★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK257 > 940.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
沖縄の民意歪曲し大炎上…維新・下地議員の幼稚すぎる計算(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/19/senkyo257/msg/940.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 2 月 27 日 16:40:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

 


沖縄の民意歪曲し大炎上…維新・下地議員の幼稚すぎる計算
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/248359
2019/02/27 日刊ゲンダイ


過去には県民投票実施を公約していた下地幹郎衆院議員(C)日刊ゲンダイ

〈「反対」は43万人超、「反対以外」が計71万人との結果となりました〉――。沖縄1区を地盤とする維新の下地幹郎衆院議員のツイートが大炎上だ。下地氏は25日未明、県民投票の結果について冒頭のように書き込んだ。「反対以外」の人数の根拠は「賛成」約11万票と「どちらでもない」約5万票に、55万余の棄権票を加えたもの。

 投票数の7割を超えた「辺野古ノー」の県民の意思を、さも矮小化するような書きぶりに〈どこかで拾ったネトウヨ理論を議員が口走るなんて〉〈県民をバカにして〉と批判コメントが殺到。それでも下地氏は同日深夜に〈私のツイートが炎上したと聞きましたが、私の言っていることは全く間違いありません〉と改めてツイートしたが、明らかに誤解を与える表現でしかない。

 なぜなら、「どちらでもない」も「棄権」も賛否の意思は明確ではない。それを強引に「反対以外」にカウントする下地氏の理屈で言えば、「賛成以外」に加えても構わない。つまり、辺野古埋め立てに「賛成は11万人超、賛成以外は計103万人」という言い方だって可能となるのだ。こんなヘリクツに乗っかって、県民投票の結果をおとしめる安倍シンパのネトウヨたちも幼稚すぎる。

 ちなみに、17年の総選挙で沖縄1区の有効投票に占める下地氏への得票率は22.53%。分母を投票資格者総数(約27万人)に広げれば、得票率は12.67%まで減る。下地氏は辛うじて比例復活したが、あえて民意をゆがめる“ミキオ算”を使えば、選挙区の実に9割近くの有権者は、下地氏が議員であることに賛成していないとも言える。

「下地氏は2014年の県知事選に出馬。当時は辺野古移設の賛否を問う県民投票の実施を公約し、反対の民意が示されれば『即時中止、撤回を政府と交渉する』と豪語していました」(沖縄県政関係者)

 それが今では、都合よく県民投票の結果を歪曲し、民意無視で新基地ゴリ押しの安倍自民の補完勢力に成り下がっているのだ。







































 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[5261] kNSCqYLU 2019年2月27日 17:00:13 : 90EZJT5uPI : YU9qMWtEWURTcUk=[297] 報告


2. 赤かぶ[5262] kNSCqYLU 2019年2月27日 17:05:33 : 90EZJT5uPI : YU9qMWtEWURTcUk=[298] 報告





3. 赤かぶ[5263] kNSCqYLU 2019年2月27日 17:08:04 : 90EZJT5uPI : YU9qMWtEWURTcUk=[299] 報告


4. 2019年2月27日 17:27:01 : vDMsJXyHjw : QzExVGRJWUhBOTY=[3] 報告
浅はかなことしか言えないのなら黙っておればいいものを
自分の懐に金が入ってくると見るや安易に馬脚を現す
我欲に忠実な奴はどいつもこいつも似通っておるわ
5. 2019年2月27日 17:37:06 : O4pUfLwvsA : T1BlbkkwdDkuVEk=[6] 報告
 追い詰められると常軌を逸した話が続々出て来ますね。

 そのトップが安倍馬鹿晋三だから無理もないがしかし馬鹿の上塗
りしてその自覚がない連中が続出というテイタラクでこいつらに
年千万単位で「議員歳費」を払ってやってる事思うと腹が煮える。
我々がこんな馬鹿を養う義理はない。

政治世界の各人の馬鹿さ加減がこの所はっきり見えてきて、ま、よかったのかもな。

6. 2019年2月27日 17:46:16 : FeBmwTYCBk : a0FneWt5eUViNFE=[2] 報告
それを言ったら、自民党の得票率は確か16%だったから、84%の人は自民党を支持していないということになるねぇ?
7. 2019年2月27日 18:14:05 : gDuJsjuxdc : LlJvaVVYTFJESUE=[15] 報告
■下地 この男

 恥ずかしないんか?

 金に転んで 仲間売ってるの

 丸見えやがな!

 言いたかないけど 

 こんなのを

 裏切りもんって言うんだ!


8. 地下爺[5105] km6Jupbq 2019年2月27日 18:30:23 : 4Exlh1atJU : RXkveWhSL05OSms=[37] 報告
下地 幹郎 しもじ みきお
生年月日 1961年8月14日(57歳)
出生地 沖縄県平良市(現宮古島市)
出身校 中央学院大学商学部商学科卒業
前職 大米建設役員
所属政党 (自由民主党(橋本派)→)
     (無所属→)
     (政党そうぞう→)
     (国民新党/政党そうぞう→)
     (政党そうぞう→)
     (無所属→)
     (維新の党/政党そうぞう→)
     (おおさか維新の会/政党そうぞう→)
     日本維新の会/政党そうぞう
称号   商学士
親族   父・下地米一(元平良市長)
◆人物
 父は沖縄県で國場組に次ぐ規模の大手ゼネコン・大米建設の創業者であり、
 元沖縄県平良市長の下地米一。兄は大米建設や南西海運の社長を務める
 下地米蔵。

◆所属団体・議員連盟
 日本会議国会議員懇談会
 みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会
 国家主権と国益を守るために行動する議員連盟
 ラグビーワールドカップ2019日本大会成功議員連盟

9. 2019年2月27日 18:36:05 : xEMfa15cKi : VndMdTVlUEZXWTI=[2] 報告
じゃ、“自民公明に入れなかった有権者”の割合、教えてくれよ?って下地に聞いてもムダなんだろうな。

ここまでバカだとたぶん、知らないわ。
自民補完党議員のくせに。(笑)

10. 2019年2月27日 19:17:44 : 6UaOBN8cGg : UUVDcEhHekVRN1k=[2] 報告
>>8
下地って、私利私欲で議員やってるんだな
ほんと、沖縄の恥、宮古の恥だよ
こいつは、絶対に落とさんとな
11. 2019年2月27日 20:07:25 : o4ZxWSpuaU : cmp4OUZBQlJQcUU=[120] 報告
気をつけろ ヤマトンチューの スパイには
12. 2019年2月28日 10:58:22 : J3nUrZGckA : clF2N1dQYXhYckE=[22] 報告

※政府は約束守らず 米軍普天間飛行場の運用停止 きょうで5年経過沖縄タイムス
 
政府が沖縄県と2014年2月に約束した米軍普天間飛行場の5年以内の運用停止は28日で期限となった。


ほら!
推進派が言っていたことは全部嘘じゃん!
辺野古の工事は普天間の危険はを減らす為だなんて嘘だったじゃん!
普天間の使用期限はもう来てるんだから、自民党が継続しなけりゃアメリカは普天間の使用はもうできないんだよ。

これだけ国民の反対があっても、国民の命の危険があっても安倍は普天間の使用継続を許可するつもりじゃないのか。

国民の命なんか、安倍晋三の知ったこっちゃないのさ。
アメリカに頭をお利口お利口ってなでなでされることの方が安倍晋三には喉から手が出るほどうれしい事なんだよ、何てったって、安倍晋三はアメリカのポチだもん。

13. 2019年2月28日 11:04:14 : J3nUrZGckA : clF2N1dQYXhYckE=[23] 報告
普天間の使用期限がもう今日で切れるなんて、自民党もマスコミもこれまで国民に何も知らせないで、普天間の危険を減らす為に辺野古への移転が必要だなんて、全く安倍の嘘八百は今に始まった事じゃないが、あきれるばかりだ。

安倍晋三はどっち向いて政治をやっているのだ!

ここはアメリカじゃない!
日本だぞ!

14. 2019年2月28日 11:06:35 : MwqM2u5ylY : WmdFRGhUVFJRdkk=[37] 報告
頭悪すぎ、どう見ても学歴を見ても頭がいいとは思えない、余りに単純で小学生でもそんな答えは出さない、バカ丸出し。
15. 2019年2月28日 13:05:35 : abn4ghevQs : RzhaWG0yQUVZa0U=[25] 報告
オイ、下地。

自民党支持率が30%ないのみなぜ過半数の事績持っているのか? 低能且つ下手な算数で説明しろ!

出来たか?下地。

なら、沖縄辺野古基地反対投票は批判できないわな。

沖縄土建屋はいくらもうかった?オイ、下地。

16. 2019年2月28日 13:10:32 : lPd31lthrY : eFF1S3d3RGN0N00=[1] 報告
●2019年2月25日午前、沖縄防衛局は埋め立てに使用する土砂の搬出作業を名護市安和の琉球セメント安和桟橋で継続した。
当然だ。
実際の「反対」の票は全有権者115万3589人の37.64%の43万4273人で過半数どころか4割にも満たず「反対が県民の多数意見」とは言い難く、そもそも県民投票には法的拘束力が無いのだから。

1996年の県民投票投票率は59.53%
(48万2538人・得票率91.26%・全有権者の54.32%が基地の縮小に賛成)
2019年の県民投票投票率は52.48%
(43万4273人・得票率71.73%・全有権者の37.64%が埋め立てに反対)

県民の意思を表明する目的の県民投票において投票者に占める反対の割合(71.73%)に大きな意味はなく全有権者に占める反対の割合(37.64%)に意味がある。
これは一般の国政選挙とは異なり
「投票自体に反対」
の有権者や
「反対に投票しない」
ことをもって
「反対ではない」
ことを意思表示していると考える有権者が大量に存在すると考えられるためだ。

●米軍基地を国内のどこに置くかという判断は国の専権事項である安全保障政策に属する。
憲法は地方自治体の長に安保政策や外交上の約束を覆す権限を与えていない。
最高裁も判断を示しているように基地をどこに置くかの判断に地元の民意は関係ない。

●米軍基地は現状日本全体の利益を守ると同時に沖縄そのものの安全保障環境を成立させている。
沖縄に米軍基地があることによって今のところ戦場にならなくて済んでいる。
沖縄を「戦力の空白地帯」とすれば沖縄の人たちをさらなる現実的脅威に直面させることになりかねない。
いくら中国人民解放軍でも世界一の軍隊である米軍を正面から敵に回して戦うことは当面避けたいから中国海軍は
「東シナ海・尖閣諸島へ進出はしたいが米軍の影響力が邪魔」
だと思っている。
中国がうまく沖縄の人々や米軍基地反対派を乗せ、米軍の影響力を追い払うことが出来ればむしろその後にこそ沖縄が戦場になる日が近づくことになる。
沖縄県のエゴで日本全体を危険に晒すことは許されない。
反基地イデオロギーに支配された沖縄県政は日本全国にとって危険だ。

●沖縄県民投票に認められるマスメディアの県民支配
2019年02月27日 16:00
http://agora-web.jp/archives/2037473.html
藤原 かずえ
辺野古埋め立てを問う沖縄県民投票においては有権者の37.65%が埋め立て反対の意見を示しました。
この結果に対し安倍首相は
「結果を真摯に受け止めこれからも基地負担軽減に向けて全力で取り組む」
という見解を示しました。
これは国家のセキュリティに責任を持つ首相が法的拘束力のない意見表明に対して対応可能な範囲で最大限尊重する決意を示したものと考えます。
今回の県民投票をとりまく議論においては民主主義を破壊しかねないいくつかの重大な問題点が存在し辺野古埋め立て反対の論調を持つ偏向マスメディアがそのキープレイヤーとなっています。
明らかに偏向マスメディアは投票前においては情報操作で沖縄県の有権者をミスリードし投票後においては印象操作で国民全体をミスリードしています。
本記事では、これらの問題点についてそれぞれ「直接民主制」「民意」というキーワードを使って分析してみたいと思います。
■情報操作下における「直接民主制」
2019年2月23日、TBSテレビ『報道特集』では翌日に行われる沖縄県民投票に関連した特集報道を放映しました。
<★金平茂紀氏
「普天間基地の移設先として政府が埋め立て工事を強行している名護市辺野古の海兵隊基地」
「沖縄県民が何度も示し続けてきた民意がこれほど無視され続けた例は戦後の歴史に他にあるでしょうか」
「県民投票という行動を思い立った一人の青年の思いを追いながら問われているものの重みを考えたいと思います」>
民主主義の手続きに従って埋め立て工事を進める政府を【悪魔化】する一方で工事に反対する青年を【偶像化】する金平氏の恣意的なイントロダクションからもわかるように、この番組は、住民投票を行う有権者の【ルサンチマン】[記事]を一方的に刺激して「反対」の投票行動を【内発的動機付け】する内容になっていたと言えます。
一方で番組は、沖縄基地が必要となる直接原因である覇権国家中国の日本に対する敵対行動の実際については一切報じることがありませんでした。
そんな中で興味深かったのは基地移転の当事者の次のような発言です。
<★辺野古商工会理事
「県民投票はやらない方がいいというのが本音ですね」
「おそらく大差で反対意見は出ると思います」
「無意識の意識というか、賛成すると、県民は後ろ指を指されるような思いになる感情を持っているかもしれません」>
辺野古基地の受入れを容認している「直接の当事者」である辺野古商工会理事が「後ろ指を指される思いがあるのでは」と「直接の当事者」ではない県民の気持ちを善意で思いやっている状況は極めて異常であると言えます。
そこには、本来の当事者の意見など介在する余地のない極めて身勝手な反対運動と賛成者を黙らせる【沈黙の螺旋】[記事]が存在していることがわかります。
<★普天間飛行場付近の住民
「自分の家の側にあるのがダメなら他所のところに行くのも向こうに住む人は嫌だろう」>
これも「直接の当事者」である普天間飛行場周辺住民が、「直接の当事者」となる辺野古区住民を善意で思いやっている発言です。
辺野古基地においては、実際には飛行機の進入経路が海上となるため、危険性という観点においては辺野古区住民の安全性にほとんど影響を与えることはありません。
このような誤解もメディアが辺野古の状況を適正に報じないことに起因するものです。
以上のように「直接の当事者」である辺野古区住民ならびに普天間飛行場周辺住民の意見が不在のままに、「直接の当事者」ではない沖縄県民が、偏向マスメディアにルサンチマンを刺激されて操られたということが今回の住民投票の結果の背景にあるのは自明です。
ちなみに大票田の那覇市から辺野古基地までは直線距離で約50kmもあります。
多くの那覇市民は
「我々は政府にバカにされている」
と辺野古基地の存在を反対していますが、これは首都圏で言えば、横田基地にの存在について、浦安市や横須賀市や春日部市の住民が
「我々は政府にバカにされている」
と憤慨し反対しているようなものなのです。
そのような実状も十分に承知しているはずの金平氏の偏向リポートが続きます。
<★金平氏
「ここに建設反対派のノボリが立っていますけども、建設賛成派のノボリなんていうのはまったく見当たらないです」>
金平氏はついつい本心が出てしまうようで、反対派のノボリは「ノボリ」、賛成派のノボリは「ノボリなんていうの」と表現しています(笑)。
そして待ってましたかのようにVTRの最後には、玉城デニー県知事が登場し、その政治的主張をしっかりと宣伝しました。
<★デニー沖縄県知事
「”民主主義の根幹””尊厳”が問われている県民投票だと私は思っています」
「どのような結果であれ、この沖縄県民が県民投票にかける思い、願い、その重みというものは、国際社会はしっかりと見ていると思う」
「もう国がやると決めたことは、もう地方自治では反論することはできないのか、そこに生きる国民は何も言うことができないのかということに”一つの形”を示そうとしている」
「日本国民、どこにお住まいであっても、この沖縄の状況をしっかり受け止めていただきたい」>
確かに、今回の沖縄県民投票では「民主主義の根幹」「尊厳」が問われていました。
ただし、それは、マスメディアが主張するような
「虐げられた沖縄県民が自由に意思表明できるか」
ではなく、
「マスメディアが一方的な偏向報道を行う環境下で直接民主制が機能するか」
ということです。
現在の世界の民主国の政治形態のメインストリームは、政治のプロフェッショナルである政治家に政策の決定を委ねる【間接民主制】です。
それに対して今回の住民投票のような【直接民主制】は有権者が直接政策決定を行うものです。
ここで、直接民主制にとって重要なことは、政策決定者である有権者が、自分が真に望む政策決定を判断できるだけの正しい情報を事前に得ていることです。
ところが沖縄の場合、これが極めて難しいのです。
沖縄で新聞のシェアをほぼ独占する沖縄タイムスと琉球新報は、いずれもかなり偏向した論調を持つ新聞社であり、その論調に合致する情報のみを伝えて合致しない情報を葬り去るというあからさまな【チェリー・ピッキング】を行っています。
例えば沖縄タイムスは、1日に複数回にわたり辺野古の活動家の情報を美談仕立てで報じる一方で、尖閣諸島周辺海域における中国船の侵入については1カ月に1回事務的に報じるのがいいところです。
また、基地反対活動家の極めて悪質な挑発行為・暴力行為・違法行為については、あからさまに見て見ぬふりをします。
実際、記者による「見て見ぬふりの行動」は、動画投稿サイトにアップロードされたいくつかの動画によって検証されています。
このような異常な偏向マスメディアの情報操作を受けた一部の沖縄県民が盲目的に反対側に賛同することは自然です。
前出の辺野古住民の言葉から明らかなように、一部の沖縄県民は、自覚しないままに偏向マスメディアに思想を支配され、その思想に反する行動を自由に行えない状態にまで陥っています。
辺野古埋め立て反対の37.65%の数字の中には、このような有権者が多数含まれていることは自明です。
偏向マスメディアが情報を支配する沖縄県において、政治の専門家ではない有権者が適正な情報を得ないままに直接民主制である住民投票が今回行われたということは、民主主義の危機に他なりません。
まさにマスメディアが有権者から主権を奪っているのです。
■「民意」の数字の独り歩き
特集のVTRが終わると、金平氏が地元のRBC琉球放送の記者にインタヴューしました。
<★金平氏
「県民投票の意義、何が問われていると思いますか」
★RBC記者
「今回は投票率だったり、どちらの選択肢が多数を占めるかが、県民の選択として注目されています」
「しかし沖縄はこれまでにも国政選挙や県知事選挙で辺野古の賛否という民意は示してきているのですが、政府による工事は進められています」
「日本の安全保障という本来であれば全国で議論されるべき問題がなぜ沖縄で今、住民投票という形で問われなければならないのか」
「国民一人一人が問われているのではないでしょうか」>
地方自治法に定められているように、地方公共団体は
「住民の福祉の増進を図ることを基本として、地域における行政を自主的かつ総合的に実施する役割を広く担う」
ものであり、
「国際社会における国家としての存立にかかわる事務」
である安全保障は国の専管事項です。
実際、国民は生存のために安全保障行政を国に委ねていて、多くの国民は安全保障行政を委ねるのに最も相応しい政府を選挙で選択します。
普天間飛行場の辺野古移転は長年にわたる民主主義の手続きによって決定された事項であり、これを住民投票の結果を根拠にして停止させたとしたら、それこそ民主主義の破壊に他なりません。
なお、辺野古の飛行場はキャンプシュワブ内につくる施設であり、けっして新基地ではありません。
飛行機の進入路が海上にあるため、普天間飛行場のように危険ではなく、完成すれば普天間飛行場が返還されます。
辺野古移転は政府による沖縄の基地負担軽減政策に他なりません。
さらに国は、沖縄県に対して通常の2倍規模の多額の国庫支出金を計上して可能な範囲で最大限寄り添っています。
このような背景の中で、マスメディアは政府を一方的に悪魔化し、問題の本質を歪めているのです。
金平氏は最後に感想を述べます。
<★金平氏
「VTRに出てきた元山仁士郎さん達若者世代が必死に動いて県民投票をとにかく実現させたということが大きいと思います」
「日本の他の都道府県でこんなエネルギーがある所はないと思いますね」
「元山さんの言葉を借りますと、どのような結果が出ようが県民の意思を示すこと自体が大事なんだと」
「ここまで県民投票に至る過程で実はいくつもの問題点が出てきました」
「マヨネーズ状と言われる軟弱地盤が工事海域にあることがわかって、工事計画全体のそもそものコンセプトを変えかねないという非常に重大なことです」
「もう一つは海中に投入された土砂の成分が勝手に変更されていて赤土が混入しているのではないかと県が懸念を表明していることです」
「これらの事柄は国・政府が県民に対してきちんと説明しているとは思えません」
「政府がお決まりのように口にしている県民に寄り添うというのは一体どういうことなのでしょうか」
「投票率も気にかかるところですけれども、それがどうであれ、示された民意を真摯に受け止めることが必要だと思います」>
今回一人の青年を偶像化した金平氏ですが、金平氏は2015年の安保法案の時にも、SEALDsの青年を偶像化する【戦略型フレーム報道】を展開し、扇動を盛り上げた成功体験があります。
一方で悪評の流布も忘れてはいません。
軟弱地盤と赤土に関連して不確定な見通しをあたかも事実であるかのように報じています。
そして金平氏の発言の最大の問題点は
「投票率がどうであれ、示された民意を真摯に受け止めることが必要だ」
という箇所です。
反対者の反対者による反対者のための投票で反対者が多数を取ることは、事前に予想され、事実そうなりましたが、金平氏はそれを見越して、投票率はどうであれ結果に従うよう主張したものと考えられます。
住民の意思を表明する目的の住民投票において、投票者に占める反対の割合(71.74%)に大きな意味はなく、有権者に占める反対の割合(37.65%)に意味があります。
これは一般の国政選挙とは異なり、投票自体に反対の有権者や、反対を示さないことをもって反対ではないことを示していると考える有権者が大量に存在すると考えられるためです。
ところが、投票日翌日のマスメディアはこの71.74%をあたかも沖縄県民の71.74%が反対であるかのように大合唱しているのです。
これは、極めて不当な数字の独り歩きに他なりません。
毎日新聞は社説で次のように書いています。
<毎日新聞社説(2019/02/25)
「辺野古」反対が多数 もはや埋め立てはやめよ
辺野古埋め立てへの反対票が多数を占めた。
政府はただちに埋め立てをやめ、沖縄県と真摯に解決策を話し合うべきだ>
毎日新聞は
「反対票が多数あった」
ことを
「反対票が多数を占めた」
とミスリードし、
「埋め立てはやめよ」
と乱暴に主張しています。
法的拘束力のない住民投票の結果に対して
「盲目に従う」
のではなく
「慎重に向き合う」
のが真の民主主義です。
「7割の反対」を事実認定しようとする一部マスメディアの暴走は民主主義への明確な挑戦でありけっして容認することはできません。
■マスメディアの沖縄県民支配
マスメディアの情報操作下における直接民主制の主権は、沖縄県民にはなくマスメディアにあります。
マスメディアは、この歪めた直接民主制で得た民意の数字をさらに独り歩きさせようと【プロパガンダ】を必死に展開しています。
新聞の発行部数が減少し、テレビの視聴率が低下する中、特殊なメディア環境下にある沖縄は、既存マスメディアによる偏向報道の最後の砦となる可能性があります。
朝日新聞のプロパガンダは現在も続行中です。
<朝日新聞社説(2019/02/26)
政権と沖縄 これが民主主義の国か
この事態を招いたのは、沖縄の人びとの過重な基地負担の軽減に取り組むという原点を忘れ、「普天間か辺野古か」という二者択一を迫る政権のかたくなな姿勢にある>
この事態を招いたのは、普天間から辺野古が基地負担の軽減になるという原点を忘れ、「辺野古中止」という一者択一を迫る偏向メディアと活動家のかたくなな姿勢にあります。
この偏向マスメディアの一連の無意味な戦略型フレーム報道の被害を受けているのは沖縄県民に他なりません。
マスメディアによって扇動された一部の沖縄県民は、
「政府と本土は沖縄をバカにしている」
「沖縄に新基地はいらない」
という事実誤認の理解不能な根拠によって、普天間飛行場の危険性を早期に排除して基地面積の縮小を実現することができる辺野古への移転を反対しています。
このプロパガンダには、いつかはバレる明らかな論理不全があります。
後世において、普天間飛行場の辺野古移転反対は、国際線の成田移管反対や築地市場の豊洲移転反対とともに
「理解不能の反対」
の典型事例として語り継がれていくことになると考えます。
なお、これらの事例の共通点として、
「特定の政治的イデオロギーを持つ反対活動家の存在」

「偏向マスメディアの強力な支援」
が挙げられます。
この組み合わせが偶然なのか、偶然でないのかは、残念ながら私の知るところではありません。

●【ノーカット配信】沖縄ヘリパッド移設反対派リーダーが逮捕〜これが暴力行為の決定的証拠だ!【ザ・ファクト】 視聴回数 799,087 回(2016年12月1日現在)
https://www.youtube.com/watch?v=8eS4o-CxyjI
2016/10/21 に公開
映像中のピンクの鉢巻きをしている人物、沖縄高江のヘリパッド移設反対派のリーダー・山城博治氏が器物損壊に続き、傷害と公務執行妨害の容疑で再逮捕されました。
番組では、8月5日に、高江の抗議活動を取材。
その際、山城氏を中心とする反対派によって行われた、沖縄防衛局職員への恫喝行為を撮影してきました。
今回、その映像をノーカットでお送りします。
いま、高江の警備にあたる大阪府警の機動隊員が反対派に対し、「土人」「シナ人」と発言し、地元マスコミを中心に、ヒートアップしています。
しかし、大阪府の松井知事が言うように、彼ら反対派もそれ以上のことをしています。
いま話題となっている、「土人」「シナ人」発言は、無辜の市民に向けられたものではないということをこの映像を通して知っていただければ幸いです。

●【最新版】再び潜入!沖縄ヘリパッド反対派がまた…!【ザ・ファクト】
「THE FACT」 マスコミが報道しない「事実」を世界に伝える番組
チャンネル登録48,018 視聴回数 146,212 回(2016年12月1日現在)
https://www.youtube.com/watch?v=I6XufDKN6Wc
2016/11/03 に公開
8月5日 沖縄・高江にいるヘリパッド移設反対派が沖縄防衛局の職員に対し、過激な抵抗運動をしていた動画を撮影した。
あれから3か月近くがたち、現在高江ヘリパッド建設地がどうなっているのか取材した。
高江へリパッド建設予定地は今どうなっているのか―。
そして、そこにいる反対派集団は何をしているのか―。
これが高江の「ザ・ファクト」です。

●写真、動画あり。
【防衛局・資料】違法かつ悪質な妨害活動の例。新聞の歪んだ記事の紹介【やりすぎ!と思ったらシェア】
2016年11月19日
https://samurai20.jp/2016/11/okinawa-15/

●辺野古移転の反対を理不尽に正当化する理由なき反抗
2018年12月24日 16:01
http://agora-web.jp/archives/2036321.html
藤原 かずえ
米軍のキャンプ・シュワブ基地(辺野古)の敷地内に滑走路を建設して
「世界一危険な基地」
と呼ばれる普天間基地から飛行場を移転する
「辺野古移転」
は、米軍の制約条件の下で普天間基地周辺の安全を確保できる唯一の方策であり、沖縄県・日本政府・米国の長年にわたる議論によってギリギリ構築されたコンセンサスであると言えます。
この方策に反対することは、移転を更に遅らせ、普天間基地周辺におけるハザード発生のリスクを高めることになります。
また、返還されることになっている普天間基地の土地を運用できなくなり、経済活動における機会損失が発生することになります。
■なぜ沖縄県民の多くが辺野古移転に反対するのか
海上に進入経路がある辺野古に飛行場を移転すれば、基地周辺住民の安全性が確保され、沖縄の全体の基地面積も縮小することになります。
この2点が実現することは沖縄県民の強い要望であり、辺野古移転は一定の合理性を持っている方策と言えます。
ところが、マスメディアの世論調査によれば、沖縄では辺野古移転反対の意見が多数認められます。
勿論、一定の合理性を持った方策であっても、それ以上の反対理由があれば移転を反対するのは合理的です。
それでは、その反対理由とは一体どのようものなのでしょうか?
実はそれが今よくわかっていないのです。
極めて不可解なことに、地元有力紙の沖縄タイムス・琉球新報、全国紙の朝日新聞・毎日新聞、テレビ放送のテレビ朝日・TBSといった移転反対の論調を持つメディアは、沖縄県に反対者が多いことについては頻繁に報じますが、反対の具体的理由については思わせぶりだけでけっして明示しません。
また、世論調査においても、なぜか反対者に移転反対の具体的理由を聞きません。
さらに、[辺野古基金]や[沖縄平和運動センター]といった反対運動を行っている団体も反対の具体的理由を明示していません。
彼らが掲げている唯一の反対理由らしきものは
「みんなが反対しているから民主主義のために反対している」
ということだけなのです。
■簡単に論破されてしまう反対理由
辺野古移転の反対派が反対理由を述べない理由として考えられるのが、その理由を述べると、いとも簡単に論破されてしまうことです。
例えば、玉木デニー沖縄県知事は反対の具体的理由を明示している数少ない一人ですが、その内容は次の通りです。
<★玉木デニー沖縄県知事候補(現・同知事)
基地反対について、私が一番訴えたいことは辺野古の新しい基地の建設、そしてそのための埋め立て工事は断念するべきだ、ということです。
この6〜7割の県民の思いは揺るぎません。
このように訴えている理由は、戦後73年経ってもいまだに、日本の0.6%の面積しかない沖縄県に日本の70%あまりの米軍基地が集中させられているためです[記事]>
この主張は明らかに不合理です。
既存の基地であるキャンプシュワブへの移転によって基地の面積は減少するからです。
また、キャンプシュワブ内に建設される辺野古の滑走路は新基地ではなく、新たに接収される土地もありません。
さらに
「日本の70%あまりの米軍基地」
という統計値は正確でなく
「日本の70%あまりの米軍【専用】基地」
です。
ちなみに、自衛隊が一部供用する
「米軍一時使用施設」
を含めた
「米軍施設」
という観点では、沖縄のシェアは20%程度であり、自衛隊の専用基地も含めた
「米軍+自衛隊施設」という観点では、沖縄のシェアは15%程度ということになります[記事]。
「日本の70%あまりの米軍基地」
というのは、いわゆる
【半分真実 half-truth】
と呼ばれるレトリックに過ぎません。
一方最近、芸能人のローラ氏が環境破壊を根拠して辺野古移転に反対する[署名]を集めました。
<★ローラ氏
美しい沖縄の埋め立てをみんなの声が集まれば止めることができるかもしれないの。
名前とアドレスを登録するだけでできちゃうから、ホワイトハウスにこの声を届けよう。
芸能以外のことが、すっごくやりたくて[記事]>
この主張も明らかに不合理です。
ローラ氏のいう「美しい沖縄」ではこれまでも多くの地点で埋め立て工事が行われてきましたし、今後も10か所以上の地点で大規模な新規埋め立ての計画があります。
環境を問題視して埋め立てに反対するのであれば、むしろジュゴンの出現頻度が高い沖縄本島西岸に位置する現在進行中の那覇空港の増設工事に反対した方が効果的です。
「芸能以外のことをやりたい」
という自己実現目的で目立つネタにとびつくというのはどうかと思います。
ちなみに、辺野古の滑走路の場合には、建設予定地が当初案から移動したため、ジュゴンの餌場とされる辺野古周辺の豊かな海草藻場がそのまま保存されることになりました。
■ルサンチマン
具体的理由がないのにも拘わらず、沖縄の大衆が自らの要望と矛盾しない辺野古移転に反対する理由として唯一考えられるのが、繰り返されるマスメディアの扇情報道の結果として大衆の内面に生じていると推察される【ルサンチマン ressentiment】の影響です。
ニーチェは、権力者は悪の存在であり権力者に対峙する者は善の存在であると断定することで道徳的に優位に立って権力者を不合理に見下す【畜群 herd instinct】という本能が人間に存在することを指摘しています。
ルサンチマンとは、この畜群の原動力となる妬み・憤慨の感情のことであり、この感情に基づく価値判断の規範を【奴隷道徳 slave morality】と言います。
沖縄の大衆は
「政府は沖縄に寄り添っていない」
という認識をマスメディアから一方的に植え付けられることによって畜群本能を引き出され、奴隷道徳に基づくルサンチマンを発動しているものと考えられます。
ルサンチマンの本質は、権力者よりも高潔な【精神 spirit】を持っている自分でありたいという【自己実現 self-actualization】への【欲望 appetite】を行動原理として【理知 logic】を否定するものです。
ルサンチマンに心を奪われた人間は、【意志 voluntary】を持ちたいという【感情 emotion】の延長線上で【知性 intellect】を嫌悪します。
すなわち【主意主義 voluntarism】の仮面を被った【主情主義 emotionalism】によって【主知主義 intellectualism】を蔑視するのです。
現実を検証することなく、自己実現目的で感情を前面に出して署名を集めたローラ氏はまさにこの典型です。
規範となる道徳に基づく自己実現への欲望という行動原理は、明らかに【宗教 religion】の行動原理と一致します。
ルサンチマンを発揮するに至っている大衆は、説得者であるマスメディアに対して【内在化 internalization】と呼ばれる重いレヴェルの【同調 conformity】をしているものと考えられます。
内在化とは、説得者の考えを正しいと判断して同調するものであり、同調後に態度変化が起こりにくいことが知られています。
ここで、マスメディアが大衆に植え付けた
「政府は沖縄に寄り添っていない」
という認識は明らかに不合理と言えます。
日本政府は、税収が少ない県よりも優先して、普通の県の水準の2倍という圧倒的な額の国庫支出金(全国1位)を私達国民の血税から沖縄県に計上しています[記事]。
政府が工事を急ぐのも、可能な限り早期に普天間基地周辺住民の安全を確保すると同時に基地面積を減らすためと考えるのが合理的です。
政府にはその理由以外に工事を急ぐ理由はないからです。
少なくとも政府は、沖縄の大衆よりは当事者である普天間基地周辺住民に寄り添っています。
辺野古移転が遅れれば遅れるほど困るのは、沖縄県の「数の論理」によって阻害されている「沖縄県内のマイノリティ」である普天間基地周辺住民に他ならないからです。
沖縄県知事選挙では、確かに辺野古移転反対を掲げる玉城デニー氏が全体の約55%の票を集めて当選しましたが、普天間基地が位置する宜野湾市長選挙では辺野古移転反対の仲西春雅氏が落選、辺野古が位置する名護市長選挙では辺野古移転反対の稲嶺進氏が落選しました。
また、地元の辺野古区民は、米軍と長年にわたる交流もあり、辺野古移転を容認しています[過去記事]。
このようなマイノリティの観点から見れば、玉城沖縄県知事は県民投票という数の力を使って少数意見を抑え込もうとしていると言えます。
しかしながら、マスメディアはそのような少数意見を一切無視しています。
マスメディアが認定する沖縄の【民意 public will】とは
「辺野古移転反対」
でしかないのです。
■エスカレートするマスメディアのプロパガンダ
ルサンチマンを利用したマスメディアによる扇動の極みが、2018年12月15日の朝日新聞社説です。
<★朝日新聞社説「辺野古に土砂投入 民意も海に埋めるのか」
安倍政権が沖縄・辺野古の海への土砂投入を始めた。
(中略)「辺野古ノー」の民意がはっきり示された県知事選から2カ月余。
沖縄の過重な基地負担を減らす名目の下、新規に基地を建設するという理不尽を、政権は力ずくで推進している。
「いつまで沖縄なんですか。どれだけ沖縄なんですか」
先月の安倍首相との会談で玉城デニー知事が発した叫びが、あらためて胸に響く。
▼まやかしの法の支配
政府の振る舞いはこの1年を見るだけでも異様だった。
(中略)政権は聞く耳をもたなかった。
中国や北朝鮮を念頭に、日ごろ「民主主義」や「法の支配」の重要性を説く安倍首相だが、国内でやっていることとのギャップは目を覆うばかりだ。
▼思考停止の果てに
その首相をはじめ政権幹部が繰り返し口にするのが
「沖縄の皆さんの心に寄り添う」

「辺野古が唯一の解決策」
だ。
本当にそうなのか。
辺野古への移設方針は99年に閣議決定された。
しかし基地の固定化を防ぐために県側が求めた「15年の使用期限」などの条件は、その後ほごにされた。
そしていま、戦後間もなく米軍が行った「銃剣とブルドーザー」による基地建設とみまごう光景が繰り広げられる。
(中略)既成事実を積み重ねて、県民に「抵抗してもむだ」とあきらめを植えつけ、全国の有権者にも「辺野古問題は終わった」と思わせたい。
そんな政権の思惑が、土砂の向こうに透けて見える。
▼「わがこと」と考える
何より憂うべきは、自らに異を唱える人たちには徹底して冷たく当たり、力で抑え込む一方で、意に沿う人々には経済振興の予算を大盤振る舞いするなどして、ムチとアメの使い分けを躊躇しない手法である。
その結果、沖縄には深い分断が刻み込まれてしまった。
国がこうと決めたら、地方に有無を言わせない。
8月に亡くなった翁長雄志前知事は、こうした政権の姿勢に強い危機感を抱いていた。
沖縄のアイデンティティーを前面に押し出すだけでなく、
「日本の民主主義と地方自治が問われている」
と繰り返し語り、辺野古問題は全国の問題なのだと訴えた。
(中略)そんな国であっていいのか。
苦難の歴史を背負う沖縄から、いま日本に住む一人ひとりに突きつけられている問いである>
この社説では、辺野古移転の反対理由という問題の論点を一切語らずに、まるで共産主義国の[プロパガンダ映画]のようにひたすら政府を悪魔化してルサンチマンを煽りに煽っています。
文章を読む限り、日本政府は日本を支配しようとする悪の結社であるかのようです。
この朝日新聞の造ったストーリーにおける最も大きな論理破綻は、政府が
「自分たちのため」
に何としてでも辺野古移転を行いたいと考えているかのような思い込みです。
日本政府も米国も、沖縄県民が普天間基地を残してもよいと考えるのであれば、辺野古移転を実施する必要はありません。
また、普天間基地を残すのもダメで辺野古移転を実施するのもダメというのであれば日米安保条約を解消するしか解決方法はありません。
この場合、防衛費は現在の5兆円から20兆円に膨れ上がり、日本は重税に苦しむ軍事大国となるはずです。
勿論、この場合には日本国民が安保条約解消を許容するわけはなく、憲法改正してでも辺野古移転を進めるものと考えられます。
この程度の自明なバックワード・インダクションもできずに、誰のためにもならない無責任な扇動社説を書いているプロパガンダ新聞社は淘汰された方がよいと考えます。
マスメディアが政権チェックというミッションを遥かに超えて、束となって政治運動を先導している現状は、1930年代から朝日新聞と東京日日新聞(毎日新聞の前身)が国民を扇動して日本を無謀な戦争に巻き込んだ事例とよく類似しています。
マスメディアに対する監視は、沖縄県民を含めて、いま日本に住む一人ひとりに突きつけられている問いに他なりません。
不良グループに挑発されて無意味なチキンレースに興じることで損するのは自分であると同時に周辺の人をも不幸にすることを大衆はよく認識すべきであると考えます。
「理由なき反抗」はムダの極みです。

17. 2019年2月28日 13:25:36 : 9Gqb5g2dvk : WGM1b2FRM3Q5ZTY=[9] 報告
8様の資料にはびっくり!

辺野古埋め立てが下地一族の生命線のようだ

18. 2019年2月28日 14:01:05 : J3nUrZGckA : clF2N1dQYXhYckE=[28] 報告
>>16.

うるさいな!
何だってそんなに長いコメントを書くんだ!
誰も読まネ〜よ!そんなもん。
そんなに長いコメント書くくらいなら自分でスレ立てろ!
邪魔だ!

19. 2019年2月28日 14:40:57 : 2FGxIRUH3U : SlNja3RzOFZsR1E=[1] 報告
<<18
アドバイスありがとうございます。
自分でスレは立ててませんが他で拡散中です。

●沖縄で先日に行われた県民投票ですけど、有効票数の7割が反対だったとはいえ、有権者の半数は投票に行かなかったですよ。
結果によって状況が変わるわけではないという前提があるので、何が何でも絶対に反対!!!っていう人ぐらいしか県民投票に価値を見出せてなかったと思います。
反対派にとっても反対票数は予想を大きく下回ったのではないでしょうか?
たぶん過半数は楽々と超えると思ってたでしょうし、自分もそう思ってましたので、4割以下ってのは少ないってのが率直な感想です。
皆さんはどう思いましたか?

●沖縄の県民投票のことメディアは全くと言ってよいほどに報じませんね。
当日の夜のニュースと翌日の朝のワイドショーで軽く触れた程度です。
モーニングショーとかでガッツリやるのかと思ったらそうでもなかったのはびっくり。
反対派はこの扱い誤算だったのでは?
それとも有権者の38%しか反対票数が無くて、投票行かずが半数近くいたことで、大々的に報じられると逆効果だと、報じない方が良いと判断したのでしょうか?

●辺野古基地反対派の代替案何ですか?
自衛隊の基地でも反対ですか?
沖縄に基地が、なかったら中国の領土になってしまうかもしれないけど、それでもいいの?
普天間のままでいいということですか?

●沖縄県民の方々は国政選挙や県政選挙、そして今回の県民投票。
そして投票以外ではデモやハンスト、座り込みまでして基地に反対
そこまでして基地に反対するのは一種の戦争や基地に対するカルト並みのヒステリックアレルギーを感じるのですが、馬鹿なんでしょうか?
なぜそこまでして作られたくない?
なら政治家になるか官僚になった方が良い。
最高にダサすぎる。
自分たちは権力に反対するからカッコ良いとかおもっている勘違い野郎の集まりなのかな?沖縄県て
皆さまはどう思いますか?

●沖縄の民意を尊重しろって言う人に聞きたいのですけど、具体性ある代案あるのでしょうか?
実行可能な代案あって辺野古移設を取り止めて県外に移設すべきだと言ってるのならば理解も出来るけど、代案を持ってないのに綺麗事で軽々しく言うことには疑問しかないです。
辺野古案だってあっさり決まったわけでなく12年かけてまとめたものです。
それを白紙にしろって言うからには代案を出すべきで、代案も無いのに反対するのは無責任だと思いますけど。

●[辺野古「反対」7割超]
は琉球新報、沖縄タイムス、朝日新聞、毎日新聞の悪質な印象操作だ。

●<社説>県民投票無視の政府 民意を矮小化するな
2019年2月26日 06:01
https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-880621.html

●社説[辺野古「反対」7割超]計画断念し代替策探れ
2019年2月25日 07:16
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/388994

●社説[県民投票の後で]「辺野古唯一」を見直せ
2019年2月26日 07:45
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/389582

●県民投票の翌朝「辺野古NOを強制排除 反対7割でも
2019年2月25日12時24分
https://www.asahi.com/articles/ASM2T369KM2TTPOB001.html

●(社説)政権と沖縄 これが民主主義の国か
2019年2月26日05時00分
https://www.asahi.com/articles/DA3S13909547.html?iref=pc_ss_date

●辺野古移設 沖縄県民投票翌日、止まらぬ埋め立て「民意、踏みにじるのか」
2019年2月26日
https://mainichi.jp/articles/20190226/ddp/041/010/006000c

20. 2019年2月28日 15:25:32 : T1xujA1g5M : ZDNuS3p0RXlLZGs=[7] 報告
真面目に反論するのも汚らわしい。
大体こんな奴と同じ土俵に上がるのもバカバカしい。
公文式にでも行って算数やり直しなさい。
21. 2019年2月28日 18:14:16 : nchdQJqfnI : amJ1azFCYXB3NFk=[1] 報告
●「辺野古反対が民意」はトリックだ 我々はまた悪夢を見なければいけないのか
平井文夫
2019年2月27日 水曜 午前11:50
https://www.fnn.jp/posts/00430090HDK
辺野古反対は民意だというウソはやめろ
反対は7割でなくホントは4割
また日本の安保を弄ぶ気ですか
■投票結果報道はフェイクニュース
すでに埋め立て工事が進んでいる辺野古の海
初めに言っておくが、 僕は沖縄の人たちが米軍は出ていけと言っていることについて、 住民エゴだとは思っていない。
沖縄に住んでいれば、 なぜ沖縄だけが負担しなければいけないのか、 と怒りを覚えるのは当然だ。
ただ、だからと言って、 今回の投票で辺野古反対に入れるかどうかは別の話だ。
一部野党や一部メディアは、 住民投票で、辺野古反対が7割を超えたので、 それが沖縄の民意であり、日本政府は辺野古移転をやめろ、 という趣旨の主張をしている。 しかしそれはフェイクニュースだ。
■トリックに騙されるな
今回の県民投票の有権者は115万3591人。
投票に行った人は60万5385人。
行かなかった人は54万8206人。
辺野古移設に反対の人は43万4273人
賛成の人は11万4933人
どちらでもない人は5万2682人。
投票に行った人の中で反対の人は確かに7割を超えるが、 全有権者の中の割合を見ると38%、4割弱に過ぎない。
つまり投票に行かなかった54万人を巧妙に無視している、 よくあるトリックだ。
■日本の安全保障を弄んだのは誰だ!
ちなみに投票に行かない事は多数意見への白紙委任だと主張する人がいるが、それは国政選挙など法的拘束力のある投票の場合だ。
今回の投票には拘束力はなく、あくまで世論の傾向を知事や議会が把握するためのものなのだ。
だから投票に行かなかった人を含め62%が積極的に反対していないのに、沖縄の民意は辺野古反対だ、と決めつける理由がわからない。
ちなみに旧民主党政権の人たち(連立を組んでいた社民、自由も含む)が、 この間違った前提をもとにだから辺野古はやめろと言っているがいい加減にしてもらいたい。
あなた方が県外だ、国外だ、腹案がある、ごめんやっぱり辺野古だ、などと無責任に日本の安全保障を弄んだことを国民が忘れたとでも思っているのか。
我々はあの「悪夢」をまた見たくないのだ。

●「辺野古反対が民意」はトリックだ 我々はまた悪夢を見なければいけないのか
2019年2月27日(水) 11:52
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00010005-fnnprimev-pol

22. 2019年2月28日 20:35:59 : ufrEL4tJhV : QWVzb09pMFcxZ2c=[4] 報告
背後に統一教会がある日本会議の改憲運動で、基本的人権、国民主権、平和主義を奪われる事実!

背後に統一教会がある日本会議の改憲運動で、基本的人権、国民主権、平和主義を奪われる事実!

背後に統一教会がある日本会議の改憲運動で、基本的人権、国民主権、平和主義を奪われる事実!

別班マン𓆃
@beppanman
Feb 26
Replying to @yamamototaro0
7/7 #kokkai 自由党 山本太郎参院議員 @yamamototaro0 2019年2月26日 日本母親連盟にて講演会、善良な母親達が母連に入りスピリチュアリズムに洗脳され、背後に統一教会がある日本会議の改憲運動で、基本的人権、国民主権、平和主義を奪われる事実に目覚めた観衆の大拍手で講演が終わる。 pic.twitter.com/8mx50fm6qw

23. 2019年3月01日 13:07:47 : 9Gqb5g2dvk : WGM1b2FRM3Q5ZTY=[12] 報告
19さ〜ん!
長いのを意見されても自我を通すって、
25%しか得票率がないのに政権の座についてる、
安倍のながったらしい答弁に似ていますね!

キモイ!

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK257掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK257掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK257掲示板  
次へ