★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK256 > 237.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
首相の改憲案に疑義 自民・石破氏と立憲・山尾氏が同調 「9条2項を3項でひっくり返すのは、かなり違和感」 
http://www.asyura2.com/19/senkyo256/msg/237.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 1 月 13 日 23:59:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

首相の改憲案に疑義 自民・石破氏と立憲・山尾氏が同調
https://www.asahi.com/articles/ASM1D6JHTM1DUTFK00R.html
2019年1月12日22時28分 アサヒ新聞 後段文字起こし


憲法改正をテーマにした札幌弁護士会の集会に参加した自民党の石破茂元幹事長(左)と立憲民主党の山尾志桜里衆院議員=2019年1月12日、札幌市中央区、中崎太郎撮影

 自民党の石破茂元幹事長と立憲民主党の山尾志桜里衆院議員は12日、札幌市内の集会(札幌弁護士会主催)で憲法9条改正などについて議論した。安倍晋三首相が意欲を示す9条への自衛隊明記について、石破氏は「かなり違和感を感じている」と表明。山尾氏も「(自衛隊違憲論を払拭(ふっしょく)するという首相の)目的は達成できない」などと同調した。

 首相は自衛隊を明記することについて「自衛隊の任務や権限に変更が生じるものではない。何も変わらない」との考えを示している。これに対し、石破氏は「自民党が国会提示を目指す『改憲4項目』とはかなり距離があるのではないか」と指摘。「解釈でどうでも振れる幅が大きいのは、立憲主義の観点からも決して良いことではない」としたうえで、「(戦力、交戦権は持たないとする)9条2項に書いてあることを(自衛隊を明記する)3項でひっくり返すのは、日本国の憲法としてかなり違和感を感じている」と話した。

 山尾氏は「(自衛隊を)違憲だと言う人はずっと違憲の立場に立つと思う。(首相の)目的は達成できない」などと応じ、首相の改憲論を「『自衛隊の発動要件を憲法で縛る必要はない。その時々の政権が法律で決めればいい』というものだ」と批判した。

 石破氏と山尾氏は、9条2項が否定する「交戦権」をめぐる議論の必要性についても足並みをそろえた。

 石破氏は「自衛権の行使は一体、何が認められて、何が認められないのか。きちっと議論されなければならない」と指摘。山尾氏は「自衛権のラインを国民みんなで考える。交戦権の一部を行使することだと直視すべきだ」と述べた。

 また、集団的自衛権の行使を容認する安全保障法制について、石破氏は文民統制のもとに(交戦権などを規定する)安全保障基本法をつくって日米地位協定や日米安全保障条約を見直すべきだと主張。山尾氏は首相の姿勢を問題視し、「安保法制成立後も米国に対等にものを言っていく行動につなげていない」と話した。

 集会には共産党の仁比聡平参院議員も参加。「自民改憲素案が目指すのは、海外で戦争する国に変えようということ。それを許して良いのかが今日(こんにち)の対決点だ」などと訴えた。(岡本智、中崎太郎)



















 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年1月14日 09:02:43 : CzYJx39lTc : FaXl5LfuFC0[1291] 報告

安倍の改憲の背後に「アメリカの陰」

日本の自衛隊を「アメリカの戦争」の先頭で戦わせ

「アメリカ軍人の死者を減らす」のがアメリカの方針。

「アメリカのポチ」の安倍は「知っていて知らぬ振り」

『安倍はアメリカのポチ』

安倍-山口 自公政権を倒す。これが「改憲阻止」の近道。

2. 2019年1月14日 09:27:51 : Ybjf2tek7g : EoJgoKqncFA[64] 報告
1>> だったら米国から君の好きな中国に乗り換えたらどうだ。

   中国軍なら、自衛隊は後方支援でOK、前線で死ぬの」は中国兵

   かもしれないぞ。

   中国に相談してみる?    

3. 2019年1月14日 10:32:02 : Ybjf2tek7g : EoJgoKqncFA[65] 報告
日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約
(ウイキペデイア)


 中国とアメリカで話合ってんだ、日本が再び力をつけないように、

 瓶に蓋してます(日米安保のこと)から 大丈夫て、米中は結構来忌憚なく

 話せるあいだがら、もちろん言いたいことはお互いズバズバ言うがね。

 日本が増長してきたら米中で協力してして押さえましょうねて感じ。

 日本に拡張主義傾向があると米中は言行ったのだが、逆じゃないの。

 あんたらが拡張主義でしょと言いたいね。 


(この部分が安保 瓶のふた論)

日本抑止論
1971年(昭和46年)7月、中国を訪問したヘンリー・キッシンジャーとの会談で、周恩来首相が日本には「拡張主義的傾向がある」と指摘したのに対し、キッシンジャーは同意して日米安保関係がそれを防いでいる、と述べた。これは現在の記録で確認できる、米中首脳が最初に日米安保「瓶の蓋」論を共有した瞬間とされる

4. 2019年1月14日 15:09:32 : PtqL8BGGcU : GB9r75d47Sw[108] 報告
>>1さん

全く同意です。
アーミテージ前国務副長官は「憲法九条は日米同盟の邪魔物」と発言しています。
つまりアメリカは憲法9条がアメリカにとって邪魔だから改正しろと言っているのです。

な〜んでか?

つまり言わば、アメリカの戦争に日本の自衛隊を使いたいのに、日本国憲法は戦争を永久に放棄し、自衛隊の海外派兵を禁じているからです。

だから安倍晋三はアメリカの為に、日本を戦争を放棄した国から、戦争の出来る国に改悪し、日本の自衛隊を海外派兵出来るようにして、アメリカの兵隊の被害を減らす為に、自衛隊員をそのアメリカ兵の盾として使いたいのです。

兵站だってそうです。
アメリカが戦争をしているその戦地近くまでおよそ戦争に必要な物資を日本が供給輸送を約束しています。

つまり日本は、アメリカのATMであり、アメリカ兵の盾であり、アメリカの戦争に必要な物資を届ける為の物資調達係兼運送屋って事です。

アメリカに押し付けられた憲法だと言うのを安倍晋三が信じているなら、なおの事「アメリカが決めた事じゃないですか!日本は永久に戦争放棄の約束を守り続けます」と言ってやれば良いじゃないですか。

戦後「戦争を放棄しろ!」と言っておきながら、冷戦になると今度は日本を働かせ戦費を日本から出させ、今度は「日本も金ばかりではなく血も流せ!」と好き勝手に日本を使うアメリカのポチとなって、安倍晋三は「日本を戦争の出来る国にして戦争に勝って平和を手に入れる」などと言っているが、そんなたわごとに忖度して賛同する自民党議員は金と権力にしか興味のないクズばかりだ。

5. 2019年1月14日 16:00:53 : tW8SmQ2926 : R_YLt5oYhtY[391] 報告
創価学会の若者たちが真っ先に戦地へ行かされるようになっていそうだね!
信仰に帰依している人は動かしやすい!
その任務を負ったのが山口だろうね
6. 雅則[818] ieuRpQ 2019年1月14日 19:47:17 : TGu8WvQwI : 6oF4AFKMaeY[55] 報告
アメリカ合衆国のマッカーサー元帥とGHQが残した戦争放棄の平和を守る決意が出来れば、岸田、石破、山尾、仁比聰平と云う線で日本国憲法を守り、戦争の無い平和な世界を目指して行く事が可能になる。戦争するのは簡単です。平和憲法が無ければ韓国中国北朝鮮と当然戦争に成り、沖縄も中国の領土に成っているでしょう。アメリカ合衆国もロシアも噓つき政権を信用しないでしょう、辺野古の米軍基地造り反対は日本の一番弱い国民を危険に晒す戦前回帰の野蛮な大日本帝国の復活を願いアメリカ合衆国から武器を買い、戦争準備に現を抜かす政権其の物です。沖縄を見れば戦争放棄の平和憲法を守る事に対する憎悪を端的に示している。菅政権はロシア、中国、韓国、沖縄、朝鮮半島の敵です。日本の国民は戦争放棄の平和憲法を守りましょう。近隣諸国と助け合って豊かな生活を取り戻しましょう。広島長崎の原爆福島の核被害繰り返す事の無い様に国民皆で守りましょう。簡単な事です。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK256掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK256掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK256掲示板  
次へ