★阿修羅♪ > 国際28 > 159.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しようとしないトランプは反アメリカ的(ニューズウィーク)
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/159.html
投稿者 赤かぶ 日時 2020 年 1 月 08 日 00:33:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しようとしないトランプは反アメリカ的
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/01/post-92076.php
2020年1月7日(火)20時45分 ジョシュア・キーティング ニューズウィーク


トランプの嘘はイラクに大量破壊兵器があると言ったブッシュの嘘よりひどい? Tom Brenner-REUTERS


<ほとんど衝動的に外国の軍司令官を殺害し、差し迫った攻撃を阻止するための自衛策という当初の説明が、翌日にはやられたからやり返したという説明にすり替わる軽さは、敵に塩を送るだけだ>

米軍は1月3日、イラン革命防衛隊の精鋭「クッズ部隊」のカセニ・スレイマニ司令官をドローン攻撃で殺害した。ニューヨーク・タイムズ紙(NYT)とAP通信の週末の報道によればこの攻撃は、2019年末にイランの指示とみられるイラク駐留米軍への攻撃が増加したことを受けて、政府高官がドナルド・トランプ大統領に提示した「複数の対応策」のひとつだった。

NYTによれば、「国防総省関係者はこういう場合、まず絶対に選ばれない端な提案も選択肢に入れて、自分たちが推す対応策が選ばれやすいようにすることがある」。スレイマニ殺害案もそうしたあり得ない策のひとつだったが、トランプはそれを選んだ。国防総省は驚いたという。

だがトランプはこの3年間、アメリカの従来の軍事・外交政策を何度も(気まぐれで)覆してきた。国防総省はなぜ、トランプが最も極端な策を選ぶことを予想できなかったのだろうか。イランと和解して中東における終わりのない戦争を回避したいと言っていたトランプのウソを真に受けたのだろうか。今回の事態は、諸外国の指導者の言動を分析することも職務の一部である国防総省の担当者が、自国の指導者のことさえ理解できていないことを示唆している。

スレイマニを殺害したことについての説明も、トランプ政権の当初の説明はウソだったようだ。トランプは、この攻撃は、スレイマニ率いる特殊部隊の攻撃を阻止するために必要な「自衛策」だったと説明した。トランプが3日に出した声明はこうだ。「スレイマニはアメリカの外交官や軍関係者に対して、差し迫った邪悪な攻撃を画策していたが、我々はその証拠を掴み、必要な行動をとった」

■在イラク米大使館の攻撃に「激怒」

だがその後の報道によれば、差し迫った攻撃など存在しなかった。スレイマニ殺害は最初、「自衛」策としてではなく、一週間前の12月27日にイラクの米軍基地に対する攻撃でアメリカ人の請負業者1人が殺されことへの「報復」として提案された。この時トランプが選んだのは、イランが支援するイスラム教シーア派武装組織「カタイブ・ヒズボラ」の拠点をドローン攻撃するというより「穏やかな」選択肢だった。

NYTによれば、トランプがその後スレイマニ殺害という「極端な」策を選んだのは、12月31日に在イラク米大使館がイランの支援を受けた武装組織によって攻撃されたのをテレビで見て「激怒」したからだという。バラク・オバマ前政権時代にリビア東部のベンガジで起きた米領事館襲撃事件を彷彿とさせる映像が、アメリカを弱く見せ、大統領選にも響くのではないかと恐れたのだ。

<参考記事>軍事力は世界14位、報復を誓うイラン軍の本当の実力
<参考記事>トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃する

時系列はやや曖昧だが、APの報道によれば、米政府はドローン攻撃を「法的に正当化」するため、「スレイマニがアメリカの外交官を攻撃する計画の最終調整のために中東に向かうという諜報を提出する」準備をしていた。だがその準備が整う前に、トランプはスレイマニ殺害を最終決定し命令を出してしまったという。

報道陣や議員からは、この諜報がどれぐらい確かなものだったのか、またその脅威がどれだけ差し迫ったものだったのかを疑問視する声が上がっている。マーク・ミリー統合参謀本部議長も、スレイマニが死んでも、問題の攻撃が「実行される可能性はまだある」と認めている。

今回のトランプ政権の説明は、誤った情報を根拠にイラク戦争開戦に踏み切ったジョージ・W・ブッシュ政権の嘘よりもひどい。イラク戦争に例えるなら、米軍がイラクに侵攻した「翌日」に、サダム・フセインが大量破壊兵器を開発していたと言い始めたようなものだ。

■「悪党をひとり排除した」

いずれにせよ、トランプはスレイマニ殺害の翌日には「自衛」という見え透いたウソを翻し、「彼らが攻撃をしてきたから、我々は報復した」という広い意味の「報復」論とすり替えてツイートした。同時に、スレイマニがイラクで複数の米兵を殺したと非難するツイート(これは正しい)や、彼がベンガジの攻撃を指揮したとするツイート(これは誤り)をリツイートした。

もちろん、以前からアメリカがスレイマニを脅威と見なしてきたのは事実だ。だがブッシュもオバマも、そしてトランプ自身も、12月末までは、スレイマニは生かしておくより殺した場合のリスクの方が大きいと考えていた。

トランプの側近のスレイマニ殺害についての言い分は詰まるところ、ポンペオ国務長官が言うように「戦場から悪党をひとり排除した」というぐらい単純なのだろう。ある国務省関係者は非公開の会見で記者団に言ったという。「我々には自分たちの行動の理由を説明する義務などない」

問題は、今回のように軍事的な緊張が高まっているなかでは、攻撃の動機が誤って解釈される事態も避けられないということだ。もしも今回のドローン攻撃が本当に自衛のために行われたのなら、トランプ政権はその証拠を提示しなければならない。もしもトランプが何であれスレイマニ殺害を正当なものと確信しているなら、その根拠を示すべきだ。

問題は、今回のように軍事的な緊張が高まっているなかでは、攻撃の動機が誤って解釈される事態も避けられないということだ。もしも今回のドローン攻撃が本当に自衛のために行われたのなら、トランプ政権はその証拠を提示しなければならない。もしもトランプが何であれスレイマニ殺害を正当なものと確信しているなら、その根拠を示すべきだ。

トランプはその場しのぎで理由をつくっているようにしか見えない。それが、スレイマニ殺害はまったく不当だとするイランの主張を本当らしく見せている。それだけではない。スレイマニ自身のテロ行為に対する批判も今や説得力をもたなくなっている。西側諸国はアメリカを擁護しにくくなり、中東のシーア派各国はスレイマニを英雄視し、反米に熱狂する。

自分の行動の理由を説明することができないと、敵に都合のいい説明をされてしまうことになる。




 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[50363] kNSCqYLU 2020年1月08日 00:35:11 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[1644] 報告


2. 赤かぶ[50364] kNSCqYLU 2020年1月08日 00:37:07 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[1645] 報告


3. 赤かぶ[50365] kNSCqYLU 2020年1月08日 00:37:46 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[1646] 報告


4. 赤かぶ[50366] kNSCqYLU 2020年1月08日 00:38:21 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[1647] 報告


5. 赤かぶ[50367] kNSCqYLU 2020年1月08日 00:38:57 : LSw33cvQOo : MmV2aDVmVG9pMi4=[1648] 報告


6. 2020年1月08日 01:09:29 : Ery3REhZKc : c2dRbXlCV3pYMW8=[4] 報告
そのうちわかるトランプの4次元チェス。ほんとの敵はイランではない。
7. 2020年1月08日 03:58:05 : JfNvBbWpe3 : eGs2ZWQuOWxwNTY=[33] 報告

 ポンペオ氏はスレイマーニ氏のイラク入国目的をイラク首相との会談予定であったという事は曖昧に認めつつ、後者は平和目的のイラク入国ではなかったと記者会見で述べている。

 イラクからは、イラク首相がイランーS・アラビア間の緊張緩和の仲介を執る為にイラン大統領に近いスレイマーニ氏と会談予定だったとのリークがなされている。

 ひとつだけ云えるのは、スレイマーニ氏のイラク入国はイラク首相のゲストとしての入国であった、という事であろう。

 この点で、USは明確にイラクの主権を侵害している。

 スレイマーニ氏のイラク入国に対しての情報戦が必要であり、より激しさが増すであろう。

 7日には、プーチン氏はシリアを訪問しアサド氏と会談しているが、プーチン氏の行動はソレイマーニ氏の果たせなかったイラク首相との会談をも暗示しており、USへのメッセージ、あなた達は 真の意図をかくしている になっている。

 

 

8. 2020年1月08日 19:01:13 : 6nRcL5HbW2 : MENLU1NzU2FtdFE=[273] 報告
根拠など 示すことなく 八つ当たり
9. 2020年1月09日 00:16:04 : 5GqEpT6OrK : dldsQUlqZ2xsbjI=[15] 報告
トランプ政権に入り込んで、DSや軍産複合体の意に沿う形での中東軍事侵略作戦を継続
しているネオコン連中が、トランプをそそのかすだけそそのかして、マンマと罠に嵌め
イランへの軍事攻撃が実行された途端、トランプに全責任をおっ被せ、遁走
まさしくこれはポスト氏が揶揄したとおり、「ダチョウ倶楽部」の上島を仲間が熱湯風呂
へと誘い込む手口そのもの

そ知らぬ振りして、更に人工地震と旅客機爆発墜落攻撃を仕掛ける、米国DS軍産複合体
イランの一般市民の大量殺戮を導いてしまったのだから、四次元チェスでフォローできる
状況ではあるまい

マスコミが流すトランプの顔写真が相撲でTVタレントを潰すときのチャックに似て
いるのはマスコミの嫌がらせか

トランプをイカレた狂信殺戮者としてイメージづける、DSとその配下のマスコミがそう
した罠を仕掛けている可能性も、Qアーミー日本軍は頭の隅に入れて対処しなくてはなら
ないのではないか

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際28掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際28掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際28掲示板  
次へ