★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK260 > 703.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
図にの乗る維新、丸山が戦争で北方領土奪還と発言。足立の暴言も健在+自公の方針転換のウラ(日本がアブナイ!)
http://www.asyura2.com/19/senkyo260/msg/703.html
投稿者 笑坊 日時 2019 年 5 月 14 日 08:43:44: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

https://mewrun7.exblog.jp/28304952/
2019年 05月 14日 

 大阪3連勝で、ますます図に乗ってしまったのか。維新の問題発言児・丸山穂高衆院議員が、トンデモ発言を行なった。

 丸山氏は、北方四島の国後島へのビザなし交流の訪問団に参加したのだが。飲み会の席で、「島は戦争をしないと取り返せない」と発言。難航しているロシアとの北方領土返還の交渉に支障が出るおそれもあることから、問題視されている。(゚Д゚) <安倍官邸はかなり怒ってるかも。(-_-;)>

<しかも、後述するように、丸山氏は過去に酒の席で、口論して相手をかじって問題視されたことがあり、断酒すると宣言。もし飲酒したら、議員を辞職すると言っていたんだよね。^^;>

 丸山発言をしっかりと録音したものが、残っていた。

『維新・丸山議員、国後島で「戦争しないと、どうしようも・・・」

 「戦争しないとどうしようもなくないですか?」北方四島の国後島をビザなし交流で訪れていた大阪選出の丸山穂高衆院議員が現地で暴言です。

 13日、北方四島の国後島から戻ったビザなし訪問団。参加した国会議員からとんでもない発言です。

 「団長は戦争で、この島(北方四島)を取り返すことには賛成ですか?反対ですか?」(丸山穂高 衆院議員)

 「戦争で?」(大塚小弥大 団長)

 「ロシアが混乱している時に取り返すのはOKですか?」(丸山穂高 衆院議員)

 発言の主は大阪選出の日本維新の会、丸山穂高衆院議員。まるで「戦争をしないと島は返ってこない」とも受け取れる発言が続きます。

 「戦争なんて言葉は使いたくないです。使いたくない」(大塚小弥大 団長)

 「はい。でも取り返せないですよ」(丸山穂高 衆院議員)

 「戦争するべきではない」(大塚小弥大 団長)

 「戦争しないとどうしようもなくないですか?」(丸山穂高 衆院議員)

 「戦争は必要ないです」(大塚小弥大 団長)

 これは11日、国後島の友好の家で訪問団の団長を相手に飛び出したもの。元島民らの地道な活動を否定するかのような発言を不快に思い、団員たちが丸山議員に謝罪を求めると。

 「ホームビジット先でかなり酒をすすめられ、酒が入っていたところで。こういう形でご迷惑をかけたこと、改めておわび申し上げます」(丸山穂高 衆院議員)

 そして、13日、根室で行われた記者会見で発言の真意を問うと・・・

 「賛成か反対かという口調でそこにいる人に聞いている。あたかも私がそう思っていて押しつけるかのような話は間違い。誤解があるなら解かなければいけない」(丸山穂高 衆院議員)

 領土問題の解決を目指し理解と友好を深めるはずのビザなし訪問。酒に酔っていたとはいえ、国会議員の発言としてはあまりにも「浅はか」です。(TBS19年5月13日)』

 丸山氏は根室で「戦争は自分の意見ではない」「賛成か反対かときいただけ」などと釈明したのだが。維新の松井代表は、丸山氏に撤回と謝罪を指示。昨日になって、改めて謝罪を行なうことになった。^^;

『13日昼過ぎに根室港に戻った丸山議員は、会見で、「いろいろな意見がある事を伝えただけで、自分自身の意見ではない」と釈明しましたが、今後、議論を呼びそうです。(UHB19年5月13日)』

『丸山議員とやりとりをした訪問団の団長で元島民の大塚さんは「私は真っ向から反対いたしましたそこについては。戦争でとるとかとらないとかそんなこと私は聞いたこともありませんしね」

 丸山議員はこの発言の前に酒を飲んでいたということです。元島民らはこの発言に抗議しましたが、丸山議員は酒に酔って騒いだことについては謝罪したものの、戦争発言については「賛成か反対かを聞いただけ」だとしています。

 今まさにロシアと平和的に領土問題の解決に向けた交渉が進んでいる中で領土返還の動きに水を差しかねない発言です。(HBS19年5月13日)』

『同党の松井一郎代表は13日、発言があったことを認めた上で、馬場伸幸幹事長を通じて丸山氏に撤回と謝罪を指示したと明らかにした。

 松井氏は大阪市内で記者団に「党として一切そういう考えはない。武力で領土を取り返す解決はない」と強調した。(時事通信19年5月13日)』

『日本維新の会の丸山穂高衆院議員は13日夜、東京・赤坂の議員宿舎で記者団に対し、北方領土問題の解決方法を巡り「戦争」に言及した自らの発言について「政治家という立場でありながら、不適切な発言だった。元島民に配慮を欠いた」と非を認めた。問題の発言については「心から謝罪し、撤回させていただく」とし、責任の取り方については「党と話をして決めていきたい」と述べるにとどめた。

 発言当時はロシア人島民宅で飲酒した後で、丸山氏は記者団に「自分のキャパシティー(許容量)をうまく制御できなかった。飲み過ぎになってしまったのではないか」と説明した。

 丸山氏は維新の前身のおおさか維新の会時代の2015年末に東京都内の居酒屋で飲酒した後、口論となった男性の手をかむトラブルを起こした。当時、党から厳重注意を受け、「公職にいる間は断酒する」と陳謝し、再度飲酒した場合は議員辞職する意向を示していた。トラブルを繰り返したことで、議員の資質が厳しく問われそうだ。【東久保逸夫】(毎日新聞19年5月13日)』

〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜

 あの維新の暴言大魔王・足立康史衆院議員も国会で、相変わらずネトウヨ・レベルのトンデモ発言をして、すぐに撤回したという。(゚Д゚)

『維新・足立氏「2億円は自民、公明、民主系に配られた」→撤回、謝罪 堺市長の政治資金問題

 日本維新の会の足立康史衆院議員(比例近畿)が23日の衆院総務委員会で、政治資金をめぐる問題で堺市長を辞職した竹山修身氏に関連し「2億円を超える政治資金が誰のポケットに入ったのか。自民、公明、民主系の議員に配られたのではないかと指摘する向きもある」と発言し、2日後の25日に撤回して謝罪した。

 足立氏の発言をめぐっては、25日の総務委理事懇談会で問題視され、公明党などが抗議した上で謝罪を要求した。足立氏は同理事懇で「深くおわびしたい」と陳謝した。(産経新聞19年4月25日)』

<3月には、衆院総務委員会で、国会議員に立候補している候補者が、日本にいつ帰化したのか、いつ日本国籍を得たのか、国籍情報を国民に公開すべきだと主張したとか。

 足立氏は8日朝、夕刊フジの取材に対し、「日本人に帰化した人が国権の最高機関である国会に出る際には、『愛国心がどれほどあるのか』などを確認する必要がある。『帰化情報を隠して選ばれるのは、果たして、まっとうなのか?』という問題意識から法制化を目指している」と語ったという。(全文は*1に・夕刊フジ19年3月8日)』

 昨日、大阪の公明党と自民党が、維新の都構想の住民投票に協力する意向を示したという話を書いたのだが。

 急に方針転換を行なった経緯について、こんな記事が出ていた。(・・)

『自公「白旗」…国政選にらみ維新との対立回避

 民意の逆風を前にして、国政与党の自民、公明が“180度”の方針転換に踏み切った。両党の大阪地方組織は11日、これまで反対してきた大阪都構想について、「大阪維新の会」(代表、松井一郎・大阪市長)が目指す住民投票に協力すると相次いで表明した。4月の大阪府知事・大阪市長のダブル選をきっかけに、大阪の選挙で連戦連勝状態の維新の勢いにのみこまれた形。今夏の衆参同日選もささやかれる中で示された両党の協調路線には、維新との対立を避けたいという思惑が色濃くにじむ。

 ■「対立はマイナスでは」の声

 「大都市制度のあり方と衆院選はまったく関係がない」。公明府本部の佐藤茂樹代表は11日、住民投票容認と衆院選との関連性を記者に問われ、言下にこう否定した。だが、そんな佐藤氏の言葉とは裏腹に、支持母体の創価学会や党本部側からは、維新との関係見直しを求める声が強まっていた。

 「夏には参院選もある。維新との昨年末からの攻防は、マイナスの結果にしかならないのではないか」

 4月の統一地方選で「維新強し」の結果がはっきりしてから、創価学会の幹部からは度々、こんな疑問が呈されるようになった。ある府本部関係者は「『大阪に任せた結果がこれだ』という意味。維新に譲歩すべきだというメッセージと受け取った」と明かす。

 維新は昨年末、公明と交わした住民投票の合意書を一方的に公表し、その履行を繰り返し要求。“密約”を明かされた形の公明だったが「前提となる慎重かつ丁寧な議論が足りていない」と強気に押し返した。

 公明が前回投票に協力したときは、衆院選での維新との対立を避けたい学会本部の強い意向が働いたとされる。しかし衆院議員の任期満了が差し迫っていない今春の段階では、東京の関与も薄かったという。

 ■落胆する公明に追い打ち

 「前回、いきなり投票容認に転じたことで支持者が困惑した。今度は反維新の立場をはっきり示す」。当時、公明市議はこう語り、公明府本部は4月のダブル選で自民系候補に推薦を出した。しかしその選挙では維新旋風が吹き荒れて完敗。後退が許されない市議選でも、1人の現職議員が落選した。

 「ここまでの勢いとは…」。落胆する公明側に追い打ちをかけたのが、維新の強硬姿勢だ。このまま公明の協力が得られなければ、次期衆院選で公明現職がいる関西6選挙区に候補者を立てる方針を示し、「民意をどう考えているのか。早く態度を明らかにしてほしい」(松井氏)と決断をせかした。

 「常勝関西」と呼ばれるほど、関西の地盤を固めてきた公明にとって、大阪、兵庫の衆院6議席は党として絶対に失うことのできない“生命線”とされる。学会や党本部では「反維新」の旗を振り続けることによる逆風が、国政選挙に及ぶことに日増しに危機感が強まった。衆院選が今夏の参院選と同日実施されるという観測も出回り始めた。

 大型連休明けの今月7、8日には、公明の府市両議員団の幹部が都構想の賛否を含めた見直しを明言。8日には関西の学会幹部と3期以上の公明市議団が集まり「維新への民意を受け止めなければならないとの共通認識が形成された」(公明関係者)という。都構想反対の牙城だった市議団は10日、ついに知事・市長の任期内の住民投票を容認する方針を固めた。

 ある維新幹部は、今回の公明の態度表明を受けて衆院選での候補者擁立を見直すかどうかについて、こう語った。「今後、本気度を見極める」(産経新聞19年5月12日)』

 この自公の方針返還が、果たして国政選挙にプラスに働くのかどうか、渡嘉敷会長は自民党の大阪府連をまとめることができるのか、しっかりウォッチしたいと思うmewなのだった。(@@)

 THANKS


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 日高見連邦共和国[13713] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年5月14日 09:49:09 : NwWQYiC8iY : YUUzeXNUejdCN2c=[168] 報告
直近の各種世論調査でも、維新の支持率は上昇傾向に転じてる。

世論調査で、軒並み支持率上昇の維新。なにか支持率アップになるような事してるか?(笑)

いや、そもそも千ちょびちょびのサンブルの(似非)調査、まともなランダムサンプリング
が出来たとしても、レンジで『3%以上』もの“誤差”がある代物である『世論調査』、
しかも不思議なのは、維新はコーやって、レンジの中で『上下動』するが、他の小さな野党は
『低値安定』という、エンピツ舐め。『取材の結果等を総合的に勘案して』なんだってサ!

もうソレ、統計(調査)でもなんでもない。(笑)

2. 2019年5月14日 10:26:26 : CzYJx39lTc : WmRkYlpQOHpRUk0=[215] 報告

「丸山」に「穂高」は似合わない。

「穂高は3千メートル級」の高山。

「丸山」は低山の名前。−−−−−−このへんから狂っている。親父に文句言え!

3. 2019年5月14日 10:51:42 : quMKleKEOA : andmOS5lY2dYN00=[161] 報告
ロシアが欧州とか中国とかと戦争をして負けて来た、という情勢ならば
日本も後から参戦して出兵するのはありなのだが、
そんな微妙なことを、ロシア諜報部が盗聴しているに決まっているこんな会議で
発言するというところでこの議員は失格
(ロシア側のデータには、
 ●この議員が酒に弱い
 ●ロシアとの戦争も辞さない
 とかの記載が増えたことだろう)
4. 2019年5月14日 10:56:20 : nn8xutTGNA : d0JIWUNPbXowMU0=[1] 報告
丸山氏の発言は正しくないのか。
ロシアは日本との中立条約を破って、
しかも日本が降伏した8月15日以降に北方領土を占領した。
ロシアは第二次世界大戦に勝利したことで、北方4島を獲得したと主張している。

戦争によってロシアは北方4島を略奪した。
そうであるなら、ロシアの主張を受け入れるなら、
領土は平和的な交渉ではなく、戦争によってしか取り戻せないことになる。

仮に、ロシアの主張を認めるなら、ロシア以外の参戦国は他国の領土を獲得したのか。

大戦に日本が破れたのは、主として米国の戦力に敗れたのである。

ならば、戦勝国の最大の貢献国である米国は領土拡大をしたか?

仮に、米国が沖縄を返還しないで、ロシアのように略奪していたら
ロシアの主張にも一理あることになる。

ロシアの主張を認めるなら、
今からでも沖縄を米国に返してしまおうではないか。
(嗤)


5. 2019年5月14日 11:43:20 : fyEB0z3EGk : LkN1MXBVZjZ4L1E=[107] 報告
●【狂気】維新・丸山穂高議員「北方領土を戦争で取り返さないと」と発言→元島民が抗議!
ついに、日本の国会議員が「戦争」を肯定する発言を炸裂!「北方領土を取り返すには戦争しないとどうしようもないのでは?」と元島民を執拗に誘導尋問!
https://yuruneto.com/maruyama-hoppou/
●戦争して北方領土を取り返したいらしい
https://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/cd8ee5ef47271a2497ef96e38bd4339b
●「女が完全にとち狂って本能に支配され切って完全にクルクルパーにならないと子供産もうなんて思わない」維新・長谷川豊候補の発言が話題に
https://buzzap.jp/news/20190508-ishin-hasegawa-yutaka3/
●維新・長谷川豊候補、過去発言で炎上!「8割方の女は、ほとんど『ハエ』と変わらんと思っています」
https://johosokuhou.com/2019/05/10/14487/
6. 2019年5月14日 12:40:33 : q4HLyru6DY : S3M4WHJ5WHg0LmM=[217] 報告
ルーズベルトはヤルタ会談でソ連の対日参戦を要請していた。ドイツ降伏後3か月ということだった。シベリア鉄道で片道列車を使って兵員を運んだ。ソ連は約束を守った。

どこかに旧日本軍の仲間がいると思ったら大間違いだ。

7. 2019年5月14日 12:41:25 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[892] 報告
【北方領土】維新・丸山穂高氏「戦争しないとどうしようもなくないですか?」- 北方四島「ビザなし交流」訪問団に
.
時事ぽぽんぷぐにゃん
2019/05/13 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=sU-pom7CG-Q
8. 2019年5月14日 13:22:43 : kxqcFrz9Tk : TndXOW5uQ2VLYVU=[1] 報告
 4のバカへ。

 第二次世界大戦の終息日は「9月2日」だよ。

 「8月15日」は日本が勝手に「負けた〜」と“口ずさんだ”日。それが歴史。

 15日の正午ぎりぎりで日本の特攻隊はアメリカの機動部隊に特攻攻撃を仕掛けたし、15日以降もアメリカの潜水艦に沈められた日本の艦船は幾隻かあった。

9. 2019年5月14日 14:09:43 : nn8xutTGNA : d0JIWUNPbXowMU0=[2] 報告
日本において第二次世界大戦(太平洋戦争(大東亜戦争))が終結したとされる日については諸説あり、主なものは以下のとおりである。

1945年(昭和20年)8月14日:日本政府が、ポツダム宣言の受諾を連合国各国に通告した日

1945年(昭和20年)8月15日:玉音放送により、日本の降伏が国民に公表された日

1945年(昭和20年)9月2日:日本政府が、ポツダム宣言の履行等を定めた降伏文書(休戦協定)に調印した日

1952年(昭和27年)4月28日:日本国との平和条約(サンフランシスコ平和条約)の発効により、国際法上、連合国各国(ソ連等共産主義諸国を除く)と日本の戦争状態が終結した日

(馬鹿が相手をバカと言う)

10. 2019年5月14日 14:21:54 : zDmYsXV9eQ : QmZIWC9yb0RLQ2M=[1] 報告
 9へ。

 つまり、8月15日以降、降伏文書に調印する9月2日までの間に、ソ連が満洲等へ攻め込んできても、「ソ連は戦争が終わってから攻め込んできて、北方領土を日本から奪った」という論理は成立しないってことだね。

 戦争はまだ終わっていないと、連合国側の一員であるソ連は認識していたわけだから。

 ボクシングみたいに、セコンドがタオルを投げ込んだ時点で、試合終了(KO負け)とはならないんだよね、戦争は。

11. 2019年5月14日 15:36:19 : nn8xutTGNA : d0JIWUNPbXowMU0=[3] 報告
1945年(昭和20年)8月14日:日本政府が、ポツダム宣言の受諾を連合国各国に通告した日

連合国各国に通告した日は、8月15日。
ソ連が日本に宣戦布告したのは、8月8日。
したがって、ソ連は、連合国の一員として、
8月15日に日本の降伏通知を受けていたことになる。
しかるに、日本の降伏を知った上で、北方4島に上陸したのである。

皆さんの認識は如何ですか????

12. 2019年5月14日 15:43:22 : nn8xutTGNA : d0JIWUNPbXowMU0=[4] 報告
ボクシングの例は、適切でないと思う。

何故なら、タオルを投げた後で殴って倒したら・・・

どのような判定するかな?

火事場泥棒の例ならましだね。

13. しんのすけ99[422] grWC8YLMgreCrzk5 2019年5月14日 15:45:45 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[184] 報告
>>4
正しいのならば なぜ丸山は 謝罪するのだ? 謝罪して撤回するのは間違っている事を認めた事になるのだ
文句言いたければ 丸山と言う馬鹿に言えばいい  「正しき事を言ったのなら 謝罪するな」 とね。

https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000154439.html


しかも 丸山の離党届は受理せず 維新からは 一番厳しい 「除名処分」 となるそうだ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00000044-mai-pol

こんなものを 正しいなどと キチガイじみた擁護をするから 「ネトウヨには馬鹿しかいない」 と
言われるのですよ。

14. しんのすけ99[423] grWC8YLMgreCrzk5 2019年5月14日 16:29:07 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[185] 報告
そして 11さん 日本から見た終戦と 連合国から見た終戦とに 相違があってもそれは関係ない
一番肝心なのは ソ連の指導層が戦争終結を意識していて攻め込んだのか それとも知らなかったという事か
どう考えても 「知ってて攻め込んだ」 という事は確実で 「ゴングが聞こえたのにまたぶん殴った」
という事に 何ら変わりはない事でしょう 戦争終結はいつなのかという議論は重要では無い

(日本から見れば 8月15日は命日 9月2日は葬式の日に過ぎないが あくまでも日本からの見方である)

参考までに 米統合参謀本部からの戦闘停止命令は 8月15日玉音放送の直前に発せられたそうである
「すべての戦闘を停止せよ we are victory 」 これはあくまで 全ての連合国軍へ発せられている司令で
【玉音放送は 日本だけではなく 世界中から注目して聞かれていた という事です】
もちろん ソ連だってこれは承知していたはずである 終了のゴングが鳴ったのは8月15日です

※ 8月15日の午前中まで米軍と他の連合軍は 戦闘行動を停止は していなかった という事です ※

15. 2019年5月14日 17:38:24 : QmGlEGKUJI : RXZLUEJvOFI2d0k=[1] 報告
何か話がずれてるなと思えば蒸し返しているだけか
「千島列島・南樺太の権利、権限及び請求権の放棄(第2条(c))」
何であれこれでFA 日本が韓国とは違うと言うのなら
相手がどうであれ己が全世界にした約束は守れ
16. 2019年5月14日 17:38:26 : C2i4eDKWA6 : d3pUQ3kvbGNsV2s=[-1194] 報告
>>4
本来ならそういう解釈にも繋がるよね

これまで阿修羅民やパヨクにとって不都合な主張をしてきたからか

バッシングが酷い

[18初期非表示理由]:担当:言葉遣いがおかしいコメント多数により全部仮処理

17. 2019年5月14日 18:07:56 : fcTXLK4sJI : L091V29Xa1NaN1U=[6] 報告
>>4
>領土は平和的な交渉ではなく、戦争によってしか
>取り戻せないことになる。

それが何か

>仮に、ロシアの主張を認めるなら、
>ロシア以外の参戦国は他国の領土を獲得したのか

少し異なるが北マリアナ諸島がそれに近いか

>戦勝国の最大の貢献国である米国

ドイツとソ連の存亡をかけた激戦を知らないのか
また死者数の上ではソ連が遥かに多いのだがな
ソ連への過小評価は文化的要因(無知)も関係する

>今からでも沖縄を米国に返してしまおうではないか

>1952年(昭和27年)4月28日に発効された
>日本国との平和条約(サンフランシスコ平和条約)の第3条には、
>アメリカ合衆国から国際連合への提案があった場合、
>北緯29度線以南の南西諸島をアメリカ合衆国の信託統治下に
>置くことに日本国が同意することが規定されたが、
>その後国連への提案はなされなかったため、
>日本は奄美諸島および琉球列島に対する
>主権(潜在的主権)を保持し続けることができた。

主権放棄した千島列島とは何から何まで違う

18. 2019年5月14日 18:23:30 : fFg6BEaQs6 : ei5seFZWM1VtQTI=[3] 報告
「千島列島は放棄すると言ったが
 南千島は放棄すると言ってない!」
無様で見苦しい屁理屈が通ると思うな
そもそも米ソ冷戦が激化していく中で
アメリカの意向に沿う形で
四島返還論が出てきた経緯がある

憲法改正もそうだ アメリカが作成した憲法だが
その憲法がアメリカの足枷になっており
その意向(要請)から現在憲法改正を行おうとしている
米軍基地は地位協定により日本の何処にでも
作ることが出来る 実態としては
日本は独立国とは言えない
幻の主権で自由人を気取っているアホほど
惨めな存在は居ない

19. 2019年5月14日 18:33:40 : KR1AZtxhGU : QmY3NG1YQTlMeDY=[1] 報告
>>14
>どう考えても 「知ってて攻め込んだ」 という事は
>確実で 「ゴングが聞こえたのにまたぶん殴った」
>という事に 何ら変わりはない事でしょう

そう そしてそれが不問にされていることも事実
問題視しているのは無条件降伏したにも拘らず
「戦争の悲惨な実態」を
直視しないネトウヨもとい日本人

20. 2019年5月14日 18:44:50 : KR1AZtxhGU : QmY3NG1YQTlMeDY=[2] 報告
>>4
>米国は領土拡大をしたか

つい最近の出来事を覚えてないのか
アメリカ領ではないがイスラエル領だと
世界の何処の国も承認していない「ゴラン高原」を
正式にイスラエル領として承認したではないか
それは実質アメリカによる
「領土分捕り許可証」と変わりない
サウジアラビアによる記者殺害も
不問にしていただろう
つまりはアメリカは記者殺害を容認したのだよ

イスラエルの入植地も国連から直々に
違法との御達しが来ているがアメリカは
同盟国として援助し続けている

1,2年前にはイスラエル軍がガザ市民の抗議運動に
銃弾を浴びせ100人以上が死亡していたな
その間のイスラエル人の死者はゼロ

アラブの春に於けるバーレーン人見殺し
イラク戦争に於ける大量破壊兵器のウソ
現在進行形でアメリカの罪は積みあがっているが
そ れ が な に か

21. 2019年5月14日 18:53:38 : KR1AZtxhGU : QmY3NG1YQTlMeDY=[3] 報告
こういう都合の良い部分しか見ない載せない
従米奴隷売国奴はつくづく手に負えない
22. 2019年5月14日 19:32:26 : R78it43S7k : ZElUVzhMREpyUk0=[148] 報告
「戦争」と 叫び認める 行き詰まり
23. 2019年5月14日 20:08:40 : fyEB0z3EGk : LkN1MXBVZjZ4L1E=[108] 報告
●「戦争しないと北方領土取り戻せない」発言の維新の会、丸山穂高議員の過去の言動をご覧下さい
https://buzzap.jp/news/20190514-maruyama-hodaka-northern-territories/
●長谷川豊「丸山議員の戦争発言はテレ朝がこっそり録音して切り取って晒した」→デマ確定も謝罪せず
https://buzzap.jp/news/20190514-ishin-hasegawa-yutaka-maruyama/
●「戦争しないと北方領土取り戻せない」発言の丸山穂高議員、維新の会を除名されるも議員続投を明言
https://buzzap.jp/news/20190514-maruyama-hodaka-northern-territories2/
24. 2019年5月14日 20:22:52 : fyEB0z3EGk : LkN1MXBVZjZ4L1E=[109] 報告
●丸山議員のような人間を止めるための9条。9条の真の役割をこの機会に見直さなければなりません。
小西ひろゆき議員ツイート:9条は「政治家が戦争を起こし、国民を殺すのを絶対に阻止する」ための条文である。「日本国民は、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、この憲法を確定する。」とある前文・平和主義が具体化されたものだ。 なお、憲法9条においては、仮に、どこかの日本国の領土に外国の軍隊が侵略してきた場合は、当然に個別的自衛権を行使して排撃できる。北方四島については、憲法制定前にソ連により武力侵攻・実効支配されているが、そもそも、1956年の日ソ共同宣言(条約)において平和的解決が国際合意されている。 よく誤解されているが、歴代政府の9条解釈は「外国軍の侵略を受けて、日本国民の生命や領土に被害が生じなければ、個別的自衛権行使ができない」というものではない。日本に対する武力侵攻の着手と判断できる時点、すなわち、被害が生じる前に侵略軍を排撃できる。なお、これは国際法ルールでもある。
http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/48115
25. 2019年5月14日 20:37:49 : fyEB0z3EGk : LkN1MXBVZjZ4L1E=[110] 報告
●「北方領土を戦争で取り返す」発言の丸山穂高衆院議員だけじゃない、維新はネトウヨの巣窟だ!
http://www.asyura2.com/19/senkyo260/msg/712.html
●過去から「亡霊」が蘇る
『日本が敗戦国である事実を忘れた日本人』(アメリカの尻馬に乗って戦勝国として振る舞う日本)
『北方領土を戦争で取り返す(東大卒の高偏差値バカ)維新の丸山穂高議員』 ほぼ末期症状の日本 (74年前の日本が連合国のソ連軍に負けた事実を認めたくない)
『実質的に5月9日に終わっていた第二次世界大戦』
カイロ会談でアメリカのルーズベルト大統領はソ連のスターリン首相に対し、ドイツ降伏後3カ月以内の対日参戦と、日本の千島列島の引き渡しを約束していた。
https://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/7cab0b4cae7eef107495d5a41a9c1606
26. 2019年5月15日 01:06:20 : quMKleKEOA : andmOS5lY2dYN00=[163] 報告
しかし、もしロシアが欧州か中国と戦争するかまたは革命があったら、
日本が北方四島に出兵占拠するのは当然だし、
これらの島は日本の定義では日本領なのだから憲法にも違反しない
(竹島や魚釣島が占領された場合の奪還行為と同じ)

これを口に出す丸山は馬鹿(か酒に弱い失格者)だけど

27. しんのすけ99[425] grWC8YLMgreCrzk5 2019年5月15日 02:35:49 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[187] 報告
>>24さんの仰る通りだ、この大騒動で 大多数の日本国民はこう感じた事であろう

「憲法九条 たとえ矛盾があったとしても こんな馬鹿議員が実際に存在するようでは 変えるべきではない」 と

◆ つまり 結果として この騒動は ますます憲法改正を 遠のかせた という事に相違ない ◆

おそらく 今後 各種世論調査が出揃うであろうが 憲法九条は変えるべきではないという意見が増えた事は
まず間違いないでしょう 完全に 墓穴堀ですな だから いつも言うのだが こいつらは 馬鹿ウヨだ と。

28. 2019年5月15日 07:04:45 : quMKleKEOA : andmOS5lY2dYN00=[167] 報告
>>27
日本の定義だと日本国内の出来事だから
憲法改定は必要ないかも(「北方領土」内に混乱か無政府状態が発生した場合を想定)
29. 2019年5月15日 08:47:44 : nn8xutTGNA : d0JIWUNPbXowMU0=[5] 報告
憲法九条の戦争放棄は絶対に変えるべきでないし、
自民党でさえも変えようとはしていない。

現在の自衛隊は国防警察的性格でしかない。

外部からの侵略に応戦し、自衛戦力を備えた自衛軍として
法律を整備すべきである。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK260掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK260掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK260掲示板  
次へ