★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK260 > 565.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
株価は新元号で下がりっぱなし 「令和」大不況が始まるぞ(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/19/senkyo260/msg/565.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 5 月 09 日 22:35:55: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

 


株価は新元号で下がりっぱなし 「令和」大不況が始まるぞ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/253462
2019/05/09 日刊ゲンダイ 文字起こし


トランプの次の標的は日本(C)ロイター

 どうやら「令和相場」のご祝儀ムードはサッパリ期待できないらしい。

 9日の東京株式市場の日経平均株価は前日比200円46銭安の2万1402円13銭と4日続落。新元号最初の取引となった7日から、3日間の下げ幅は計850円余りに達した。

 米株式市場でも、7日のダウ工業株30種平均の終値が前日比473ドル安の2万5965ドルとなり、1月3日以来、約4カ月ぶりの下げ幅に。8日の中国本土株式市場でも、上海総合指数や香港のハンセン指数が軒並み下落。

 欧州市場でも株価が急落するなど、世界同時株安の展開だ。

 株価暴落の引き金は言うまでもなく、米中貿易戦争に対する警戒感だ。

 米中両政府は9日から2日間の日程で、ワシントンで閣僚級の貿易協議を再開する予定。

 米国はライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が責任者を務め、中国は劉鶴副首相らが交渉に臨むが、協議決裂が決定的となれば、米国は中国からの輸入品2000億ドル(約22兆円)相当に課している追加関税を10日午前0時1分(日本時間10日午後1時1分)に10%から25%へ引き上げる方針だ。

 米中協議が難航している理由のひとつが、中国の産業補助金政策だ。中国政府は5000億ドルを超える巨額の資金枠を設け、ハイテクなどの先端企業に補助金を出している。米国はこの補助金がWTO(世界貿易機関)のルールに抵触するとして全面撤廃を要求しているのだが、国家資本主義の中国にとって、補助金は次世代産業を育成するために不可欠。米国に「撤廃しろ」と迫られたからといって「ハイ、分かりました」と受け入れるはずがない。

トランプの頭にあるのは世界経済よりも再選

 米国が制裁関税を引き上げた場合、中国もすぐに対抗措置に動くだろう。報復関税の応酬となれば、問題は米中間にとどまらない。世界経済に悪影響が波及するのは確実だ。トランプ大統領が交渉の最終局面になって「ちゃぶ台返し」を仕掛けるのは常套手段とはいえ、ヘタをすれば自国の経済にも大きなダメージを与えかねない。そのため、トランプの「関税引き上げ」発言はブラフ(威嚇)との見方もあるが、強気の姿勢を崩さない背景には世論の後押しもあるのだろう。

 米調査会社ギャラップの世論調査によると、トランプ政権の支持率は46%と同社の調査で過去最高。「米国第一主義」を掲げ、相手国に譲歩を迫るトランプの「ディール外交」が奏功しているのかはともかく、失業率やGDPなど一部の経済指標が着実に回復傾向にあるのは事実だ。

 米中協議を控えた8日に中国税関総署が公表した4月の貿易統計では、対米貿易黒字は210億ドル(約2兆3100億円)と依然として“貿易不均衡状態”にある。トランプが中国に対してより強い態度で臨むことで、さらなる世論の支持を得られると踏んでいるのは想像に難くない。経済評論家の斎藤満氏はこう言う。

「トランプにとって最優先は来年の大統領選で再選すること。落選すれば(ロシア疑惑で)逮捕されかねないからです。中国との交渉決裂で株価が下落するよりも、妥協して保守派の支持層からソッポを向かれるのが一番怖いため、追加関税引き上げに動いた方がいいと判断しているのではないか。そうなれば世界の株価は、日本も含めて今以上に下落することになるのは間違いありません」


中国もガチンコ(C)ロイター

参院選と引き換えに米国にすべてを差し出す日米貿易交渉の末路

 世界が固唾をのんで米中協議の展開を見守る中、決裂した場合の影響をモロに受けるのが日本だ。8日の日本市場でも「ヤマハ発動機」や「コマツ」「安川電機」など中国との関連性が高い企業の株価の下落が目立った。今の日本経済は主に米中輸出の外需頼みだから、その米中景気が冷え込めば、日本経済はたちまち崖っぷちに追い詰められる。

 その上、何といっても日本にとって最大のヤマ場となるのが日米貿易交渉だ。来年の大統領選を控えて具体的な外交成果が欲しいトランプが、中国に見切りをつけ、日本に強硬姿勢で臨んでくる可能性は十分ある。

 4月の日米首脳会談の内幕を描いた8日の日経新聞の記事でも、すでに貿易交渉を巡ってトランプ政権が日本に妥結を強く求める様子がこうあった。

〈4月26日、ホワイトハウスでの首脳会談。トランプ氏は冒頭で記者団に「貿易交渉が5月に妥結する可能性はあるか」と問われた。答えは「ある」だった〉〈米国では既に2020年の大統領選に向けた戦いが始まっている。(略)トランプ氏には中国との交渉が難しければ日本との間で成果を急ぎたいとの判断が働いた〉〈(安倍)首相は「大統領選が来年あるのはわかっている。それまでにはちゃんと形にするから安心してほしい」とも約束した〉

 これが事実であれば、安倍の姿はチンピラの親分にドーカツされる子分のよう。交渉前から、身ぐるみをはがされたようなもので、クラクラするではないか。東大大学院の鈴木宣弘教授(農政)はこう言う。

「要するに夏の参院選が終われば、何でも差し出しますと約束したのに等しい。最悪の展開です。農産物でも何でも米国の言う通りにするから、自動車は勘弁してくれというつもりなのでしょうが、それをトランプが許すはずがない。為替条項でも脅され、すべての分野で押し切られる。日本が一方的に失うだけの交渉になるのは明らか。米中協議が決裂すれば、その動きが加速するだけです」

令和は国民がひたすら冷遇される時代

「平成から令和時代へ、今後も『3本の矢』の政策を継続することでデフレ脱却を果たす」。参院決算委で安倍はこう威張っていたが、取り巻く経済情勢が悪化する一方の状況下で、どうやってデフレ脱却を果たすつもりなのか。しかも、今のところ、10月には消費増税10%を強行するというのだから、正気の沙汰とは思えない。

 2014年4月に消費税率を5%から8%に引き上げた際も消費が冷え込み、不況に突入したのは記憶に新しい。この時のGDPは4〜6月、7〜9月と2期連続のマイナス成長だったが、米中の2大経済大国がグラつく中で今回、消費増税すれば、前回よりも悪化するのは子供だって分かるだろう。

 筑波大名誉教授の小林弥六氏(経済学)がこう言う。

「アベノミクスは『3本の矢』どころか、すでに失敗したというのが一般的な認識です。国内消費は相変わらず低迷したままで、10連休で支出が増えた、といっても、国民の中には『カネを使わされただけ』という感覚も少なくなく、これから財布の紐は固くなると考えた方がいいでしょう。そこに日米貿易交渉があり、米国第一主義の政治姿勢が票になると考えているトランプ政権が待ち受けているのです。恐らく、米国は日本に対して安易に妥協せず、その結果、あらゆる国内産業が影響を受ける可能性があるでしょう。そんな経済の押し下げ圧力が強まる中で消費増税を断行すればどうなるか。最悪の場合、日本経済そのものが潰れかねません」

 株暴落は悲劇の始まりに過ぎず、国民がひたすら冷遇される「令和大不況」が迫っている。







 


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[12531] kNSCqYLU 2019年5月09日 22:55:13 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[2596] 報告


2. 赤かぶ[12532] kNSCqYLU 2019年5月09日 22:55:48 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[2597] 報告


3. 赤かぶ[12533] kNSCqYLU 2019年5月09日 22:56:46 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[2598] 報告





4. 赤かぶ[12534] kNSCqYLU 2019年5月09日 23:03:07 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[2599] 報告

米中衝突、日米貿易交渉にも影響 日本は参院選後の決着描く
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44435780U9A500C1PP8000/
2019/5/7 6:30 (2019/5/8 0:35更新) 日経新聞

トランプ米大統領が中国製品への関税引き上げを表明したことは日米の貿易交渉にも影響する。来年の大統領選を見据え、トランプ政権は貿易問題で一定の成果を上げたい。もし中国との交渉が決裂すれば、日本から早期に果実を得ようとする可能性がある。安倍晋三首相は大筋合意を夏の参院選後にするよう求めており、今後も米中関係の状況を意識しながら交渉を続ける。


握手する安倍晋三首相とトランプ米大統領(4月26日、ホワイトハウス)=AP

首相とトランプ氏との最近の会談からは日米貿易交渉の微妙な変化がうかがえる。

4月26日、ホワイトハウスでの首脳会談。トランプ氏は冒頭で記者団に「貿易交渉が5月に妥結する可能性はあるか」と問われた。答えは「ある」だった。5月25〜28日に令和初の国賓として来日するのを念頭に「私が日本にいるときまでにできるかもしれない。我々はそこで署名するかもしれない」と強調した。

米国では既に2020年の大統領選に向けた戦いが始まっている。民主党では現時点で最有力候補とされるバイデン前副大統領が出馬を表明したばかりだ。「アメリカ・ファースト(米国第一)」を唱え、各国との貿易関係見直しを掲げるトランプ氏には中国との交渉が難しければ日本との間で成果を急ぎたいとの判断が働いた。

ただ日本側にとって夏の参院選前の5月に妥結することは避けたい。記者団が退席し、通訳だけを交えたトランプ氏との一対一の会談になると、首相はすぐに「さっきの5月というのはダメです。日本では夏に選挙がある。その前には妥結できない」と伝えた。

首相は日本側の政治日程も細かく説明した。もし5月に日米が合意しても国会で関連法案を成立させねば実現しない。次に国会を開くのは秋以降だ。合意が夏の参院選後になっても実質的に違いはない――との内容だ。

首相は「大統領選が来年あるのはわかっている。それまでにはちゃんと形にするから安心してほしい」とも約束した。政治家同士の話で選挙の話題は心に響く。トランプ氏は「シンゾウの言うことは、よくわかった」と応じた。

約45分間の一対一の会談が終わり、閣僚を交えた会合が始まると、トランプ氏の姿勢は一変。ライトハイザー通商代表部(USTR)代表が日本に早期の合意を迫ると、トランプ氏が割って入った。「いまはそんなに急がなくてもいい。他国に劣後するのは嫌だが、日本側にも事情がある」

首相もライトハイザー氏に「みなさんが業界団体から圧力を受けているように、日本の農業団体も強力だ。急ぐことよりも双方の議会で承認される内容にすることが大事だ」と説くと、トランプ氏もうなずいたという。

首相は帰国後、側近議員に「改めてトランプ氏との関係に自信を深めた」と語ったという。

この時の首脳会談まで、米国は日本との交渉を急ぐ考えを前面に出していた。4月15〜16日の閣僚級協議でも、ライトハイザー氏は茂木敏充経済財政・再生相に農業分野などを中心に早期に合意するよう迫っていた。

トランプ氏が軟化した背景には、並行して進む中国との貿易交渉の影響もありそうだ。首相とトランプ氏との会談はこれまで10回に及ぶ。ゴルフも4回ともにした。首相は主要国の首脳の中でもトランプ氏と非常に近い関係を築いてきた。

一方、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席がトランプ氏と会談したのはこれまで4回だけだ。頻繁に会ってきた首相とは差がある。今回のように米国と利害が食い違う時に首相はトランプ氏と直接交渉ができるが、習氏は打開するためのパイプが乏しい。

首脳会談から約1週間後の5日、トランプ氏はツイッターに「中国は2000億ドル分の製品に10%の関税を支払うが金曜日(10日)に25%に上がる。中国の協議は遅すぎる!」と投稿した。

翌6日夜の首相との電話協議でもこうした方針を改めて首相に伝えた。日本との交渉については「従来の方針を確認しただけ」(日本政府関係者)だったという。

日本は6月の20カ国・地域(G20)首脳会議にあわせて来日するトランプ氏との首脳会談で方向性を示し、参院選後に大筋合意する「2段階決着」を狙う。ただ、楽観はできない。米中の交渉が頓挫したり、トランプ氏が急きょ方針を変えたりすれば、米側が対日交渉に関心を寄せ、強気の姿勢に出る可能性はある。

首相は5月のトランプ氏の来日時に、東京・両国国技館で開く大相撲夏場所を一緒に観戦しゴルフもプレーする予定で、トランプ氏と過ごす時間を最大限、確保する。






5. 2019年5月09日 23:22:25 : eFargDQyXD : VXlneE5pNldUQVE=[14] 報告
 
 ま〜〜 些細なことはほっといて 2つの大前提を認識しておくことだ

 ===

 アメリカの国民は 財産を70%株式で保有している だから トランプは株価を下げられない

 日本では 安倍の唯一無二の成果が 株高で これを失うことはできないということだ

 ===

 だから 普通に考えると 株価は 下がらないと考える方が 正しい

 ===

 トランプは 株価が下がれば アメリカの国民の信頼を失って 大統領の再選はない

 
 

6. 2019年5月09日 23:30:11 : eFargDQyXD : VXlneE5pNldUQVE=[15] 報告

 アメリカ経済は 借金で成り立っていて その借金は 債権の形で存在する

 お金とは 株式+債権で 成り立っていて 債権の利益は 公定歩合という金利にリンクしているが

 公定歩合を上げると 株価がさがるので 利上げを拒否したのだ

 トランプは 株式を大事にするばかりに 債権を愚かにするので 債権はいずれ紙くずとなるだろう

 

7. 2019年5月09日 23:36:32 : eFargDQyXD : VXlneE5pNldUQVE=[16] 報告

 日本では 円高 = 株安 となるので 株高を狙う 安倍は 円安を続けることになる

 QEの続行 = 円安 = ドル買い = アメリカ国債の購入 となる

 ===

 アメリカの国債の金利も下がる方向なので 日本の金利も下がり続けることになる
 
 マイナス金利は 拡大するも プラス金利になることはない

 ===

 ドイツの金利も下がる アメリカの金利も下がる
 
 中国バブル崩壊 = 金利の低下 だから 世界中の金利の低下となるのが 世界の流れだ
 

8. 2019年5月09日 23:48:01 : eFargDQyXD : VXlneE5pNldUQVE=[17] 報告

 21世紀とは マイナス金利(または0金利)の時代だから

 20世紀が プラス金利の時代だったことから 真逆の時代になる

 ===

 ピケティが r>g で示しているのは 金>生産 を意味していて
 金を持ってる人>働く人 だといってるわけで

 20世紀の 「不自然な経済」を意味している

 その結果 お金の不合理 = 戦争 or 恐慌 であるというのが 一般的な経済理論であるが

 ===

 0金利(マイナス金利)では g>r となるので 戦争も起きないし 恐慌にもならない
 

9. 2019年5月09日 23:53:48 : JUeVKg2C62 : d2RsQmhCeUFyUFU=[9] 報告
>05
それあなた個人の願望では?
10. 2019年5月10日 00:01:51 : eFargDQyXD : VXlneE5pNldUQVE=[18] 報告

 アメリカでは MMTが マジに議論されているが

 MMTを 議論するまでもない ゴミ理論だと 切り捨てる人が多いが

 ===

 理論的には MMTが正しいし 現在のアメリカの経済も すでに 実質的には MMTだし

 日本の国債がGDPの2.5倍にもなっているのは MMTそのものと言える

 ===

 MMTを否定する人は 「いずれインフレ(金利の高騰)」がおきるとしているが

 日本でもアメリカでも お金を印刷して配っているのに インフレは起きていない
 

11. 2019年5月10日 00:11:01 : eFargDQyXD : VXlneE5pNldUQVE=[19] 報告

 最近は マイナス金利が一般的だが  ちょっと待ってくれ

 ===

 日本の株式は 今でも 金利6%もある(PER15=100÷15=6)なのだ

 ===

 銀行に 金利0で お金を預けるくらいなら 株式を買った方が はるかに 正しい選択だ
 

 

12. 2019年5月10日 00:13:34 : eFargDQyXD : VXlneE5pNldUQVE=[20] 報告
 
 まあね 株式を地道にやれば 6%の金利にはなるけど〜〜

 ===

 株式 = ギャンブル だと思って 遊ぶのも 楽しいものだ!!
  

13. 2019年5月10日 05:55:57 : FWblfwFAyE : MjBydFVNRzdQRDI=[2] 報告
令和と共に世界が大きく変わり、経済が破綻して困るのは戦争屋だけだから恐れることはありません。

アメリカ戦争屋株式会社は事実上破綻しているので国民主体の共和国を作ればよいのです。

トランプ大統領が国民主体の国を目指すので戦争屋がマスコミを使ってトランプ叩きをするのです。

アメリカの大量逮捕が始まれば日本にも波及して新しい国民主体の政権を作れば経済破綻なんて怖くない!

NESARA/GESARAを施行すればよいのです。

14. 2019年5月10日 06:58:06 : FWblfwFAyE : MjBydFVNRzdQRDI=[3] 報告
日本の教育・医療・福祉を崩壊させ
金持ち優遇・弱者切り捨て、大都市優遇・地方切り捨ての
弱肉強食社会を作った売国奴詐欺師の小泉・竹中が逮捕されれば
マスコミ報道に騙された国民がやっと目覚めて
NESARA/GESARAが施行されて平和な日本になると心待ちしていました。
15. 2019年5月10日 08:08:46 : eFargDQyXD : VXlneE5pNldUQVE=[21] 報告

 現在 壊れようとしているのは 金融(金貸し)ですね〜〜

 それも まっとうな金貸しではなく「高利貸し」ですよね〜〜

 ===

 株式というのは 真っ当な需要があって 生産をして 利益を上げようとしているのであって

 バブル(作りすぎ)はあっても 作ることができない恐慌を発生させなければよいのです

 それが QEなどの お金がじゃぶじゃぶの世界(MMT)の世界だから
 
 普通の 正しい産業は 世界中の国民が生きていくために 動かせなければならないわけです

 

16. 2019年5月10日 11:59:27 : ySPZjfAjKs : VzN1RWhSTnBKVVE=[83] 報告
現在形と未来形がごちゃまぜ。
17. 2019年5月10日 12:44:39 : n7zopQ1Pj2 : NE5aT0FNR3B0Y3c=[2] 報告
安倍ムサシ政権
命綱の株価を粉飾するために
年金原資をブッ込み中

どうせ破綻させた年金制度だからと
開き直っている安倍晋三

18. 2019年5月10日 19:10:22 : R78it43S7k : ZElUVzhMREpyUk0=[56] 報告
これまでの ツケが噴き出る 令和の世
19. 2019年5月10日 19:59:42 : Bu0uzdFftA : YXppUFFDL0tlak0=[4] 報告
   

株価暴落から耳目をそらすためのミサイル発射依頼
今回は“ 学習して ”事前のお泊まりは無し?

ミサイル茶番(外患誘致)
http://pd.kzho.net/1557440347732.jpg
http://pd.kzho.net/1557440347840.jpg
http://pd.kzho.net/1557440347887.jpg
http://pd.kzho.net/1557440347947.jpg

jlab-giga
19/05/10(金) 07:19:07

   

20. panbet37[1307] gpCCgYKOgoKChYKUglKCVg 2019年5月10日 23:48:46 : SstJ3ehXWg : dHUzYUYySlJjZXM=[36] 報告
  こいつ、安倍晋三のせいで、日本は何もかも無茶苦茶にされた。こんな史上最悪の売国奴は、国家破壊の罪で絞首刑にすべきだね。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK260掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK260掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK260掲示板  
次へ