★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK258 > 759.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
 自民党青年局、「入党ルール明確化を」 旧民主議員の続く二階派入党の動きに(かいけつの いまどきにゅうす かわらばん)
http://www.asyura2.com/19/senkyo258/msg/759.html
投稿者 怪傑 日時 2019 年 3 月 23 日 14:16:56: QV2XFHL13RGcs ifaMhg
 

自民党青年局、「入党ルール明確化を」 旧民主議員の続く二階派入党の動きに
https://gansokaiketu-jp.com/newsindex3-naiyou-6.htm#2019-03-23-%E8%87%AA%E6%B0%91%E5%85%9A%E9%9D%92%E5%B9%B4%E5%B1%80%E3%80%81%E3%80%8C%E5%85%A5%E5%85%9A%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E6%98%8E%E7%A2%BA%E5%8C%96%E3%82%92%E3%80%8D%E3%80%80%E6%97%A7%E6%B0%91%E4%B8%BB%E8%AD%B0%E5%93%A1%E3%81%AE%E7%B6%9A%E3%81%8F%E4%BA%8C%E9%9A%8E%E6%B4%BE%E5%85%A5%E5%85%9A%E3%81%AE%E5%8B%95%E3%81%8D%E3%81%AB

自民党青年局「入党ルール明確化を」 旧民主の入党続き
https://www.asahi.com/articles/ASM3Q4HNPM3QUTFK00H.html?iref=comtop_list_pol_n02

自民党青年局は22日、旧民主党議員による自民入党の動きが相次いでいる問題で、「(入党に至る)説明が不十分だ」として、党執行部に対し、入党ルールの明確化を求める方針を決めた。4月の統一地方選後、地方議員らの意見を聴いたうえで申し入れる。

 青年局は、45歳以下の国会議員や地方議員らでつくる組織。青年局長の佐々木紀衆院議員はこの日の定例会合で、「他党に所属していた国会議員が入党したり、入党を希望したりというケースが相次いでいる。自民党が苦しい時に自民候補を地方で支えてきた皆さんにすれば、納得がいかないんじゃないか」と訴えた。

 会合では、「入党した議員と自民現職が選挙区で競合する場合は現職を公認してほしい」「競合した場合は予備選を開いて公認を決定してはどうか」などの意見が出たという。佐々木氏は会合後、「自民党の批判をして当選してきた国会議員が入党するとハレーションが起こる。プロセスを明確に、説明も十分にして下さいということだ」と記者団に語った。(豊岡亮)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
関連ニュース

旧民主出身の鷲尾衆院議員が自民入党
https://mainichi.jp/articles/20190322/k00/00m/010/208000c

自民党は22日、旧民主党出身で無所属の鷲尾英一郎衆院議員(新潟2区)の入党を了承した。新潟2区では2017年衆院選で鷲尾氏に敗れた細田健一氏(比例代表北陸信越ブロック)が党支部長を務めており、執行部は細田氏との競合を回避する方針。ただ、党内には野党議員の入党に反発も出ている。

これに先立ち、自民党青年局長の佐々木紀衆院議員は同局会合で、鷲尾氏ら旧民主党出身の国会議員の入党の動きが相次いでいることに関し「簡単に入党を認めることは看過できない」と指摘。青年局として党執行部に慎重な対応を申し入れる意向を表明した。

 佐々木氏は「なんで自民党を批判していた人が今さら入ってくるのか。おかしいじゃないか」と批判。入党プロセスを明確にする▽党員・支援者への説明責任を果たす▽自民現職は次期衆院選で従来と同じ選挙区から立候補する――の3点を求める考えを示した。【田辺佑介】

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

自民、細野氏の二階派入会に渦巻く不満「無節操」
https://www.sankei.com/politics/news/190225/plt1902250030-n1.html

細野豪志元環境相が自民党二階派に特別会員として入会し、入党も目指していることに、党内で不満がうずまいている。細野氏が安倍晋三首相をはじめ、自民党政権を激しい口調で批判してきたためだ。過去の言動を挙げて「無節操」との指摘もあり、一部の自民党幹部は細野氏に説明責任を求めている。(沢田大典)

 「コメントの通りです」

 平成18年10月、女性タレントとの不倫を報じられた細野氏は、記者団にこう繰り返していた。事前に「深く反省しております」とのコメントを出したが、事実関係の説明はなかった。

時を経て、細野氏はまた説明責任を求められる立場となった。

 先月31日、細野氏の二階派入りが了承されると、萩生田光一幹事長代行は今月4日の記者会見で「野党幹部として政権批判をしてきたのだから、自分の言動を国民に説明したらどうか」と厳しく指摘した。

 確かに、安倍首相が党総裁に返り咲いた24年以降、細野氏は旧民主党幹事長や政調会長などを歴任し、政権批判を繰り広げてきた。

 同年11月、細野氏は「消えた年金問題が出たときの首相は安倍さんだ」と言及。安倍首相の経済政策「アベノミクス」に関連し「建設国債を日銀に引き受けさせるのは、戦争のときにやった手法だ」とも批判した。同年衆院選では、安倍首相について「首相になるべき人物か疑問を持っている」などと訴えていた。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK258掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK258掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK258掲示板  
次へ