★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK258 > 230.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
消費増税は景気後退させ物価を引き下げる可能性−原田日銀委員 長期金利が低下、日銀オペ金額が予想通りで安心感ー超長期も需要
http://www.asyura2.com/19/senkyo258/msg/230.html
投稿者 うまき 日時 2019 年 3 月 06 日 23:32:27: ufjzQf6660gRM gqSC3IKr
 

消費増税は景気後退させ物価を引き下げる可能性−原田日銀委員
日高正裕
2019年3月6日 11:12 JST 更新日時 2019年3月6日 14:57 JST
前回増税より影響は「小さくなる」が「需要減少は物価を抑制する」
2%目標の長期的達成も困難になればちゅうちょなく緩和強める必要
日本銀行の原田泰審議委員は6日、甲府市内で講演し、10月に予定されている消費税率の10%への引き上げについて、景気を後退させ物価を引き下げる可能性があるとの見方を示した。

  原田委員は消費増税が「景気を後退させ、需要減が物価を引き下げる可能性がある」と述べた。引き上げ幅が2%と小さいことや軽減税率の適用、教育無償化などにより、2014年度の前回増税時より影響は「小さくなる」としながらも、「需要の減少は当然に物価上昇を抑制する」と指摘した。

  その後の会見では、前回の消費増税で景気は一時的に悪化したが景気後退には陥っていないため、今回の消費増税後も「景気後退になるとは考えてない」としつつも、「やはり大きな影響があるかもしれない」との見方を示した。その上で、消費増税の是非について「政府が必要な財政支出を得るためにやっていることなので、私の立場でどうこういうことはない」と語った。

  1月の輸出、鉱工業生産指数が大きく落ち込むなど、景気の先行き不透明感が強まっている。複数の関係者によると、日銀は14、15両日開く金融政策決定会合で、「総じてみれば着実な成長」が続いているとしている海外経済や、「増加基調」にあると判断している輸出、生産の現状判断を下方修正するかどうか議論する見通しだ。

  原田委員は「景気の下方リスクが高まっていることは事実」としながらも、「今、景気後退になるとは考えていない」と述べた。ただ、景気が悪化し物価が一時的ではなく下落するというリスクが顕現化すれば「必要な手段を取る」と言明。景気の悪化に対して金融政策で対応しなければならないということについて「政策委員の間に意見の不一致があるとは考えていない」と語った。

  講演では物価について、教育無償化や携帯電話料金の引き下げも「当然に2%の物価上昇率目標の達成を遅らすことになる」と指摘。足元の物価の停滞が予想物価上昇率の停滞をもたらし、「物価上昇をさらに遅らすというリスクはある」とした上で、景気が悪化し2%物価目標の長期的達成も困難になるようなことがあれば「ちゅうちょなく金融緩和を強めることが必要」と語った。

(3段落以降に会見での発言を追加して更新しました.)
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-03-06/PNX9EQ6KLVR401?srnd=cojp-v2


 
長期金利が低下、日銀オペ金額が予想通りで安心感ー超長期にも需要
船曳三郎
2019年3月6日 8:00 JST 更新日時 2019年3月6日 15:44 JST
債券相場は上昇。長期金利は再びマイナス圏に低下した。日本銀行が3月の運営方針を見直した残存5年超10年以下の国債買い入れオペの通知額が市場予想通りとなり、過度な減額への懸念が後退したため、買いが優勢になった。

新発10年物353回債利回りは、日本相互証券の前日午後3時の参照値より0.5ベーシスポイント(bp)低いマイナス0.005%。朝方は0.005%に上昇して開始し、その後水準を下げた
新発20年物167回債利回りは0.44%、新発30年物61回債利回りは0.63%と、それぞれ1bp低下
長期国債先物3月物は前日比11銭高の152円62銭と、この日の高値付近で終了
市場関係者の見方
みずほ証券の上家秀裕債券ストラテジスト
5−10年オペは4700億〜4800億円の予想レンジを下回ると悪影響が大きいとの警戒もあったので安心感が出た様子。オペの結果から売り急ぐ姿勢も見られなかった
年度末に向けた需要が残っているのか30年や40年債がしっかりしており、明日の30年入札も相場の重しになっていない
ただ、日銀が調整しないと利回り曲線がブルフラット(平たん)化しやすい政策なので、今後も必要に応じてオペを減額するだろう
岡三証券の鈴木誠債券シニアストラテジスト
20年債利回りは0.45%の節目が守られ、10年債は当面ゼロ%程度と予想。30年入札を巡っては利回り0.65%の節目が守られるか注目
3月は決算月で生命保険会社の買い入れが増える季節的な傾向もあり、債券相場に過度な懸念はいらないだろう
日銀買いオペ
残存5年超10年以下は前回4300億円から4800億円に引き上げ。月間では回数が1回減り、今回の金額が維持された場合は2300億円の減額
応札倍率は前回3.19倍から2.59倍に低下、平均利回り差マイナス0.004%
備考:日銀、5ー10年の買い入れ額4800億円提示ー月間で2300億円減額へ
備考:過去の日銀オペ結果一覧
新発国債利回り(午後3時時点)
2年債 5年債 10年債 20年債 30年債 40年債
-0.145% -0.150% -0.005% 0.440% 0.630% 0.705%
前日比 横ばい -0.5bp -0.5bp -1.0bp -1.0bp -1.5bp
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-03-05/PNVVFL6JIJUQ01?srnd=cojp-v2  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年3月07日 09:49:37 : bmPp7Yj7NA : N3E0bkUuQnJ0bjY=[18] 報告
報道によれば、原田委員は甲府市内の講演で、金融緩和により日本経済全体に好い事が起きているのだから金融機関にもそれがやってこないとは妙だといったようだ。しかし、これは全く手前味噌でしかない。本当に日本経済全体が良くなっているのであれば、国民にもそれが及んでいるはずだし、日銀が国債を異常に購入して国に奉仕する必要もなかろう。
 さらに、銀行系金融機関は利子所得が基本であるはずで、投資による収益は一部である筈。自由な中で金融機関が動くのであれば言うとおりだろうが、利子率をゼロにするような可笑しな金融政策のもとではうなづけないし、そのような政策は自由経済を冒涜するものではないか。
2. 2019年3月07日 11:38:06 : bmPp7Yj7NA : N3E0bkUuQnJ0bjY=[19] 報告
1です。続きとして同様な参考意見を掲載。


 リフレ派の原田泰日銀審議員がピントはずれなことをまた言っています。・・・この男もリフレ派の代表的な学者の一人だったのです。

 日銀がインフレターゲットを掲げ、どんどんお札を刷りまくれば、必ずマイルドなインフレが実現できると豪語していました。もし、それができないような日銀総裁なら辞めてしまえ、と。自分たちがやれば必ずマイルドなインフレが実現して、デフレから脱却できると言っていたのです。
 岩田元副総裁も同じようなことを言っていましたね。
 そして、その岩田氏と原田氏が黒田総裁の下でリフレ政策を進めたものの…一向にインフレ率は上がらず失敗しているのです。
 金融機関の経営内容について議論する前に、自分たちが言ってきたことを先ず反省しろと言いたい。・・・
この男、銀行が金を貸さないのなら、そんな銀行は潰れたって構わないというのが持論だったのです。
 こんな男が日銀の審議委員をいつまでも務めているというのは、それこそ悪夢でしかありません。・・・
http://blog.livedoor.jp/columnistseiji/
小笠原誠治の経済ニュースゼミ 2019.3.07

3. 2019年3月07日 19:13:01 : o4ZxWSpuaU : cmp4OUZBQlJQcUU=[313] 報告
増税が デフレもたらす 反動で

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK258掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK258掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK258掲示板  
次へ