★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK257 > 165.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中村敦夫氏が警鐘 「安倍政権は高速道を逆走している」 注目の人 直撃インタビュー(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/19/senkyo257/msg/165.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 2 月 04 日 07:40:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

 


中村敦夫氏が警鐘 「安倍政権は高速道を逆走している」 注目の人 直撃インタビュー
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/246618
2019/02/04 日刊ゲンダイ


俳優の中村敦夫氏(C)日刊ゲンダイ

 5月に元号が変わるが、戦前、戦後の昭和、平成、そして、新元号を迎える時代の流れを冷徹に見つめてきたのが、この人だろう。「あっしには関わりないことで」という木枯し紋次郎のイメージが強烈だが、俳優、小説家、国会議員、劇作家と、変幻自在の表現者として、社会にメッセージを送り続けている。そんな中村敦夫氏が鳴らす「時代への警鐘」――。

  ――戦争のときは4、5歳ですね。どんな記憶がありますか?

 多分、僕なんかが戦争の記憶がある最後の世代だと思います。もちろん、戦場に行ったわけじゃないけれど、空襲の記憶はある。当時、読売新聞に勤めていた父の実家がある郡山(福島県)に疎開していたんだけど、あそこには、飛行場があってね。狙われたんでしょう。空襲警報が鳴り、B29が飛んでくる。大きな防空壕に近所の人と飛び込んでね。毎日、そういう訳の分からない危機感がありましたね。

■平成の次は大混乱の恐ろしい時代へ

  ――5月に改元がありますね。中村さんは戦前の昭和、戦後の昭和。そして、平成、その次と生きてこられた。激動の時代ですよね。どのように時代を総括されていますか? 国家観、憲法観、それぞれの時代で随分変わってきたんでしょうね。

 昭和は侵略戦争、太平洋戦争、敗戦、経済復興、バブル経済と激動でしたね。戦争という犠牲を払ったけど、先進国に追い付いていく時代。ところが、昭和の終わりくらいから、それまでの経済成長の在り方、資本主義の行方が怪しくなってくる。オーソドックスなモノづくりから金融経済にシフトしていく。その結果、平成になると、世界を操る権力構造が随分、変わってきましたね。それまでの発展途上国がぐんぐん伸びてきたパターンと違って、資本はグローバルになり、金融中心になると、国籍そのものが重要さを持たなくなる。多国籍化したものに権力がシフトしていく。

  ――しかし、いまは、その金融の覇者、米国が一国主義を唱えている。

 そう。私は平成の後半の特徴は、金融中心のグローバルな資本主義も崩壊し、世界中が混乱していく過程に入ったな、と思ってます。いま、それぞれの国でおかしな現象が起きているでしょう。ナショナリズムが台頭し、反グローバリズムのようなことを言う勢力が強くなってきている。矛盾ですよね。資本主義を肯定しているのであれば、グローバリズムに行き着くしかないのに、何を言っているのか。それじゃあ、昔のような資本主義に戻れるのかというと、もう戻れませんよ。私は得度してますが、諸行無常という言葉がある。仏教の一番大切な教えです。物事は絶えず変化していて、同じところにとどまらない。そういう見方をするといろんなことが分かってきます。

■高速道を逆走している安倍政権

  ――「これは絶対」なんてないのに、資本主義は成長拡大するものだという前提でもがいていますね。日本は成長戦略とか言って、原発輸出にシャカリキだったが、失敗した。

 安倍政権は経済成長を神のように崇めているが、内容がないんですよね。いろんなことをブチ上げていますが、どれも不成立でしょ。金融政策で株が上がっただけで、いつ崩れるか分からない。バクチ経済です。実体経済で売り物がないから原発でも輸出するかということになる。とんでもない話ですよ。自分の国で始末に負えないものを他国に押し付けるなんて、商道徳に反するわけです。しかもことごとく失敗、破談じゃないですか。残るのは大阪万博にからめたカジノ構想ですか? おいおい、経済成長ってオイチョカブと同じかよって。そういう貧しい発想でしか経済を捉えていないんですね。いま、人類はどういう時代に突き進んでいるのか、という認識が決定的に欠落していて、高速道を逆走しているような時代錯誤を感じます。

■経済至上主義を止めなければ破滅の道

――中村さんは、かつて「簡素なる国」という本をお書きになりましたね。そこで「少欲知足」という仏教的価値観を提唱されていますが、まさしく、こうした考え方に真正面から向き合う時代になったんじゃないですか?

 このまま大きいことはいいことだという経済の哲学が膨らんでいったら、パンクするに決まっています。もう、その最終段階に来たと思いますよ。小さいことこそ、よいことだという逆転の発想が必要だと思います。仏教では貪欲というものが、人間社会の中で最悪のものだという考え方があります。ところが、経済成長主義というのは貪欲を奨励するわけです。つまり、貪欲でいろんなものが動く。貪欲が前提です。人間の欲望は限りないから、永遠に成長する。それが経済至上主義です。でも、欲望は限りなくても物事は有限ですからね。資源も環境も有限なんです。動物の一種に過ぎない人間が勝手なことをやれば、破局に向かうのは当たり前なんですよ。有限の資源を掘り尽くせばゼロになる。先がなくなる。

  ――争いも起こる。

 どういうときに経済成長するかというと、一番手っ取り早くて効果があるのは戦争なんですね。だから、どれだけみんなが戦争反対してもなくならない。必ず苦し紛れに戦争が出てきて、それまでの窮地を一時的に救う。米国は戦争を続けることで成長を確保しているし、そもそも戦争は経済政策なんですよね。誰もが戦争はよくないと分かりつつ、目をつむってしまう。なぜかというと、経済成長を神として崇めているからですよ。もう一つは、環境破壊。経済成長のためには環境破壊もしょうがないという理屈になる。でも、人間は動物だから、環境破壊をやったら終わりなんですよ。核兵器と環境破壊によって、人類は滅びる運命にある。このまま拡大経済を神として崇めていったら、終わりです。いや、すでに終わっていて、だから、バカなことを言う指導者が、各国で出てきているんでしょう。バカの行く末は大変ですよ。必ず、悲劇になります。恐ろしい時代になったものだと思います。

  ――そんな中、中村さんの反原発の朗読劇「線量計が鳴る」が評判ですね。国民にも「このままでは行き詰まる」という悲劇の予感があるような気がします。

 凄いですよ、4月いっぱいまで公演が詰まっています。4月末までに70回くらい上演できるのではないですか。今まで反原発の市民グループが集会をやっても全然、人が集まらなかったのにね。


朗読劇「線量計が鳴る」から(提供写真)

政治家の9割は選挙活動が就職活動

  ――国民のひとりとしては政治の無力を感じる一方で、中村さんのような表現者の方が世の中を変える力があるように思います。情けない野党よりも芸術家の時代じゃないですか?

 政治が頑張らなければダメなんだけど、そう思って政界に飛び込んでみたらとんでもない世界だったのは事実です。みんな就職のために議員になるんだな。票になるなら何党でも構わない、次に当選できるのであればどこでもいい。そんな議員が9割ですよ。だから、僕が政治の話をしようとするとみんな嫌がるんだな。原発の危うさは分かっていても、票にならないから反対しない。そんな議員ばっかりですよ、与党も野党も。

  ――ますます、中村さんには頑張ってほしいのですが、それにしても、中村さんはお元気ですね。健康法とかありますか?

 一番嫌いなのは努力。努力するとロクなことにならない。朝起きてマラソン始めたら心臓マヒ起こしたりね。目先のことでビクビク、くよくよせずに、時間を長くゆったり生きる。あまり過激な努力をしないことです。みなさん、自分を査定して、高く見積もりすぎる傾向があると思いますよ。そりゃ、そこそこ成功している人はいるだろうが、そんなに変わらないでしょう。金に汚いかどうかの違いだけです。私は動物の一匹として生まれてしまった。死にゆく運命です。生を受けたことは、そんな幸せな贈り物ではないが、当たってしまったわけだから、ゆったりと楽しめるものは楽しむ。死後の心配する人がいるけど、「あんたどっから来たんだ」ってね。人間の存在なんて暫定的な存在だと思う。いろんなこと分からなくていいんですよ。全部分かってうまくやろうという貧乏根性を捨てること。そうすれば、人生、別のことが見えてくると思います。

 (聞き手=寺田俊治/日刊ゲンダイ)

▽なかむら・あつお 1940年2月生まれ。東京外大インドネシア語科を中退し、俳優座へ。テレビ時代劇「木枯し紋次郎」が大ヒットし、人気俳優に。その後、司会者、キャスターなどを経て、参院議員。「ジャカルタの目」など小説家としても活躍した。2017年から反原発の一人朗読劇「線量計が鳴る」を全国公演中。上演回数は50回を超えた。菅官房長官(?)をパロディーにして、独立国家とは言えない日本の改憲を笑い飛ばした新作喜劇「流行性官房長官―憲法に関する特別談話」(KADOKAWA「憲法についていま私が考えること」に収録)も評判だ。

「日本は民主主義国家でも独立国家でもないのに、間違った前提で議論が進んでいることを描く不条理演劇です」
















 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[3828] kNSCqYLU 2019年2月04日 07:41:36 : 90EZJT5uPI : 4gKn5wchQzA[391] 報告


2. 赤かぶ[3831] kNSCqYLU 2019年2月04日 07:50:01 : 90EZJT5uPI : 4gKn5wchQzA[394] 報告


3. 赤かぶ[3840] kNSCqYLU 2019年2月04日 08:48:22 : 90EZJT5uPI : 4gKn5wchQzA[403] 報告


4. あおしろとらの友[2026] gqCCqIK1guuCxoLngsyXRg 2019年2月04日 08:52:06 : RNYKA7Q0Ca : @VUWoxWWfz8[20] 報告
 中村敦夫氏、「安倍政権は高速道を逆走している」。大破綻は必至だという比喩だ。
5. 2019年2月04日 09:27:22 : nHUcLdwOjA : ncV11uzL4oU[60] 報告
山本太郎氏も街頭演説で言ってましたよね。
「(「お前対案はあるのか?」のヤジに)対案?ありますよ。今安倍政権がやっている事の逆をやれば良いんです。」
6. 2019年2月04日 10:16:53 : LNcM1DmaLo : sUdbyCfzGeY[5] 報告
>安倍政権は高速道を逆走

安倍晋三は政治の痴呆老人で有り免許剥奪が相当だ!

7. 2019年2月04日 10:39:49 : PtqL8BGGcU : GB9r75d47Sw[241] 報告
確かに安倍晋三は時代を逆走している。
あの忌まわしい太平洋戦争の時代へ戻ろうと必死だ。

核の事も原発の知識もゼロだし放射能についての知識も全く無いくせに、2006年の核の専門家、共産党の吉井秀勝氏の国会質問「スウェーデンが総電源喪失で原発事故を起こしましたが、日本の原発もそうなる危険がありますが、何か対策をおとりになるお考えはおありですか?」の質問に当時の第一次安倍内閣総理大臣安倍晋三は「日本の原発はスウェーデンとは全く様式が違うので総電源喪失という原発事故は起きないのです!」などと、有りもしない知識をまるで知識があるかのように嘘ばかりを国会で堂々と披露した。

お陰で日本はそのたった5年後世界最大の原発4基爆発事故を起こしてしまった。
そして何の責任も取らず再度総理になって、今度は戦争がしたくてしたくてうずうずしている。
アメリカが要求しているからだ。

先ず戦争の出来ない国日本を自分の解釈だけで戦争の出来る国にしてしまった。
「個別的自衛権には集団的自衛権も含まれる」などとまるで見当違いの事をさも正しいかのように言い張って、集団的自衛権行使容認まで,分かりもしない能力で、数を力に閣議決定してしまった。

そしてそれからは自衛隊は海外派兵するわ!
武器はいくらでもアメリカの言うなりに税金で買いあさるわ!
勝手に法律は変えるわ!
最高裁裁判官は息のかかった人に15人全員取り替えるわ!
記録の改ざん・廃棄・隠ぺいはするわ!
今度は統計までいじくりまわしてデタラメ統計でアベノミクスがさも成功しているかのようなウソの連発。

徴兵制度まで逆行しそうだ。

安倍は徴兵など有り得ないと言っているが文部科学大臣だった下村博文がちゃんと演説で言っているではないか!

元防衛大臣の稲田朋美は「国民の生活が大事だなんて政治は間違っている。戦争は人間の霊魂進化にとって最高の宗教的行事だと言って、安倍も拍手をしたではないか、出席していた300人近い自民党議員は割れるような拍手をしたではないか!

第一次安倍内閣で安倍晋三が法務大臣に任命した長瀬甚園は「憲法から国民主権・平和主義・基本的人権の三つを無くさないと本当の日本の自主憲法にはならない、なぜなら日本の憲法は戦後外国から押し付けられたものだから。戦後小学校から権利だの平和だのと教えたからいけないんです。そんなことを教えれば国民は皆怖気付くじゃないですか!」と演説し、安倍晋三も拍手したばかりでなく、その言葉を引用してTVで「日本の憲法は戦後外国から押し付けられたもので実にみっともない憲法です、だから変えなければならないのです」と言ったではないか。

紛れもなく安倍は戦争へ突き進んでいる。
原発もどんどん再稼働に進んでいる。
放射能がどんどん出続けるままに。

安倍晋三が時代を逆走していることは明白だ。


8. 2019年2月04日 12:22:20 : 1RFEkLSxKM : GDNH4KJh0Mc[4582] 報告
敦夫さんに本当に超能力があれば
安倍なんか今頃あの世行きなんですけどねぇ
9. 2019年2月04日 12:45:30 : FehvLrQ8PQ : o4LHaPZCGXE[111] 報告
  
  中村敦夫さん、参院議員をなさって居らっしゃたんですね。
 努力をなさらなくとも(笑い)立派な方ですね〜♪
 一方で、人間としても、教養人としても中村さんの足下にも及ばぬ
 卑しい方々が、戦後からずーっと政治家として君臨する日本国民の不幸は
 計り知れないものだ。
10. 2019年2月04日 12:59:02 : uNDSKAys4E : 15KJ9uKnWdM[161] 報告
現段階でかなり醜態をさらしている安倍内閣ですが、それでも支持率が下落しないのは、既に一定数の国民が洗脳されてるということでしょうか。中村氏のような方が洗脳の解除に動いてもらいたい。
11. 2019年2月04日 16:30:47 : PtqL8BGGcU : GB9r75d47Sw[244] 報告
他の芸能人は何をしてるんだ!

戦争になれば真っ先に弾圧されるのが芸術やスポーツだ。

桜見の会で安倍と一緒に写真に納まってる場合か!

軍靴の足音がそこまで近づいてきていると言うのに。


・安保法
・集団的自衛権行使容認
・秘密保持保護法
・治安維持法
・15歳の子供に半年間自衛隊の訓練を自民党は考えており、有事の際即兵隊として使える・・・下村博文元科学文部大臣
・国民の生活が第一だなんて間違っている。戦争は人間の霊魂進化にとって最高の宗教的行事であり、世界中で日本だけが道義的大国の資格がある・・・・稲田朋美
・憲法から国民主権・平和主義・国民主権を無くさないと本当の日本の自主憲法にならない、なぜなら日本国憲法は戦後アメリカから押し付けられたものだから・・・・第一次安倍内閣法務大臣故長瀬甚園
・最初から国民主権などとしたのが間違いだ‥‥西田昌司
・日本の憲法は戦後アメリカから押し付けられたものでありまことにみっともない憲法だから、憲法を変えなければならない…・安倍晋三(長瀬甚園の演説の真似)
・ナチに倣え・・・・麻生太郎


まことにみっともない政権だから、変えなければなりません。


12. 地下爺[4783] km6Jupbq 2019年2月04日 18:57:13 : CxypY6vUgM : 0[192] 報告
 

13. 地下爺[4784] km6Jupbq 2019年2月04日 18:59:26 : CxypY6vUgM : 0[193] 報告
 
14. 2019年2月04日 19:00:29 : VtPKjeHzOY : 0[194] 報告
>>10さん
支持率なんか、ずーっと前から捏造です。
選挙結果もインチキ・改竄の結果ですよーーーー!

>あべ総統閣下政権の本当の支持率は5%。しかも支持者は外国人(北朝鮮工作員)?
https://ameblo.jp/ruroibrown/entry-12224762704.html?frm=theme

>あまりにも対照的な、枝野コールと逃げ回る国難のアベ:https://imgur.com/a/99SNP
>閑古鳥候補が圧勝!?:2013参院選・2014都知事選:https://imgur.com/a/zaMpC

>不正選挙を糾弾して安倍インチキ政権を打倒し、真の民主主義を求めようとする皆さんへ
https://blogs.yahoo.co.jp/y2001317/46577694.html
その1 不正選挙実施のための準備
その2 米国式不正選挙の概要
その3 不正選挙に関する論証について

15. 2019年2月04日 21:18:28 : e8KHZPVPnI : 7oDsRu6RCw4[4] 報告
日本国?そんな国あったけ?アメリカ植民地Japanはあるが。
当然!主権はアメリカさ。国政選挙もアメリカが決める。

アメリカさんのやっている事は他国へ侵略して、シリア、アフガン、イラク、中東各地でも、赤子の脳みそ、ふっ飛ばしておいて!ケミカルウィポンで想像も出来ない苦しみ!らしいが、罪もない人を殺しておいて、帰還兵がPTSDになった!帰還兵の自殺者が!と自分達の国がした悪行は忘れておいて、「私達はこんなに苦しんでいます!」と騒ぐ国。アホか!

そんな国に100年近くも仕えて、自国民をないがしろにして丸裸にし、アメリカの言いなりになってきた自民党公明党。

前沖縄県知事翁長氏夫人がIWJ岩上氏の取材で「辺野古新基地で普天間基地が返ってくるか?」の質問で、「アメリカは一度手にしたものは返さない」とはっきりと仰った。流石!
だから、普天間と辺野古も2!基地ゲット!という訳だ。

よく、リベラルとか装った知識層がいるが、あれは反感と憎しみをアメリカに向かわないようにする為のガス抜き‼戦術!
今迄、彼等が肥え上げて、多少でもいい方向に向かったことあるか!?ゼロ!
それに軍産複合体の学者が言っても、説得力に欠けるし。

超貧乏だが、経済至上主義は反対!
山本太郎議員が「消費活動云々〜」と言ったが、どういう趣旨で言ったか分らないが、この点は違う。
今日明日、喰い物がない生活はゴメンだが、もう、消費拡大の時代ではない。
今日、食べる物に困るのは出来たら避けたいが、

16. 2019年2月04日 21:28:13 : e8KHZPVPnI : 7oDsRu6RCw4[5] 報告
15.変換ミス訂正とお詫び

🙇上から17行目 今迄、彼等が肥え上げて:誤→正:声上げて

17. 2019年2月05日 01:53:48 : UOi40chJu2 : 0[245] 報告
日本政治のアメリカ大使館人事も終わったことです。

安倍は退陣だ。

アメリカについて行くと、崩壊しかありません。

南米アメリカ大陸見ていればわかるでしょう。北米カナダもですね。

搾取してつぶす、、だけで、育てないからです。

わかりますか?

18. 2019年2月05日 04:04:05 : Yoir6UzXrc : ydeJLA7i9q0[43] 報告
「この国の八百長を見つけたり」(中村敦夫・著 光文社 1999年刊)
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1696638.html

●官僚がのさばる国で苦しむのは国民だ
●国会議員は八千人の官僚たちに囲まれた人質だ
●日本のすべてを決定するのは各省庁の事務次官たちだ

『官僚機構という大海に浮かぶボートに乗った政治家は、潮の流れに
逆らいさえしなければ、安全で平穏な毎日を保証してもらえるという
構図ができているのです。しかしそのボートがどこに向かっている
のか、どこへ行こうとしているのかはわからない。わからないのは
政治家だけでなく、じつは官僚にも本当はわかっていない。なぜなら
役人のつくる波は、目先の省益だけを目指しているからです。私たち
はいま、凪のように見えて、じつは恐怖の海を漂流しているのです。』

で、「官僚が、なぜのさばることが可能となり、日本のすべてを決定
するのは各省庁の事務次官たちなのか」ですが、

言い換えると、「官僚が三権(内閣・国会・裁判所)の長の様に
振舞うことが可能となった原因」と言い換えることが可能です。

そして、その原因は:憲法裏づけ(法的効力を持つ)の政府を支配
できる権力である政令(英文憲法73条6項「内閣令」違反)と

その政令を根拠法とする命令群(省令・府令など)を官僚機構が
独占してしまっていることが原因です。

この原因を創り出すには、英文憲法73条6項に明記されている
「cabinet orders(内閣令)」を

和文憲法73条6項では「cabinet orders(政令)」と改竄しないと
この原因を造り出す事は不可能でした。

要するに、この原因により、内閣を支配できる権力である内閣令を
保持できなくなった総理大臣と大臣は、

内閣を支配できなくなり、政令官僚様(事務次官会議メンバー)が
その総理大臣役と大臣役を引き受けることに成ってしまっています。

纏めると、日本国憲法の原本である英文憲法73条6項「内閣令」を
和文憲法73条6項では、「政令」とする方法で、

内閣を支配できる権力である内閣令を奪い、その奪った内閣令を
官僚機構が独占することで、クーデターが成功裏に終了したこと
に成ります。

より重要な事実:

三権の長である政令官僚様が選挙の洗礼を受けませんので、主権者
皆様の手の届かない存在となっている事実です。

最も重要な事実:

加えて、「じつは官僚にも本当はわかっていない」ことを正当化
することが可能という事実です。

なぜなら、「表の権力者はあくまで総理大臣と大臣だ!」と居直る
ことが可能だからです←大多数の主権者皆様もそう信じています。

で、この行政失態の責任全てを総理大臣と大臣に負わせることが
可能となりますので、

どうしても、当事者としての責任が欠如してしまい、売国奴の様な、
スパイの様な行動を平気で採っても、政令官僚様に反旗を翻す勢力
が存在しないので、行き着くとこまで行ってしまうリスクが常時
存在することになります。

それが、現在進行形の日本人の命と財産をリスクに晒すことになる
「陸上イージス(中距離射程核弾道ミサイル)問題」と

「いずもの空母化問題」です。

どちらの兵器も「憲法9条解釈本土防衛専用隊論」に明確に違反しま
すが、

国会は、政令官僚様シナリオの「スキャンダル」に忙殺されてしま
っているという体たらく状態です。

加えて、既存の与野党議員全員が、「憲法9条解釈丸腰論」を妄信
してしまっていますので、

現在進行形の日本人の命と財産をリスクに晒すことになる問題に
適切に対応する事が不可能となっています。

ですから、日本の安全保障問題を真っ当に議論できる様にする為
には、

「憲法9条は自衛隊を本土防衛専用隊と定義」している真実を主権者
皆様間で共有できる様にする事が、先ず必須となります。

言い換えると、来る参議院選挙争点は「陸上イージス(中距離射程
核弾道ミサイル)問題」と「いずもの空母化問題」とする事が必須
となります。

そうすれば、否応なく、「貴党は、憲法9条解釈丸腰論を尊重擁護
しますか、それとも、憲法9条解釈本土防衛専用隊論を尊重擁護
しますか」が明確になりますので、

主権者皆様が日本の安全保障問題に正面から取り組んでくれる政党
を応援できるという選択肢を戦後初めて、獲得する事が可能となり
ますが・・・

19. 空虚[1774] i_OLlQ 2019年2月05日 05:06:10 : p8juooHce6 : 0[252] 報告
木枯らし紋次郎の頃から、関わりたくもねぇ〜ことに関わり

声をあげ、したくないといいつつ努力を惜しまずきた人なんだろうなぁ・・・。

仏教的視点で経済至上主義を捉え、利己主義ではない個人尊重主義を

主張できる達観した人物とお見受けするw。

科学その他学問全般とテクノロジーが発達すれば、効率化・省力化へ向かうべき

ところが中村氏の云うように、高速道路を逆走している・・・。

経済のグローバリズムが内在する最大の矛盾に、未だ異を唱えない自称識者

(ソフィストとも云うw)が多すぎるんだ。

仏教的視点とは云ったが、実はあらゆる宗教の教義中に利己的な侵略や支配を

正当化するものは無いんだ。

むしろ、くどいくらいにそれを否定し個人の人間的成長を促すのが本義なんだわな。

そして、実は宗教の出所は一つなんだw。

どの宗教を持ってしても、本義に従えば反戦と反支配・侵略へ傾倒するのが道理

・・・であらねば嘘、イカサマと知るべしwww。

正しく宗教的思想の本義に従う稀有な人は、実は宗教家や宗教組織では異端と

されるwww。

中村氏もおそらくはそういう人生だろうが、こころ同じくする人が

中村氏を応援してくれているのだろうね。おいらも応援する。


高速道路を逆走させるオカルト政権 自民・公明 晋三ナチ汚 だ。

20. 2019年2月05日 06:06:52 : pD3Dhk1hRg : 0[257] 報告
高速逆走の『糞バカ晋三』曰く

『え〜何だあいつ等!
俺の車に向って来るとは危ないじゃないか!
おいポリ!奴らの車を止めろ!
そして車を全部逆走させろ!

停止された事に怒リ狂った運転手がいた。同調する運転手がどんどん増えた。
晋三車はボコボコに潰された・・・・

21. 2019年2月05日 09:56:41 : D5hZYK5bAg : tsHVLfFYfgM[1] 報告
17.
Venezuelaでも、同じ手法でやっている。アメリカのみではなく、OILという餌にありつくのは、英仏他白人様の国。
彼等のGreedyという病気は未来永劫!治らない。

トランプにしろ、メルケルにしろ、どこの大統領、首相でもごちゃごちゃと国内外の問題をぶち上げるが、既に結論ありきで、時間稼ぎ、暇つぶしに過ぎないのでは。
更に殿上人(笑)の指示で動いている、彼等もマリオットに過ぎないから、高給取りの!

失業したくなかったら!野党は自民党公明党は即刻、退陣に追い込む実力を見せろ!

22. スポンのポン[10714] g1iDfIOTgsyDfIOT 2019年2月05日 10:26:21 : YLRU9o6eFk : 5LmaSTbmkbI[1024] 報告
 

>>14.

■不正選挙は投票率を下げる目的のデマ。

 デマに騙されずに必ず選挙に行って

 今度こそ自民党を叩き潰しましょう。
 
 

23. 2019年2月05日 10:43:43 : MwqM2u5ylY : dQ69spG4nR8[563] 報告
自民党議員は議員と言う国民の代弁者と言う意識は全くない、自民党と言う莫大な企業献金と政治資金の資金豊富で有り余る政党に入ればただ国会で座っていれば自分の身は安泰、お金も自由に使える、そういう自己保身だけで就職した人間ばかり、この国が戦後ずっと一党独裁で来たのもアメリカの属国でいなければならないからだ。まずアメリカからの真の独立が不可欠、とマスコミの本来のジャーナリズムの無い腐りきった今の実態が大きな癌になっている。
24. 2019年2月05日 11:09:41 : EtdabUjioE : LQWWSXW9hOo[10] 報告
>資本主義を肯定しているのであれば、グローバリズムに行き着くしかないのに、何を言っているのか。

バカだこいつ。

25. 2019年2月05日 19:41:13 : aPd8HhulI2 : llWc5WIRbxw[46] 報告
繰り返し 逆走させて 認めさせ
26. 2019年2月06日 01:42:36 : Yoir6UzXrc : ydeJLA7i9q0[44] 報告
>>18 連投ご容赦

●国会議員は八千人の官僚たちに囲まれた人質だ

『政治は何によって権力を示すかというと、立法によって権力を示す。
法律をつくることによって世の中を動かすわけです。これが法治国家
の基本です。国家の立法機関、本来ならば政党や政治家たちが立法
しなくてはいけない。ところが、そんなことは例外的にしか行なわれ
たことがないのです。ほとんどその権利を放棄しているというのが
この国のかたちです。立法府が立法をしていない。』

要するに、日本では、「実力のある政治家は法律作成者ではなく、
政局創造者(結果的に、政令官僚様のケツ舐め行為と成ります)」
との憲法41条違反の認識が、蔓延ってしまっています。

で、なぜ、「立法府が立法をしていない。」かですが、

憲法41条が国会議員を法律作成者(米国では、law-maker)と定義
しているのですが、

そんなことを認めてしまうと、税金で飯を食っている、選挙の洗礼
を受けない無敵の官僚機構が、

法律を作成することが出来なくなります。

そこで、政令官僚様が官僚機構に「国会議員が法律作成者として
振舞うことを困難となる法律を作成しろ!」と命令し、

出来た法律が、憲法41条に違反する法律の「国会法」です。

どういうことかと言えば、

主権者皆様の清き一票で、選ばれた国会議員は、一人であっても
「法律作成者」になれる制度が整備されていないと、

憲法41条を担保できなくなり、憲法41条に違反する制度になると
いうことです。

ですから、米国でも、日本国憲法41条と同じ様な趣旨の憲法条文が
存在していますので、

たった一人の議員でも、法案提出権を行使出来るように、

且つ、議員が「law-maker」であることを憲法が保障していることを
主権者皆様に認識させる為に、

法律の名前を決定する際に、しばしば、議員名を冠する法律名を
採用しています(韓国でも、議員名を冠する法律が増えてきて
います←日本では、皆無なので、憲法41条に違反している証左と
なりますが・・・)。

より重要な事実:

纏めると、政令官僚様(事務次官会議メンバー)が官僚機構に、
様々な権力(政令を根拠法とする命令群:省令・府令など)を与え、

日本政府を私物化(三権統合)運営する為には、憲法41条が邪魔に
なりますので、

憲法41条違反の国会法を可決成立させ、

且つ、メディアを通じて、「実力のある政治家は法律作成者ではなく、
政局創造者であるという憲法41条違反の認識」を主権者皆様間に浸透
させることに成功してしまっています。

最も重要な事実:

因みに、米国では、一人の議員であっても、法案を提出できる箱が
存在します。

また、法案が法律に成る過程で、法案修正過程が必須となって
いますが、

この過程が存在することで、全ての議員に法律作成者として振舞う
機会を提供することが出来ることになりますので、

法案成立過程が、憲法と整合性が取れる法案成立過程となる事が
出来るということですが・・・

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK257掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK257掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK257掲示板  
次へ