国民を裏切る。こうした情況を見たイギリス国民はEUからの離脱へ向かい始めたのだ。

 Brexitを推進している支配層はイギリスとアメリカとの関係を強めようとしている。EUを動かしている政治家や官僚はアメリカに飴と鞭、つまり買収と恫喝でコントロールされていると見られているが、エネルギーやウクライナの問題でEUはアメリカの命令に従っていない。アメリカの支配システムは崩れ始めている現在、アングロ・サクソンの団結を強めようとしているのだろう。明治維新以来、日本を支配してきた勢力だ。

 ヨーロッパにはNATOというアメリカの支配しすてむが存在している。そこからも不協和音が聞こえてくるが、それでもアメリカはNATOを使ってヨーロッパをコントロールし続けるつもりだろう。




 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[45824] kNSCqYLU 2019年12月14日 12:45:59 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[35898] 報告


2. 赤かぶ[45825] kNSCqYLU 2019年12月14日 12:46:25 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[35899] 報告


3. 2019年12月14日 14:42:45 : djOUMVZZTA : R2dJcTNPN1RWbS4=[1] 報告
コモンウェルス:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%82%B9

イギリス連邦:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E9%80%A3%E9%82%A6

Songcatcher

4. 2019年12月14日 19:00:12 : uOOhjYM5o6 : cWMzNDdYa3RlWGs=[337] 報告
EUも 形を変えた 封建制
5. 2019年12月14日 20:37:16 : 19kOP6nI2Q : cU9mcWZ5RUFiUG8=[1] 報告
>堀田善衛は……

ここで、ヨーロッパの旧貴族の話をしてみることにしましょう。ヨーロッパ各国の旧貴族たちは、それぞれどこかで血がつながっている、すべて親戚なわけです。たとえば、ベルギーのブリュッセルにECの事務局がありますが、そのECの幹部たちのほとんどは旧貴族です。つまり、旧貴族の子弟たちが、今ではECをすべて取り仕切っているということになります。

そこでおもしろいのは、やはり血のつながりがあるからなのでしょうか、彼らは、みんな一様に背が高くて、だいたい似たような顔をしています。それに、戦争が始まるといちばん困るのはあの人たちです。すべて血筋によって結びつけられている彼らにとって、国境などというのはほとんど意味をもたず、必然的にインターナショナリストということになります。だから、ECの事務局に旧貴族たちが集まっているのは、当然といえば当然なのです。

(中略)

そういう具合に、上流階級の人たちがインターナショナリストとなっているヨーロッパ社会では、どうしても中流階級以下がナショナリストになる傾向があります。そして、ナショナリストと重なるのは奇異に思われるかもしれませんが、コミュニスト、ソーシャリストになるのも、同じ階層です。

たとえば、ナチは労働者組織を手がかりとしてナショナリズムを発揚させていくわけですし、一方、フランス共産党は、中産階級以下の階層と、インテリゲンチャ、医者、弁護士、芸術家といった人たちによって組織されている、そういう仕掛けになっているのです。その意味では、ヨーロッパにおいては、そういう二つの階級が、いまだに厳然として分かれて存在しているということです。

(堀田善衞「ゴヤをたずねて」より)

6. 仁王像[2811] kG2JpJGc 2019年12月15日 09:27:42 : MNgn38rwmc : TWNLMThXL3NaQnc=[30] 報告
 (タイトルのみに反応)

 櫻井ジャのバカタレ。EU・英国の混迷は「資本主義の行き詰まり」から来ている。こんな基本的なことが見えないからアホダラ教だ という。
 米国の混迷も同じ伝。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際27掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際27掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際27掲示板  
次へ