★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK261 > 640.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
北方領土は「進駐」した国連軍の一員・ロシアが居座っているだけだ。(日々雑感)
http://www.asyura2.com/19/senkyo261/msg/640.html
投稿者 笑坊 日時 2019 年 6 月 07 日 20:01:13: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

https://okita2212.blogspot.com/2019/06/blog-post_7.html
6月 07, 2019 日々雑感(My impressions daily)

<第2次大戦末期にソ連が占領した北方四島などについて、日本が連合国と結んだサンフランシスコ平和条約でソ連の主権が明記されておらず、領有を主張する上で弱点になるとソ連指導部が認識、対日交渉で主権確認を求める方針を決めていたことが2日、機密指定が解除されたソ連の文書で判明した。

 日ロ関係筋によると、継承国ロシアが四島のロシア主権確認を執拗に迫る背景には、国際条約で帰属が確定していないとの懸念があるようだ。

共同通信は、ソ連共産党中央委員会幹部会が1955年6月の日ソ交渉開始直前に承認した対処方針など、重要文書を入手した>(以上「共同通信」より引用)


 ロシアは北方領土について「主権」がロシアにあることを認めて欲しい、という。なぜならロシアが領有しているのは「不当な居座り」に過ぎないからだ。

 いかに「戦利品だ」とロシアが強弁しようと、北方領土へロシア兵が上陸したのは日本がポツダム宣言を受諾して「無条件武装解除」をした後のことだ。つまりロシアは戦争終結後に平和的に「進駐」したに過ぎない。

 そのことを安倍自公政権は一度でもプーチン氏に主張したのか。「あなた方は連合軍の一員として北方領土へ進駐した」のだから、連合国と平和条約であるサンフランシスコ条約を締結したからには、進駐した日本領からロシアは撤退すべきだ、と。

 それが日本が連合国と締結した「平和条約」であるサンフランシスコ条約をロシアも履行することになり、日本と平和条約を締結する環境が整うことになる。いかにロシア(旧・ソ連)がポツダム宣言にもサンフランシスコ条約にもサインしていないからロシアは別だ、と主張しても、それはロシアの独善に過ぎない。国際社会で認められる行動とはいえない。

 ロシアが「戦勝国クラブ」(国連)の主要メンバーの一員として常任理事国の椅子にしがみ付いている限り、ロシアは「連合国の一員」だ。ロシアが戦勝国クラブに籍を置いているのは先の大戦で連合国の一員として戦ったからではないか。

 それなら平和条約も連合国の一員としてポツダム宣言にサインすべきだ。日本の北方領土への野心があったため、その起草にスターリンも参加しているポツダム宣言へのサインを拒んで、日本と交戦状況下にあると見做してソ連軍は1945年8月28日に択捉島に上陸、9月1日には国後島、色丹島に達し、9月3日には歯舞群島にまでおよび、9月5日までにことごとく占拠した。なお、9月2日には、東京湾上の戦艦「ミズーリ」甲板で、ソ連代表も参加して降伏文書の調印式が行われた。いかにロシアが北方領土は「戦利品」だと主張しようが、歴史は「進駐」に過ぎないと物語っている。

 広大な世界最大の領土を有するロシアが日本の北方四島を不法占拠したまま返還しないのはなぜだろうか。モスクワ防衛に必要だからだろうか。ウラル山脈以東の広大なシベリアがモスクワ防衛の盾としてに十分に役立っているではないか。

 なぜ世界のヒールとして振舞い、悪の帝国・米国と対峙する悪魔の帝国・ロシアを演じ続けるのか。世界を滅亡の恐怖で金縛りに陥れている米ロと中、悪魔の鼎立の一角を維持するために、ロシア国民は貧弱な社会保障に甘んじさせられている。

 ロシアは国家として国民に責任を果たしているだろうか。国民に最大の幸せな暮らしを送らせる責任を、ロシア政府は果しているだろうか。

 戦争ごっこの魔術はそろそろ利かなくなるだろう。これほど情報化の進んだ世界で、国民を「戦争ごっこ」の恐怖で金縛りにし続けるのは困難になりつつある。安倍氏も北朝鮮のミサイルでJアラートを鳴らして国民を戦争の恐怖で金縛りにして「国難」選挙に大勝したが、同じ手は使えない。日本国民もそれほど愚かではない。マスメディアも二度と「国難」演出に協力しないだろう。「戦争ごっこ」のバカバカしさに国民は薄々気付いているからだ。

 さて、ロシア国民はいつになったら「戦争ごっこ」の金縛りから解けて、自分たちの「生活権」を主張し始めるのだろうか。世界のヒール役を演じることによりロシアを支配している連中はロシア国民を「戦争」の恐怖で金縛りにし、その裏で巨万の富を仲間で分け合っている。そうした構図にロシア国民もそろそろ気付いて、等しく分かち合うべきだ、と声を上げる日が来るはずだが。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年6月07日 20:25:57 : hvIIvnG2II : d0M3L2xkM3preWs=[1] 報告
ゴマメの歯ぎしり以下。

その理屈が通用するのならやってみれば。トランプは仲間じゃないよ。

2. 2019年6月07日 20:47:54 : eQHpkW1P7s : Li5jYUI0RzNET2c=[188] 報告
 日本が正式に降伏したのは米国戦艦なんとか号とかの艦上で降伏文書に調印した時点ではなかったか?
3. 2019年6月07日 21:11:58 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[1251] 報告
日本が米国との単独講和ではなくソ連をも含めた複数国との講和を行っていたとしたら敗戦後の責任問題として天皇制の存続などで意見が対立して紛糾していた可能性もあったのではないかと思う。そうなれば北方領土問題も更に拗れて更に占領が進むなど別の問題が大きくなっていたかもしれない。この問題はソ連もロシアも同じ民族国家だから領土問題で自分たちが過去に間違っていたということをただ認めろ、そうすれば一件落着だというような単純な問題ではないのは確かだろう。だからなかなか解決しないのだろう。
4. 日高見連邦共和国[14128] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年6月07日 21:22:09 : D4UwWcuaW6 : M2JmcTNBbzJBdkE=[5] 報告
『国際法』が保証する『無法』の世界。
5. 2019年6月07日 21:43:10 : RXuDdUktGM : bk1qUzRYcENVdk0=[1] 報告
日高見氏も所詮小沢信者雑感氏のお仲間。
6. 2019年6月08日 07:57:21 : haBXnw0NaY : NHBSQ2RqMVo3WXc=[3] 報告

 アベ自民党のせいで、今や日本の本土自体が アメリカの「戦利品だ」。

 現実を良く見ろ。

7. 2019年6月08日 08:36:47 : 3KV1vMJJdE : L3RubnVtRU9tTlk=[96] 報告
そのことを安倍自公政権は一度でもプーチン氏に主張したのか。「あなた方は連合軍の一員として北方領土へ進駐した」のだから、連合国と平和条約であるサンフランシスコ条約を締結したからには、進駐した日本領からロシアは撤退すべきだ、と。

これを逆手に取れば、自分がプーチン大統領ならば、「千島列島を棚上げにしたところで、アメリカに対して、いざとなれば、国後島ならびに択捉島に機体をピンクに塗ったオスプレイを購入し、こちらに置いて置きますので、妓生観光もしくは売春ツアーの目玉商品にでも利用するのであれば、歯舞諸島と色丹島につきましては、近いうちに日本に返還しますので、日米両国民の皆様に置かれましては、どうぞご安心下さい」とでも、そっと静かにアピールして行きたいところですね。

これが結果的に、日露双方にとって相互メリットを齎すばかりでなく、日米双方にとっても相互メリットを齎すwin-winの関係に繋がる可能性も見えてくるとしたら、「日露平和友好条約の締結を図ろう」というのが、個人的な思い付きによるものだといったところで、憲法9条にノーベル平和賞のお墨付きを賜るという日本国民の中からの潜在的な思い付きによるものと、思わず共感してしまうところであることは、日米安全保障条約にしがみつこうとする魂胆そのものが、憲法9条を亡き者にしようとする魂胆をごまかそうとする魂胆見え見えの自民党自らの終わりの始まりのきっかけを招いた動かぬ証拠であることを、自ら証明してくれたものに過ぎないことは、全人類共通認識として受容と共感的理解に値するものであることに、バレバレのことであることを誇りとすれば、このような日米安全保障条約にしがみついているだけの自民党こそが、国際社会の表舞台で、どんどん涙を流しながら「感謝‼感激!雨あられ‼天皇陛下有難うございます」ということを誇りとして、国際社会の表舞台で、どんどん輝きながら、アメリカの言いなりになって、どんどん意欲も熱意も全てを喪失し、セルフネグレクト状態になるまで、誇りを持って、どんどん敗北し続けることで、憲法9条を亡き者にしようとする魂胆そのものが、「公共の迷惑」であることを誇りとして、どんどん泣き寝入りをしながら、落ちるところまで、どんどん堕ちて、そのまま、そっと静かに墓場までとっとと持って行って下されば、もうこれ以上でもなければ、これ以下でもございませんので、何処か人目のつかないところで、そのまま、ひっそりと幸せに暮らして下さい」とでも、そっと静かに暖かく見守りながら、国際社会にも、どんどんアピールしながら、この日本国全体を、多極化の流れの中に、名誉ある孤立化をして、このまま、そっと静かに自立自律していく道を正々堂々と突き進んでいくことで、竹島はともかくとして、沖縄県の尖閣諸島と同様に、千島列島を棚上げにすることで、この付近の海域については、カナダやメキシコなどと共に、北太平洋安全保障条約により担保が取れた状態で、そっと静かに安定した海域として維持管理していくことで、簡単に円満解決することで、中国に置かれましては、南シナ海の南沙諸島や西沙諸島についても、これと同じことをすることで、第1列島線から第2列島線までの間の海域全てを、この北太平洋安全保障条約により担保が取れた状態の緩衝海域とすることで、核心的利益を担保することで、アジア太平洋地域全体にとって、相互メリットを齎すwin-winの関係により、平和と安定に繋がることが出来るようになれば、日本国民全体としては、ドイツやロシアと共に、そっと静かに暖かく見守りながら、ひっそりと没落しながらも、日本社会全体を、どんどん良いものに改善し、これを国際社会全体に良いロールモデルとして、どんどん見せつけていくことにするだけで構わないことを誇りとすれば良いだけでも、反ってこれほど素晴らしいことは何処にもないのかも知れませんね。

8. 2019年6月08日 11:11:05 : lOxw7vs7xM : M2xpUGNSNkROT0E=[9] 報告
世界地図を見れば、樺太の半分から下の千島列島は何処の領土でもない事がはっきりわかる。

色塗りがない地域なのである。

ロシアは占拠しているに過ぎないのである。

弱腰外交、売国外交は、史実を勉強していない安倍晋三故の無能さから生まれ出ているものである。

9. 2019年6月08日 19:28:34 : D0QUl32qUN : OWczZmhIbUhDL3c=[239] 報告
笑わせる ロシア憎しの 怨念が
10. 2019年6月08日 19:35:18 : 3KV1vMJJdE : L3RubnVtRU9tTlk=[98] 報告

https://www.youtube.com/watch?v=KzGy_RaLDs4

日本国民全体としては、まんまと騙されたふりをして、サハリン州の住民の皆様に置かれましては、この北方領土で、子供たちにロシア国歌を歌って貰うのであれば、ロシアのプーチン大統領に置かれましては、安倍総理には、シンバルでもたたかせてやってみてくださいます様、どうぞよろしくお願い申し上げます、とアピールして貰うように、そっと静かに働きかけていきたいところですね。

自分がプーチン大統領ならば、まんまと騙されたふりしたところで、アメリカのトランプ大統領に置かれましては、安倍総理も引き連れて、お越しになりたければ、自らドラムでも叩くのであれば、お待ち申し上げております、と、そっと静かに腹の底で嘲笑いながらもアピールしたい心境と、思わず共感して、取り急ぎコメントさせていただきます。

11. 2019年6月08日 20:31:49 : hHRyrQsPsY : Nk5rVnVxSUM2Vk0=[147] 報告
>連合国と平和条約であるサンフランシスコ条約を締結したからには

ヨハンセン茂は全面講和を拒否してCIAの言いなりに単独講和に走った。そして、その単独講和調印式の直後に、車に載せられて、米軍基地の社員食堂のテーブルの上で、1対3でアンポ条約(=日本列島不沈空母化条約)に署名させられた。そしてそのアンポ条約はまさしくソ連に敵対するための条約だった。これが67年変わらずに生きている基本構造だ。(ソ連は91年に崩壊したが、エリツィン時代の10年を除いて、この基本構造は生きている)

連合国の国というのはアメリカ国王の下僕ではなく、アメリカも含め対等の関係だ。日本は従属国だから対等ではないのかも知れないが。だから、アメリカがサインしたのだからロシアもサインすべきだという考え方そのものが笑いものになるだけだ。しかもサンフランシスコ条約で、日本は千島列島を放棄すると規定されているではないか。しかも、ルーズベルト&トルーマンのスターリンへの密約でアメリカはロシアに対して占領を認めている。更に加えて、日本がソ連に承認して貰ったおかげで(56年の鳩山内閣の「共同声明」のおかげだ)加盟できた国連の憲章107条の問題がある。(←ラブロフが昨年タローに釘を刺した。タローは一言も反論できなかった。) これには、「WW2の結果、関係国がとった事、許可した事(サ条約での放棄、ソ連の千島占領)を無効にしてはならない」と書いてある。つまり、たとえ、ソ連が奪ったものであっても、「WW2の結果」だから無効にしてはならない、とUNが言っていて、日本はそれを認めた上で、かつソ連に支持してもらってUNに加盟したわけだ。

ただ、日本にとって一つだけ、理屈の通る言い分がある。それは連合国側が(日本側ではない)、WW2は領土拡大を目指した帝国主義戦争ではない、とタテマエを宣言したことだ。(大西洋憲章、カイロ宣言) だから、唯一日本の主張は、あの戦争は日本軍国主義政府は満州、アジア、フィリピン領土拡大を目指したがあなた方連合国はそうでないといったのだから返して欲しいとツラの皮を厚くして言うことだ。ただしそれを言えるのは、当時戦犯として牢屋に入れられていた政治家ないし、その主張を受け継でいる人物だけだろう。その場合でさえ70年も経って、ロシアの住民も定住した事実を無視することはできない。地球上にパレスチナ問題をもうひとつつくるわけには行かない。

その場合でさえ、アンポ条約がある限り絶対無理である。

12. 2019年6月09日 02:13:53 : VE86th4Elo : bXNnNXZpM29WMVU=[11] 報告
>>11
>更に加えて、日本がソ連に承認して貰ったおかげで(56年の鳩山内閣の「共同声明」のおかげだ)加盟できた国連の憲章107条の問題がある。

国連憲章107条の問題・・・この事ですね。


<引用開始>
ロシアが北方領土を「不法占拠」しているという考えは誤り 日本外交と政治の正体
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/246583

>今の日本では、国民が「官僚はウソと詭弁を言うのが当たり前」と思うようになった。例えば、国民が何の疑いも抱かずに信じている「ロシアは北方領土を不法占拠している」というのも「ウソと詭弁」が60年以上続いたことによるものだ。

 国民の反発を買うのを覚悟で説明したい。

 日本は1945年にポツダム宣言を受け入れて戦争を終えた。「ポツダム宣言を受け入れるべきでなかった」という人はほとんどいないだろう。このポツダム宣言には「日本国ノ主権ハ本州、北海道、九州及四国並ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ」とある。つまり、本州、北海道、九州及び四国以外の地に対し、「日本固有のものだから我が国のものだ」という主張は放棄したのである。

 日本はまた、1951年にサンフランシスコ講和条約に調印し、独立した。ポツダム宣言の受諾と同様、サンフランシスコ講和条約に調印すべきでなかった、という人はおそらくいない。

 条約には「日本国は千島列島に対するすべての権利を放棄する」と書いてあり、当時の全権代表・吉田茂首相は「国後・択捉は南千島」と演説している。

 つまり、国際法に照らし合わせれば、日本は千島列島を放棄したことに何の疑念もない。

 他方、米英ソ首脳はヤルタ協定で「千島列島ハソ連に引渡サルベシ」と決めた。1945年8月18日、トルーマン米大統領はスターリン元帥に「千島列島の全ての島をソ連に引き渡すことに同意する」と連絡している。

 米国は日本には千島を放棄させる一方、ソ連には千島を渡す、と約束していたのである。

 日本は1956年の日ソ国交回復後、12月に国連加盟し、国連憲章を受け入れた。この国連憲章第107条は次の規定がある。

〈この憲章のいかなる規定も、第二次世界大戦中にこの憲章の署名国の敵であった国に関する行動でその行動について責任を有する政府がこの戦争の結果としてとり又は許可したものを無効にし、又は排除するものではない〉

 つまり、国連憲章はソ連が日本から奪ったものでも、無効や排除はしない、としているのである。

 国民の間では、北方領土に対するさまざまな考えがあるだろう。しかし、ロシアが北方領土を「不法占拠」している、という考えは誤っている。<引用終了>

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK261掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK261掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK261掲示板  
次へ