★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK258 > 173.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
トランプ氏にノーベル賞推薦報道、一番驚いたのは安倍首相(NEWS ポストセブン)
http://www.asyura2.com/19/senkyo258/msg/173.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 3 月 05 日 08:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

トランプ氏にノーベル賞推薦報道、一番驚いたのは安倍首相
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190305-00000009-pseven-soci&p=1
NEWS ポストセブン 3/5(火) 7:00配信 週刊ポスト2019年3月15日号


ポスト安倍はまたまた安倍?(時事通信フォト)


 国会や首相官邸で日々取材する政治部記者には、見聞きしても絶対に書けない記事がある。首相や官房長官、与党幹部が番記者にふと漏らした本音は、「夜回りメモ」や「オフ懇メモ」として本社のデスクに報告されるが、決して紙面に載ることはない。

 そこで覆面政治部記者座談会を開催し、“核心”に迫ることにした。本誌・週刊ポストの呼びかけに、政権に食い込みながらも“冷めた目”で権力を分析するデスククラスのA氏、首相官邸や自民党を長く担当して主流派、反主流派のどちらにも太いパイプがあるベテランB氏、そして夜回り取材の第一線で飛び回る中堅の2人、“安倍肯定派”のC氏、政権に距離を置くD氏という政治部記者4人が匿名を条件に応じた。座談会は「トランプ大統領を安倍首相がノーベル賞に推薦」騒動についても触れられた。

司会:ベトナムでの米朝首脳会談は“物別れ”に終わったが、会談に先立って日本に“寝耳に水”のニュースが飛び込んだ。安倍晋三・首相がトランプ大統領をノーベル平和賞に推薦していたことを、トランプ氏が自ら記者会見で明らかにしたことだ。日本の新聞はどこもこの話を掴んでいなかったのか、それとも報道を止められていたのか?

記者B:事前に掴んでいたらスクープをものにできただろうが、どの社もノーマーク。昨年9月の日米首脳会談に同行した記者も驚いていた。

記者D:正直に言えば、トランプ発言の後も、まだ各紙とも半信半疑でした。トランプ大統領は放言が多いからフェイク情報じゃないかと、筋金入りの安倍嫌いで知られるウチのデスクさえ信じていなかった。ところが、裏取り取材をすると、官邸筋や外務省が「ホワイトハウスから頼まれて推薦書を送った」と認めたので驚いた。

記者C:裏が取れると朝日も毎日も一転して鬼の首を取ったみたいな書き方をしたよね。毎日は社説に、「安倍首相、ご冗談でしょう」と見出しをつけ、朝日も「対米追従が過ぎないか」とやった。東京新聞を含めて反安倍メディアの記者たちは、“トランプ発言に安倍首相が怒っている”という見立てで取材していた。“バラされて困っている”と報じたかったんだろうけど。

記者D:自民党内は妙に盛り上がっていた。国会議員でもノーベル賞の推薦状を出せるという話が広がって「オレも推薦状を書こう」と悪ノリする若手議員が何人もいた。首相は実際に困惑していたはず。

記者B:いや、トランプ発言に一番驚いていたのは当の安倍首相だ。「オレ、そんな手紙出したっけ?」と覚えていなかったらしい。毎日多くの行政文書や外交文書にサインしているから一つ一つ中身を覚えていないとしても不思議ではない。

記者D:苦しい言い訳にしか聞こえませんけど。

記者B:そもそも総理はノーベル賞推薦がおかしいとは思っていないから言い訳する必要がない。韓国の金大中・元大統領は金正日・総書記と南北首脳会談を開催しただけでノーベル平和賞を受賞(2000年)している。「歴史的な米朝首脳会談をやったトランプ大統領には資格は十分ある」と。でも、書簡は外務省が勝手に書いたと思っていたんじゃないか。

◆日ロより日朝をお膳立て

記者A:もっとも、このノーベル賞推薦は思わぬ効果があるかもしれない。トランプ大統領が書簡を明かした狙いは、米朝が融和に動いているのに北朝鮮への強硬姿勢を崩さない安倍総理を対話に引き込みたいからだろう。総理もロシアとの領土交渉が行き詰まっているから、「次は私が金正恩と向き合わなければならない」と北朝鮮に目を向けている。トランプ大統領が日朝を橋渡ししてくれたら“渡りに船”だ。日朝首脳会談が意外に早く実現するかもしれない。

記者B:確かに安倍首相の北方領土交渉への熱意は1月の日ロ首脳会談以後、目に見えてしぼんでいる。外務省幹部も首脳会談後は、「プーチン大統領の政治基盤は日本人が思っているほど強くない。だから時間がかかっている。タイムリミットは次の6月の首脳会談、その後は参院選になってしまう」と冷めた言い方になった。その頃から、官邸は民間人の密使を北朝鮮に頻繁に送っている。「安倍首相に近い内閣官房参与の1人が北に入った」という情報を外務省幹部は否定しなかった。

記者A:安倍総理はプーチンとの交渉に文字通り政治生命を賭けて取り組んできたといっていい。今井秘書官ら官邸の側近たちが心配しているのは、日ロの6月基本合意が難しくなってきたことで総理が精神的に折れてしまわないかという点だ。だから“ロシアがダメでも北朝鮮があります”とお膳立てして首相のモチベーションをなんとか維持させたい。

 これからの新聞の紙面には日ロより日朝関係の記事が増えてくるだろう。それは国民の目をロシアから北朝鮮に向けさせるという面もあるが、情報を流す官邸側にすれば“国民が期待しています”と首相の士気を鼓舞したいという目的が大きい。それが「外交の安倍」の一面の真実でもある。

●レポート/武冨薫(ジャーナリスト)







 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[5696] kNSCqYLU 2019年3月05日 08:13:29 : 90EZJT5uPI : YU9qMWtEWURTcUk=[732] 報告


2. 赤かぶ[5697] kNSCqYLU 2019年3月05日 08:14:17 : 90EZJT5uPI : YU9qMWtEWURTcUk=[733] 報告


3. 2019年3月05日 09:08:33 : fPAGedqalU : S0tQb1pzMi91OVU=[16] 報告
 内閣官房参与が北に擦り寄った結果は?
 首相が替わったら、訪朝を許可する!。

 と言われて、スゴスゴと引き下がってきた
 のだろう。

4. 2019年3月05日 11:52:23 : FehvLrQ8PQ : SkZHQzZJc2lBTVU=[9] 報告
> トランプ発言に一番驚いていたのは当の安倍首相だ。「オレ、そんな手紙出したっけ?」と覚えていなかったらしい。

  流石アホ晋三だ!(これは、賞賛ではなく軽蔑だ)
 トランプに頼まれりゃ二の句なく快諾だろう。
 だけど何でもそうだろうが、推薦文など書ける言語力・思考力など持ち合わせて いないから適当に誰かに依頼するだけ。
  そして何事も忘却だろう。

 一般人でも「トランプのノーベル賞推薦文」を依頼されたら
 「そんなことしません」と辞退するだろうが、アホ晋三にはそのような判断力も
 ないんだろうな。
本当に人間としてどうしようもない 『64歳児』 が日本の首相で、
 国家のど真ん中で金庫泥棒をやっている詐欺師をお縄にしなくちゃね(驚愕)

5. 2019年3月05日 23:18:05 : o4ZxWSpuaU : cmp4OUZBQlJQcUU=[267] 報告
庇うのだ 知らないことに しておいて

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK258掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK258掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK258掲示板  
次へ