★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK260 > 598.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
安倍首相は各国の首脳の失礼な冗談のタネになっている 『漂流する日本に』 (ガメ・オベールの日本語練習帳)
http://www.asyura2.com/19/senkyo260/msg/598.html
投稿者 樹里亜 日時 2019 年 5 月 10 日 21:31:21: DiwDavhBYrK2M jveXooif
 

ガメ・オベールの日本語練習帳_大庭亀夫の休日ver.5
Posted on May 3, 2019
https://gamayauber1001.wordpress.com/2019/05/03/civ-2/#comment-24905


(※投稿者注 文章中のツイッター動画は、投稿者が追加したものです。)


『漂流する日本に』


トルドー首相が安倍首相を迎えて二度も日本と中国を取り違えて「チャイナ」を連発したのは象徴的な出来事だと捉える人がおおかった。
日本では、この椿事どころではない外交上の大失礼を安倍首相の責に帰する人がおおかったが、それはいくらなんでも酷で、当然、カナダでは「トルドーのボンボンは、なにを考えとるんや」と自分達の首相が相手国をかつてはその国のライバル国であった国と取り違える外交上の失態を嘆く声がおおかったように見えます。



一方では、安倍首相が軽んじられて、各国の首脳の失礼な冗談のタネになっているのは、まさか表通りのマスメィアでは伝えられはしないが、誰でもが知っていることで、侮辱されても侮辱されても、まるでいじめにあっているのに、いじめそのものに気が付かないふりで「ぼく、クラスのみんなの人気者なんだよ」と母親に報告する健気な子供のように、安倍首相はあきらめずにあちこちの国にでかけて、ネグレクトされ続けている。


初めに英語世界でおおきな話題になったのは、トランプが大統領の座に着いたばかりのときの安倍夫妻のアメリカ訪問で、いったいどうものを考えたらそういうことをしようとおもうのか、驚天動地というか、メラニアは安倍昭恵に付き添ってDC市内を案内するという例外があったことのない慣行を無視して、首相の夫人を、ひとりで半日ほったらかしにする、という公然たる侮辱を与えるという行動に出た。
各国の外交雀たちは、大喜びでした。
元外交官や、性格が悪いある種のひとびとが出入りするコミュニティに属する「外交通」たちは、なにしろ、なによりゴシップが好きなので、メラニアの破天荒なデタラメぶりと、屈辱を必死に我慢して、まるで主人のもとに出張してきた夫についてきて、誰もめんどうを見てくれないので、途方にくれながらひとりで見知らぬ町をほっつき歩いて時間をつぶす会社員の妻のような日本の首相の妻の姿を同情を持って眺めていた。


(昭恵とメラニア)


あるいはトランプが経営するリゾートでのパーティで、当時はマーサーファミリーの後ろ盾でホワイトハウス入りして、ぶいぶい言わせていたスティーブン・バノンに、西洋人の目にはどう見ても清朝の宦官の小走りにしか見えない走り方で、慌てたように歩み寄って、やはりこれも西洋人の目には卑屈にしか見えない恭しい態度で自己紹介をしていた。
いま、こうやって書いていて、どう思い出してみても安倍首相がぺこぺことお辞儀をしながら名刺を渡していた映像がたしかな記憶として頭のなかに浮かぶのは、しかし、現実にはなにしろ一国の首相なのだから、そんなはずはなくて、日本の出張会社員の姿と重なるマナーで、逆に動作を記憶が捏造しているのでしょう。


(バノンに小走りで駆け寄る映像はなかったので、こちら)


気位が高い国民性を考えれば無理もなくて、日本では報道されないが、そのあとの数多の外国訪問でも卑屈であるか威丈高であるかで、まるで風刺漫画に出てくる誇張された日本人そのままの像をみせて世界中を楽しませることに成功した安倍首相は、だんだん回数が重なるにつれて、見ている人間に、「いったい、この人の内面はどういう仕組みになっているのだろう?」と訝らせるくらい、ほとんど当たり前のように無視(例:G7)されたり、ある場合には、露骨に相手が格下の国であることをデモンストレーションとして演じてみせた習近平のように、いっそ見ているほうがハラハラするくらい失礼な態度に出られても、どこふく風というか、むっとした顔もみせずにニコニコと応じて、帰国すると、架空な「外交成果」を国民に報告していた。


日本の首相なのだから、ほんとうの実績ならともかく、あれほど空想的な「外交成果」を国内に向かって述べてしまえば、それはちゃんと国外からも見えていて、ますます各国の政府から失笑と、この場合は不幸なことに安倍首相個人に限らず、それを称賛する日本国民全体に対してまで見ている人間たちが軽蔑の気持が起きるのは当然わかっているはずで、見ていて、国内向けの配慮はしても、外交の話であるのに外国から軽侮されるほうへばかり行動するのは不思議に感じられた。


そのうちに安倍首相が用もないのにやってきた場合の対策マニュアルのようなものが、無言のうちに納得されていって、とにかく日本のマスメディア用に歓待を見せる席をつくってやる。
対等に扱っているシーンを、これも日本の記者たち用にお膳立てする。


(安倍が用もないのにやって来たら)


つまりは安倍首相の訪問は国内で「外交をかっこよくすすめている国際派首相」というイメージを確立するためにやってくるので、その需要をみたしてやれば、見返りのない、案外莫大な金額のオカネをおいて、日本にとっては極めて不利な約束(例:オーストラリアの投資会社による日本人個人資産へのアクセス権、ロシアに対する「北方領土」四島主権の事実上の放棄の約束)を、ほとんど交渉の手間さえかけずに置き土産としておいていってくれることが判ってくると、各国とも安倍首相の訪問を歓迎するようになっていった。
下品な言い方をすれば鴨が円を背負ってやってきてくれるのだから、当たり前といえば当たり前です。
労せずして日本人が営々と築いてきた国富が我が手に入る。
こちらから見返りをだす必要は、ゼロ。
「顔をたてて」やればいいだけのことで、不思議なことに、どうやら安倍首相の側は、それでも日本に帰って国民の猛然たる非難にあう、ということはないらしい。


なんだか狐につままれたような、英語では
too good to be true
と言うが、現実の話なので、俄には信じがたくても、信じた方が自分の利益になるとなれば、とにかく毟り取れるあいだは毟ったほうの勝ちというか、どうせばらまくオカネならば、自分の国にばらまいてもらうに如くはない。
日本もハッピー、当該国もハッピー。
いまだに「ハッピー・シンゾー」と渾名がつかないでいるのが不思議なくらいであるとおもわれる。




(閑話休題)
最もわかりやすそうな例だと考えて外交をもちだしたが、この頃、日本は国を挙げて、どうやら21世紀の世界とは異なる文脈を歩き出したようです。
世界で焦眉の急であると考えられていることが日本では中心の話題になっているのを見たことがない。


パッと見た第一印象は、この変化が激しすぎて参加者全員がうんざりしている世界で、日本だけが20世紀を生きていることで、問題の立て方自体が20世紀的で、この記事も日本語で書いているとおり、自分では日本語が一応使えるので、日本の人とツイッタなどで話してみると、なんだか自分の祖父と話しているような気がしてくる。


どうかすると、世界のものごとを「親日」「反日」という分類をあてはめて考える端緒にしようと企てる人までいる。
記事を見る限りそういうことが大好きであったらしい戦前の1930年代くらいの朝日新聞記者が墓から蘇ってときどきミイラ化した指がとれたりするのに顔をしかめながら書いているのかとおもったら、20代の若い人です。



東アジアの他の国なら「親日」という言葉は、1945年以前の大日本帝国の協力者のことで、親ナチとおなじで、ちょうどいまでも90歳代に達した元ナチ幹部をモサドが追究して告発するように、国家として告発して、罰を受けさせようとするのとおなじことで判りやすいが、日本の側で「親日」「反日」と述べるところが、もう、よく判らないというか、文脈が異なっているわけで、
つまりはおおもとは、日本は戦前からひとつづきの大日本帝国の延長で、「国体」として同一で、その戦前の「焦慮する大アジア主義」とでもいうべき性急で暴力的なアジア征服の夢をもって、アジア中で無辜の市民を殺しまくり強姦しまくり、機嫌が悪ければ誰彼なく通りで言いがかりをつけてなぐりつけていた大日本帝国と同意するかどうか、と言っているのでしょう。


どうも日本人にとっては個人としての自分の存在と日本という自分が市民権をもっている国とは一体で、いわば日本という身体の一部のような存在で、したがって、日本に対して「でも、あなたはそういうが私の祖母は兄弟を日本兵に皆殺された」と述べると、日本の一部と感じている右腕国民がなぐりかかり、口(くち)国民が「嘘をつくな」と罵り出す。


国という観念と自分の肉体のあいだになんの疎隔もなくて、悪くいえば個人といえどもただの社会の部品だが、日本人は日本語で思考して生活しているのが普通で、英語のような態度が悪い言語とは異なって、間柄(あいだがら)言語とでも呼びたくなる、個人の判断そのものが他人との関係でくだされる、いわば相対性のなかでその都度うまれる価値が思考を支配する言語で出来た考えにおいては、自分が他者との関係によって規定されるのは自明と感じられている思考そのものの前提で、特に意識しなくても、日本という国と自分は一体であると感じるものであるらしい。
幸福といえば幸福な状態ではあるまいか。


細部に目を移すと、ドライブウェイを歩いて新聞を取りに行って、ゲートの前で近所のおっちゃんと会う、立ち話の短いあいだでさえ、「なあ、ガメ、アーダーン首相がスカーフを頭にまいて演説するってのは、ムスリムに媚びすぎだとおもわないか?」
「いや、おもわないよー。だってムスリムの特に女のひとたちは、スカーフをまいて町を歩くこと自体に恐怖心があるんだよ。
このあいだ、ほら、ニュージーランドヘラルドに、イスラムに改宗して顔をすっぽり覆うブルカを着てケンブリッジで暮らしている白い女の人のインタビューが出てたじゃない。スーパーの棚の前で野菜を手に取って眺めていると、女の人が横にすっと寄ってきて、同じように野菜を見ているふりをしながら低い声で『ここはおまえたちが来る国じゃない。出て行け』と言われたりするって。
だから、日常、毎日の生活で怖いおもいをしているのを、なんとかしようとおもってやってるんだよ」
「ああ、あの心の中で『うるせー、このクソ女。おれはテメーと同じ白人女だよ。この豚が』とおもうっていうやつな。あれは面白い人だった」
というような政治の話題に始まって、森羅万象、ことごとく、「こう思わない?」「思わない」を繰り返して、しかもありがたいことに英語は相手に反駁することが感情の軋轢をうまないように工夫されている言語なので、
「酒の飲み過ぎなんじゃないかい?」
「新しいクルマ、かっこいいけど、色はあれでいいのか」
くらいのことは普通に述べあうように出来ていて、日本語とはちょうど逆で、なんでも同意する人間は「この人、不誠実な人間なのではないか?」とおもわれる習俗を英語人は持っている。


意見が異ならないような人間は信用ができない。


いろいろな人が述べているので、わざわざここでまた持ち出すのは気が引けるが、いっぽう、日本語では、「相手にうなずいてみせる」ことが重要な社交の基本なので、いったん社会が奇妙な方向に動き始めると、とめどなく、途轍もなく奇妙な方向に走っていってしまうことがある。


いまの日本がそうで、しかも、多分マスメディアに欠陥があるせいで、依拠している「現実」がそもそも架空なので、どんどん空想的な「現実」が出来てしまう。


最近、見ていて、「これはおもしろいなあ」と思うのは、そのうえに日本文明のもうひとつの特徴がくわわって、いままで自分が見聞きした範囲から少しでも逸脱するものは「嘘にきまってる」と考える民族集団になっている。


このブログを始めた頃、妹が4カ国語を話すと話しのなりゆきで説明の必要上書いたら、はてなという会社が運営しているコミュニティから「嘘にきまってる」「4カ国語も話す人間がいるわけがない」
「こんな、すぐばれる嘘を書く人間がいるなんてw」
と怒濤のような数でやってきて、日本社会の性格がちゃんとのみ込めていなかった頃で、言われたこっちがぶっくらこいてしまったが、いまはそもそもツイッタの日本人の友達自体にも欧州で暮らしていた人を中心に4カ国語と言わず、必要に応じていろいろな言語で話す人が複数存在するので、さすがに、こういうヘンテコリンなひとたちは来なくなったが、同じようなことは、日本語世界を眺めていると、あちこちに散見される。


自分の経験の内側にある、ごく狭い見聞以外の(自分にとっての)新奇な現実はことごとく嘘であると考えるのは、考えてみればなまけものの老人の特徴で、いまの日本社会は、実年齢とは関係なく社会全体として老人化しているのだと仮定すると、ほんの少し日本語がおかしいだけでレジの中国人店員を怒鳴りつけたり、赤ん坊をのせたストローラー(ベビーカー)に腹を立てておもいきり蹴飛ばしてみたり、テレビばかり観ていて、政治の話題だろうがなんだろうが「マツコがこう言っていた。ウーマン村本の意見はこうだった」と、あのタレントの意見が良い悪いと述べあうのが好きな世界の一大奇観とでもいうべき姿も、日本では異常ではなくて、ふつうのことと受け取られているのも、日本という国がまるごとおおきな老人ホームで、若い世代は、介護に一生を捧げるために国に残っているのだと考えれば、だいたい説明がつく。


それはそれで、老人を介護するために中国本土を再び侵略しだす、というような展開は考えにくいので、いいのではないかとおもうが、困るのは世界の一角に「架空な世界を信じ込んでしまった一億人の集団」が生まれてしまったことで、民族や国に「カルト」というような言葉を使うのは下品なのでいやだが、構造的には、たとえばかつてのオウム真理教に、やはり似ていると言わないわけにはいかない。


オウム真理教がなぜ攻撃的になっていったかという経過を考えると、根底的には「自分達が信じている世界を、自分達のコミュノイティの外の世間は信じるどころか嘲笑している」という事実に対する苛立ちが原因で、世間に自分達が信じる世界を現実感をもってうけとめさせるためには、当たり前だが、世間そのものが痛みや恐怖を感じる攻撃をはじめるのがゆいいつの残された道だった。


毒ガスによって殺されたり、蓄積した兵器によって政府の中枢を攻撃して昨日までの取り澄ました(彼らにとっての)偽善の官衙をひとびとの阿鼻叫喚の地獄に変えることは、とりもなおさず、彼らが「現実」であることを、それを認めようとしないひとびとに思い知らせることである。


そのことに思いあたると、いまの日本の不思議な自己の架空化を面白がってばかりはいられないのかも知れなくて、世界中の人間が安倍政権による日本の相対的な経済地位の低下や、主に投資家を中心とした「政府保証付き株式市場」による濡れ手で粟の大盤振る舞いを歓迎しているが、無理に無理を重ねた空母の保持やF35の大量購入をみて、「そろそろ、やばいかな」と考え出している。


このあいだオーストラリアの外交専門家のおっちゃんが「日本のトンチンカンぶりをおもしろがってばかりはいられない」と述べていたが、たしかにそうで、中国に続いて日本という巨大な全体主義国家が「外」に問題の解決をみいだそうとする事態になれば、世界はもうひとつ難題を抱え込むことになって、あーあ、またややこしいことが増えるのかあ、とタメイキがもれてしまう。


救いは、日本の場合は中国とは異なって、あきらかに世界の変化についていけなくなっていることで、外に出てくる力はないのではないかと観測されている。


このごろアメリカはおろか昔からローテクへの偏愛の傾向を持つ欧州から日本を再訪してさえ、日本のあまりの「20世紀村」ぶりに、ぶっくらこいている人のツイートが散見されて、そのたびにリプライをみると「出羽守、オツカレ」というようないつもの混ぜっ返しがついているが、コンピュータを買うのに現金で払っている皮肉な奇観や、高速道路の料金所にも駐車場にも人間がオンラインシステムの代わりをしていて、成田空港でバスに乗るといきなり6人くらいもおっちゃんたちが料金所に屯していて、日本の友達の解説をおもいだして、あのひとつひとつの料金所のリーダーが最低年収600万円で無料のアコモデーション付きなんてすごい、とあらためて思い返したり、ダメなガイジンになると、銀座の街角で「なんでeスクーターがないんだ。これじゃ歩かなくちゃならないじゃないか!」とキレていたりして、ハイテクに甘やかされた人間のバカッぷりを余す所なく見せているが、最近、東京を訪問した複数の友人たちは、どの人も日本の大ファンになって帰ってきて、なにしろ食べ物はおいしくてやすい、ホテルのレセプションがロボットのチョーへんてこなホテルに泊まってきた、おいらは歌舞伎町でゴジラが屋根から顔をのぞかせているカッコイイホテルに泊まったが、女ひとりでも、ぜんぜん安全だったぞで、日本を訪問先として推薦したわしとモニは鼻高々だが、どうも忍者村や江戸村と区別がついていないらしくて、なかには、「楽しみにしていた、ミニスカートのセーラー服を着てスキップしながら通勤する白あごひげのサラリーマンを見たかったのに背広を着ていてがっかりした」などと述べている人までいる。


平たく言えば日本全体が「あさって」のほうへ行き始めているので、願わくは、このまま、またぞろ戦前の軍艦マーチに乗って強姦しまくり殺しまくる頭のいかれたビンボ帝国の道ではなくて、「なんだかヘンだけど面白い国」のまま成仏してほしいと願っている。


成仏できれば、そのあとに、きっと再生が待っている。
それは、50年後というような早い機会では起きそうもなくなってしまったが、再生されると信じることには根拠があって、日本には焚書坑儒さえ起きなければ、書いていておもったが坑儒のほうはやったほうがいいのか、とおもわなくもないが、文化大革命をやってしまわなければ、例えば自分が溺愛するものを並べただけでも能楽、芭蕉、源俊頼、和泉式部、近代に至っても北村透谷、戦後では鮎川信夫たち、頸筋がぴんとのびた文化があるからで、文化が一定の観念の高みにとどいた文明は、落ちぶれても、殆どの場合、再生している。


いまは、道に迷っているだけだ、とおもう。
自分が生きているあいだには到底無理だが、例えば百年後に再生したとして、そのときには、世界中、思想のチェーン店のようになってしまって、グローバリズムという名前の斉一化が進みきってしまっている世界では、「異なる」ということが極めて重要で、いまはヘンテコをもってなる日本の文明が世界を救うことになるのではないか。


いや、きっとそうだろう、と生まれつきお気楽なわしは考えています。
もっとはっきり言ってしまえば「考えている」のではなくて確信なので、このサーバーの隅にそっと書き残しておく。


なんだか聞いたこともない財団が延々と支払いを続けている謎のサーバーを覗きにきた2050年生まれのきみの、びっくりした顔を楽しみにして。
Share this:



※投稿者注
ガメ・オベールの日本語練習帳_大庭亀夫の休日ver.5 の執筆者、ガメさんことJames F.‏氏 @gamayauber01には、根強いファンの方々がいる一方、批判する人もいます。
批判の中で一番激しいのは、「ニセ外人である」という失礼なものですが、その根拠は、「日本語ネイティヴとしか思えない」という批判者の主観に基づいたものです。
日本語能力が非常に高いことと、膨大な読書をした方であることはわかりますが、批判者とまったく同じような主観で、私はこの方の発想の特徴が、「イギリス人としか思えない」部分があると思います。また、本文中に出てくる内容と関係しますが、外国には結構な数で、四ヵ国語や五ヵ国語を書いて読めて話せる人がいます(直に知っています)。













 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 樹里亜[647] jveXooif 2019年5月10日 21:53:21 : VHP3iy2TP6 : b2R4YWh4c1EwQ3c=[174] 報告



2. 樹里亜[648] jveXooif 2019年5月10日 21:59:12 : VHP3iy2TP6 : b2R4YWh4c1EwQ3c=[175] 報告



3. 樹里亜[649] jveXooif 2019年5月10日 22:02:37 : VHP3iy2TP6 : b2R4YWh4c1EwQ3c=[176] 報告


4. 樹里亜[650] jveXooif 2019年5月10日 22:11:58 : VHP3iy2TP6 : b2R4YWh4c1EwQ3c=[177] 報告



5. 2019年5月11日 00:59:45 : DcEE1e3U0I : NWNQaXBYMWxKUWs=[92] 報告
売国奴!ですわな。

家をつぶす、放蕩息子!といった感じですかね〜安倍・麻生は、、、、

これから安倍の後が大変です。

どう立て直すか!知恵を出さないといけません。

安倍政権で閣議決定事項は,真っ新にすぐできますから集団的自衛権、共謀罪などは無効にできます。

何しろ、後かたずけが大変ですね。

自民党・公明党さん、あんたたち責任もってやってくれるか?出来ないわね。

6. スポンのポン[11239] g1iDfIOTgsyDfIOT 2019年5月11日 03:34:47 : YLRU9o6eFk : dUpJOXhqbEFjRlU=[419] 報告
 
 
■日本すごいバカの国

 架空なのは安倍の外交だけでなく
 この国の政治自体がこの30年間架空だ。

 『お〜いそこを歩く日本人、この国は30年間ずっと衰退しているんですよ。』

 『みんなが払った税金が、悪い奴らの贅沢三昧に使われていますよ。』

 『み〜んな自民党とテレビにだまされているんですよ。』

 街頭でそう叫んだら
 頭のおかしい奴がいると通報されるかな。
 
 

7. 2019年5月11日 08:06:05 : AGzTxARyVA : L3FWWDduQm9ZbXc=[52] 報告

  赤かぶ氏のコピペがどこも多数だが10人ぐらいで仕事しているんですか?

  コメント投稿よりコピペが多いんじゃないのか・・・

  一人じゃこれだけの数消化できないでしょうね


8. 人間になりたい[1033] kGyK1ILJgsiC6IK9gqI 2019年5月11日 08:58:11 : Igew9LiSCV : SVFzcHhMUWdwdG8=[83] 報告

ガメさんの観察眼と、分析力にはぶっくらこいた。

この国は高齢化と幼稚化が同時進行しているので、衰退して行くのは目に見えているが、
そのこと自体は、問題点を洗い出し適切に対応し、
山本太郎のような社会をおもいやる熱意があれば克服できる。
問題は、幼稚化した子ども病勢力に、いつまでも権力を乗っ取られていることにある。
この勢力は、自分の損得にしか興味がないので、絶対に間違いを認めず、責任を取ろうとはしない。
そのため社会は修復されることなく、歪み、壊れて行く。
この記事に書かれていることがらの大部分は、自己愛を行動規範とする子ども病の症状だ。

明治以降の戦争狂い=オーム真理教=安倍政権=社会の不幸は、
子ども病が凶悪化したゴロツキが全て引き起こしたものだ。
 
 

9. 2019年5月11日 09:26:08 : ktgnfyC47k : T25salpNWEMuc2s=[2] 報告
馬鹿が国政を営めばたちまち国難に陥る。これは常識。

無知が国難を招く。

アベは自身の生き様を政府に持ち込んだ。それを許した山口県民の見識がダメ。

こうなったのも国民の無知と無思慮の賜物。因果応報で悲惨な末路を何度もくぐらないとまともな人間は育たない。これも真実。

昨今の見掛け倒しの上辺だけの成果主義教育が無能な政府の基礎を気づいたのは疑う余地もない。

研究教育費を削って、兵器を買っている国に未来がないことは歴史が証明済みである。

賄賂万博に放射能オリンピック、ばかはお祭りが好きだ。

10. 2019年5月11日 09:58:07 : EEdglRKtsc : d29vWi9PQ1BidUE=[1] 報告
安倍晋三による「外交」とは金をばら撒くこと、つまり、相手国からみれば「金を貢ぐ首相」であり「必要な首相でもある」。最も安倍晋三にはODA利権共同体から政治献金という形でキックバックされる。諸外国からは「外交の安倍」ではなく「日本国から金を運んでくる金主」と映るであろう。内心では安倍晋三を「政治家としての高評価」する外国首脳は皆無と言っても良いであろう。

 

11. 斜め中道[6373] js6C35KGk7k 2019年5月11日 10:20:00 : 460ZVzz1ys : SDZ2LjR6cm1sVk0=[329] 報告
日本語の達者な外国人はいくらでもいるよなぁ〜♪
俺と薩摩弁で問題なく話せるフランス人てのもいるくらいだし・・・・
12. 山田ミー太郎[339] jlKTY4N@gVuRvphZ 2019年5月11日 11:51:53 : Fckgfww1b2 : RmVxVjg5aDRwMEE=[1] 報告
>>11 斜め中道さま

おはようございます。別スレの発音の件、
ご賛同いただきありがとうございました。

> 俺と薩摩弁で問題なく話せるフランス人てのもいる

えーぇっ、それはすごいです! うちのツレ(非薩摩人)なんて、
最近のいわゆる「からいも標準語」でさえ分からんときがある、
と言うのに・・・

英語、オランダ語、ドイツ語なんてのはもともと西ゲルマン語から
派生した「兄弟」ですから、欧州であれば4,5か国語使える人は
結構多くおりますが、フランス語と薩摩言葉は違いが大き過ぎます・・・

13. 山田ミー太郎[340] jlKTY4N@gVuRvphZ 2019年5月11日 11:54:32 : Fckgfww1b2 : RmVxVjg5aDRwMEE=[2] 報告
>>12のつづき)

> 成仏できれば、そのあとに、きっと再生が待っている。

> 能楽、芭蕉、源俊頼、和泉式部、近代に至っても北村透谷、
> 戦後では鮎川信夫たち、頸筋がぴんとのびた文化があるからで、
> 文化が一定の観念の高みにとどいた文明は、
> 落ちぶれても、殆どの場合、再生している。

> グローバリズムという名前の斉一化が進みきってしまっている世界では、
> 「異なる」ということが極めて重要で、いまはヘンテコをもってなる
> 日本の文明が世界を救うことになるのではないか。

> いや、きっとそうだろう、と生まれつきお気楽なわしは考えています。


明治末期にヨーロッパを評して、
「欧州には、どんなに近代化しても、近代化しきれない何かを残している」と
語ったのは永井荷風でしたかね。

でもこの点私はかなり悲観的で、現状では日本が今後、
「近代化しきれない何か」を維持していくのは困難だと感じます。

そのうえ、安倍晋三みたいなのが居座り続けるとすればなおさら。

じゃあそこで、日本の伝統や文化を維持したい、と言えば、
今度は日本会議的な復古主義者、「日本スゲー」論者、
偏狭なナショナリスト等々、と誤解されかねないので、
それがこれまたつらいところですけど。

14. 斜め中道[6374] js6C35KGk7k 2019年5月11日 12:20:31 : 460ZVzz1ys : SDZ2LjR6cm1sVk0=[330] 報告
>>13 ミ〜太郎さま
ご無沙汰してました。

スイス人なんて誰でも英・仏・独・伊は喋れるんじゃないかと思いますもんねぇ・・・。

因みに30年以上前、最初(で最後)に勤めた会社で、
日本語を各国語に翻訳してくれていた米国人通訳さんは、言語が趣味の人間で、
30か国語以上流暢に喋ってました、
(シュリーマンか!?・・・の類の人っていますよね。)
再び因みに、彼が日本語能力を認めてくれたのは会社の中で俺だけでした〜♪

生きてる間は、
「近代化しきれない何か」を維持するために、できることはやりま〜す!

15. 山田ミー太郎[341] jlKTY4N@gVuRvphZ 2019年5月11日 13:20:11 : Fckgfww1b2 : RmVxVjg5aDRwMEE=[3] 報告
>>14 斜め中道さま

スイスといえば、20代の頃のドイツ語仲間のひとりに
スイス航空のCAさん(スイス育ちの日本人)がいて、
彼女は日独語がメインで、それにプラスする形で
英仏語を話していました。

(私はドイツ語だけで精いっぱいでしたが)

欧州の多言語使用者は、個人的な印象ながら、
自分のアイデンティティはしっかりしているように思います。

かたや戦後日本の場合は、三島由紀夫風に言うと、
「魂」を失ってしまって、それの象徴が安倍晋三ではないか、
という気もいたします。

16. 山田ミー太郎[342] jlKTY4N@gVuRvphZ 2019年5月11日 13:22:11 : Fckgfww1b2 : RmVxVjg5aDRwMEE=[4] 報告
>>15のつづき)

(斜め中道さんはあまりお好きでない由ですが)
西郷さんが次のように言っています。

もちろん、当時と今では時代が違うので、現在では
「国を以て斃るる」ような状況があってはなりませんけどね。

> 正道を踏み、国を以て斃(たお)るるの精神無くば、
> 外国交際は全(まった)かるべからず。
> 彼の強大に畏縮し、円滑を主として、曲げて彼の意に順従する時は、
> 軽侮を招き、好親却(かえっ)て破れ、終に彼の制を受るに至らん。

(終に彼の制を受るに至らん=しまいには外国に制御されてしまう)

安倍晋三が、他国の首脳から軽く見られているのは、およそ
「正道を踏む」というところが欠如しているため、なのでしょう。

長文にて失礼、それではまた!

17. 2019年5月11日 15:12:30 : MwqM2u5ylY : WmdFRGhUVFJRdkk=[408] 報告
安倍晋三と言う寄りにもよって無知で無学で恥知らずの嘘吐き人間が国のトップの総理をこともあろうに6年もしていること自体世界でもあり得ない。どれだけ国民が馬鹿なのか、そしてマスコミが腐敗し切っているのか、政治と政治家のレベルが低いのか、世界の首脳陣も安倍の正体は知っているはずだ、日本の国民よりずっと安倍の人間性を解かっているのではないか
18. 2019年5月11日 17:35:47 : wZni7FtF9c : a0J6Vm1zL2lHMnM=[70] 報告
馬鹿殿は食いものにされるのが歴史の必然だ
何を今更、だ
無能な官僚やアホな議員に容易に操られる男は、他国の海千山千の本物の政治家にとっては赤子の手をひねるように操られて当たり前だな
19. 2019年5月11日 17:53:21 : z0SQdjEyNM : WUxPTXhZaFdKYWM=[136] 報告
なかなか立派ではないか、普通これだけコケにされれば
外遊が嫌になる所なのだが平気で用もないのにノコノコ出かける
そしていじめられる、並みの神経ではできないことだ。
立派なのはそこだけなのが残念。
20. 2019年5月11日 18:25:11 : 3KV1vMJJdE : L3RubnVtRU9tTlk=[74] 報告
自分がプーチン大統領ならば、「誰が相手にするものか」という心境こそ、潜在的なものであると同時に、日ロ平和友好条約を締結するという発想もまた、mこれが単なる個人的な思い付きなのかどうかはわからないものの、日本国民の中からの「憲法9条にノーベル平和賞のお墨付きを賜る」という発想もまた、これが単なる個人的な思い付きとが、思わず偶然が齎した潜在的な心境と受容と共感的理解に値するものであることは、アメリカのトランプ大統領からして、このような安倍総理に限ることなく、自民党自らが「日米安全保障条約の終わりの始まりのきっかけを招き入れようとしている動かぬ証拠であることを、見事に証明してくれただけのことなのかもしれないことは、国際社会全体の共通認識として受容と共感的理解どころではないほどバレバレのことであることに、真実を見透かせば、日本人として、怒りを通り越して聞いて呆れるどころの騒ぎではないことに、複雑な感情を抱きながらも、そっと静かに腹の底で嘲笑いながら、この自民党をこけにしていただきまして、誠に有難うございます、とでも国際社会全体に、どんどんアピールして行きたいところですね。
21. 2019年5月11日 18:41:39 : 32gaobLF6I : WlBpTm96Rmw1dnM=[244] 報告
「ジャップ」「イエロー」・・・安部を見ていると、海外から見た日本人のイメージがわかるような気がする。
22. 2019年5月11日 19:16:15 : R78it43S7k : ZElUVzhMREpyUk0=[78] 報告
侮辱こそ 自業自得の 裏返し

ダマスゴミ 「ウィン・ウィン」と 煙に巻き

23. 2019年5月11日 19:47:48 : s41K7FTMLM : b0ZINFlpQlZBNG8=[1] 報告
> 樹里亜様
 
重要なことを載せてくれて感謝しますが、赤かぶみたいにTwitter にいちいち載せていては、あまり良い感じはしないかと個人的には思います。

なにせ、赤かぶが、そんな今載っけてくれたアベみたいな状態にある意味なってる感じもするし。

24. 霞ヶ関に原爆を落とせ[136] ieCDlorWgsmMtJSagvCXjoLGgrk 2019年5月11日 22:06:48 : wltuR6PnH2 : S1o4ZnRqR1RZeTI=[25] 報告
おい、トキマ!!喧嘩をやるなら1対1のタイマンでやれ!!
今度そんなことをしたら現場に乗り込んでお前を路地裏に連れ込んで
フクロにするそ!!覚悟しろ!!(武藤敬司風に)
どうせやるなら池袋の「上級国民」飯塚幸三にこそやるべきだ!!
どうせお前らははアキバ系のヒョロガリなエセ右翼だろ?
25. 2019年5月11日 23:36:06 : XonlkNVJqA : YS53NWV5M1RvL2M=[1] 報告
この国は最低だ...
 
26. 前河[2086] kU@JzQ 2019年5月11日 23:43:46 : mgEHeXOJ3I : ZEQyT1ppR3pRc28=[18] 報告

世界の政治家は安部が大バカ者であることを知っている。当たり前だ。世界は1個人の人間としての資質を見る。

日本みたいに有名人はスゴいに決まってるという先入観やハッタリは通用しない。中身や実力を見るよね。どの分野も。

>安倍首相が軽んじられて、各国の首脳の失礼な冗談のタネになっているのは、まさか表通りのマスメィアでは伝えられはしないが、誰でもが知っていることで、

この話を日本全国に知らしめる必要がある。日本国民は安倍に騙されている。マスコミが正確に実態を伝えないせいも大きい。

安い放送料を維持したいせいか?

マスコミは本当に良くない。NHKはもう論外だ。朝日もだらしないし、テレビではTBSが一番マシ。MXTVもよく真っ当な安倍批判をしている。

新聞では東京新聞が一番健全で評価できる。

望月さん、相澤さんは記者としてあるべき姿の見本を示されている。


ちなみに、リアルでの私の身の回りでは、安倍は大バカ者でどうしようもないクズだというのが多数派。支持派は1名だ。

>侮辱されても侮辱されても、まるでいじめにあっているのに、いじめそのものに気が付かないふりで「ぼく、クラスのみんなの人気者なんだよ」と母親に…………安倍首相はあきらめずにあちこちの国にでかけて、ネグレクトされ続けている。

これは二つの要因があると思う。

1つは、人格障害。例えば自閉症の場合、相手が言わんとする裏の意味や皮肉がわからない。直接言わない限りバカにされてるとは思わない。

逆に言うと国会では攻撃されるといきなりキレたりする。あれは、間接的には気にしないが、直接言われると敏感に反応する事を示している。

まあ、発達障害の線もあるかな。自閉症的要素がなければ、人間的に未成熟がゆえに起こる愚行。

反論の仕方がいつも幼稚だよね。「私がウソを言ってるとあなたは言うんですね」なんて言う政治家はいないよね。これを「総理大臣が言うべき反論ではないですね」とか「少し幼稚ではないですかね」と解説しないバカテレビ。非常識の連鎖。

二つ目は選挙対策だ。日本のマスコミが安倍小バカにされると報じない限り、安倍がバカにされても安倍には関係ない。

国民に「安倍さんって世界の要人と話が出来て凄い人ね」とハッタリでも思われれば万事オッケーだ。国内に向けた選挙宣伝活動に他ならないのだろう。

「どうぞバカにして下さい。選挙で票を取れれば痛くも痒くもありません」ってなもんじゃないか?

※ツイッターを貼る行為は私は賛成だ。色々な人の意見がわかるし、そこから貴重な情報を得られるケースもある。

ただし、ツイッターが多いのに阿修羅コメが少ないとトホホ感が出てしまうかな。それは、投稿者や赤かぶさんの自己責任ということで。


27. 知的上級者さん[188] km2TSY_ji4mO0oKzgvE 2019年5月12日 05:38:58 : VTH59AY6XQ : WWk1VDA0bXVWVGM=[108] 報告
日本のある人々にとっては
チャンネル桜が言うように「外交の安倍」だ

安倍が国民のため、国益のための外交をするはずと思い込むと
安倍は何やってるんだと腹立たしく思える

繰り返すが、安倍は「日本の、ある人々」のために外交をしている
安倍は我々のリーダーではないのだ
「日本」という国があると思い込んでいるところから間違っている
日本という国は無いのだ

この列島に明治から百済朝廷がある
日本人は、その百済朝廷の一員ではない

28. 2019年5月12日 12:15:23 : 9bESHEjuhs : QVFFUC5pOVljWk0=[334] 報告

ガメ・オベール日本語練習長、

最高だね。笑って椅子から落ちそうになった。


日産元社長ゴーン君のルイ14世バリバリのどっかの王室風の、

人の金使っての盛大なお誕生会といい、


ハリー王子とメーガン妃の、一人息子の大げさな出産ドラマや

これから始まるであろう、お披露目宴会といい、


日本の天皇退位のてんこ盛りの行事や、新天皇の

あけてもくれても始まる典礼や何とかの儀の連続、お滑らかし

やら、古典装束で望む、暗闇に向かってのさかんなお辞儀と莫大な特権階級

費用の浪費。


もう、いい加減にしてほしい人類の飽くなき習性。


汚れた廃プラが地球を汚し、食べ物が無い人には行かない、

無駄なデパート、スーパーの食品の飽食の山が毎日、

ごみのように、捨てられている。

一方、、日本ではなぜか、パスポートの住所が自分で、「手書き、」

馬鹿じゃないかとドイツにいる人に笑われた。

要は安倍以下麻生や二階やハギュウウダや岩屋が

限界集落からやってきた田舎者なんよ。

29. 2019年5月12日 12:26:57 : 9bESHEjuhs : QVFFUC5pOVljWk0=[335] 報告

どうやら、日本は独自の道を歩み始めたらしい。

実害はなさそうだから、ほおっておこう!!


  

30. 2019年5月12日 16:18:52 : 9bESHEjuhs : QVFFUC5pOVljWk0=[339] 報告

ガメさんのサイトをはじめて知った。
ニュージーランドのアーダーン首相のことは日本では、
まったく無視の情報だ。

経済的に余裕のある人は、ニュージーランド政府の今に、社会主義になるんかいと
舌打ちしてるが、米国資本主義国家が古い体制、体質、時代遅れだということに、
気づけない。

カナダに続いてニュージーランドも社会的な共生,協力的なプロジェクトを
構成し始め、ノルウェー、ドイツ、オランダも、順次

ベーシックインカム制度を導入し、すべての国民に住居を、医療を、

ライフラインをに、変わるだろう。

日本はその面でも、後進国となり20世紀の古い、

江戸村、忍者村、そして令和村国家となる。


▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK260掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK260掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK260掲示板  
次へ