★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK256 > 568.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
子どもの学校に行かない自由を確認すべし(植草一秀の『知られざる真実』)
http://www.asyura2.com/19/senkyo256/msg/568.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 1 月 23 日 00:31:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

子どもの学校に行かない自由を確認すべし
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/post-bf5c.html
2019年1月23日 植草一秀の『知られざる真実』


昨年11月、宮城県仙台市泉区で母親と小学2年の長女の無理心中とみられる事件があった。

その父親が1月21日、仙台市教育委員会に第三者委員会による調査を求める要望書を提出した。

父親は「長女は学校でいじめを受け、相談を受けた学校も対応を怠った」と訴えている。

報道によると、父親は、長女が小学1年だった昨年3月ごろから、同級生に仲間外れにされる、たたかれそうになるなどのいじめを受けていたという。

両親から相談を受けた学校は「いじめがあったという事実をもとに、マニュアルにのっとって対応する」と返答したが、対応は進まず、長女は精神的に不安定となり、母親も体調を崩した。

長女は昨年8月ごろ、文中で6度も「しにたいよ」と訴える手紙を両親宛てに書き、「わるいことしかないよ」、「いじめられてなにもいいことないよ」などと訴えていた。

父親は昨年11月29日に、2人が自宅で死亡しているところを発見した。

宮城県警は、母親が長女の首を絞めた後に自殺した無理心中の可能性があるとみて捜査している。

要望書提出の際の取材に対して父親は、「何十回といじめについて相談したが、対応してもらえず絶望していた」と時折涙をこらえながら訴えた。

市教育委の佐々木洋教育長は「事案は重く受け止めている。しっかりと調査し、事実関係の把握につとめる」とコメントした。

しかし、学校がいじめを認定し、対応していたかどうかについては明らかにしていない。

また、学校での悲劇が起こった。

事実関係の解明が急がれる。

いじめで自死が選択されることほどむごいことはない。

このような事態が二度と発生しないように、対応策を明確にするべきである。

学校教育法は第17条で、同法第1条が定める「学校」に子を就学する義務を定めている。

日本国憲法が

第26条 すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。

2 すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。

と定めていることに基づく法律であるが、日本の主権者はこれらの法令の意味するところを正確に理解する必要がある。

日本国憲法は、

「保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ」

と定めているが、

「保護する子女に学校教育を受けさせる義務を負ふ」

と定めているわけではない。

「学校教育」以外に「普通教育」を受けさせる機会があれば、保護者はその方法を選択することができると考えられる。

憲法が定めているのは

「子女に普通教育を受けさせる義務」

であり、ここから「義務教育」という言葉が使われているが、より重要なことは、ここでいう「義務」が

「保護者が子女に普通教育を受けさせる義務」

であって、

「子女が学校教育を受ける義務」

ではないことだ。

言い方を変えれば、

「子どもが学校に行く義務はない」

のである。

すべての保護者は、このことをまず明確に認識するべきである。

学校は子どもの安全を確保する場所になっていない。

学校において、子どもの命や人権が守られていない現実が広範に広がっている。

この現実を踏まえて、子どもが「いじめ」等の被害を受けた場合には、まず、その子どもを、安全ではない、子どもの人権が守られていない学校から「避難」させることを優先するべきである。

子どもには「学校に行かない自由」が付与されていることを明確に認識しておく必要がある。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年1月23日 05:06:54 : CnSVdqohmw : Xyhk7fgCBmo[2] 報告
⇒《「何十回といじめについて相談したが、対応してもらえず絶望していた」》

一番良いのは「弁護士へ相談」ですかねぇ…
15分間で5千円ぐらいからでしょうか…
そうやって早い段階から、外部の眼を学校現場(聖域(ブラックボックス)化する恐れのあるところ)に入れることが大切ですね。

それから、「学校に物理的に集まる」以外の教育プログラムの新設ですかね。
テレビ電話とか、授業動画視聴で代用できるのだから。

保守的な人間(動かない人間)はアテにはできません。人が死のうが何しようが、そういう人は断固として動きません。バカなのです。学習機能が欠如しているのです。
バカには共感能力もないのです。
秋葉賢也なる者が動くかどうか(動いたとしたら、どのように動いたか)も注目しましょう。

植草氏、がんばってください。応援しております。

2. 2019年1月23日 05:54:40 : 3vFAkfLqQU : E_lAq7JelW8[1] 報告
我が家もその理解に基づいて、
当然ちゃんと入学はさせましたが
2人の娘を学校に行くも行かないも自由、行きたい時には行けばいいし、行きたくない時は全く行かなくていい、という方針を取ってきた。
結果小中通して登校したのは全過程の四分の一から三分の一程度だったと思う。

勉強が出来なくなる、社会性が身に付かない、などの外野の意見もあったが、結果は全く逆である。
2人とも立派に成人し結婚もして、孫もいるのだが、
これまでも2人は男女ともに友人も多く、というかサラッとリーダーシップを取れる人気者になった。
弱者や幼少者高齢者に優しく、横暴な相手には堂々と立ち向かうし、被害者を守る。クラスという閉鎖空間の脇に逸れると、状況を客観的にみて対処するだけの余裕が身につくのだろう。
勉強もスポーツも趣味もよくこなしている。

両親で決定した方針を、植村氏の言った通りに憲法の理解を踏まえ小学校の教師に伝えた時、意外にも教師の方から、ストレスのきつさなどを相談され、学校に責任を丸投げする親、子育てや躾まで学校に期待し、偶に押し付ける親までいる旨を話され、PTAの前で講演してくれないかと頼まれたことがあった。あまり父兄らと柵を作りたくなかったのでその時は丁寧にお断りしたのだが、確かに親も子供も、そして教師も、憲法を知らない故に真剣に抱え込み、壊れるところまで行ってしまうケースは少なくないと感じた。
ちなみに我が家は学校の存在を否定しているのではなく、その閉鎖性保守性、そして学校神話とでもいうような観念に疑問を持っているわけだ。

3. とんじん[26] gsaC8YK2gvE 2019年1月23日 09:24:26 : sWGVhR4IYk : ns_0FcusT_0[4] 報告
権利だ義務だ規則だ罰則だとギスギスした学校の価値が無くなっていく、
そこに通うのが本当に子供の為?奴隷育成プログラムでしょ。

優秀な奴隷は行政や一流企業の歯車として活用され、
良いお給料(太い奴隷の鎖)が支給されるでしょう。

4. 2019年1月23日 09:25:53 : srmfD53U0A : lbHLMD6yCdQ[1] 報告
この義務を負うのは、「国」だ。
「国」が、義務を負うのだ。
保護者なんかじゃない。
5. 2019年1月23日 10:08:08 : JCfyca268o : rjoBTjorQb4[3] 報告
2さん グットコメントに拍手
6. 2019年1月23日 14:32:26 : fVmzl2gB1s : EmgMWclYDB0[111] 報告
 学校給食と体育授業と部活、そして運動会や修学旅行などのイベントを禁止する。此の手の集団行動の強制を排除するだけでもイジメはずいぶん改善するだろう。オーバーワークの教師も歓迎するはずだ。でも現実的じゃない。国家や資本にとって学校とは、此の手の集団行動の訓練機関だからだ。その目的はは軍隊と変わらん。
7. 2019年1月24日 21:14:32 : fy0sFqTXrM : aspnGhVLBAk[32] 報告
仕込まれる 全体主義を 学校で

足枷だ 楽しく見せる 行事など

8. 2019年1月24日 22:56:56 : C2i4eDKWA6 : LkymBlZY1Dk[706] 報告

・山形新庄マット事件
・滋賀大津偽装殺人事件 他

いずれも共産・社会党系が与党の自治体だと必ず死人が出てしまいます
隠れ労組在日の税金泥棒教員も紛れている似非公立学校での登校拒否の自由は然るべきでしょう!

9. 2019年1月25日 13:09:58 : fVmzl2gB1s : EmgMWclYDB0[112] 報告
 >>6に追記
 >>2の実践と勝利は、学校教育のいう「社会性」とは「集団性」でしかないことの証明では無いだろうか。「社会性」とはワタシとキミであって、ワタシタチではない。「集団行動」で学べるのはワタシタチだ。内と外、他者の実存を理解するには確固としたワタシを形成しなければいけない。その育成が叶う唯一の場所が「家庭」なんだと思う。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK256掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK256掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK256掲示板  
次へ