★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK256 > 294.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日露外相会談・北方領土交渉の大失敗を必死で隠す安倍政権の醜態! 共同会見とりやめを懇願し会談内容公表を拒否(リテラ)
http://www.asyura2.com/19/senkyo256/msg/294.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 1 月 15 日 22:25:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

日露外相会談・北方領土交渉の大失敗を必死で隠す安倍政権の醜態! 共同会見とりやめを懇願し会談内容公表を拒否
https://lite-ra.com/2019/01/post-4492.html
2019.01.15 日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権 リテラ


日露外相会談(外務省HPより)


 安倍首相が「北方領土問題を解決して、平和条約を締結する」「戦後日本外交の総決算をおこなっていく」と年頭記者会見で宣言して、わずか約10日。昨日開催された河野太郎外相とロシアのラブロフ外相による日露外相会談では、北方領土問題の解決どころか、後退・悪化している現状が露わとなった。

 ラブロフ外相は会談後の単独記者会見で、「ロシアの南クリル(北方領土のロシア側呼称)での主権を含め、日本側が第2次世界大戦の結果を認めるのが第一歩だ。この点で進展がないと、ほかの問題で前進を期待するのは非常に難しい」(朝日新聞15日付会見要旨)と発言。さらに、日本側が「北方領土」という呼称を使うことにも、「日本が国内法で『北方領土』と規定していることは受け入れられない」と言及、日本の国内法の改正を求めるようなことまで口にしたのだ。

 安倍首相は昨年11月の日露首脳会談後「日ソ共同宣言が基礎」と強調し、マスコミに対して政府関係者も「2島は確実に取り戻す、ということだ」と話すなど、あたかも歯舞、色丹の2島返還に向けて前進しているかのように印象付けてきたが、ところがどうだ。2島返還以前に“主権は我々にある”と念押しされた挙げ句、“北方領土と呼ぶな”とまで言われてしまったのだ。

 そもそも、この外相会談後は共同記者会見すらおこなわれず、そのためラブロフ外相は単独会見を開いた。この件については、外相会談前の13日にザハロワ報道官がロシア国営放送のテレビ番組で「(共同記者会見を)日本側が開かないように頼んできた」と発言。ラブロフ外相も単独会見の際に「日本側からの提案で、共同記者会見を本日はやらないとの認識にいたりました」「河野外相は後ほど、皆さんにブリーフィングをするでしょう」(ハフポスト15日付)と語っていた。

 これに対し、河野外相はTwitterで〈会談後それぞれが個別に記者会見することで最初から合意している〉と反論しているが、共同会見を開いていれば、“北方領土と呼ぶな”などという内政干渉のような発言を一方的に許すことにはならなかっただろう。

 しかも、だ。河野外相が会談後に記者たちに語った内容は、ラブロフ外相の主張と大きく食い違っているのだ。

 河野外相は会談後、記者陣にこう述べた。

「首脳間の合意を受けて、しっかりと前へ進めていこうという手応えを感じた」
「交渉のなかで我々は領土問題を含め、日本側の考え方を明確に伝えた。ロシア側も考え方を具体的に伝え、真剣かつ率直なやり取りだった」

 さらに河野外相は「ラブロフ外相が発言されたことにいちいちコメントはいたしませんが、日本側として、明確にすべてのことについて日本側の主張をお伝えできたと思う」と説明した。

 だが、一方でラブロフ外相は単独会見で、このように話したのだ。

「『第二次大戦の結果、南クリール諸島はロシア領になったことを日本が認めない限り、領土交渉の進展は期待できない』と再度、伝えた。反論は聞いていない」
「河野氏に『北方領土という呼称はロシアには受け入れがたい。日本の国内法に北方領土という呼称が規定されている問題をどう解決していく考えがあるか』と伝えた。島の主権をめぐる問題については議論されなかった」(産経新聞15日付会見要旨)

 ロシア側の主権を認め「北方領土」という呼称も変えるよう要求したが、議論も反論もされなかった──ラブロフ外相は、そういっているのだ。一体これのどこが「明確にすべてのことについて日本側の主張をお伝えできた」という話になるのか。

■失態隠すため「内容は公表しない」の一点張りの河野外相と菅官房長官

 しかも、こうしてラブロフ外相が単独記者会見で踏み込んだ発言をおこなっていた最中、河野外相は日本大使館で〈会談内容を記者団にどう説明するか協議〉(朝日新聞15日付)していたという。そして前述の通り、河野外相は記者陣に対して「真剣かつ率直なやりとり」などと言いつつ、「内容についてはお答えはしない」と繰り返したのである。

 ようするに、ラブロフ外相による“日本側は反論しなかった”という発言を、河野外相は否定することさえできず、説明を拒否することで逃げてしまったのだ。

 河野外相といえば、昨年12月11日の定例会見において、記者から受けた日露関係の質問をすべて「次の質問どうぞ」で押し通し、何ひとつ答えなかったことが批判を浴びたばかり。しかし、今回は河野外相ひとりの意志ではない。

 あたかも北方領土問題を自分たちが解決できるかのように宣伝してきた安倍政権にとって、今回の外相会談は、問題解決なんて夢のまた夢であり、ロシアに手玉に取られているだけ、という現実をつきつけられるものだった。しかも、相手国の外相にその事実を明言されたため、政権としては、とにかく頬被りしてでも必死でごまかすしかなかったということだろう。

 実際、菅義偉官房長官も本日の会見で、ラブロフ外相が“北方領土がロシアの主権下にあると認めることが平和条約交渉の前提”と語ったことを質問されると、「協議内容は対外的に明らかにしないことでロシア側と合意している」と回答。当のロシア側が明かした中身について質問しているのに、こんな説明拒否をするとは、政府首脳としてありえないだろう。

「真剣かつ率直なやり取りをした」などという薄っぺらい説明でその場をしのぎ、強弁で自分たちの失態をなんとか覆い隠そうと必死の安倍政権──。しかし、政権をまともに批判できないマスコミによって、こんなありえない言い訳、ゴマカシが通用してしまっているのが現実だ。

 いったいこんな茶番がどこまで続くのか。来週22日には、モスクワで安倍首相とプーチン大統領による日露首脳会談が開かれる。この首脳会談で、安倍外交の大失敗が白日の下に晒されるのか、それともまたぞろメディアの忖度報道によって再び嘘が撒き散らかされるのか。要注目だ。

(編集部)

































 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[2941] kNSCqYLU 2019年1月15日 22:28:05 : foLi271siw : Gk_qr4u6MEE[1407] 報告





2. 赤かぶ[2942] kNSCqYLU 2019年1月15日 22:29:24 : foLi271siw : Gk_qr4u6MEE[1408] 報告





3. 赤かぶ[2943] kNSCqYLU 2019年1月15日 22:31:49 : foLi271siw : Gk_qr4u6MEE[1409] 報告





4. 2019年1月15日 23:36:16 : 0kvLO6zmSU : zDbTbr2jRUc[15] 報告
安倍と河野が、ロシアとの外交交渉においても、嘘やゴマカシを行っていることが判明した訳である。安倍のやっていることで、本当のことなど一つもないことが次々に明らかになっている。しかるに、内閣支持率が微増したという。絶妙のタイミングで日韓のレーダー問題が起こって、支持率の微増に結びついたのは明らか。他のことは、全て安倍のウソが明白であることが判明してしまった。このレーダー問題も日本の自衛隊の挑発でしかないのではないか?その目的は外敵を作り自分への信頼を得ると言う古典的ではあるが、安倍の十八番。安倍は、もはや、これにすがるしかない。どこまでも、この問題を拗らせるだろう。そして日本にとって運の悪いことに、それに付き合ってしまう指導者が韓国側にいる。
5. 雅則[821] ieuRpQ 2019年1月15日 23:48:02 : TGu8WvQwI : 6oF4AFKMaeY[58] 報告
お互いに意見を交換した其れで良いではないか。意見が違う当然でしょう。話し合いが出来た、其れで良いでしょう。戦争をして負けたこれは当時の現実です。戦争など摺ればろくな事は無い。憲法9条戦争の放棄を守って永久に戦争の無い生活を営めれば其れで良い。益してサハリン、北海道がビザなしで自由往来出来れば道民とサハリン市民は使える地域が広がり国土が広がったのと同じだ。どちらの国の領土でも道民にも、サハリン市民にも、良いかもしれない。国のメンツが気になるだけだ。道民にもサハリン市民にも良ければ成功だし。戦争に成るなら失敗だ。お互いの努力でどうにでもなる事でしょう。気長に見守りましょう。日露平和条約を締結が、活きるように努力する事が大切です。戦争するより何十倍、何百倍もの利益に成る。永久に戦争はしない様にしましょう。助け合つて行きましょう.お隣さんです。
6. 2019年1月16日 10:39:55 : EE7jdCDz8k : LvQVvRzD578[18] 報告
ソ連と日本は戦争をしていない。

戦後に日本に一方的に乗り込んできただけの占領で有り、その認識を持った上で日本は平和条約を結ぶ必要がある。

このまま、ロシアの一方的な見解を受け入れるなら何ら、日本側の交渉意味を成して来なかったと言わざるを得ない。

全て旧ソ連側の主張に元ずくロシア優位の元の木阿弥状態に安倍晋三政権によって引き釣り込まれただけだったと言う事である。

7. 2019年1月16日 11:57:02 : kRZBYXm0lQ : 1e1a90ciVS0[3] 報告

N05の 雅則さま
  
 その通りです。
 この主張、ぜひ安倍晋三一味にこそ言って聞かせたいね。
 あいつらに任せておいたらこの国はダメになる。

8. 2019年1月16日 12:24:02 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-10971] 報告
世界の孤児としておいてけぼりをくらってこの国家非常事態を乗り越えれるか!【NET TV ニュース】朝堂院大覚 2019/01/15
.
JRPtelevision
2019/01/15 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=X0-_ZtRFSyc

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理
9. 2019年1月16日 18:19:30 : hHRyrQsPsY : C257NcSSuSY[312] 報告
日本外交には論理で交渉するという概念はない。ナーナーですり寄って、へーへーとへつらって、最後はそでのしたを使うだけだ。しかし、それはアメリカには通用してもロシアには通用しない。
10. 2019年1月16日 18:25:47 : mA1Ih9rro6 : Xf0itTDu8is[-107] 報告

やはり=アメリカは偉大だ^^



[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

11. 2019年1月16日 20:16:14 : Ye6rWhFDQo : v8dy46oHNgs[74] 報告
共同会見も出来ない・・外交にもなっていない、ゴッコ・・遊びか?
こうの外務大臣は百年経っても評価されないことをやってしまった。
内閣の一員レベルでは話にならない会談だったはずだ。
今頃気づいても遅すぎる失態だった。
12. 2019年1月17日 01:55:39 : vXLvxlS3ue : qRX_RoneuS8[5] 報告
官僚も含め、こんなネトウヨ脳を世界がそれを受け入れると本気で信じている。気が狂っているとしか思えない。
これは外交の話ではない。ロシア外交を踏みつけ、反中をあおる安倍政権の国内向け宣伝の草刈り場に利用している。
今度はロシアは反日、親中だと騒ぐだけ。

1月15日
Akiyoshi Komaki 駒木明義 @akomaki
ラブロフ外相、日ロ平和条約は中国の脅威に共同で対処する意味があるとして米国に理解を求めた河井克行総裁特別補佐の発言に「けしからん言い分(возмутительное высказывание)」と猛反発。「受け入れられないと(河野外相に)極めて真剣な警告を行った」と述べた。昨日の会見
http://www.mid.ru/ru/foreign_policy/news/-/asset_publisher/cKNonkJE02Bw/content/id/3472147

ロシア、安倍首相は「無神経」 国営テレビ酷評、外相は主権巡る交渉拒否
https://this.kiji.is/457509358056080481?c=39546741839462401

黒井文太郎 @BUNKUROI
重要なのは、これはなにもロシアが急に強硬になったわけではなくて、もとから返還するつもりなどなかったということ。
「最近変わった」論のほとんどは、以前間違った分析してた人の辻褄合わせですね


ロシアの言い分を勝手に捻じ曲げて国内宣伝に利用する。100倍引き延ばしたり縮めたり、韓国の手口と同じにしかみえない。
安倍論調にのったマスコミや人間は、専門家であれ、間違えても、なだめるか、言い訳に終始する。ただの隠れ安倍信者。
責任もとらずに、傍観竹田となんら変わらない。一方で煽っておいて、平和だとか語れるのか。

13. 2019年1月17日 01:57:25 : vXLvxlS3ue : qRX_RoneuS8[6] 報告
韓国の手口
←韓国問題の手口
14. 2019年1月17日 16:39:58 : Yoir6UzXrc : ydeJLA7i9q0[28] 報告
露外相共同会見は、絶対に不可能:

なぜなら、政令官僚様が「二元日露外交」を進めていることが、
白日の下に晒されてしまうからです。

一つ目の日露外交:政令官僚様が米軍のスパイとなって、日本の領土
に(ですから→「(厳罰を課す)スパイ防止法」の早期整備が必須)、

日本の独立主権を放棄する事になる陸上イージスのソフト開発
(「地対地ミサイル遠隔操作可能ソフト開発」)を米国に全面的に
任せています。

なぜ、「独立主権を放棄することになる。」かですが、

なぜなら、憲法9条「本土防衛専用隊」に矛盾しない兵器は、地対空
ミサイルで、

地対地ミサイルになると、本土防衛専用隊(自衛隊)に矛盾する兵器
となるからです。

要するに、憲法尊重擁護義務のある総理大臣(自衛隊の最高司令官)
には、

自衛隊に合憲武器と合憲兵器を貸与し、合憲司令を出す義務が課せ
られています。

言い換えると、最高司令官の違憲司令だと、自衛隊の上官は、その
違憲司令には従わなくて良いことを担保する法整備が必須です。

要するに、自衛隊の最高司令官でさえ、憲法を越えることはできない
←民主主義の屋台骨の原則です←民主主義とは、「法の支配」だから
です。

二つ目の外交:一つ目の日露外交の狙いは、ロシア極東地域での
対米国軍事抑止力の大幅低減ですから、

言わば、一つ目の日露外交は、「プーチンの後頭部をバットで殴る
様なモノ」です。

このプーチンを虚仮にする外交の尻拭いを(内閣令を保持できない)
安倍首相と(内閣令を保持できない)河野外務大臣に強制させて
いるのですから、

安倍信者と河野信者は、政令官僚様を公開処刑にする運動を展開し
なければなりませんが・・・

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK256掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK256掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK256掲示板  
次へ