★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK256 > 734.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
前川喜平氏が憂慮する「安倍政権に蠢く野望」 戦前回帰の教育勅語がダメな理由を徹底解説(東洋経済オンライン)
http://www.asyura2.com/19/senkyo256/msg/734.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 1 月 27 日 00:24:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

前川喜平氏が憂慮する「安倍政権に蠢く野望」 戦前回帰の教育勅語がダメな理由を徹底解説
https://toyokeizai.net/articles/-/260692
2019/01/25 5:30 前川 喜平 : 現代教育行政研究会代表、元文部科学事務次官 東洋経済オンライン


安倍政権が目論む教育勅語復活は危険だ(写真:Kiyoshi Ota/Bloomberg via Getty Images)


安倍晋三首相が政権復帰してから6年を迎えたが、文部科学省で事務次官を務めた前川喜平氏は安倍政権に蠢く教育勅語「再生」への野望を憂慮する。前川氏が全3回にわたって、なぜ教育勅語がダメなのか解説する。第1回のテーマは「教育勅語に込められた危険な思想」。


2018年10月に発足した安倍改造内閣の文部科学大臣に就任した柴山昌彦氏は、就任時の記者会見での質問に答えて、教育勅語には「普遍性を持っている部分」があり、「現代風に解釈」したり「アレンジ」したりすれば、「道徳に使うことのできる分野」があるという趣旨の発言をした。

「現代風」うんぬんは柴山氏オリジナルのレトリックだが、同様の発言はすでに2年半前に当時の下村博文文部科学大臣が行っていた。従来の文科省の姿勢を大きく変えるその発言は、2014年4月8日の参議院文教科学委員会の質疑の中で行われた。

国会の各委員会での質問は、通常前日の夜に役所の職員が質問議員のもとに出向き質問内容を聞き取るとともに、質問者の意向を踏まえて答弁者を大臣、副大臣、局長などと決める。その日の質問者であった自民党の和田政宗氏の質問の中に、教育勅語を学校の道徳教育の教材として使うべきではないか、という趣旨の質問があった。

下村博文氏が行った重大な方針転換

答弁者は局長とされていた。当時、私がその局長(初等中等教育局長)だった。

局内で作成した答弁は、過去の答弁にならい、「教育勅語を学校の教材として用いることは適切でない」という趣旨の答弁だった。質問当日の早朝に、大臣への答弁の説明が行われる。その日も大臣室で、前夜のうちに作成した大臣答弁を各局長が大臣に説明した。

局長答弁は通常、大臣へは説明しないのだが、その日の下村大臣は、この教育勅語に関する局長答弁がどうなっているか見せろと言った。そこでその答弁を見せたところ、次のように書き換えるよう命じられたのである。

「教育勅語には今日でも通用する普遍的な内容が含まれており、その点に着目して学校の教材として活用することは差し支えない」

それは重大な方針転換であった。委員会での実際のやり取りは次のようなものだ。

和田議員「私は、教育勅語について、学校、教育現場で活用すればとても良い道徳教育になると思いますが、アメリカ占領下の昭和23年に国会で排除決議や失効確認決議がなされています。こうした決議は関係なく、副読本や学校現場で活用できると考えますが、その見解でよろしいでしょうか」

前川局長「教育勅語は、明治23年以来、およそ半世紀にわたってわが国の教育の基本理念とされてきたものでございますが、戦後の諸改革の中で教育勅語をわが国の教育の唯一の根本理念とする考え方を改めるとともに、これを神格化するような取り扱いをしないこととされ、これに代わって教育基本法が制定されたという経緯がございます。

このような経緯に照らせば、教育勅語をわが国の教育の唯一の根本理念であるとするような指導を行うことは不適切であるというふうに考えますが、教育勅語の中には今日でも通用するような内容も含まれておりまして、これらの点に着目して学校で活用するということは考えられるというふうに考えております」

下村大臣「教育勅語の中身そのものについては今日でも通用する普遍的なものがあるわけでございまして、この点に着目して学校で教材として使う、教育勅語そのものではなくて、その中身ですね、それは差し支えないことであるというふうに思います」

私は途中までは答弁資料のとおり答えていたのだが、「今日でも通用する」まで言ったところで、「それは違うだろう!」という心の声が聞こえた気がした。その強い違和感のため、私はそれに続く答弁を資料のとおりには読まなかった。

「今日でも通用するような」と意味をぼかし、「普遍的な」という言葉や「教材として」という言葉は出さず、最後は「活用することは差し支えない」と言い切らずに「活用するということは考えられるというふうに考えております」と、曖昧な言い方をした。

しかし、下村大臣はこの私の答弁では不十分だと考えたのであろう。私の答弁の後を追って自ら答弁に立ち、教育勅語の中身には「普遍的な」ものがあり、その中身を「教材として」使うことは「差し支えない」と答弁したのである。

さらに安倍政権は、2017年3月31日の閣議決定で「憲法や教育基本法等に反しないような形で教育に関する勅語を教材として用いることまでは否定されることではない」と表明した。

この閣議決定では、道徳の教材として使えるとも使えないとも言っていないが、このような反憲法的文書を道徳の教材として使うことは考えられない。仮に学校の教材として使うことがありうるとすれば、それは歴史を学ぶ際の史料としてだけだろう。

教育勅語というイデオロギー

教育勅語の復活をもくろんでいるのは柴山氏や下村氏だけではない。2018年3月8日、参議院予算委員会で教育勅語に対する考えを訊かれた稲田朋美防衛大臣(当時)はこう答弁をした。

「私は、今、教育勅語に対しての自分の考えは、その教育勅語の精神ですね、日本が道義国家を目指すという、その精神は今も取り戻すべきだというふうに考えております」

同年10月29日、衆議院本会議での稲田氏(自民党筆頭副幹事長)による代表質問では、日本の民主主義が聖徳太子の「和を以て貴しとなす」以来の「わが国古来の伝統」だとする珍説も開陳されたが、マイノリティ、社会の多様性、人権などに言及した際には、これらを「世界から尊敬される『道議大国』を目指すため」取り組むべき課題だと発言した。

「国民道徳協会」なる団体が作成した教育勅語の「口語文訳」によれば、勅語の冒頭部分「朕(ちん)惟(おも)フニ我カ(が)皇祖皇宗(こうそこうそう)國ヲ肇(はじ)ムルコト高遠ニ徳ヲ樹(た)ツルコト深厚ナリ」は、次のように訳されている。

「私は、私達の祖先が、遠い昔遠大な理想のもとに、道義国家の実現をめざして、日本の国をおはじめになったものと信じます」

皇祖とは、天皇の先祖のうち神代の時代の神々のこと。最初の皇祖は高天原(タカマガハラ)に住まう女神、天照大神(アマテラスオオミカミ)だ。その神が自分の孫である瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)を日本列島に降ろし、「この国は私の子孫が王となるべき国だ。孫のお前が行って治めよ。お前の子孫による統治が代々栄えることは、天と地(壌)に果て(窮)がないのと同じく永遠であろう」と命じた。これを「天孫降臨」と言い、その時の命令を「天壤無窮(てんじょうむきゅう)の神勅(しんちょく)」という。

皇宗とは、天皇の先祖のうち人間として皇位についたとされる人々のこと。最初の皇宗とされるのが神武天皇だ。彼は日向から大和へと攻め上り、橿原宮(カシハラノミヤ)で初代天皇として即位したとされる。歴史学上は実在の人物とはされていない。

その即位の日を、明治政府は日本書紀の記述をもとに計算し、西暦紀元前660年の2月11日だと特定した。考古学上は縄文時代に属する時期だ。この神武即位から年を数える数え方が「皇紀」だ。1940(昭和15)年には「皇紀2600年」が大々的に祝われ、「紀元二千六百年」という歌も作られた。

こうした遠い昔の天皇の祖先が、日本という「國ヲ肇ムル」(国を作った)だけでなく、日本人のための「徳ヲ樹」てた(道徳を樹立した)というのが、教育勅語の言い分なのである。道徳と共につくられた国だから「道義国家」というのだろう。その道徳の中心は忠と孝だ。

前述の冒頭部分は次のように続く。

「我カ臣民克(よ)ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一(いつ)ニシテ世世(よよ)厥(そ)ノ美ヲ済(な)セルハ此レ我カ國體(こくたい)ノ精華ニシテ教育ノ淵源亦(また)實(じつ)ニ此(ここ)ニ存ス」

「忠」とは国の中で天皇のために尽くすことであり、「孝」とは家の中で親のために尽くすことだ。臣民すなわち天皇に従う民は天皇の赤子(せきし:子ども)とみなされ、日本の国は天皇というビッグファーザーのもとに絆を結ぶ一つの大きな家族だとされる。

一方、一つひとつの家は国を構成する単位であるとされる。つまり、「国」は大きな「家」であり、「家」は小さな「国」なのだ。父親を「家長」とする「家」と天皇を「統治権の総覧者」とする「大日本帝国」とは、相似形になっている。それが日本という国の古今不変のあり方、すなわち「國體」だというのである。

そして、すべての臣民(しんみん:天皇に従う民)が「忠」と「孝」という道徳を代々受け継いできた、その美しさこそ「國體の精華」であり、教育の源もそこにあるのだという。このような国家観を「國體思想」という(「國體」は今日では通用しない観念なので、今日では通用しない漢字で表記する)。

教育勅語に込められた天皇への忠誠

そもそも教育勅語という文書は、明治天皇の侍講であった元田永孚と伊藤博文のもとで法制官僚として腕を振るった井上毅が中心になってつくられたものである。全国の神社を天皇制の下に統合した国家神道とあいまって、戦前戦中の日本人の精神を支配した「教義」だったと言ってもいい。

これは日本古来の伝統でも文化でもない。1890年につくられ、1945年には破綻したのだから、その有効期間は55年間だった。1947年に制定され、2006年に改正された教育基本法(旧法)のほうが有効期間は長かった。

1946年1月、昭和天皇は「人間宣言」を行い、同年11月に公布された日本国憲法は、天皇を日本国と日本国民統合の「象徴」とした。教育勅語の神話国家観は完全に否定されたのである。主権は天皇から国民に移り、教育勅語に代えて新憲法下の教育の理念を示す法律として1947年3月に教育基本法が制定された。

こうした経緯を受けて、1948年6月、衆議院は教育勅語を憲法に反する文書として排除することを決議し、参議院は教育基本法の制定により教育勅語が失効したことを確認する決議を行った。

教育勅語に列挙されている徳目は、天皇主権の国家と封建的な家制度を前提としたものであって、「父母ニ孝ニ」は家長である父親への服従を前提としたものであり、「兄弟(けいてい)ニ友(ゆう)ニ」は長男だけが家督相続者であることを前提とするものであり、「夫婦相和シ」は妻の夫への従属を前提とするものであり、「國憲ヲ重シ(おもんじ)」は天皇が定めた憲法に国民が従うことを前提としたものだ。いずれも日本国憲法の精神に反する道徳であり、今日でも通用する普遍性を持つものとは到底言えない。

徳目列挙の最後に出てくる「一旦緩急アレハ(ば)義勇公ニ奉シ(じ)以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘ(べ)シ」のくだりは、「戦争になったら忠義と勇気をもって天皇のために身を捧げ、永遠に続くべき皇室の命運をお支えしろ」という意味であり、個人の尊厳、国民主権、平和主義に基づく日本国憲法のもとでは、完全に否定されるべき内容である。この教育勅語を現代に再生させようとすることなど、正気の沙汰とは思えない愚かな考えである。

教育勅語に込められた天皇への忠誠という倫理は、1945年の敗戦までの日本人の心を支配していた。敗戦のとき、それを信じていた自分の愚かさに気がついた人は多かったはずだ。特に子どもたちはそうだったろう。大人たちの中には、それに気づいた人と気づかないまま架空の倫理を戦後に持ち越した人がいた。

自分の愚かさに気がついた人物の典型として紹介したいのが、詩人で彫刻家だった高村光太郎だ。

光太郎は、亡き妻の智恵子を歌った詩集『智恵子抄』などで有名だが、戦時中は政府の戦争遂行に協力し、戦意高揚の詩を書いていた。空襲で家を失った光太郎は、宮沢賢治の弟清六を頼って岩手県花巻に移り住む。小さな小屋に独居した光太郎は、戦争に協力した自分の愚かさと向き合った。なぜ自分はこんな戦争に協力したのか。何が自分を駆り立てていたのか。

その中で彼は「典型」と題する詩を書いた。その書き出しはこうだ。

「今日も愚直な雪がふり / 小屋はつんぼのやうに黙りこむ。 / 小屋にゐるのは一つの典型、 / 一つの愚劣の典型だ。 / 三代を貫く特殊国の / 特殊の倫理に鍛へられて、 / (略) / 端座粛服、 / まことをつくして唯一つの倫理に生きた / 降りやまぬ雪のやうに愚直な生きもの。」(原文ママ)

光太郎が言う「三代を貫く特殊国の特殊の倫理」こそ、教育勅語に込められた天皇絶対主義の道徳である。光太郎は祖父と父のことも詩に描いている。「ちよんまげ」という詩では、心ならずもちょんまげを切った「おぢいさん」がこう言う。

「文明開化のざんぎりになつてしまへと、 / 禁廷さまがおつしやるんだ。」「禁廷さまがおつしやるんだと聞いちやあ、 / おれもかぶとをぬいだ。 / 公方さまは番頭で、 / 禁廷さまは日本の総元締だ。」

禁廷さまとは天皇のこと、公方さまとは徳川将軍のことだ。

光太郎の父は彫刻家で東京美術学校の教授だった光雲である。今も皇居外苑に残る楠木正成の銅像は光雲とその弟子が制作したものだ。「楠公銅像」と題する詩はこう始まる。

「―まづ無事にすんだ。 / 父はさういつたきりだつた。」銅像の木型が見たいと明治天皇が望んだので、光雲らは大騒ぎで二重橋内に木型を組み立てた。天皇がこれを見に来たとき…「かぶとの鍬型の劔の楔が一本、 / 打ち忘れられてゐた為に / 風のふくたび劔がゆれる。 / もしそれが落ちたら切腹と / 父は決心してゐたとあとできいた。」

そして、この詩は次のように終わる。「父は命をささげてゐるのだ。 / 人知れず私はあとで涙を流した。」

光太郎は太平洋戦争が始まったときの自分を振り返って、「真珠湾の日」と題する詩も書いている。

「天皇あやふし。 / ただこの一語が / 私の一切を決定した。 / 子供の時のおぢいさんが、 / 父が母がそこに居た。」「私の耳は祖先の声でみたされ、 / 陛下が、陛下がと、 / あへぐ意識は眩(めくるめ)いた。」

光太郎はこのように「三代を貫く特殊国の特殊の倫理」に支配されていた自分が「愚劣の典型」だったと自覚したのである。

戦前回帰派は「悪性のウイルス」

しかし一方、光太郎のような覚醒を経ることなく、「特殊の倫理」を戦後に持ち越した人たちもいた。そういう人たちは、政治家にも経済人にも教育者にも宗教家にもいた。彼らは日本国憲法を「押し付け憲法」「マック憲法」(マックはマッカーサーのこと)などと蔑み、「日本人にふさわしい憲法」が必要だと叫び、個人の尊厳よりも国家や民族を上位の価値とする。

自由や権利よりも義務や責任を強調し、自己抑制や自己犠牲を美徳とし、一人ひとりの個性を伸ばすことよりも国・学校・郷土・家族などの「全体」に奉仕することを重視する。個人主義という言葉が嫌いで、滅私奉公という言葉が好きな人たちだ。端的に言えば「戦前回帰」を求める人たちである。

戦前回帰の動きは戦後の日本においてつねに存在していたが、言論の世界と学問の世界からそれをしっかりと批判し、排除する力が働いてきた。その力が近年明らかに弱まっている。

それに逆比例して戦前的価値観を持つ人たち、国家主義、自民族中心主義、歴史修正主義を身にまとった人たち、教育勅語に込められた國體思想を信奉する人たちが、その黒い姿を日本中のあちこちに現してきている。

その勢力は、日本会議、日本青年会議所、神社などを巣として増殖を続け、十分な免疫を持たない若い世代に「悪性のウイルス」が広がっている。






























 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[3415] kNSCqYLU 2019年1月27日 00:28:14 : foLi271siw : Gk_qr4u6MEE[1881] 報告


2. 日高見連邦共和国[11978] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年1月27日 00:28:18 : MN1z9Fb3I6 : g1CrixY@xPw[8] 報告
『教育勅語』に書かれた綺麗ごとを6文字に要約すると『朕の為に死ね』、だ。

絶ッ対に許容できるものかっつの、ンなもん!!!

3. 赤かぶ[3416] kNSCqYLU 2019年1月27日 00:28:55 : foLi271siw : Gk_qr4u6MEE[1882] 報告

11. 2019年1月27日 02:05:05 : VsjX1racFQ : G7TFBe3s4_I[1] 報告
ムダな行間を開けて汚い言葉で必死に反論する奴は、100%図星だったと言うことだ
心行くまで抱き合って涙ぐむがよい鼻たれ小僧ジジイよ 毛は生えたのか?
12. 2019年1月27日 02:28:58 : yS5XGtozkA : mklQijw2vE4[-4442] 報告

自演だから^^

成り済ましの自演^^



[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

13. 2019年1月27日 04:29:37 : bUVNo6PvBA : Y9ma_MDDPvM[17] 報告
狂育猪口子

狂ったイノシシの子供を育てる方法か

14. 前河[1333] kU@JzQ 2019年1月27日 04:37:56 : mpRsB5iezk : iNpmf8BI8ZU[50] 報告
ははは、低脳くんの図星って意味がよくわからないが、君みたいのが現れると、私は常に

「あなたの意見は?」

って書くんだよね。

なぜなら「意見を書く場だろ」っていうのは、チミをまともに相手にしてるのではなく、見ている全てのアホへのメッセージになるからね。

アホ様万能用語って訳(^^)おわかり?

で、あなたの意見は?

前川さんか教育勅語に関する意見はないのかな?

って、^^お前だったのか?

どうりで文面がアホっぽいと思った。お前、コテハンの履歴から来てるだろ。お前ならレスしなかったぞ。書いて損したな

お前この時間もお仕事か?

ネトサポも残業でただ働き?電通と一緒でブラックだな。てっいうかお前が電通か?w

15. 前河[1334] kU@JzQ 2019年1月27日 06:06:36 : MwWXcfODso : ui0P_g62vzI[44] 報告

なぜか、前川さんの発言等の投稿の時には、9、11、12のようなネトウヨやネトサポなどのアラシが現れたり、前川さん自身を誹謗中傷する輩がよく現れる。なんともわかりやすい連中だな。

これは、前川さんへの警戒心や恐れを表しているのだろう。この後もネトウヨが反発する可能性もあるな。

まあアラシは削除が必要。


さて本題に戻る。

>教育勅語に込められた天皇への忠誠という倫理は、1945年の敗戦までの日本人の心を支配していた。敗戦のとき、それを信じていた自分の愚かさに気がついた人は多かったはずだ。特に子どもたちはそうだったろう。大人たちの中には、それに気づいた人と気づかないまま架空の倫理を戦後に持ち越した人がいた。


自分の愚かさと言い切ってしまうには少し気の毒な感じもある。確かに自分というのをしっかり人格的にも思想の上でも持っている人はちょっとの事では引っ掛からないのだが、今でもカルト宗教に引っ掛かってしまう人は大勢いる。

カルトまでいかなくても流行や周りに流される人々は五万といる。

特に日本人は周りと同じ言動・方向性を持っていないと不安になる人が多く、イジメもみんなとの違いから発生する場合が多い。

日本人の集団心理は非常にもろくヤワな面があるんですね。だから、全面的に引っ掛かった人のせいにするにはコクであるかもしれない。ただし、日本人はそういう国民性があるのだという自覚をもう少し持って欲しい。自分らの特性が客観的に分析出来ていない。

その特性を最大限に利用悪用したのが「教育勅語」だ。

この悪の洗脳書は、様々な人間の良心を逆手に取って良心を「戦闘」というつながりのない行動に駆り立てるための洗脳書だ。

私はこの世の中の書物で「教育勅語」ほど悪質性の高い書物はないと思っている。

親を大切にする→全体主義に導く→天皇のために日本のために戦う→兵士として戦うことが正義

この「→」のひとつひとつにつながりの必然性やつながりの正当性がないにも関わらず、さもこのつながりが大事だと思い込ませる。結局、「お前らは敵国と戦い相手を殺して来い!そして、その結果、死んでしまうのは本望だろう?と心の奥底までもをも騙し通す極めて悪質な内容」

人を騙して戦死しても構わないと信じ込ませる訳だ。こんなものを教育で使って良い訳がない。

前川さんの危惧は私も同じ様に危惧する。こういう前川さんの考え方に完全に共鳴一致するからこそハンネに反映させて頂いている。言いたい事を再度言う。


教育勅語は、さも由緒正しい真理を装っているが、その実、最悪の洗脳書だ。

これほどまでに極悪な偽善書はない。

親孝行など当たり前。それを言いたいがために教育勅語を持ち出す必要性は全くない。

むしろ、命を粗末にする親不孝の書だ。

若者を戦争に駆り出すための洗脳書。教育勅語は最もダメな書としての歴史的位置付けを確立すべき。

「戦争に駆り出すために偽善により若者を騙してはいけない」と永遠と誓うべきだろう。


愚かな戦争に走った総括が日本には必要なんだよ。これを自虐と言う馬鹿やバカウヨもいるが自虐ではない。

反省して改善して堂々と胸を張れば良い。何が自虐?反省して改善して前向きに生きる。反省しても自信は持てる。この愚行を認めない事の方が精神的な弱さと過去のダメさ加減を引きずっている証拠だろう。

未来志向であればあるほど自分達の過去の過ちを認めて堂々と進むことが出来る。

日本会議や今の政権、自民のウヨ派はこういう事がわかっていない。稲田らの言う歴史観や発言には過去の日本の過ちへの反省がない危険な思想。こういう危険な思想の自民議員が多いから今の自民はダメだと言える。

前川さんには、これからも教育勅語の否定や民主主義の大切さ、三権分立の重要性、全体主義への懸念・・・・これらをガンガン主張して欲しい。

16. 人間になりたい[924] kGyK1ILJgsiC6IK9gqI 2019年1月27日 06:32:14 : Igew9LiSCV : jX5tMsGMxX4[748] 報告

社会には常に、人間とゴロツキが共存している。
人間とゴロツキは正邪、善悪の方向性が真逆になる。
人間の大人と子どもの正邪、善悪の方向性が真逆になるように。
社会の根本的な対立はここから生じる。

人間は他者を思いやり、公共に配慮することが判断の基準になるが、
子どもは自分の損得、好き嫌いが基準になる。
能力的に感覚器官で判断することしかできない子どもがその方法で判断するのは当然だが、
そのままスクスクと成長して自己中心的な大人になると、社会運営上、不都合が生じてしまう。
したがって社会は子どもを人間にねじ曲げなければならない必要に迫られる。
それが教育の基本だ。

教育に失敗して、子どもから人間に成長することができなかったバカが凶悪化するとゴロツキになる。
幼稚化、非人間化を強制して、人間になることを妨げ、
ゴロツキを大量生産するためのテキストが教育勅語の役割である。
明治以来、天皇の神格化、国家神道、教育勅語によって日本人は徹底的にゴロツキ化されたが、
敗戦により多少は正気を取り戻したものの、第一次安倍政権の教育基本法改悪以来、
教育をゴロツキ勢力に乗っ取られたため、また息を吹き返してきたようだ。
社会を正常に保つための方法は、教育と選挙にある。
教育によって人間を作り、ゴロツキを社会の重要な部署に配置しないために選挙がある。
 
 

17. 日高見連邦共和国[11990] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年1月27日 07:03:12 : EAzd2beNIM : n3Ed5oIyADA[2] 報告
>>09

このコメント欄で・・・いや、今年の阿修羅で最も“キモイ”コメントがオマエのそれだ。

バカって悲しいな。(笑)

>>11

まともなコメントを『必死な反論』としか表現できない、それこそ必死で儚い2行の反抗。(笑)

>>12 『うんこ蠅』

消されたコメントは読めません。(笑)

18. 楽老[133] inmYVg 2019年1月27日 09:37:14 : QHkUDaloVM : nhEL_@HJWto[-2553] 報告
>9.11.は捨てIDで書き逃げする輩

【^^】は相変わらずの寝言

〔『教育勅語』に書かれた綺麗ごとを6文字に要約すると『朕の為に死ね』、だ。〕

補足すると
朕を利用する奴等のために死ね
と言う事です。

昭和の日なんぞを設けても平成の日は決して祝日にはならないだろう。
そのうちに、文化の日は元の明治節に

このスレでは出てこないが、前川氏の第二稿では道徳教育が出てくる。
『語先後礼』と言う陳腐な挨拶だ
こんな死んだ教材でなく、生きた教材を使用すべきだ。
道徳教育が最も必要なのは
安倍晋三であり、片山さつきであって学童ではない。

    

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

19. 日高見連邦共和国[12005] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年1月27日 09:59:47 : EAzd2beNIM : n3Ed5oIyADA[17] 報告
私は、江戸時代から昭和ひとケタに連なる戦前教育の“良さ”を全て否定するつもりはない。

例えば『論語』を中心とした『書写』、或いは広い意味での『修身』。
加えて『和算』を見直すことなどは実に検討の価値ありだと思っいる。

但し、戦前の『修身』は、『教育勅語』によって著しく偏向されたものだったので
正しく公平に『四書五経』を読み、書きしなければならないのは、言うまでもない。

少なくとも、『源氏物語』や『記紀』なんぞを読むよりは百倍マシっしょ?(笑)

20. 日高見連邦共和国[12006] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年1月27日 10:04:32 : EAzd2beNIM : n3Ed5oIyADA[18] 報告
あと、岩手県人としては手前みそだが(笑)、『武士道』こそ若い人に読んで貰いたいネ!

(心配するまでもなく、『武士道』に関する書籍や雑誌の特集は“引きも切らず”っだが)

あ、まさか阿修羅に『武士道』が、主君に仕え腹を切る事、だなんて勘違いする人は居ないよね!?

21. 2019年1月27日 10:40:31 : PtqL8BGGcU : GB9r75d47Sw[177] 報告
>>5. 前河さん

同意です。

教育勅語は戦前の教育、つまり、公共の為に、お国の為に命を押しむべからずの教育だ。

現に安倍晋三が第一次安倍内閣の法務大臣に任命した、故長瀬甚園が演説の中で「戦後権利だの平和だのと小学校から教えてきたのがいけないのです。そんな事を教えれば国民が怖気付くじゃないですか。」と。

つまり、国民に権利だの平和だのと小学校から教えれば、国民は戦争でお国の為に死ぬことを恐れるようになってしまう。
「国家が戦争を始めたら、国民の命は消耗品だ、国民には命を惜しまない教育が必要だ」と言っているのだ。

日本はアメリカとその同盟国の為に兵站の任を負うとしているが、その兵站で供給し輸送する物の中には兵隊や車両の補修人員も含まれるが、元中山防衛大臣は「兵站とはおよそ戦争で必要なもの、消費すれば無くなるものを供給輸送することであり、それらは消費物資であるから兵站で運べます」と言っている。

つまり兵隊も車両の補修人員も消費物資であると国会で答弁している。

子供は男と女がやればできる、できれば生まれる、贅沢させず、米やトウモロコシでも食べさせておけば鶏みたいに増え、やがて兵隊になる、つまり只でいくらでも生産できる消費物資と考えているに違いないのだ。

安倍自民党の人たちはだんだんとそういう戦前の教育に戻し、国民に戦争で簡単に命を提供するように教育するために是が非でも教育勅語の復活を望んでいるのである。

それはアメリカが憲法9条があっては、日本が戦争放棄を謳っている為、それではアメリカとその同盟国の為の戦争に参戦できないから、憲法を改憲しろと言っているから、安倍晋三はアメリカのポチなので憲法を変えて、戦前の教育勅語も復活し、いくらでも日本国民の命をアメリカ人の為の盾として使って、アメリカに褒めてもらいたいのである。

戦後、確かにアメリカは日本の再軍備を恐れたし、日本が豊かになれば再軍備をすると恐れた。
だから、日本はアジアのどの貧しい国よりも豊かに案ってはダメだと言って、工場建設でさえか許さなかったが、冷戦とともに、アメリカは経済に行きずまり、今度は日本の経済を豊かにして、その金を吸い上げた方が得策と考え、日本の経済を発展させ、その金にありついた。
しかしアメリカ国内から戦争で兵隊に被害が多い不満が爆発したことから、今度は日本に「金だけではなく日本は血も流せ!」と言ってきたのである。

それに呼応してしっぽを振ったのが安倍晋三である。

かくして安倍晋三はかくぎけ今回選挙で勝利し議員数が2/3を占めたことで、なんでもできる魔法の口を手に入れ、先ず「秘密保持保護法」なるものを閣議決定。
都合が悪いものは何でも国民に秘密にできると言う都合の法を決め。

次から次えと隠蔽・改ざん・廃棄・お友達へ何百億円も貢ぎ、認可は好き勝手に降ろし、嘘の統計を出させ、ナンデモゴザレのアベノウソミクスで国を私し、その金国民の税金である金と権力で官僚も議員も自分の言いなりに操ってきた。
最高裁の裁判官でさえ15人全員を自分の意のままになる人と交換すると言うあさましさ。

教育勅語など国民の命軽視の戦前回帰の入り口で有り、もっての外と言わざるを得ない。

22. 2019年1月27日 11:01:24 : FytmC8zYcS : RW51_JCnY4Y[6] 報告
> 教育勅語には「普遍性を持っている部分」があり、「現代風に解釈」したり「アレンジ」したりすれば、「道徳に使うことのできる分野」があるという趣旨の発言をした。

西ドイツ初代首相アデナウアー氏は執務室に「教育勅語」を掲げていた。
教育勅語には「普遍性を持っている部分」があり、「現代風に解釈」したり「アレンジ」したりすれば、「道徳に使うことのできる分野」があるからだろう。

西ドイツ初代首相アデナウアー氏の執務室にあった「教育勅語」
https://ameblo.jp/germanylife10/entry-12250706194.html
2017-02-24 07:22:32 テーマ:日本
コンラート・アデナウアー氏という、ドイツの名高い政治家がいました。

ナチス政権時、ケルン市長を務めていたアデナウアー氏は、ケルンを訪れたヒトラーとの握手を拒否し、政治家として職を追われることになりました。
戦後、西ドイツが誕生すると、アデナウアー氏は初代首相を務めました。
アデナウアー氏は、「教育勅語」を執務室に掲げていました。
教育勅語は明治天皇が与えた勅語で、政府の教育方針を示すものでした。教育勅語の現代訳は以下です。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
私は、私達の祖先が、遠大な理想のもとに、道義国家の実現をめざして、日本の国をおはじめになったものと信じます。そして、国民は忠孝両全の道を全うして、全国民が心を合わせて努力した結果、今日に至るまで、見事な成果をあげて参りましたことは、もとより日本のすぐれた国柄の賜物といわねばなりませんが、私は教育の根本もまた、道義立国の達成にあると信じます。 

  国民の皆さんは、子は親に孝養を尽くし、兄弟・姉妹は互いに力を合わせて助け合い、夫婦は仲睦まじく解け合い、友人は胸襟を開いて信じ合い、そして自分の言動を慎み、全ての人々に愛の手を差し伸べ、学問を怠らず、職業に専念し、知識を養い、人格を磨き、さらに進んで、社会公共のために貢献し、また、法律や、秩序を守ることは勿論のこと、非常事態の発生の場合は、真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません。そして、これらのことは、善良な国民としての当然の努めであるばかりでなく、また、私達の祖先が、今日まで身をもって示し残された伝統的美風を、さらにいっそう明らかにすることでもあります。

  このような国民の歩むべき道は、祖先の教訓として、私達子孫の守らなければならないところであると共に、この教えは、昔も今も変わらぬ正しい道であり、また日本ばかりでなく、外国で行っても、間違いのない道でありますから、私もまた国民の皆さんと共に、祖父の教えを胸に抱いて、立派な日本人となるように、心から念願するものであります。
〜国民道徳協会訳文による〜

23. 楽老[136] inmYVg 2019年1月27日 11:35:47 : QHkUDaloVM : nhEL_@HJWto[-2550] 報告
>22.RW51_JCnY4Y:「現代風に解釈」したり「アレンジ」

そこまでして、教育基本法に反するものを持ち込もうとする意図は何だろうか?
そうまでしないと、現代日本には道徳規範となるものが存在しないのだろうか?

前川氏の言う通り
『これは日本古来の伝統でも文化でもない。1890年につくられ、1945年には破綻したのだから、その有効期間は55年間だった。1947年に制定され、2006年に改正された教育基本法(旧法)のほうが有効期間は長かった』

公文書改竄及び破棄、統計の誤魔化し、ごはん論法、
反面教師となる生きた道徳教材は山ほどある。

【アデナウアー】云々
為政者にとっては都合がよかったというだけの話だ。
アデナウアーでなく、スターリンであったとしても違和感はない。

ホセ・ムヒカが掲げていたというならびっくりするが

    
     

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

24. 2019年1月27日 12:50:48 : CzYJx39lTc : FaXl5LfuFC0[1354] 報告

安倍の一党「下村博文」も「脳が腐ってウイルスも住みつかない」

安倍が「脳が腐ってウイルスも住みつかない」のは周知の事実。

「もう終わった安倍を責めるのも、バカバカしいが」

もがく「レイムドダックの安倍のアタマを解剖する」のも有りか。

25. 2019年1月27日 13:32:18 : PtqL8BGGcU : GB9r75d47Sw[179] 報告
>前川氏の言う通り
『これは日本古来の伝統でも文化でもない。1890年につくられ、1945年には破綻したのだから、その有効期間は55年間だった。1947年に制定され、2006年に改正された教育基本法(旧法)のほうが有効期間は長かった』

有効期限の問題ではない

教育勅語は1890年につくられ、1945年には破綻
その間の戦争

・1894 【日清戦争】(明治27年)
・1904 【日露戦争】(明治37年)
・1931 【満州事変】(昭和6年9月)
・1937 【日中戦争(支那事変)】(昭和12年)
・1941 【太平洋戦争(大東亜戦争)】(昭和16年)
・1914 【第一次大戦】(大正3年〜1918)

一方教育基本法1947年に制定され、2006年に改正
それ以来戦争は一度も無し。

戦争を望む国民なんていないよ。
ほんの1%の戦争で利益を得る安倍政権の仲間と利権屋以外は、誰も戦争なんか望んでいない。


26. 2019年1月27日 19:22:47 : ILPZzvwnjY : vmkQ3umtLyA[32] 報告
2.5.21>>教育勅語のどこに 天皇のために死ねて書いてある?
      
      どの個所ですか。

      そんなことは書いてないでしょ、過剰に反応しすぎ。

全体的には良いこと、人間としてあるべき姿を書いてある。

      脳みそが赤く洗脳されている人たちには理解できない

      だけだろ。

27. 2019年1月27日 19:55:48 : mrlI2OpSis : HM1TbK7kgrY[199] 報告
>>26

教育勅語は朕のためというより、国のために進んで死になさいと書いている。その国なるものは自分勝手な権力者のことである。

自分の意見をもたず権力者に従え。こんな教え誰にとって都合がいいかは自明。

28. 日高見連邦共和国[12016] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年1月27日 19:56:39 : afXWMVoMjM : UXFvQbph208[3] 報告
WIKIBOOKS 『教育勅語』
https://ja.wikibooks.org/wiki/教育勅語

*****

(原文・ふりがな付き)
>旦緩急(いったんかんきゅう)アレハ義勇公(ぎゆうこう)ニ奉(ほう)シ
 以(もっ)テ天壤無窮(てんじょうむきゅう)ノ皇運(こううん)ヲ扶翼(ふよく)スヘシ

(文部省訳)
>万一危急の大事が起ったならば、大義に基づいて勇気をふるい一身を捧げて皇室国家の為につくせ。

*****

『一身を捧げ』=『命を賭せ』、『皇室国家』=『その頂点たる天皇』の意より、
『朕(皇室のトップ)の為に死ね』という解釈以にどんな解釈が可能だろうかね。

29. 2019年1月27日 20:42:59 : PtqL8BGGcU : GB9r75d47Sw[180] 報告
>>26.
>教育勅語のどこに 天皇のために死ねて書いてある?
どの個所ですか。過剰に反応しすぎ。
全体的には良いこと、人間としてあるべき姿を書いてある。


あなたは多分若いのでしょう。
何もわかっちゃいない!

私の叔父は頭の良い人だったそうだ。
当時或る青銅所の養成校と言えば、働きながら、夜は勉学をさせてくれて、もちろん給料がもらえ、卒業後は立身出世も思いのままと言う一石三鳥の学校だった。
合格したのもつかの間、先生は海軍への志願の書類を持って来た。
当時の子供は今の子のようにぬくぬくと生きていられなかったから、14歳でも結構大人だった。
その海軍の志願の署名を出せば生きて帰れないことはクラスのみんなが分かっていたから、誰も署名しなかった。すると先生は「お前らー!父や母を護ろうとは思わないのか!幼い兄弟や姉妹を護る気概はないのか!お国の為に働こうとは思わないのか!命がけで戦っている兵隊さんに申し訳ないとは思わんのか!卑怯者目!女々しい奴らだ!腰抜け目らがっ!」とさんざんののしり、そのあと猫なで声で「まっ、良いから・・・・今日はこの署名だけして先生の帽子の中に入れろ。そして明日親の許しをも洗ってこい」と言ったので、みんな署名をした。

勿論明日その取り消しなどできなかった。

「私が何でそんなことに詳しいのか?」って?

私の生まれる1か月前に、1歳4か月の兄がジフテリアで亡くなった。
母は臨月で1歳4か月の次男を亡くしたのだ。
栄養も取れない時代で、戦争で子供の増産を国が進め、生めよ増やせよの時代、子供を下ろすことなど許されなかったし、避妊具も無い時代だったから、次から次へと妊娠し、女は栄養も取れなくて体を壊した。
その当時6人兄弟などざらだった。
しかも、臨月でかわいいさかりの子供を亡くし、母は腹膜になり、生死の間をさまよいながらもやっとのことで助かったが、そんなわけで生まれたばかりの私は7歳くらいまで父が抱いて寝ていた。

しかし父も戦争の為に辛い事ばかりが重なった。

親が早世して長男だったため、幼い弟や妹を託されたが、その一番幼い弟を14歳で国に騙され、学校に騙され先生に騙されて、海軍に志願させられ、昭和19年に19歳の若さで輸送船とともに太平洋に沈んだ。
優秀な人材を発掘し、海軍に志願させるための入学試験だった。

その年に1歳4か月の次男を病気で亡くした。
赤紙が町内の若い衆に一斉に届き町内の竹馬の友は全部徴兵されて生きて帰って来なかった。
その前日に若い衆会でお別れの酒盛りをし、呑み過ぎた父は胃けいれんで兵隊検査に落ち、一人だけ生き残ってしまったと、毎夜毎夜大酒を飲んでよだれを流すほどしたたか酔って、泣いて、泣いて、そして酒乱になった。

旦那の仕事で満州に渡っていた妹は終戦とともに帰国したが、美しかったその妹は子供が出来ないからと満州で手術させられビッコになって命からがらやせ衰えて帰国したが、その5年後43歳の若さで病死。

そんな父が泣きながら、まだ7歳の私にそんな話をそんな毎夜毎夜聞かせた。

姉たちも兄も父が酒を呑みだすとみな一人消え二人消えみんな消えた。
そして6人兄弟の下から2番目の私一人がいつも残って父の涙の話を聞いた。

ってわけ。

つまり

父や母を護る。
幼い兄弟姉妹を護る。
国を護る気概を持つ。

皆良い事ばかりを言っているのだが、それが子供の足かせとなり手かせとなって、14歳で海軍に志願させられ、5年間の辛い海軍魂を入れられ、生まれてきて何の楽しみも知らず、ただ勇敢に死ぬための訓練を5年間させられ、19歳の若さで死んでいった。

それが教育勅語なのだよ。

分かったか!あんぽんたん。

30. 2019年1月27日 21:03:27 : ILPZzvwnjY : vmkQ3umtLyA[33] 報告
29>>だから、人類そんなに賢くない、 戦争はいまでもありますよ。

    戦争がなくなればいいが、核兵器まで多量にもってるのが現状です。

    核抑止力とかいって。

    先の大戦で200から300万人の日本人が死んだ悲惨な戦争です

    29 あなたの身内だけじゃありません。

    大東亜戦争はお互いの利害対立があって、残念ながら起きた。

    その後も世界各国で戦争でどんどん人は死んでます。


ベトナムのホ−チミンはフランス、米国と独立をかけて戦い

    ましたベトナム人200万人以上 死にました、 戦争を指導

    し命令したホ−チミンはあんぽんたんですか。

       

    なぜなんですか、人類はあんぽんたんな面がありますよ。  
 

31. 2019年1月27日 21:30:15 : ILPZzvwnjY : vmkQ3umtLyA[34] 報告
ベトナムのホ−チミンは 自由と独立がないなら 生贄(生贄になり死んだ

ほうがましだ)になる と言って、 フランスと戦いました

フランス兵一人死ぬ あいだに ベトナム兵は10人は死ぬだろう

だがベトナム自由と独立のため戦うといいました。

そしてベトナム人は国のために200萬人死にました、悲惨です。

ベトナム人は あんぽんたんですか。

32. 2019年1月27日 22:04:35 : 1RFEkLSxKM : GDNH4KJh0Mc[4552] 報告
カルトに騙される人間って
ある程度の教養がある人限定なのかな?
日本会議が言っている事って 
自分には全く胸に響かないし
正直 馬鹿でよかったかな?って思っている
33. 2019年1月27日 22:39:57 : PtqL8BGGcU : GB9r75d47Sw[181] 報告
>>30.
>29 あなたの身内だけじゃありません。

そうです。私の身内だけじゃないです。
悲惨な死はその当時生きていた日本人のほとんどが身内の市ばかりではなく、いろいろな意味で悲惨な体験をしました。
みんなが悲惨だったのだから、仕方がないと思うのですか?
そんな戦争に利用される、戦前の「教育勅語」なんかに回帰して良い筈がありません。

戦争に加担するものは何だろうと悪です。
安保法も秘密保持保護法も集団的自衛権行使容認もアメリカとその同盟国の為に日本が兵站の任を負う事も。

今は戦争に利用されない「教育基本法」があります。
それなのに「教育勅語」が良いと言うあなたはやっぱりあんぽんたんです。


34. 2019年1月27日 22:45:20 : yS5XGtozkA : mklQijw2vE4[-4470] 報告

教育基本法なんて=誰も守っちゃおらんがな^^



[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

35. 2019年1月27日 22:46:43 : yS5XGtozkA : mklQijw2vE4[-4469] 報告

そもそも=私学助成禁止の憲法に違反して^^

補助金=受け取り放題の=現在、教育学会である^^



[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

36. 2019年1月27日 22:53:16 : yS5XGtozkA : mklQijw2vE4[-4474] 報告

教育勅語は=^^

アメリカ合衆国国防総省が=教育勅語を全面的に否定する方針を打ち出し^^

極東委員会においても「日本教育制度に関する政策」で=^^

教育勅語は教授、研究、儀式の=よりどころとしてはならないと決定された^^

これに基づいて=^^

1948年5月=連合国軍最高司令官総司令部 (GHQ/SCAP) 民政局 (GS) が=^^

衆参両議院の文教委員会の委員長を呼んで=教育勅語を否定する決議をするよう=口頭で勧告した^^

残念ながら=アメリカ合衆国の意向で=廃止になったわけである^^



[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

37. 2019年1月27日 22:56:39 : yS5XGtozkA : mklQijw2vE4[-4473] 報告

ところが=^^

GHQ/SCAPが=廃止させた=教育勅語とは^^

1890年に=施行された本物(オリジナル)ではなく^^

1941年に=戦意高揚のため=改定の上^^

従来の教育勅語は=官僚によって回収され^^

代わって=この廃止を命じられた教育勅語に=すり替えられていることが=今では=分かっている^^



[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

38. 2019年1月27日 22:58:30 : yS5XGtozkA : mklQijw2vE4[-4478] 報告

教育勅語とは=^^

1890年版オリジナルと=^^

1941年軍部編纂の偽物=^^

↑この=2つに分けて=評価する必要性がある^^



[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

39. 2019年1月27日 23:01:43 : yS5XGtozkA : mklQijw2vE4[-4477] 報告

ここで=引用されている前川の発信は=^^

1941年軍部改定編纂版についてで=あり^^

https://snjpn.net/archives/71295

↑1890年オリジナル版については=このように^^

肯定している^^



[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

40. 世のすねものから[122] kKKCzIK3gsuC4ILMgqmC5w 2019年1月27日 23:03:04 : J6UaHiDIU2 : NwTYaNUasn4[3] 報告
もし本当にアデナウアードイツ連邦「共和国」初代首相が執務室に飾っていたとすれば、とっくに帝政を卒業したドイツ人から見てバカげた内容に共感したからではなく、多分日本の誰かに戦前プレゼントされた日本語文章の文字列の美しさで装飾品と見做したか(我が家にもエジプト文字の書かれたお土産パピルスを額装)、ドイツ降伏後も「よく頑張った」日本人の象徴として敬意を表するためだったか、そんなところだろう。戦後日本人商社マンが西独へ出張すると、居酒屋でジョッキを持ったドイツ人男性から"Ohne Itarien!"(今度はイタリア抜きで!)と声をかけられたと聞く。いずれにせよ、首相が陳腐な内容を理解し・肯定したものではない。

近年偽ウヨク外人を官邸やメディア産業がウヨ宣伝に使っているが、ガイジンと結婚した日本人女性の一部も利用されているようだ。お金をちらつかせられると弱いのは人の倣いだと言ってしまえばまあそうだろうが。手軽な商売だからな。

最後に本論。明治天皇は昭和天皇と異なり、宮中祭祀に無関心だったと言われる。皇太子(のちの大正天皇)の欧州遊学も認めた。開明派の天皇があんな偏狭で神がかりの文書に満足するはずはなく、西園寺内閣で尾崎行雄文相が改正を行うことになったが、内閣崩壊でその機会を失った。

伊藤も開明派で病弱であった皇太子の欧州遊学をあきらめることができず、ドイツに帰国していたベルツ博士を呼び戻している。結局無理で断念したが、残念なことであった。無論頭山満などの極右や伊藤のライバルの山形などは猛反対した。

教育勅語が猛威を振るったのは司馬がバカにした昭和の暗黒時代で、安倍や下村らはそこへの回帰を狙っているのだろうが、新憲法を「押し付けた?」連合国は多分そこまでは許さないだろう。トランプはわからないが。

41. 2019年1月27日 23:06:05 : yS5XGtozkA : mklQijw2vE4[-4482] 報告

2014年4月25日^^

共産党・宮本岳志^^

「前川局長は無条件に教育勅語を学校で活用するという事は考えられると答弁。これは重大な答弁」^^

前川喜平^^

「教育勅語に列挙された徳目の中には今日でも通用するような内容も含まれており活用するという事はあり得る」^^

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

42. 世のすねものから[123] kKKCzIK3gsuC4ILMgqmC5w 2019年1月27日 23:06:20 : J6UaHiDIU2 : NwTYaNUasn4[4] 報告
もし本当にアデナウアードイツ連邦「共和国」初代首相が執務室に飾っていたとすれば、とっくに帝政を卒業したドイツ人から見てバカげた内容に共感したからではなく、多分日本の誰かに戦前プレゼントされた日本語文章の文字列の美しさで装飾品と見做したか(我が家にもエジプト文字の書かれたお土産パピルスを額装)、ドイツ降伏後も「よく頑張った」日本人の象徴として敬意を表するためだったか、そんなところだろう。戦後日本人商社マンが西独へ出張すると、居酒屋でジョッキを持ったドイツ人男性から"Ohne Itarien!"(今度はイタリア抜きで!)と声をかけられたと聞く。いずれにせよ、首相が陳腐な内容を理解し・肯定したものではない。

近年偽ウヨク外人を官邸やメディア産業がウヨ宣伝に使っているが、ガイジンと結婚した日本人女性の一部も利用されているようだ。お金をちらつかせられると弱いのは人の倣いだと言ってしまえばまあそうだろうが。手軽な商売だからな。

最後に本論。明治天皇は昭和天皇と異なり、宮中祭祀に無関心だったと言われる。皇太子(のちの大正天皇)の欧州遊学も認めた。開明派の天皇があんな偏狭で神がかりの文書に満足するはずはなく、西園寺内閣で尾崎行雄文相が改正を行うことになったが、内閣崩壊でその機会を失った。

伊藤も開明派で病弱であった皇太子の欧州遊学をあきらめることができず、ドイツに帰国していたベルツ博士を呼び戻している。結局無理で断念したが、残念なことであった。無論頭山満などの極右や伊藤のライバルの山形などは猛反対した。

教育勅語が猛威を振るったのは司馬がバカにした昭和の暗黒時代で、安倍や下村らはそこへの回帰を狙っているのだろうが、新憲法を「押し付けた?」連合国は多分そこまでは許さないだろう。トランプはわからないが。

43. 2019年1月27日 23:06:57 : yS5XGtozkA : mklQijw2vE4[-4481] 報告

●非常に重要^^

2014年4月25日^^

共産党・宮本岳志^^

「前川局長は無条件に教育勅語を学校で活用するという事は考えられると答弁。これは重大な答弁」^^

前川喜平^^

「教育勅語に列挙された徳目の中には今日でも通用するような内容も含まれており活用するという事はあり得る」^^

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

44. 2019年1月27日 23:07:41 : yS5XGtozkA : mklQijw2vE4[-4480] 報告

●非常に重要^^


2014年4月25日^^

共産党・宮本岳志^^

「前川局長は無条件に教育勅語を学校で活用するという事は考えられると答弁。これは重大な答弁」^^

前川喜平^^

「教育勅語に列挙された徳目の中には今日でも通用するような内容も含まれており活用するという事はあり得る」^^

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

45. 2019年1月27日 23:28:52 : rfqdHwx7TA : J_tElI7nOcA[101] 報告
実際には天皇という権威に忠誠させ、
その下とされる大臣共が好き放題した上、責任を天皇に丸投げし
責任を負わずにいられる体制作りが狙いだろう。

責を負うべきものが何も背負わない最悪の政治形態だ。

46. 2019年1月27日 23:44:31 : yS5XGtozkA : mklQijw2vE4[-4488] 報告

ははははははははははははははははははははは^^

2014年4月25日^^

共産党・宮本岳志^^

「前川局長は無条件に教育勅語を学校で活用するという事は考えられると答弁。これは重大な答弁」^^

前川喜平^^

「教育勅語に列挙された徳目の中には今日でも通用するような内容も含まれており活用するという事はあり得る」^^

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

47. 2019年1月27日 23:57:34 : yS5XGtozkA : mklQijw2vE4[-4490] 報告

教育勅語は=このように英訳されている^^

Important Qualitites ^^

1.Father and Mother, thank you ^^

2.Let’s get along together respectably ^^

3.Let’s help and support one another ^^

4.We understand one another ^^

5.Sorry I’ll think it through carefully ^^

6.I’ll be kind to everyone ^^

7.I’ll keep studying and making efort ^^

8.I’ll be happy to help you ^^

9.I always keep my promise ^^

10.I’ll be hold and more my best effort ^^

11.I’ll continue to value good quality ^^

12.I’ll try first on my own ^^

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

48. 2019年1月27日 23:59:40 : yS5XGtozkA : mklQijw2vE4[-4492] 報告

いったい^^

これの=何処が=軍国主義に当たると言うのか?^^

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

49. 2019年1月28日 01:52:21 : kt5e1cNCGY : K2_Y57rm7oM[2] 報告
>そもそも教育勅語という文書は、明治天皇の侍講であった元田永孚と伊藤博文のもとで法制官僚として腕を振るった井上毅が中心になってつくられたものである。全国の神社を天皇制の下に統合した国家神道とあいまって、戦前戦中の日本人の精神を支配した「教義」だったと言ってもいい。
 
>これは日本古来の伝統でも文化でもない。1890年につくられ、1945年には破綻したのだから、その有効期間は55年間だった。1947年に制定され、2006年に改正された教育基本法(旧法)のほうが有効期間は長かった。
 
>1946年1月、昭和天皇は「人間宣言」を行い、同年11月に公布された日本国憲法は、天皇を日本国と日本国民統合の「象徴」とした。教育勅語の神話国家観は完全に否定されたのである。主権は天皇から国民に移り、教育勅語に代えて新憲法下の教育の理念を示す法律として1947年3月に教育基本法が制定された。
 
>こうした経緯を受けて、1948年6月、衆議院は教育勅語を憲法に反する文書として排除することを決議し、参議院は教育基本法の制定により教育勅語が失効したことを確認する決議を行った。
 
 
そもそも今の安倍政権を国内で支えているのは日本会議と巨大企業の集まりである財界だろうが、財界は欲ボケしてるだけで思想性はないから(それはそれで大いに問題だが)とりあえずは置いておいて、日本会議が目指すのは大日本帝国と明治帝国憲法の復活であろう。
 
しかし、その大日本帝国は明治元年の1868年に始まり、1945年の敗戦で終わったとすると、やはりその「有効期限」は77年でしかない。今どき、77年生きる人などざらにいるのだから、つまりは「一人の爺さんか婆さんが生きた期間」に過ぎない。

その77年の間、自給自足が建前だった農村経済は崩壊して行き、土地持ちだった多くの「本百姓」が小作に転落、新興の不在地主が増えて、今以上に貧富の差が開き、親の借金や家族の生活費のために多くの娘たちが苦界に売られていった。(そうしたことは幕末からすでにあったことではあるが明治の”近代化“はそれを促進したのだ)

一方で大日本帝国はいくつもの戦争をし、朝鮮半島や中国、東南アジアを支配下に置いたものの、最後に東京大空襲や広島、長崎に人類史上、かつてないほどの悪魔の兵器、原爆を投下されるという痛手を受けて敗北した。
 
そんな忌まわしい記憶の残る77年の大日本帝国を神聖な「理想郷」のように渇仰し、そこへ還ることを理想とする人々とは何者なのか?

少なくともその77年間に我が身を裂かれるような苦しみを感じなかった特権的な人々の末裔(すえ)ではないのかと疑いもしたくなるが、必ずしも全部がそうではなく、カルト的な思想に洗脳された人々もいるようだ。
 
そもそも何かといえば「日本の伝統」を重んじるようなことを言う彼らではあるが、彼らの言う日本の伝統文化には「江戸の粋(いき)」も「室町の幽玄(ゆうげん)」も「平安の雅(みやび)」も無い。明治以前の精神文化と言えば、なぜか古代の古事記にまで遡ってしまうのである。
 
それは明治維新の思想的な柱の一つが幕末の国学思想であり、「古事記」がその国学者によって”再発見”されたことにも関わってはいるのだろう。しかし、国学思想も古事記も本来はおおらかなものであったはずなのに、彼らの解釈にかかると江戸期に成立した「武士道は死ぬことと見つけたり」の葉隠的に陰惨なものになってしまう。
 
そもそも「葉隠的武士道精神」とは戦国時代には無かったもの。戦国の世では武士と言えば小なりといえども「領主」であり、家の子郎党を抱えた、つまりは独立独歩の”中小企業の社長”。取引先の相手(主君)が無能で潰れるとみなせば、裏切って寝返るのも当たり前であった。

それが戦国が終わって江戸時代となり、今とは違って、めったなことでは転職もできない会社の社長(藩主)から給料制で扶持米を貰うしか生きていく手段のない「終身雇用のサラリーマン武士」になってしまってから、どんなバカ殿でも「殿の馬前で死ぬが忠義」みたいなグロテスクで抽象的な話になって行った。
 
思えば、明治政府を作った高官たちのほとんどが薩長土肥の下級武士上がりであり、当時、彼らの身体に刻み込まれた思想はそれしかなかった。た彼等がそれを国民全体に与えるものとして天皇制を中心に制作し直したのが「皇国史観」であり「国家神道」であろう。
 
さらには対外的にはアジア・アフリカ・中南米に植民地を広げて搾取していた欧米列強に対抗して「アジアの同胞を救う」という高邁な精神の基(もとい)であったはずの「富国強兵」が、たちまちその強欲な欧米の同類になってアジアから搾取しようという方向に道を間違い、レイヤード・キップリングの謳った高慢な「白人の責務」ならぬ「日本民族の責務」を謳うようになってしまった。
 
古事記にそんな陰惨卑屈な封建的精神と欧米的傲慢不遜精神を塗り付けて、それを「日本の伝統」と言われてもグロテスクで片腹痛い。

50. 2019年1月28日 05:47:25 : ILPZzvwnjY : vmkQ3umtLyA[35] 報告
62. 楽老[141] inmYVg 2019年1月29日 08:51:28 : QHkUDaloVM : nhEL_@HJWto[-2545] 報告
>57.vmkQ3umtLyA

ただの阿保
1945年第二次世界大戦が決着して、世界の大侵略時代が終了したと言う事が
お前の挙げた国々の独立だ。
ヤルタ会談、ポツダム会談という連合国(戦勝国)側の会談で、領土拡張戦争は止めようということになった。
米国を除くと戦勝国と言えども第二次大戦で疲弊してしまい、植民地経営にコストがかかり、独立指向の強い地域が宗主国の圧力を跳ね返して独立を勝ち取ったに過ぎない。
だから、米国の植民地で独立したところはほとんどない。
フィリピンだけが例外だが、これは米西戦争でフィリピンを米国が手中に収めた時に約束されていたものだったが、約束した日限よりはるかに遅い独立であった。

>60.世のすねものから:日本の南方占領は解放のためではなく、英仏蘭に日本が取って代わって資源略奪の植民地経営を行うためだった。

全くこの方の言う通りで
このことを理解できないお前に地図が読めないと言ったのだヨ

大侵略時代は終わったが、米国とソ連(当時)だけが領土拡張路線を継続した。
パナマの接収であり、失敗したがベトナム戦争も米国の侵略戦争だ。
インド洋に浮かぶディエゴガルシア島もイギリスから取り上げた。
沖縄占領も
沖縄90万同胞は米国憲法にも日本国憲法にも保護されない、国連憲章さえ手の届かない不当な地位に陥れられた。
この他にも米軍基地を世界に張り巡らすべく、多くの地域を米国は戦後に手中に収めた。

これが、ラブロフのいう戦後の秩序だ。
決して公明正大ではなく、不条理に満ちたものだ。

これを破壊して戦前に戻そうとする願望(妄想)がネトウヨと安倍真理教だ。
この動きの一つが教育勅の復権である。

   

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

63. 楽老[142] inmYVg 2019年1月29日 09:28:34 : QHkUDaloVM : nhEL_@HJWto[-2544] 報告
>61.vmkQ3umtLyA

(世のすねものから)氏は別の回答をするかもしれないが

(1)ほとんど日本だけが独立国だった:中国は完全な独立国であった。欧米列強に蚕食されてはいたが、清朝そのものを征服しようという動きは欧米列強にはなく、日本だけが清朝に攻め込んだのだ。

(2)欧米白人のみが搾取してたんじゃないですか、違いますか。:その通りだよ。その白人にとって代わって日本が搾取しようとしただけだ。

(3)日本は資源のない国にです:その通りだヨ。だから何?

(4)この欧諸国の行動は戦争布告と同様に見なされる行為:これも必ずしも間違ってることではないが、宣戦布告されたわけではないよね。日本の外交力の無さを露呈しただけのものだ。

(5)日本軍が現地人を軍事教練して、協力して独立戦争を戦ていますよ。:これは単なるプロパガンダ。逆に抗日戦線を組織したところもあった。毛沢東が日本軍と争わず国民党と対峙し、ある時には国共合作で日本軍と対峙した。事の一局面だけをことさら大きく取り上げることには何の意味もない。

(6)細かい理由で日本批判:これは大間違い。世界史の観点からの日本の行為として批判されているのである。

     



[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

64. 2019年1月29日 10:10:30 : ILPZzvwnjY : vmkQ3umtLyA[39] 報告
62>>楽浪 タダの阿呆は君だろ

「1945年第二次世界大戦が決着して、世界の大侵略時代が終了したと言う事が
お前の挙げた国々の独立だ」

 独立できてよかったではないか、悪いことか どうなんだ、アホの楽浪。


 戦勝国と言われる米国、ソ連のやってる不条理までいまの日本に正せる
 
 力はないだろ、 アホの楽老できるならやってみれば。


 世のすねもの の返事まで出しゃばる必要ないよ、アホの話はききたくな

 いんじゃよ。

65. 楽老[145] inmYVg 2019年1月29日 14:07:07 : QHkUDaloVM : nhEL_@HJWto[-2541] 報告
>64.vmkQ3umtLyA:

教育勅語について
>26.:全体的には良いこと、人間としてあるべき姿を書いてある。

このお馬鹿コメが発端だったな
それをお前が勝手に議論をスピンさせて、大日本帝国皇軍を擁護し出しただけのことなんだよ。

歴史を勉強したことも無いお前に説いても無駄だろうが
日本が頑張ったから云々ではなく、いろいろな要因があり、今もまだ独立できない国もある。お前のような薄っぺらなコメは何の意味も無い。

さて
本論に戻って
教育勅語は滅私奉公を強制するものであり、事実そのように運用されてきた。
この反省に基き、旧教育基本法で教育勅語を否定した。
盗人にも三分の理という
三分に気を取られて七分を無視するバカ

伝統でも何でもない戦前の悪弊を今担ぎ出さねばならない理由は何か
教育勅語に頼らねばならないほど道徳が廃れているのはよくわかるがネ
公文書は改竄する
日報は隠す
議事録は破棄し、詳細な議事録を取ることも制限した
純粋な科学である統計まで利用し
エンゲル係数の意味を勝手に変更し、あまつさえネトウヨをしてwikiの書き換え騒動まで引き起こした。
これらを反面教師とすれば、道徳教材は山ほどある。

道徳教育が必要なのは学童ではなく、安倍晋三や片山さつきであろう。
教育勅語を持ち出すまでも無いことだ。

蛇足
私は楽浪じゃないよ(笑)

    

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

66. 前河[1352] kU@JzQ 2019年1月29日 18:51:51 : eKKBdMhn0w : j4L30uKUCZY[66] 報告

私にも言いたい事が沢山あるが、今は忙しいので、世のすねものからさんと楽老さんに同意出来る部分のみ。

>日本の南方占領は解放のためではなく、英仏蘭に日本が取って代わって資源略奪の植民地経営を行うためだった。

正にここに全てが集約されている。資源略奪の経営のために双方に多くの犠牲を出した。許される事ではない。

>この他にも米軍基地を世界に張り巡らすべく、多くの地域を米国は戦後に手中に収めた。これが、ラブロフのいう戦後の秩序だ。決して公明正大ではなく、不条理に満ちたものだ。

正に。米の野望。大日本帝国も酷いが米国も酷い。戦争を引き起こした国は、全て皆反省しなければならない。

>これを破壊して戦前に戻そうとする願望(妄想)がネトウヨと安倍真理教だ。この動きの一つが教育勅の復権である。

正に。安倍真理教は狂っている。その危険思想を前川さんが危惧してる。


67. 2019年1月29日 21:35:16 : 2FOSukKJfI : rRlUD7YvIXs[67] 報告
教育勅語を褒め称える連中の「道徳性」を見ればね、「その効果」は一目瞭然だろう。

ここでそれを言ってる人もその同類だ。
もちろんそう言われれば嬉しいはずだよね?
誰かさんたちと一緒なら、あんたらにはこの上ない「最高の名誉」だもんね?
だから一言の文句もあるまいさ!

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK256掲示板 次へ  前へ


フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK256掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK256掲示板  
次へ