★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK257 > 856.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<安倍首相の存在さえなければいい式典だった!>天皇御在位30年記念式典に思う  天木直人 
http://www.asyura2.com/19/senkyo257/msg/856.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 2 月 24 日 19:10:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 





天皇御在位30年記念式典に思う
http://kenpo9.com/archives/5651
2019-02-24 天木直人のブログ


 これは皮肉でも冗談でもない。

 安倍首相の存在さえなければいい式典だったと思う。

 つくづくそう思いながら一部始終を見させてもらった。

 いずれにしても式典は終わった。

 明日の各紙は、この式典が閣議決定された背景や無事終わった式典の評価を、どのように書くのだろうか(了)



在位30年式典のきょう天皇陛下は何を語られるのだろうか
http://kenpo9.com/archives/5647
2019-02-24 天木直人のブログ

 沖縄の住民投票の結果を待たずして、きょう2月24日の午後、天皇御在位30年記念式典が行われる。

 その事を記事にして書いたのは、きょう2月24日の読売と毎日新聞だけだ。

 しかも、その記事は首相官邸のHPの情報をなぞっただけの、報道に値しない記事だ。

 朝日に至っては内閣府の政府広報を小さく掲げただけだ。

 すなわち、きょう2月24日、政府主催の記念式典が天皇・皇后ご臨席のもとに国立劇場で行われますと。

 国旗を掲げてお祝いしましょうと。

 詳しくは、首相官邸HPをご覧下さいと。

 ふざけた内容だ。

 朝日は最後に政府広報を小さく掲げ、突き放す事によって抵抗しているかのごとくだ。

 それでも、はやばやと大きな政府広報を掲げた東京新聞よりも、まだましだ、といわんばかりだ。

 それにしても、きょうの読売と毎日の記事で初めて知った。

 国民を代表して祝辞を述べる人物が、福島県の内堀雅雄知事と川口順子元外相だという。

 東日本大震災被災者を代表して福島県知事が辞を述べるのはまだわかる。

 しかし、なぜ川口順子元外相なのか。

 川口元外相は、あのイラク戦争の時、私に勇退を迫った小泉内閣の、通産官僚出身の外相だ。

 だからと言うわけではないが、なぜ彼女が、両陛下の外遊に同行したからという理由だけで、国民を代表して祝辞を述べる人物に選ばれたのだろう。

 新聞が調査報道すべきは、その人選過程だ。

 そして記事には明確に書かれていないが安倍首相は辞を述べないと言う事だ。

 もしそうならその理由こそメディアは調査報道すべきだ。

 それよりも驚いたのは、天皇陛下がお言葉を述べられると書かれていたことだ。

 やはり天皇陛下は語られるのだ。

 文字通り最後のお言葉になる。

 しかし、その内容は、安倍首相が差し向けた宮内庁官僚を通じて、安倍首相が事前チェックしたものに違いない。

 果たしてサプライズ発言が飛び出すのか。

 NHKはその模様を午後二時から総合テレビで放映する。

 NHKがどのような解説をするかを含め、私は最大の関心を持って見ようと思っている(了)



天皇陛下在位30年 記念式典で国民への感謝の思い
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190224/k10011826421000.html
2019年2月24日 15時33分 NHK


動画→https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190224/k10011826421000.html

ことし春の皇位継承を前に、天皇陛下の在位30年を祝う政府主催の記念式典が、24日午後、天皇皇后両陛下も出席されて、東京 千代田区の国立劇場で行われました。天皇陛下は、平和を願う気持ちや国民への感謝の思いを込めたおことばを述べられました。

記念式典には、安倍総理大臣など三権の長をはじめ、国会議員や経済界の代表、それに、各国の駐日大使ら、およそ1100人が出席しました。

安倍総理大臣は、式辞で「この30年、天皇陛下は、日本国と日本国民統合の象徴として、一つひとつのご公務を、心を込めてお務めになり、国民に寄り添ってこられました。私たちはこれまでの陛下の歩みを胸に刻みながら、激動する国際情勢の中で、希望に満ちあふれ、誇りある日本の輝かしい未来を創り上げていく決意です」と述べました。

また、国民の代表として、福島県の内堀知事と天皇皇后両陛下の外国訪問の際、首席随員を務めた経験がある川口元外務大臣があいさつしました。

このうち内堀知事は、東日本大震災の発生のあと、天皇陛下がビデオメッセージの形で国民に語りかけられたことについて「大いに励まされ、国民の気持ちが一つになりました」と述べ、感謝の意を示しました。

続いて、天皇皇后両陛下が沖縄県のハンセン病療養所の人たちとの交流を通じて作られた歌を、沖縄県出身の歌手・三浦大知さんが独唱しました。

このあと天皇陛下が、おことばを述べられました。

この中で天皇陛下は、平成の30年間について「日本は国民の平和を希求する強い意志に支えられ、近現代において初めて戦争を経験せぬ時代を持ちました」と振り返られました。

そして「平成が始まって間もない頃、全国各地より寄せられた『私たちも皇室と共に平和な日本をつくっていく』という静かな中にも決意に満ちた言葉を、私どもは今も大切に心にとどめています」と述べられました。

また、天皇としてのこれまでの務めを振り返り「私がこれまで果たすべき務めを果たしてこられたのは、その統合の象徴であることに、誇りと喜びを持つことのできるこの国の人々の存在と、過去から今に至る長い年月に、日本人がつくり上げてきた、この国の持つ民度のお陰でした」と、国民への感謝の思いを表されました。

そして「憲法で定められた象徴としての天皇像を模索する道は果てしなく遠く、これから先、私を継いでいく人たちが、次の時代、更に次の時代と象徴のあるべき姿を求め、先立つこの時代の象徴像を補い続けていってくれることを願っています」と述べられました。

最後に、万歳を三唱し、式典は終了しました。

政府は、天皇陛下の在位10年、20年の際にも祝意を示す式典を開いてきました。



天皇陛下のお言葉 在位30年記念式典(19/02/24)
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190224-00000014-ann-soci
2/24(日) 15:10配信 ANN



 天皇陛下は在位30年を記念する政府主催の式典でお言葉を述べられました。

くわしくは動画で…



天皇陛下 在位30年記念式典を生中継


安倍総理の先導で天皇皇后両陛下が入場、安倍総理の式辞、安倍総理の万歳三唱、両陛下の退場も安倍総理が先導。そもそも、天皇皇后両陛下の入退場に先導が必要なのか疑問である。

天皇皇后両陛下は退場を促す安倍総理を無視。両陛下は参列された方々と親しくお声を掛けられ会場から大きな拍手が送られました。






























 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[5044] kNSCqYLU 2019年2月24日 19:25:03 : 90EZJT5uPI : YU9qMWtEWURTcUk=[80] 報告


2. 地下爺[5084] km6Jupbq 2019年2月24日 20:50:00 : 4Exlh1atJU : RXkveWhSL05OSms=[16] 報告
 

3. 地下爺[5085] km6Jupbq 2019年2月24日 20:52:27 : 4Exlh1atJU : RXkveWhSL05OSms=[17] 報告
ごめんなさい間違えました。m(_ _)m


4. 地下爺[5086] km6Jupbq 2019年2月24日 20:53:41 : 4Exlh1atJU : RXkveWhSL05OSms=[18] 報告
 
5. 地下爺[5087] km6Jupbq 2019年2月24日 20:55:55 : 4Exlh1atJU : RXkveWhSL05OSms=[19] 報告
 

  国民 とともに 有られる 陛下 の 敵は


  「自民+公明+維新+希望」という事。


6. 2019年2月24日 21:25:58 : cmHuM4Zdpk : c3U5dmx3V0pJNlU=[2] 報告
確かに安倍晋三の姿だけは余計だった。聖人君子の陛下と嘘つきの首相の映像は正に天使と悪魔。
7. 2019年2月24日 22:03:26 : Ye6rWhFDQo : aTBYYW50UldiZDI=[12] 報告
この時期のこの式典には違和感を覚えた。
在位三十年を記念するものは、桜の咲く四月の下旬が選ばれるものである。
気の所為か、天皇さまの表情が明るくなったのも退席の時からであった。
アベ総理は何時もと同じく誠意のない態度で残念であった。
今回は今回として、もう一度、国人有志のもとで桜の時期に式典を行ってもらいたい。
晴れ晴れしい空の下で多くの国人にお祝いをさせてもらいたい。
8. 2019年2月24日 22:05:45 : tW8SmQ2926 : RlpMYm4zLzNzdDY=[3] 報告
陛下の本日のお言葉は、安倍の胸に刺さっただろう!

9. 2019年2月24日 23:23:39 : 4iUjDDnAOs : NVRDL3RQcGxneUU=[3] 報告
>>8
なわけない、ヤツはガイジだものw

記念式典にはふさわしくない不潔な巨大ウジ虫、それが安倍シンゾウだ

10. 2019年2月25日 01:54:22 : IJjjrLkBu1 : TkVzTE5CdVJubC4=[7] 報告
  天皇は自らの象徴としての有り方を常に模索している旨強調していたが、象徴はまさに戦後の日本国憲法が定義する天皇の立場であり、確か天皇誕生日の際のお言葉にも、国権の最高機関である国会、と口にされ、よって国民主権主義が、今後も日本国では揺るぎ無いものであることを敢えて機会在る毎に強調されていると思う。
  これとは逆に、本来は国民の前で天皇から辞令を受けるよりも先に現憲法の遵守を宣誓しなければならない総理と閣僚が、みっともない憲法であるから早いところ改憲をしてしまおう旨の主張を繰り返し、国会を改憲論議に巻き込まんとしているにも拘わらず、式典の雛壇に列席しているのは大いなる矛盾である。
  現憲法をして、みっともないものであり護憲などとんでもない旨公言した上で提案されようとしている自民党の憲法草案からすれば、国権の最高機関を国会とする国民主権主義を葬り、天皇を元首とした上で、内閣府という大本営を以て国政の一切を仕切り国民から徴税した公金の歳出を期する意図であり、このような草案を堂々と提出する内閣の面々が、今後も現憲法の国民主権主義を維持し、あくまでも代々においても象徴としての模索を続けるべきだと述べる天皇の前に、何らの矛盾も無いが如く、官房長官や首相が列席していることには非常に違和感がある。
  自治体の承認を要する軍事基地建設では辺野古基地に多くの県民の反対が有るにも拘わらず、一瞥だにせずに「粘り強く基地建設に邁進したい」旨公言する官房長官と首相が、次には天皇の言葉さえ顧みずに自党の改憲策を押し進めるであろうことは充分予測できるのであり、自治体の意向を無視した辺野古基地建設強行と天皇が強調する国民主権主義を葬ろうとする新憲法の強行は根は一つであり、これはまさしく、護憲を国民に宣誓せずに人治主義イコール無法主義を貫こうとしている安倍内閣の、天皇と国民に対する背任であろう。
11. 2019年2月25日 06:48:55 : axHiCq3DwE : L21CRURiYWN6NC4=[12] 報告
国賊にスメラミコトの御在位を祝って欲しくなかった。真の臣民が挙ってお祝い申し上げます。
12. あおしろとらの友[2138] gqCCqIK1guuCxoLngsyXRg 2019年2月25日 07:47:08 : JHLyoAG2Fw : TVFoNjBTTEVIdUU=[2] 報告
天皇陛下は式辞の読むところを間違えられた。皇后陛下がそれを補佐された。「そうか」、「どうも」、という陛下の ”私語” をマイクが拾っている。これに違和感を持つ国民は多分現在ではいない、持ったとしたら親近感だろう。先代天皇はマイクの前に立って言葉を発することさえ憚かられた存在であった。時代の変わりようをこのことが表している。安倍首相にはこの式典を”厳粛”に執り行ない、天皇を再び国家元首に、という気運を高めようとの目算があったであろうことが推測されるが、明仁天皇はこの”間違い”によって安倍首相に対し見事な”返礼”をしたのだ。
13. 2019年2月25日 10:39:38 : iMHyMmSbu2 : dEtGQXl6U0s2NkE=[8] 報告
天皇は権力に利用されるために存在しているのだから、この式典に安倍の存在は不可分である
言い方を変えれば、これは「今の天皇が30年も自民党に良いように利用され続けた」ことを記念する自民党のための式典であるさえ言えるのである
このようなおぞましい式典を止める方法は一つである
すなわち、「天皇制の恒久的な廃止」だ
14. 2019年2月25日 11:43:50 : kWdNYKPWMN : STZpUUFBVllpY2s=[1] 報告
天皇陛下万歳は戦争の嫌な時代を思い出す。
天皇陛下万歳!は陛下も望んでおられないはず。
いつからまたやるようになったのか?
15. 嫌韓[2481] jJmK2A 2019年2月25日 15:22:47 : 1RKeL1AEqM : MWRUc0RiZFhWSHc=[7] 報告
2月24日11:30〜JR荻窪駅北口で

即位30年記念式典弾劾集会が開かれた。
天皇制打倒集会でもある。
主催は中核、革マル・・・

エダノンは当然こちらに出席したのだろうね?
天木もどちらかと言えば、こっちの人のような気がするが・・・

16. 2019年2月26日 02:20:04 : IJjjrLkBu1 : TkVzTE5CdVJubC4=[10] 報告
  15のように捉える者も多いだろうが、むしろ首相や閣僚の方が護憲精神が無く、天皇の方が現憲法の国民主権主義、国権の最高機関を国会とする現憲法の遵守を国是とする意識を持っていることから、国家元首が不明で過去の過ちの元となった天皇制そのものに問題はあれ、少なくとも現在の皇室よりも先に打倒しなければならないのは、官僚の作為不作為に対して結果責任を不知とし私は関係ありませんよ、と抗弁する首相や閣僚と、役人の作為不作為は官邸への忖度では有っても決して首相や閣僚からの指示命令では無いと抗弁する官邸官僚が一体化し、納税者の前に責任の所在を不明としている内閣府であろう。
  当事者が首相でも閣僚でも官僚でも無いと見せながら政策を独り歩きさせる、法治主義ならぬ人治主義イコール無法主義を是としている内閣府より、皇室の方が余程租税主義イコール国民議会制民主主義を尊重しているのだとすると、天皇制そのものに関しては廃止の議論が当然あるとしても、現天皇の考え方を多くの国民納税者が支持するのは仕方が無いことである。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK257掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK257掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK257掲示板  
次へ