★阿修羅♪ > 国際28 > 290.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
武漢コロナウイルスの周辺(田中宇) 人為発生(研究所から漏洩)の可能性
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/290.html
投稿者 てんさい(い) 日時 2020 年 2 月 05 日 07:24:00: KqrEdYmDwf7cM gsSC8YKzgqKBaYKigWo
 

http://tanakanews.com/200204wuhan.htm

昨年末以降、中国・武漢から世界に広がっている新型コロナウイルスの感染の発
生原因を考える際、最も重要な存在は、武漢にある中国科学院傘下の武漢ウイル
ス研究所(武漢病毒研究所)である。この研究所は、02年末に広東省から発生
したSARSの感染経路について研究していた。武漢ウイルス研は、中国のSARS
研究の中心地だ(北京のウイルス研から中心地が移ってきた)。SARSもコロ
ナウイルスであり、今回のウイルスとかなり似ている。武漢研は、SARSの
ウイルスがコウモリからハクビシン(野生猫)を経由して変異しつつヒトに感染
したことを突き止めた。ハクビシンとヒトのSARSウイルスはほとんど同じ
もの(ゲノムの配列が10ヌクレオチドの違い)であり、コウモリが独特の免疫
システムによって多数のウイルスを体内に保有し続けていることを加味すると、
SARSの発生経路はコウモリから野生のハクビシンに移り、広東省内の野生動
物食肉市場に入荷した生きたハクビシンから売り子や買い物客に感染したと考え
られる。

http://www.sciencemag.org/news/2020/01/mining-coronavirus-genomes-clues-outbreak-s-origins
Mining coronavirus genomes for clues to the outbreak's origins

http://en.wikipedia.org/wiki/Wuhan_Institute_of_Virology
Wuhan Institute of Virology Wikipedia

武漢研の研究者たちがbioRxivで発表した調査によると、ヒトが感染した新型ウ
イルスのゲノムの配列は、コウモリが持つ同種のウイルスの配列と96・2%の
割合で同一で、ヒトのSARSウイルスとも79・5%の割合で一致している。
別の研究者Trevor Bedfordによると、今回のヒトの新型ウイルスと、最も近いコ
ウモリのコロナウイルスRaTG13との配列の違いは1100ヌクレオチドとなっている。

http://www.biorxiv.org/content/10.1101/2020.01.22.914952v2.full.pdf
Discovery of a novel coronavirus associated with the recent pneumonia outbreak in humans and its potential bat origin

SARSのほか、2012年にサウジアラビアから発生したMERS(中東呼吸
器症候群)も、コウモリからラクダに感染し、発症したラクダを看病した人など
のヒトに感染したとされている。SARS、MERSと今回の新型ウイルスは、
いずれもコロナウイルスだ。1976年から10回以上アフリカで発生している
エボラ出血熱のウイルスも、コロナと別のウイルスだが、コウモリからサルなど
野生の哺乳類を経てヒトに感染したとされる。おそらく今回の新型ウイルスも、
華南のどこかに生息するコウモリから他の哺乳類に感染し、そこからヒトに変異
しつつ感染したと推測できる。武漢市の野生動物食肉市場で売られていた生きた
野生動物からヒトに移ったのでないかと中国当局は言っている(原因はヘビだと
いう説も流れたが、哺乳類であるコウモリから爬虫類であるヘビを経由して、再
び哺乳類であるヒトに感染したとは思えない)。

http://en.wikipedia.org/wiki/Ebola_virus_disease
Ebola virus disease - Wikipedia

http://edition.cnn.com/2020/01/22/health/snakes-wuhan-coronavirus-outbreak-conversation-partner/index.html
Snakes could be the source of the Wuhan coronavirus outbreak

コウモリは、飛行する唯一の哺乳類だ。飛行には多大なエネルギーが必要で、飛
行可能になるための進化の過程で免疫システムが独特なものになっている。他の
哺乳類だと発症してしまうウイルスが、コウモリの体内では消滅も発症もしない
共存状態で維持され、その結果、コウモリはヒトなど他の哺乳類にとって危険な
ウイルスを無数に持っている。コウモリが持っている危険なウイルスのほとんど
(狂犬病以外)はヒトに直接に感染せず、コウモリより大きな哺乳類を経て変異
を重ねてからヒトに感染する。SARSの場合、コウモリからハクビシンを経て
ヒトの感染に至るまで25−60年かかっていると推測されている。

http://edition.cnn.com/2020/01/29/health/bats-viruses-coronavirus-scn/index.html
Bats, the source of so many viruses, could be the origin of Wuhan coronavirus, say experts

http://en.wikipedia.org/wiki/Bat-borne_virus
Bat-borne virus - Wikipedia

武漢研は、SARSの発生経路を研究する際、これらのコウモリ由来の各種のウ
イルスが他の動物やヒトに感染していく状況について詳しく調べてきた。武漢研
の研究者は、中国各地や周辺諸国を回り、コウモリやその糞尿などを採取し、そ
こからウイルスを分離して調べてきた。コウモリが持っていたウイルスを、研究
所内で他の動物に感染させてみる動物実験も繰り返されてきたはずだ。中共が
SARSの原因解明・再発防止に熱心だったほど、ウイルスの採取や動物実験も
熱心に行われてきたと考えられる。各地のコウモリから採取されたウイルスは多
種多様で、その中に今回の新型コロナウイルスが含まれていたとしても不思議でない。

http://en.wikipedia.org/wiki/Severe_acute_respiratory_syndrome
Severe acute respiratory syndrome - Wikipedia

http://www.nytimes.com/2020/01/28/science/bats-coronavirus-Wuhan.html
How Do Bats Live With So Many Viruses?

今回の新型ウイルスが、どこかの山でコウモリから野生哺乳類に移り、その動物
が武漢の野生市場で生きたまま(宿主の動物が死ぬと間もなくウイルスも死ぬ)
売られている間にヒトに感染し、潜伏期間中のヒトから他のヒトに急速に拡大し
て今の事態になったという「自然発生」の可能性はもちろんある。しかし同時に
武漢市には、厳重に封じ込められている状態であるが、ヒトに感染しうるコウモ
リ由来の多数の危険なコロナウイルスが存在する場所としてウイルス研究所が存
在している。これは偶然の一致なのか?。ウイルスが研究所から漏れた「人為発
生」の可能性はゼロなのか。

http://www.zerohedge.com/health/india-probe-wuhan-institute-virology
India To Probe Wuhan Institute Of Virology

実のところ中国では、SARSの発生経路を研究する過程で、04年4月ごろ
4回にわたり、北京の研究施設からのSARSウイルスの漏洩が起きている。
SARSに対する研究は当初、北京の国立ウイルス学研究所で行われていた。
この研究所では、生きたSARSウイルスを使った研究をバイオセーフティな
実験室で行い、実験の後、ウイルスを不活性化(熱湯やアルコールで殺す)して
から一般の実験室に移していたが、不活性化の処理をした後、本当にウイルスが
死滅した不活性状態になっているかという検査が不十分で、一部のSARSウイ
ルスが人に感染しうる活性化した状態のまま一般の実験室に移して置かれたため、
通りかかった無関係な職員らがSARSに感染し、感染を知らないまま実家に
帰った看護師の一人が実家で発症し、看病した母親が感染・発症して死ぬ事態な
ど、ウイルス漏洩事件に発展した。この事件は報道され、ウイルス研究所の所長
ら幹部5人が処罰された。

http://www.chinadaily.com.cn/english/doc/2004-07/02/content_344755.htm
Officials punished for SARS virus leak

ウイルスの研究施設の所員の感染による漏洩事件は、人類のウイルス研究の歴史
とともに古い。たとえば英国では、1963−78年に天然痘の研究機関で所員
が感染して外部にウイルスを漏洩する事件が80件も起きている。この間、天然
痘の発生地域からの帰国などによる自然発生は4件だけだった。当時の教訓から
その後、米英などの主導で世界的に実験室のバイオセーフティの強化が行われた。
SARSに関しても、中国だけでなく、台湾とシンガポールの研究所で03年中
に1回ずつ、所員の感染によるSARSウイルスの漏洩が起きている。SARS
はその後、自然界経由で再発していない。

http://nationalpost.com/news/a-brief-terrifying-history-of-viruses-escaping-from-labs-70s-chinese-pandemic-was-a-lab-mistake
A brief, terrifying history of viruses escaping from labs: 70s Chinese pandemic was a lab mistake

中国でのSARS研究は、発生後しばらく北京のウイルス学研究所が中心だった
が、その後、2017年に武漢のウイルス研究所にバイオセーフティの最高レベ
ルであるレベル4(BSL-4)の研究施設が新設され、武漢に中心が移った。レベ
ル4の施設は武漢が中国初で、北京はレベル3だった(SARS研究の中心を北
京から武漢に移転した理由は不明だが、発生地の華南に近く、コロナウイルスに
関係しうるコウモリや野生動物を入手しやすいからか、もしくはウイルス漏洩が
起きるなら首都の北京でなく遠くの地方都市の方がましだからか?)。中国には
もう一つ、北辺のハルビン市にある中国農業科学院ハルビン獣医研究所にもレベ
ル4の実験施設が18年に完成し、こちらは鳥インフルエンザを中心に研究して
いる。

http://www.xinhuanet.com/english/2018-08/08/c_137374368.htm
China launches high-level biosafety lab

バイオセーフティーのレベルが高いほど、ウイルスの漏洩を防ぐための管理が厳
重になる。きちんと管理されている限り、武漢での漏洩の可能性は北京より低い。
しかし同時にいえるのは、今回の新型ウイルスが発症前の潜伏期間中に他人に
感染してしまうため、潜伏期間中の感染が見られていないSARSウイルスに比
べ、所員の感染を検知しにくいことだ。ウイルス研究界は、所内の感染にとても
敏感だ。SARSを経験した中国のコロナウイルス研究は世界的に高い水準で、
研究者の多くは米欧研究所での経験も積んでいる。しかしそれでも、今回のウイ
ルスなら、研究所が漏洩に気づいた時にはすでに街中に感染が広がり始めている、
といった大惨事があり得る。この大惨事は、まさにいま武漢で起きていることに
近い感じがする。こうした考察を経ると、自然発生(野生市場経由)の可能性と
同じくらい、人為発生(研究所から漏洩)の可能性があることがわかる。

http://www.altereddimensions.net/2020/did-the-deadly-wuhan-virus-escape-from-wuhan-national-biolab-one-of-the-worlds-most-dangerous-viral-research-facilities
Did the deadly Wuhan Virus escape from Wuhan National Biolab, one of the world’s most dangerous viral research facilities?

人為発生(研究所から漏洩)の可能性を前提にさらに考えると、人為発生が真相
であり、それを中共中央が知ったとしても、それが公式化せず、その後もずっと
「野生市場経由の発生」が定着していく可能性がある。今回の新型ウイルス拡大
が研究所からの漏洩によるものだったとして、それを公表してしまうと、医療や
科学の研究全般に対して中国が近年積み上げてきた信用が世界的に崩れ、習近平
を含む中国共産党全体の責任になりかねない。武漢の野生動物市場の訪問者に初
期の感染者が多いことが発表されているが、人為発生が真相な場合、これは歪曲
された目くらましかもしれない。

http://www.zerohedge.com/geopolitical/public-anger-rises-china-state-broadcaster-exposes-good-nothing-local-officials
Public Anger Rises As China State Broadcaster Exposes "Good For Nothing" Local Officials

人為発生であったとしても、中共上層部の意図として行われた可能性はない。自
らの権威をできるだけ高めたい習近平が、自分を陥れることをやるとは思えない。
何者かが武漢の研究所からウイルス漏洩を意図的に引き起こしたのだとしたら、
それは中国側でなく米国側だ。トランプ大統領と軍産複合体は、それぞれが正反
対の意図で、中国と米国の関係を、協調から敵対へ、密接関係から関係分離・
デカップリングへと転換しようとしてきた。トランプは、中国を米国から分離し
つつ強化して覇権構造を多極化しようとしている。軍産は、中国を米国から分離
しつつ弱体化して冷戦構造と米覇権体制を再生しようとしている。トランプは、
従来の世界支配層だった軍産の一部になっているふりをしつつ、軍産の支配構造
を破壊している。

http://www.ft.com/content/9393cb52-4435-11ea-a43a-c4b328d9061c
Coronavirus has put globalisation into reverse

http://tanakanews.com/200125china.htm
見かけ倒しの米中貿易協定

トランプも軍産も、中国と米国との関係を経済政治の両面でデカップリングさせ
たい。そして今回の新型ウイルスの発生は、米中のデカップリングを劇的に進め
ている。これを意図的にやった勢力が米国にいるなら、新興勢力であるトランプ
系でなく、昔から中国にスパイを置いている軍産だろう。今回のウイルス事件で
いうと、たとえば米国の大学に滞在中に軍産に脅迫勧誘されて米国のスパイとな
った中国人研究者が武漢研の中にいて、その人物がウイルス漏洩を誘発したとか
いったことが考えうる。考えることは可能だが、実証は不可能だ。非現実的な感
じもする。たとえ中共中央がスパイの存在は把握していたとしても、永久に真相
は公開されない。どちらにしても、野生市場経由の自然発生説が公式説明として
定着する。そうならない場合、改めて考察する。

http://www.presstv.com/Detail/2020/01/31/617571/Coronavirus-looks-as-if-tailor-made-to-achieve-US-objectives
Coronavirus looks as if tailor-made to achieve US objectives: Scholar

その他、ネット上の英文情報の中には、今回のウイルスが意図的な人為発生であ
るという指摘がいくつかある。それに対する検証も興味深いのだが、それはあら
ためて書くことにする。

http://www.blacklistednews.com/article/76139/bats-gene-editing-and-bioweapons-recent-darpa-experiments-raise-concerns-amid-coronavirus.html
Bats, Gene Editing and Bioweapons: Recent DARPA Experiments Raise Concerns Amid Coronavirus Outbreak

http://www.zerohedge.com/geopolitical/coronavirus-contains-hiv-insertions-stoking-fears-over-artificially-created-bioweapon
Coronavirus Contains "HIV Insertions", Stoking Fears Over Artificially Created Bioweapon

http://besacenter.org/perspectives-papers/china-biological-warfare/
China and Viruses: The Case of Dr. Xiangguo Qiu


この記事はウェブサイトにも載せました。
http://tanakanews.com/200204wuhan.htm

●最近の田中宇プラス(購読料は半年3000円)

◆国連を再生するプーチン
http://tanakanews.com/200127putin.php
【2020年1月27日】ロシアのプーチン大統領が、今年じゅうに国連安保理常任
理事国の5か国で首脳会談を開こうと提案した。軍産が強かった従来は、安保
理も米英仏vs露中の対立構造で、世界を安全・安定化するための建設的な話し
合いが無理だった。だが、米国で軍産が弱まり、英国もEU離脱騒動で機能不
全である今後、とくに今秋のトランプの再選後は、露中が主導し、米英仏も反
対せず、安保理で世界の安全・安定に関して建設的な話し合いができる状況に
なる。

◆プーチンの新世界秩序
http://tanakanews.com/200122putin.php
【2020年1月22日】スレイマニ殺害によって中東の覇権がロシアのものになっ
ていく傾向が加速した直後に、プーチンが憲法を改定して24年以降もロシア
の権力を握り続けることを決めた。このタイミングの一致はイスラエルの視点
に立つと理解できる。プーチンが失脚したら中東は混乱し、イスラエルの存続
もおぼつかなくなる。イスラエルに支持されている以上、プーチンが権力を長
期化しても国際マスコミや軍産は非難・妨害しにくくなる。

◆中央銀行の弾切れ
http://tanakanews.com/200114banks.php
【2020年1月14日】米欧の中央銀行家たちの間から「中央銀行群は、次に金融
危機(バブル崩壊)が起きたとき、危機を十分に緩和できるだけの金融資源を
持っていない」という「弾切れ」宣言が出されている。カーニー英中銀総裁は、
きたるべきバブル大崩壊との戦いに中銀群が自力で勝てないことを認めて白旗
を掲げ、政府群に救援を要請した。だがカーニーの警告は、バーナンキ米連銀
元議長のバブリーな主張と相殺され、静かに無視されている。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2020年2月05日 19:37:55 : sXVK9G4gQI : dGV0bHJvMldVWkU=[45] 報告
なぜ漏れた? 盗み出された 可能性
2. TondaMonta[1613] gnOCj4KOgoSCgYJsgo@CjoKUgoE 2020年2月06日 10:25:06 : cNkNwtKVEY : OFNCU0RaaThTTmM=[5] 報告
蝙蝠が病原菌をたくさん持っているとすれば、全滅させる必要があるのではないのか。しかし害虫を食べてくれるとすればコウモリを全滅させるわけには行かない。しかしそこで、減らす方向で考えることは必要であろう。

世界の洞窟には大量のコウモリが住み着いている。しかし中国だけに集中してウィルスが人に影響を与えるというのは特別な理由があるのではないだろうか。

なおウーハンはスモッグの町である。コーモリが好む環境なのであろうか。

3. 2020年2月07日 20:07:45 : ktGsYYjBLw : Uy5RZG94WTdkMzY=[40] 報告
ハーヴァード大の教授がFBIにウィルス密輸の件で2,3ヶ月前に
逮捕されたという報道および、動画がありますが、それには触れられないのでしょうか?

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際28掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際28掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際28掲示板  
次へ