★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK260 > 575.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
何の中身もない甘利発言/政界地獄耳(日刊スポーツ)
http://www.asyura2.com/19/senkyo260/msg/575.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 5 月 10 日 11:10:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

何の中身もない甘利発言/政界地獄耳
https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/201905100000181.html
2019年5月10日8時25分 日刊スポーツ


★自民党選対委員長・甘利明の思わせぶりにはうんざりだ。8日、テレビ番組で4月30日に副総理兼財務相・麻生太郎が首相・安倍晋三の私邸を訪ねた際の2人のやりとりについて「巷間(こうかん)伝わってくるのは、(衆参両院の)ダブル(選挙)を(麻生氏が)勧めたと。しかし、首相は慎重に言葉を選んで言質を与えなかったとマスコミから伝わってきている。(改憲への)スケジュールから見ると、ここでダブル選をやるのが自然だという臆測につながる。首相からそういうニュアンスは伝わらない」とした。この連休明け、後半国会が始まろうというときの思わせぶりな発言で政界はまた大騒ぎだ。

★甘利は再三、衆参同日選挙の可能性をちらちらと発言し、同党幹部が追随したり、火消しに回ったりと縦横無尽に解散の可能性をもてあそんでいる。政局とはそんなものだというかもしれないが、このどう喝じみた解散あるある祭りは、党内若手への緊張を与える親心なのか、野党を疑心暗鬼にさせていくかく乱なのか定かではない。ただ、解散権を持つ首相すら、その伝家の宝刀を抜くことには相当の覚悟が必要ながら、その権限がないものが安易に解散を口にすること自体が政権与党幹部としての責任が問われるものだ。

★まして今回の発言をよく聞けば、安倍・麻生会談の中身はマスコミで言われているうわさを披歴して、そこに感想を付け加えたというもの。それを甘利が話したことで2人のやりとりが現実にあったかのような信ぴょう性を与えているが、結局は仮定の話に甘利の思惑が加わり政治ニュースのように仕立てただけの発言だ。甘利にとってはそれで十分役割を果たしたことになるのかもしれないが、それを伝える記事自体が何を目的に甘利発言を報じたかもよくわからない。よく読めば何も言っていない。(K)※敬称略



衆参同日選を麻生氏進言?=甘利氏が伝聞紹介
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019050800998&g=pol
2019年05月08日17時03分 時事通信

 自民党の甘利明選対委員長は8日、TBSのCS番組収録で、麻生太郎副総理兼財務相が4月30日に安倍晋三首相の私邸を訪ねた際の2人の会談内容について「巷間(こうかん)伝わってくるのは、(衆参両院の)ダブル(選挙)を(麻生氏が)勧めたと。しかし、首相は慎重に言葉を選んで言質を与えなかったとマスコミから伝わってきている」と述べた。

 甘利氏は、首相が2020年の改正憲法施行を目指していることに触れ、「(改憲への)スケジュールから見ると、ここでダブル選をやるのが自然だという臆測につながる」と指摘。ただ、「首相からそういうニュアンスは伝わらない。ダブル選をやれという声はあるが、党選対本部としてそこまでの気持ちは固めていない」とも語った。














 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[12595] kNSCqYLU 2019年5月10日 11:11:42 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[2660] 報告


2. 赤かぶ[12596] kNSCqYLU 2019年5月10日 11:12:37 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[2661] 報告


3. 赤かぶ[12597] kNSCqYLU 2019年5月10日 11:14:14 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[2662] 報告


4. 赤かぶ[12598] kNSCqYLU 2019年5月10日 11:24:04 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[2663] 報告

麻生氏が安倍首相に「同日選」進言か 自民・公明「無風」で参院選を目指す
https://mainichi.jp/senkyo/articles/20190508/k00/00m/010/248000c
毎日新聞 2019年5月8日 21時16分(最終更新 5月9日 00時35分)


今後の主な政治日程

 大型連休が明け、6月26日が会期末の通常国会は後半戦に入った。だが対決法案はほぼない状態で、与党は無風で夏の参院選に突入することを目指す。一方自民党内から「衆参同日選」への言及も続き、野党を揺さぶる戦術が展開されている。

 与党は対決ムード回避のため柔軟な姿勢だ。自民、公明両党の幹事長、国対委員長は8日の会談で、国民生活に関係する法案に関し「野党ともよく協議しながら進める」ことを確認した。

 その後、自民党の森山裕国対委員長は立憲民主党の辻元清美国対委員長と会い、児童虐待防止法などの改正案に関し、野党の独自案を念頭に修正協議に応じると伝え、野党側が求める「党首討論の質疑時間延長」の協議開始でも合意した。

 8日には衆院憲法審査会の幹事懇談会も開かれ、国民投票の際のCM規制に関する日本民間放送連盟(民放連)への参考人質疑を9日の憲法審で行うと確認。実質的な議論は約1年3カ月ぶりだ。

 一方、人工知能(AI)など最先端技術を活用した「スーパーシティ構想」を推進する国家戦略特区法改正案の行方は不透明だ。片山さつき地方創生担当相は今国会成立を目指すが、与党には慎重論が強い。片山氏は政治資金問題で追及を受けており、片山氏が国会質疑に立つと「注目が集まってしまう」(自民党幹部)ためだ。審議入りするかも含め、慎重に検討中だ。

 そんな中、麻生派の甘利明選対委員長が8日のCS番組の収録で「マスコミから伝わった」話として、麻生太郎副総理が衆参同日選を安倍晋三首相に進言したと言及。「私邸で長い間話し込まれた。しかし総理は慎重に言葉を選んで言質を与えなかったと伝わってきている」と述べた。その上で「選対としてはそこまでの気持ちは固めていない」と自身は同日選に慎重だとした。

 「平成」最後の日の4月30日午後9時過ぎ、麻生氏は東京・富ケ谷の首相私邸を訪ね、約2時間滞在していた。【飼手勇介、立野将弘】











5. 2019年5月10日 15:34:04 : kS6wBuCEbQ : cUVwV3MyWkRzQlE=[4] 報告
毎日新聞は害日新聞だねえ。
6. 2019年5月10日 16:45:34 : 5QSjz0PFD2 : WnV1cGNxRDV0UC4=[1] 報告

本当に憲法の7条の規定によって、総理に解散権があるのか? 
なんか巧妙に仕組まれた解散権の濫用、すなわちインチキではないかと思う。例えば、

2017衆院解散は、「お前が国難」と指弾されたモリカケ隠し解散だった。
2014衆院解散は、「アべノミクスの是非を問う、増税延期の是非を問う」とか言ってたが、本当は馬鹿の安倍本人が外遊中に決まった「何だかわからない解散」だった。だから本当に解散権を握っていたのは舞台裏の人間だ。それは誰だ?
2012衆院解散は、野田豚による自民への政権禅譲・出来レース・自爆解散だった。あの野田豚の「白々しいセリフ」と馬鹿のアベの「シナリオ通りに発言してますねー」の表情が余りにも露骨だった。

しかも、それらの選挙では投票結果が大幅に改竄され、自民圧勝がでっち上げられた。
そんな改竄の中で悪法に反対しそうな与野党議員はインチキで落選させたわけだ。 
もうムチャクチャと言うほかない。

こうれはもう、武装国連軍に警護された国際選挙監視団を要請すべきだ。
そして西欧のように、馬鹿が勝手に解散できないように縛りをかけるべきだ。

それにしても賄賂鷲づかみの甘利は、睡眠障害は治ったのかね? それとも詐病だったのかね?
体力づくりと称してマスクをしたまま議員宿舎の非常階段を上り下りしていたそうだが、
賄賂鷲づかみの件は、しっかり説明責任を果たすべきだろうさ。


7. 2019年5月10日 19:36:13 : R78it43S7k : ZElUVzhMREpyUk0=[62] 報告
勝てばいい なくてもともと 中身など

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK260掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK260掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK260掲示板  
次へ