★阿修羅♪ > 国際28 > 360.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
《死者1万人超「米国インフル猛威」は新型コロナかもしれない》←から思考できる可能性
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/360.html
投稿者 お天道様はお見通し 日時 2020 年 2 月 19 日 05:53:01: I6W6mAZ85McLw gqiTVpO5l2yCzYKojKmSyoK1
 



死者1万人超「米国インフル猛威」は新型コロナかもしれない プレジデントオンライン
https://president.jp/articles/-/33051
 米国で季節性インフルエンザが猛威をふるい、患者は2600万人以上、死者は約1万4000人にのぼっている。だが、一連の情報を発表してきた米疾病対策センター(CDC)が「インフル症状だった人に新型コロナウイルス検査をする」と発表した。麻酔科医の筒井冨美氏は、「インフル患者とされた人の中に、相当数の新型コロナ患者がいる恐れがある」という――。


インフル患者の中に新型コロナ感染者が相当数含まれる可能性



 世界的に新型コロナウイルス関連のニュースが相次ぐ中、2月14日、筆者たち医師にとって極めて気になるニュースが飛び込んできた。それは、米当局が「インフルエンザに似た症状が確認された患者に対し、新型コロナウイルス検査を開始する」というものである。


筆者は早速、記事のソースであるCDC(Centers for Disease Control and Prevention米疾病対策センター)ホームページを確認した。CDCとは、米国で感染症対策の司令塔となる国立総合研究所である。感染症対策としてはWHO(World health organization世界保健機構)と並ぶ、世界的に信頼できる組織として医療界では扱われている。そのCDCが記者会見(2月14日)で、「新型コロナの検査対象を大幅に見直す」という発表をしたのだ。日本国内ではそれほど大きく報道されていないが、これはとても重要な意味がある。


米疾病対策センターが「方針転換した」コワい意味


CDCのウェブページによると、新型コロナウイルスとは「中国発祥の新規感染症」と扱われており、2月上旬まで検査対象は「『中国への旅行者、旅行者と濃厚接触者』『発熱もしくは呼吸器症状がある人』の双方の条件を満たす」であり、2月14日時点での米国内患者数は443人検査したうち15人だった。


しかしながら、新型コロナは「ウイルスに感染しても無症状期がある」「無症状患者でも感染力がある」と判明しつつある。そのため、CDCセンター長は次のように宣言した。


「ロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトル、シカゴ、ニューヨークの5大都市における公衆衛生検査機関で、既存のインフルエンザ監視システムと協力して、インフルエンザに似た症状を示した患者に対しても、新型コロナ検査を開始する」


つまり、大量検査体制の確立もあって、CDCは「中国に無関係でも呼吸器症状があれば検査を行う」と方針転換したわけだ。


インフル死者1万4000人中どれくらいの新型コロナ感染者がいるのか


すでに報道されているように米国内では2019‐20年の冬、季節性インフルエンザが猛威をふるっている。CDCによれば「患者数2600万人以上、入院者約25万人、死者約1万4000人」と推定されている。


米国は日本のような皆保険ではなく、医療機関の受診には高い費用が伴う。「風邪で外来受診すると5万円」レベルの自己負担が一般的であるため、一般庶民は風邪をひくと「たぶんインフルだな、流行っているし」と自己判断で自宅療養するケースが多い。


また、職場も「病院受診や診断書は不要、自己申告で病休可能」が主流である。よって、「2600万人のインフルエンザ患者」という統計の大部分は、症状のみで判断されている。


症状(特に初期)だけではインフルエンザと新型コロナの区別は困難だ。


インフルエンザの迅速検査キットは簡便性があるが正確性には限界があり、自己申告の“インフルエンザ”患者は簡易検査すらされていない可能性が高い。


そして、今回の検査方針転換によって、今までの統計上“インフルエンザ”と扱われてきた患者の中に、相当数の新型コロナ患者が含まれていたことが判明する可能性がある。


米国ではすでに「新型コロナが流行していた」のか?


その結果次第では「米国では今冬インフルエンザが大流行」と報道されていた感染症の実態は、「実は新型コロナが以前から流行していた」と覆るかもしれない。2月15日に「名古屋市の日本人夫婦がハワイ旅行の後、新型コロナ感染」が判明しているが、これをその米国での流行のサインではないか、ととらえる日本人医師さえいる。


日本の新型コロナ対策は、ここへきてようやく「市中感染」を前提としたものに移りつつあるが、これまでは「ダイヤモンド・プリンセス号の停留」や「中国航路の減便」など、「対中国の水際対策」が中心だった。


今後もし、米国で広範囲の感染が確認された場合、「中国関係者のみ排除しても意味がない」ことはますます明白なものとなるだろう。実際、2月15日には、和歌山の医療機関で5人の新型コロナ集団感染が報告されている。これも中国とは無関係で感染ルートが今のところ不明である。


「潜伏期や無症状患者を考えると、日本国内でも新型コロナの大量検査体制が確立されたら、中国とは無関係な感染者が多数検出されるはず」と考える医師は多く、筆者もその一人である。


アメリカの新型コロナ「感染爆発」なら日本人はどう対処すべきか


このCDCの調査結果によっては、日本の防疫体制も「水際対策」から「すでに国内に存在する感染症との闘い」へと、根本的な変更を余儀なくされそうである。厚労省の対応はより早急なものが求められるようになる。


後手後手の感が否めない日本の新型コロナ対策だが、個人としてはどのように防衛すればいいのか。


仮に中国だけでなく、アメリカでも新型コロナ感染者が多数発生し、「感染爆発」という事態になったとしても、私たち日本人にできる感染症対策はこれまでと大きな変化はない。


「こまめな手洗い」
「マスク(一般用で十分)」
「症状があれば休んで自宅療養」
「不要な人混みへの外出を避ける」


これを徹底するしかない。そして医療者としては、この新型コロナを契機に、いざという時には職場(学校)ではインターネットを活用した在宅勤務(学習)を、行政には「オンライン診療」ができる仕組みづくりを考えるべきだと思っている。



もし、米国で猛威を振るっているインフルエンザが武漢発症と考えられていたコロナウイルスと同一のものであれば、以下のような可能性が思考できるのではないのでしょうか。


まず、その前提として、現代国際事象が対国家間の利害の相剋ではなく、国家という枠組みを超えた以下のような既得権益勢力同士の衝突であるとお考え下さい。


《中国、韓国、北朝鮮が経済破綻。「新型肺炎」を仕掛けたのは誰か》と、それとは状況が少し違ったバイオテロの可能性についての考察
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/355.htmlより抜粋


特にトランプ政権誕生以降は、共和党の大部分とそれをサポートする、本国イスラエルに反発している米国内のユダヤ富裕層なども含めた米国エスタブリッシュメントという利害と、本国イスラエル政府やモサド及び米国を中心としてその裾野を、CIAや米軍や各国政府あるいは国際的大企業群の内部の一部などにも広げていると考えられる、ジョージ・ソロスやヒラリー・ビル・クリントン家を根幹とするであろう民主党の相当部分とそれをやはりそれをサポートしているであろう国際金融資本の大部分やバチカン等といったいわゆるディープ・ステートという利害勢力間の相剋が熾烈を極めているのではないでしょうか。


そしてそれをもっと広げて世界的な視野で見ると、他の大きな勢力としては、イランやシリアや最近のトルコ政府等の大部分と親密な関係にあると考えられるロシアのプーチン政権の大部分があったりすると考察できるでしょう。


で、今回中国共産党の習近平を核とする勢力(江沢民一派やナンバー2の李克強らの勢力とは内部闘争でしのぎを削っていると考えられるでしょう。)は、以前より互いに利害の相当部分が一致していたであろう上記ディープ・ステートとの間に、良好な関係を保ってきたと考察できるでしょう。


で、そういった世界既得権益勢力のうち、最も強大であると思われるディープ・ステートは、中国共産党の習近平を核とする勢力が新たにトランプ共和党米エスタブ勢力やプーチン政権一派らとの関係を模索し始めたことに対する憎悪と、同じ米国に本拠のあるトランプ勢力を排除したい思惑と、それに加えて何よりも自らが引き起こす現代金融制度の世界的破綻に伴う資本主義経済崩壊を感染症禍によって責任転嫁したいという強い願望という3つの同時実現を図り、今回の中国と米国においての同時多発的バイオテロをしでかしたという可能性がそこにあるのではないのでしょうか。


’同時多発的’と書いたのは、両国内でも一箇所ではなく、複数ヶ所にて行われた可能性があり、だからこその現在の悲惨な状況であると考えられるでしょう。



ディープ・ステートの中核で金主でもある国際金融資本の仲間内が引き起こす現代金融制度破綻とそれに伴う世界資本主義の終焉の顕在化


《中国が「空気感染」を認めた》⬅米中細菌戦争の疑い→既に始まっている可能性の第三次世界次大戦とそこから読み解く世界事象
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/323.html


《強力な病原体が世界各地で発生中。アメリカでは過去最強のインフルエンザ、中国湖南省ではH5N1鳥インフルエンザ、そして「史上最強のウイルス」である可能性が見えてきた新型ウイルス》人為的パンデミックの可能性から考えられる陰謀論的シナリオとは?《FRBが量的緩和を始めた。QE、金融危機、預金封鎖、デリバティブ、CLO、シャドーバンキング。》
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/275.html


インフルエンザでなく、新型コロナウイルスである可能性が起こしている米国内の惨状


アメリカの季節性インフルエンザがさらに爆発的流行。米CDCは感染者数が最大で3100万人に達していると発表。死者は最大3万人に
http://www.asyura2.com/19/kokusai28/msg/315.html



引用部以外はオリジナル


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2020年2月19日 07:46:40 : ZEpZjRC56Q : NGxhbk9qZHBlbUU=[191] 報告
>インフル患者とされた人の中に、相当数の新型コロナ患者がいる恐れがある

新型コロナウイルスの感染の拡大が日本並みになったら、世界経済は壊滅的な打撃となる。日本経済にも絶望的なことだ。

2. 2020年2月19日 09:28:21 : IKQzbMw1to : TVVDRkdHNG5QeEE=[53] 報告
2月に入ってからのインフルエンザ患者の中には、新型コロナの可能性は大いにあろう。これから検査されるようだから、はっきりしたことがまもなくわかることと思われる。
3. 2020年2月19日 09:30:27 : 3ah459lR8Q : MVZrS09HY0p4bVE=[232] 報告
生物兵器だからコロナA、コロナB、コロナCなど作れるわけで、感染後の症状が強いとか弱いなどもできるはず、武漢にまいたのはエボラなみだと思うが
4. クライシス[1772] g06DiYNDg1aDWA 2020年2月19日 10:10:50 : cFeM8Dn7S6 : SDl5T2paZEFNcjY=[1037] 報告
中国では11月から
人から人感染が始まっていた。

米国もコロナ感染。
米国では皆保険でないから爆発的に感染している可能性が高いのでは?
皆保険でないから病院に行けずに死亡している人も多いだろう。

日本でも1月には人から人感染が始まっていたのだろう。
死者が出ても通常の疾患で処理されてる場合もあるだろう。
最終的にどの程度の致死率になるかは不明だが
早急に対応する必要がある。

安倍無能内閣は早急に総辞職するのが
国民の為である。

5. 2020年2月19日 15:13:25 : K6wEmuyMnQ : SEpLMC5TUjlBajI=[1] 報告
アメリカの伝染病の流行が新型コロナウイルス肺炎だしたら、去年の10月ぐらいから始まっている、つまり、発祥地は、中国ではなく、アメリカになる。そうなると不思議なのは、野生小動物を食べる習慣は、アメリカにはないのに、新型コロナウイルスが発生し、感染したことだ。
うがった見方をすれば、去年の9月の中ごろに、アメリカのウイルス兵器が市中に何らかの理由で漏れ、流行し始めたため、アメリカ当局は、そのウイルス兵器を野生小動物を食べる習慣のある中国、武漢の海鮮市場でばらまいて、発祥地を中国にしたてあげ、野生小動物から伝染したように見せかけた、てなとこか。
6. 2020年2月19日 19:00:25 : 9bMyZ018DM : UjBsem83bTBRTkk=[51] 報告
アメリカだ 自作自演は お手の物
7. 2020年2月19日 21:59:35 : 7KDTnpHD72 : YXEwbGlBN09lcEU=[39] 報告

ヨタレ記事にあつまるヨタレ動員コメ。バイト使うにしてもマシなのいないのかしら、雇用主さん。

8. 2020年2月20日 07:10:59 : FjeWdxSjUc : VmVSOFdkVTJjakE=[101] 報告
日本国内にも昨年12月には新型コロナが上陸している可能性があり
急性肺炎が死因の死亡が結構いるのではないだろうか。
9. 2020年2月20日 09:55:12 : IKQzbMw1to : TVVDRkdHNG5QeEE=[56] 報告
2です。
8に同意。

>5
無理して流行病の全部を新型コロナ由来と考える必要はない。インフルエンザや感冒などの混じり合ったものとみてよいから、新型コロナは今年になってからの蔓延とみてよかろう。いずれにしろ、米国の新しい知見がまもなくでてくるだろう。

10. 2020年2月20日 13:27:38 : G9LGdyWoe6 : eTdqNFYueDZKN3c=[4] 報告
> 死者約1万4,000人『米国のB型インフルエンザの猛威

実に興味深い。

イランのコム市で、新型コロナウイルスによる死亡者が、2名出たけれど、いずれも、コム市郊外の居住地を出たことがない人々であることが、判明している。

コム市一帯では、B型インフルエンザが流行していた。

> Two old men die in Iran after testing positive for coronavirus

・・・・the two men were from two separate neighborhoods of Qom, a city of close to one million people, adding that they had never been out of the province let alone to any foreign country.・・・・Qom after reports emerged of a growing number of influenza cases in the city.some other people suspected of having the disease had been identified to have the Type B influenza.

https://www.presstv.com/Detail/2020/02/19/619035/Iran-coronavirus-cases-confirmation-Qom-health

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際28掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際28掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際28掲示板  
次へ