★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK260 > 799.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<サンデー毎日>反転攻勢か壊滅か 枝野幸男、野田佳彦、馬淵澄夫、小沢一郎 野党結集の「キーマン」こう動く! 鈴木哲夫 
http://www.asyura2.com/19/senkyo260/msg/799.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 5 月 17 日 02:45:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 


※画像クリック拡大




反転攻勢か壊滅か 枝野幸男、野田佳彦、馬淵澄夫、小沢一郎 野党結集の「キーマン」こう動く!=ジャーナリスト・鈴木哲夫
https://mainichi.jp/sunday/articles/20190512/org/00m/010/001000d
2019年5月15日 05時00分(最終更新 5月15日 10時53分) サンデー毎日 文字起こし

▼解散総選挙を大義名分に「したたか戦術」

▼立憲・枝野代表が共産党に送った「サイン」


立憲民主党の枝野幸男代表=川田雅浩撮影

 ここでもう一度、整理しておきたいことがある。これまで永田町関係者の多くが「野党結集は難しい」との見立てを述べてきた。だが、リアリストでもある立憲民主党の枝野幸男代表は、参院選で安倍政権にブレーキをかけるために野党間の大胆な選挙協力に必ず動く、10連休明けが参院選を見据えた一つのタイミングだろう―と、私は本誌でも書いてきた。それは、枝野氏をよく知り、ごく近い限られた議員や永田町関係者が、そう断言していたからだ。

 案の定、連休前から枝野氏は動き出した。「支持率の低迷で路線転換せざるを得なくなった」というマスコミの論調もあるが、枝野氏は“確信犯”。動き出すタイミングを熟慮していたのだ。それが、4月に入って首相周辺や自民党幹部が囁(ささや)き始めた衆参ダブル選挙だ。これを大義名分にして、野党各党との選挙協力に乗り出した。枝野氏が連休前から「ダブル選はある」と公言してきた理由はそこにある。

「ポスト安倍を巡って自民党内がざわついている。首相の求心力をもう一度強めようという、党内向けのブラフ(脅し)」(自民党ベテラン議員)。枝野氏はこれを利用したというわけだ。

 枝野氏をよく知る野党系の無所属ベテラン議員は「たとえ(解散が)なくても、わざと『ある』と言っている、と見るべきだ」と前置きしたうえで、こう話す。

「枝野氏にしてみれば、2017年の衆院選で希望の党の離合集散と一線を画してきた以上、運動員も支援者も簡単には野党合流に納得しない。そこへ降ってきたのが解散問題。全選挙区での独自候補擁立などできないから、選挙協力は不可欠。解散を大義名分にして選挙協力に動き出したわけだ」

 枝野氏はまた、野党結集へと動く「サイン」を送っている。4月21日投開票の衆院大阪12区補選。共産党が無所属候補者を立て、野党各党へ選挙協力を呼びかけた際に、枝野氏は候補者激励のため現地の選挙事務所を訪れた。これが「サイン」だというのだ。

 話は16年夏の参院選にさかのぼる。実はこの時、32の1人区で野党統一候補を大型連休明けにまとめ上げたのが、当時は民進党幹事長だった枝野氏と共産党の小池晃書記局長の二人だった。小池氏も枝野氏に劣らぬ「リアリスト」(本人談)である。「事務所を訪れた枝野氏を見て、小池氏は『枝野氏はそろそろ本格的に選挙協力に動き出す。16年の参院選と同じだ』というサインだと確信した」(共産党幹部)

 ただ、立憲の地方組織では今も感情的なしこりが消えていない。そこで枝野氏以外にも不協和音を整理するキーマンが不可欠だ。

 まずは民主党政権で最後の首相を務めた野田佳彦氏。現在、衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」(8人)で無所属議員などを糾合、会派の旗印が野党結集だ。野田氏に近い議員は、独自会派を作った理由を「接着剤になること」と明かす。

「野田氏は消費増税を決断し、保守色が強い。その野田氏が『野党結集は(自身より左派色の強い)立憲を軸に』と主張しているのがポイントです」(同)

 野田氏は連休明けの記者会見で、国民民主党の玉木雄一郎代表が呼び掛ける野党結集に関し、否定的な見解を述べた。「選挙の連携は枝野幸男代表が呼び掛けている。その実務を進めることに尽きる」というのだ。

「野田氏が国民民主側に寄れば、立憲との溝はさらに深まる。あえて立憲側に入り込み、『野田氏がそう言うのだから』と、国民民主が立憲に接近しやすいようにしている。結集の仲介を果たしているのです。小沢一郎氏とも会っているようで、まさに接着剤」(同)

小沢氏が懐中に温める「秘策」

 もう一人、今年2月に繰り上げ当選で1年3カ月ぶりに政界復帰した馬淵澄夫元国交相。野党転落後、5年間務めた選対委員長ポストなどで手腕を発揮した。実は馬淵氏、復帰が決まった際に国民民党主入りする方向で動いていたが、直前に「当面無所属でいきたい」と事務方に言ってきた。

「馬淵氏は民進党時代、枝野幹事長の下で選挙対策を担い、信頼が厚い。復帰の際も、立憲入りを請われたようだ。そこで『国民民主と話せる。枝野氏も信頼してくれる。仲介役は自分しかいない』と考えたのです」(国民民主党幹部)

 馬淵氏は自身に近い野党議員らにこう話している。

「枝野、玉木、野田、小沢……自分なら皆とフラットに話せる。面倒な調整は得意だ。参院の1人区、あるいは次期衆院選の小選挙区の調整など、大義名分は何でもいい。歩み寄るチャンスにすべきだ」

 最後に、小沢一郎氏。自由党の国民民主党への合流にたどり着いたが、疑心暗鬼も生まれた。「玉木氏は合流話が出た昨年末ごろから『選挙は小沢さんに』との意向だった。小沢氏も承知していた」(玉木氏側近)

 私の取材では、小沢氏は合流後に幹事長や選対委員長などの役職は受けないと決めていた。だが、小沢氏に警戒心を抱く党内の一部議員などが「玉木氏が小沢氏に手玉に取られる」と喧伝(けんでん)した。「野党結集の起爆剤は選挙。そこで小沢氏の力を借りたいというのが玉木氏の本音。一兵卒というわけにはいかないから、役職を協議しているだけだが、一部議員が『小沢氏がごねている』とリークしたのです」(前出・側近)

 小沢氏も野党結集への秘策を温めているという。たとえば、民主党政権末期の分裂騒動(12年)の責任を公の場で総括すること。「これをやれば、遺恨のある議員が収まる。大きな節目になる」(同)。

 枝野氏は、参院複数区でも選挙協力を進める可能性がある。馬淵氏はこう話しているという。

「一瞬にして自らの候補を降ろすぐらいの大胆な調整をして、自民党を倒す。枝野さんは分かっている」

 今夏の衆参同日選の可能性を視野に、立憲民主党と国民民主党が衆院小選挙区の野党候補の一本化に向けた協議を始める方向で動き出した。安倍晋三政権を追い詰める野党勢力の構築に向け、それでは誰が動くのか。4人のキーマンを軸に、野党連携の動向を探っていく。

(ジャーナリスト・鈴木哲夫)

すずき・てつお
 1958年生まれ。ジャーナリスト。テレビ西日本、フジテレビ政治部、日本BS放送報道局長などを経てフリー。豊富な政治家人脈で永田町の舞台裏を描く。テレビ・ラジオのコメンテーターとしても活躍。近著『戦争を知っている最後の政治家 中曽根康弘の言葉』『石破茂の「頭の中」』









 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[13537] kNSCqYLU 2019年5月17日 02:47:28 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[3602] 報告


2. 赤かぶ[13538] kNSCqYLU 2019年5月17日 02:50:09 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[3603] 報告


3. 赤かぶ[13539] kNSCqYLU 2019年5月17日 02:51:09 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[3604] 報告


4. 日高見連邦共和国[13785] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年5月17日 05:12:19 : ouNiKmICJs : c01zZ2pxbmp0RWM=[1] 報告
鈴木哲夫さんはもう、半分アッチ側の方ですが・・・。(笑)
5. 2019年5月17日 07:20:47 : lSEfXrG9vc : a1U4YXBaNDNxS28=[5] 報告

小沢一郎が読んでいるが、見かけ地滑り的勝利、見かけ壊滅的敗退はある。

理由は小選挙区制だ。恐ろしい選挙制度だ。投票率が下がれば下がるほど巨大与党が

誕生する。

国民は何んとか対応しろと少数野党に言い続けてきたが、選挙カーの上で手をつなぐ

のが精いっぱいといったところだ。これが有権者に見透かされている。

しかし巨大与党も見かけなのだから、民意に合うように工夫する必要がある。つまり

小選挙区制は「見かけの戦略」「相手騙しの戦略」で戦うのが良いということだ。あ

っと驚くような連携、新党設立など裏でこそこそやって欲しいものだ。

6. 2019年5月17日 07:30:55 : 642tWORf0I : YTZhMC4xN2RMTXc=[8] 報告
どう見ても小沢一郎氏はキーマンじゃないよ…
野田佳彦も馬淵澄夫も違うでしょう…

キーマンは、枝野幸男、志位和夫氏ですよ。

7. jk[1107] goqCiw 2019年5月17日 07:56:30 : qyjLKDKN06 : WEdzUFpscmRpckU=[31] 報告
解散風を野党結集に結び付けよう。

自分は、衆参同時選挙は公明党が反対してる現状、ないと思ってるが、常識が通じない安倍政権。

万が一にも備えて同時選挙に野党は挙党態勢を早急に整えておくべきでしょう。
解散が無くとも、野党による政権奪還体制を築いて行くためにも・・・・・

8. 2019年5月17日 09:17:09 : wZni7FtF9c : a0J6Vm1zL2lHMnM=[86] 報告
野党連合を「小沢の保身」に利用されてはたまったものではない
野党連合の中心人物は、枝野と志位であるべきであって、原発推進の国民民主や小沢であってはならない
小沢ではなく、枝野を首相に・・・これでもかなり不安は残るがね
9. 2019年5月17日 10:08:04 : yz4jaxzEXA : cGk4S3l4V1pTREk=[2] 報告
二日前の夕方の某ニュース系のラジオ番組で
自民が独自で参議院選挙の情勢調査をしたところ実は自民は情勢状況は良くないらしいとのこと
10. 2019年5月17日 11:43:29 : oU01agLvuw : bVJqcTJIZEc3TVU=[28] 報告
裏切り者の野ブタが野党のリーダーのように取り上げるサンデー毎日
野ブタは排除だ。
11. 2019年5月17日 12:25:05 : uNDSKAys4E : NmtHcnMvTHZYalE=[194] 報告
山本太郎がキーマンの可能性も
12. 2019年5月17日 13:04:34 : kJiOWVfDTQ : VlFjY3RrLkpOU0U=[9] 報告
>10

でた「野ブタ君」
12年末の総選挙で自民と一緒になって民主党を攻撃して
安倍政権誕生に協力したやつ

「野ブタがわるいんだ ぼくのせいじゃないもん」とひたすらみっともない言い訳を続けている奴

特徴は卑しいこと
叩けば自分ところに政権が転がり込んでくると考えて
いつも自民そっつのけで他の野党を叩いて自民を助ける

13. 2019年5月17日 13:15:28 : 1MQFPwMeok : Mlo3blJHdHo3Z1E=[8] 報告
安倍「民主党ガー何でも民主党が悪い!」
菅直人枝野ポン22A「小沢ガー何でも小沢が悪い!」

勝てるわけねーな

14. SHIGE[316] gnKCZ4JogmaCZA 2019年5月17日 15:06:26 : 8UP26mIKBQ : dTR6TVVwRENwWVU=[50] 報告
「今夏の衆参同日選の可能性を視野に、立憲民主党と国民民主党が衆院小選挙区の野党候補の一本化に向けた協議を始める方向で動き出した。安倍晋三政権を追い詰める野党勢力の構築に向け・・・・」


「いま、現在」を最も重視していく姿勢。
政治の世界ではそれが非情なくらい要求され、それに耐えられる政治家だけが「いま、現在」を国民のために取り返し、自らも生きられる。

我々は、そんな政党や政治家の動きだけを待っている。
他は、しょせん雑音以上にはならない。

そんな「いま、現在」に肉薄し、正確に伝えてくれるジャーナリストは信じられる。
一般大衆に彼らは必要だ。

鈴木哲夫はそれができる数少ない一人に見える。

15. 2019年5月17日 15:54:44 : MtrYtEHZzY : aGRleFU5cmVlaVU=[145] 報告
><サンデー毎日>反転攻勢か壊滅か 枝野幸男、野田佳彦、馬淵澄夫、小沢一郎 野党結集の「キーマン」こう動く! 鈴木哲夫

枝野氏と野田氏くらいが合意できれば、野党全党の合意が無くてもそれなりの意味が有るんじゃないか?

16. マッハの市[2054] g32DYoNugsyOcw 2019年5月17日 17:34:55 : KccX6gy7so : NW5ocVZEd2F0NC4=[39] 報告
この政府は、もう終わらせないと・・・・・
安倍自公の改竄内閣は、野党低迷を狙い、憲法遵守義務すら顧みず「改憲一直線」で暴走中。
原発事故の危険や、核ゴミ処理が不可能でも再稼働突き進む日本政府。
野党は、このような自公を野放しにしないでくれ。

小沢一郎氏の言うように野党は共闘すべきであり、やらなきゃ壊滅だと思う。
枝野氏が共産党を含め他党と協力することを心底から願っています。

 自民憲法案は「基本的人権」を完全削除(平成24年決定)しており、
 この様な安倍自民党は、何が何でも潰してほしい。           無党派層
   

17. 2019年5月17日 18:54:45 : z2KoA6W0OQ : VW5kcnVONVdXUVE=[2] 報告
鈴木哲夫は本当に数少ない良心ある政治ジャーナリストだと思っている。

半分あっち側というのは、決して反自民ではないからか。

小沢一郎だって、反自民ではないだろう。

YouTubeの「永田町フーウン録」(平野貞夫、早野透、鈴木哲夫の鼎談)

は勉強になります。

18. 2019年5月17日 21:22:33 : AGzTxARyVA : L3FWWDduQm9ZbXc=[76] 報告

野豚ずる菅枝豆はダメだよこの3人は安倍カルト創価に恣意的に政権を禅譲した戦犯だからね

国民はこの様な議員を絶対に許してはならないなぜならこの3人は

安倍山口なん妙と飼い主は一緒国際金融資本(ハゲタカ外資等金融マフィア)

小池百合子前原小沢で最終的には政権を取りに行くべきだろうね

日本にはリベラルなんていないのだから 宇都宮健児しかり鳥越俊太郎しかり
田中康夫しかりです

彼らは変節したのではなく仮面を被っていたのです右だ左だで判断すると村山富市の二の舞を踏む。

19. 2019年5月17日 21:45:52 : AGzTxARyVA : L3FWWDduQm9ZbXc=[77] 報告

社民党も安倍カルト創価の補完勢力ですよ 今度の参院選東京選挙区から朝倉玲子という候補が出ますが

当選の可能性が全くないのですそれなのに立候補し野党票を削るのですよ昔の共産党みたいに

私はその関係者に質問しました当選の可能性が有るんですかと?

そしたらいや有りませんだって供託金は没収ラインは辛うじてクリアするとの事

それで目的は何の為に選挙出るのですかと聞いたところ社民党の宣伝との事

そこで国民の幸福と社民党の宣伝とどちらが重要な事なのか尋ねたところ数分間沈黙してました

社民党の宣伝は方便で実態は野党票分断の安倍カルト創価の補完勢力まる出しですね

連綿と続いているんですね自社55年体制が社民党支持者の皆さんそれで良いんですか。

20. 2019年5月18日 00:18:01 : 5TOqRIOVto : OGFvL001dzJvUEk=[11] 報告
候補者の一本化だけでは勝てないことは経験済みですので同じようにやって負けた場合は野党のやる気を疑います。
21. 新共産主義クラブ[-10839] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2019年5月18日 16:32:21 : gcAzz4RAGo : ZlBFRzZxOFN4TTI=[7] 報告

>>17さん

>半分あっち側というのは、決して反自民ではないからか。

>小沢一郎だって、反自民ではないだろう。


 

二階 − 細野 − 小沢 − 玉木 ラインは、繋がっていますね。


◆ 民主党 次期代表候補のダークホース「玉木雄一郎」って誰?(日刊ゲンダイ)

(日刊ゲンダイ,2014年12月18日)

若手議員を中心に、当選3回の玉木雄一郎・政調副会長(45)を推す声が高まっている。

解散直前には「非自民勢力」の結集を目指して奔走。

野党の比例統一名簿の作成を求める会合の呼びかけ人となり、超党派の中堅・若手約50人を集めた。

この動きに呼応したのが、生活の党の小沢一郎代表だ。

一時は野党結集を水面下で画策。「小沢さんは玉木を党首に据えた新党結成まで模索した」(野党関係者)ともいわれている。

「党内では細野豪志元幹事長と関係が近い。選挙中も細野氏は玉木の地元入り。出席した総決起集会で<民主党の星、いや野党の星だ!>と玉木氏を持ち上げていました」(民主党関係者)

 ■東大法学部から旧大蔵省へ

経歴はピカピカだ。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/155850

http://www.asyura2.com/14/senkyo176/msg/568.html

22. 2019年5月20日 10:18:12 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[956] 報告
希望と安心の新しい政治をおこそう
.
日本共産党
2019/05/19 に公開
2019.5.19 志位和夫委員長の訴え 日本共産党街頭演説(東京・池袋)
https://www.youtube.com/watch?v=839dhSV9cY4

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK260掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK260掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK260掲示板  
次へ