★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK261 > 719.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
[小沢一郎戦記(13)] 小沢一郎が見たロッキード事件 (朝日新聞社 論座)
http://www.asyura2.com/19/senkyo261/msg/719.html
投稿者 肝話窮題 日時 2019 年 6 月 10 日 13:56:05: PfxDcIHABfKGo isyYYouHkeg
 

小沢一郎戦記
小沢一郎が見たロッキード事件
(13)田中角栄のもとを次々と人が離れていく中、小沢はロッキード裁判に通い続けた

佐藤章 ジャーナリスト、慶應義塾大学非常勤講師、五月書房新社編集委員会委員長
論座 2019年06月10日 より無料公開部分を転載。

https://image.chess443.net/S2010/upload/2019060300006_3.JPEG
記者会見で質問に答える小沢一郎氏=1993年11月8日、国会内

■田中角栄のもとを去らなかった小沢一郎

 司法試験を目指していた大学院生、小沢一郎が、日本の政治の頂点に上り詰めようとしていた自民党幹事長の田中角栄の門を叩いたのは、一郎26歳、角栄50歳の1968年12月だった。その3年7か月後の1972年7月、田中角栄は、自民党総裁選で佐藤栄作の支持した福田赳夫を破って党総裁、第64代の首相に就任した。

 しかし、2年5か月後の1974年12月には国会などで金脈問題の追及を受け首相を辞任。さらに首相退陣後、1976年7月にはロッキード事件の受託収賄罪容疑などで逮捕された。権力の頂点に駆け足で駆け上がり、戦前の高等小学校を卒業しただけで首相になったということで「今太閤」ともてはやされたが、その座から転がり落ちるのも早かった。

 小沢は、短い時間の中で描いてみせた人生と権力の急角度の放物線を至近距離で目撃し続けた。ロッキード事件の裁判も欠かさず傍聴した。

 しかし、小沢は事件や裁判の推移を冷静に見つめていただけではない。首相辞任後の田中から櫛の歯が抜けるように一人また一人と田中のもとから人が去っていく中で、寡黙な青年政治家、小沢だけは去らなかった。

 東京・平河町にある砂防会館の田中事務所に足繁く訪れ、田中を見舞った。長い話をするわけではない。何時間でも二人だけで将棋盤とにらみ合った。余計なことは喋らず、人生の苦しみと無為の時間を黙ってともに過ごしてくれる人物。田中がそこに無償の友情の姿を見いだしていたとしても不思議ではない。

 ロッキード事件そのものは、全日空への旅客機L1011トライスターの売り込みに関してロッキード社から田中に5億円の謝礼が支払われたという筋が人口に膾炙しているが、全体像はそんな単純なものではない。ロッキード社からは軍用の対潜哨戒機P3Cの売り込みの件もあり、事情は輻輳していた。

 事件の背景についても、独自の資源外交や急な対中国国交回復を成し遂げた田中に対して米国が仕組んだとする見方や、政敵田中を追い落とすことを目論んだ三木武夫首相の執念を挙げる見方など、多分に政治的な要素の強い事件だと位置づける考え方が根強く存在する。

 その意味で、ロッキード事件はまだ解明されていない部分が非常に多い事件である。田中の栄光の頂点への急登攀と、容赦のない急転落を目の前で目撃し、苦しみの時間を傍でともに過ごした小沢一郎は、事件をどのように見ていたのか。

 ロッキード事件そのものについては、小沢も政治的色彩の強い事件だと考えていたが、その見る角度は非常にユニークなものだった。

https://image.chess443.net/S2010/upload/2019060300006_1.JPEG
1979年秋の総選挙をにらんだ自民党田中派が総会。中央で話を聞くのが田中角栄元首相。右奥は小沢一郎氏

■「中国の次はソ連だ」

――小沢さんが田中角栄の門を叩いたのは1968年12月です。その後72年7月に田中角栄政権が誕生しますね。

小沢 昭和47年(1972年)だから、ぼくがまだ2期目の時ですね。

――そうですね。この時には、田中さんはまず日中国交回復を非常に華々しく仕遂げて、秘書だった佐藤昭子さんの著書によると、「次はソ連だ」としばしばつぶやいていたということですね。非常に田中さんの野心を感じる文脈ですが、そのあたりはどうだったのでしょうか。

 佐藤昭子は田中後援会の「越山会の女王」と呼ばれた秘書。
17歳で田中に出会い、秘書として田中を支え続けた。田中派の
竹下登や小沢らからは慕われたが、田中が倒れて後は田中の長
女、真紀子と合わず、田中とも会うことはできなくなった。そ
の著書『決定版 私の田中角栄日記』(新潮文庫)には「田中
の目はいつも先を睨んでいた。中国に行く前から、私にはこう
言っていたのだ。「中国の次はソ連だ、ソ連だよ」

小沢 中国と全然国交がないというのも不自然な話だからね。だから、日中国交を回復させたのは大英断だったと思う。自民党の中の意見は真っ二つだったけど、それでもやりましたから。最後は総務会を説得して説得して、反対派は欠席してもらったんだったかな。とにかく大変な騒ぎでしたね。しかし、その後、ソ連だということで、チュメニ油田のこともあるし、アメリカににらまれたという話になってくるんです。

 チュメニ油田はロシアの西シベリアにある油田地帯で、産油
国ロシアの中でもエース的存在。田中角栄は中東産油国や米国
の石油メジャーに一方的に頼らない独自の資源外交を目指し
て、チュメニ油田開発をめぐりブレジネフ・ソ連共産党書記長
や西ドイツ首脳らと交渉を重ねていたが、これが米国の「虎の
尾」を踏んでロッキード事件を仕掛けられたという見方が根強
くある。

――もちろん田中さんは、ソ連のチュメニ油田開発だけではなくて、オーストラリアに行って独自のウラン資源外交を展開しました。これも含めて米国に睨まれる原因を作ったと言われていますね。

小沢 それはそうかもしれない。アメリカも、刑事免責を与えた上でのコーチャン(ロッキード社副社長=当時)やクラッター(同社東京代表=同)の嘱託尋問を許しているからね。まず、ロッキード裁判自体がものすごくねじ曲がった裁判だと思う。お金を出したロッキード社側のコーチャンとクラッターを刑事免責にしておいて証言を取ったわけだから、非常に問題でしょう。あれをやればみんな検察の言う通りに喋るでしょう。お前は免責にしてやるから何でも喋れということですから、

 でたらめでも何でも全部喋ってしまう。それでその喋ったことを証拠採用するというのでは、もう話にならないでしょう。

――小沢さんは、ロッキード裁判はほとんど傍聴したわけですよね。

小沢 はい。他に毎回傍聴している人がいなかったですからね。しかし、変な裁判だと思いました。まず、関係者の誰も5億円というお金も、お金が入っていたというダンボールも見ていないんだよ。

――裁判の内容はまた後ほどお聞きするとして、その間、田中さんの普段の様子はいかがでしたか。裁判の経過とともに田中さんのもとからだんだん人が去っていく中で、小沢さんだけは変わらずに足繁く田中さんの事務所を見舞っていたという関係者の回想もありますが。

小沢 うん、ぼくはしょっちゅう行っていたよ。

――しょっちゅう?

小沢 うん、親父の顔を見られるかどうかという感じがあって、しょっちゅう行っていた。ひょいっと出入りする時に、ひょいっと挨拶するだけだったけどね。ぼくは、それで満足だった。

――それは、小沢さんにとっても田中さんはそれだけ人間的な魅力があったということですか。

小沢 はい。それとやっぱり、それだけ心情的に近かったからね。しょっちゅう行っていたけど、あまり喋ったりはしない、親父は。ただ、「おう」って言うだけだよ。

――そうやって事務所に行かれて、それから田中さんの自宅にも行ったのですか。

小沢 目白の自宅に行くのはもっと後からかな。ほとんど事務所だったね。

――田中さんの政務秘書だった早坂茂三さんの回想によると、小沢さんは砂防会館の田中事務所によく顔を見せて、田中さんと小沢さんと二人で何時間でも将棋を指していたとありますね。

小沢 はい。

――さらに早坂さんの回想では、小沢さんは田中さんからいろいろな話を聞いたとありますね。田中さんが苦労した政治の話や、政治家の生き様などを小沢さんに話して、小沢さんは田中さんの良いところも悪いところもわかっていたと回想しています。やはりいろいろな話を聞きましたか。

小沢 そうそう。それはそうです。いろいろなことを話したり、ぼくの前で重要な電話をしたり、いろいろとありましたね。何でも喋ったし、自分の本心も喋っていた。

――ロッキード事件については何か話していたことはありますか。

小沢 まあ、それはぽっちんぽっちんとね。

――何か特別に印象に残っていることはありますか。

小沢 あれは意図的で政治的な問題だったからね。

――田中さんも、ふとあれは政治的だと言ったりするのですか。

小沢 いや、そんなことはわかりきっていることだから言わないけどね。非常に機微にわたる話は今でもなかなか言えないけどね。田中の親父の名誉にかかわることもあれば、相手方のこともあるからね。相手方はだんだんと亡くなっている人もいるから話してもいいことではあるけど、まあぼくがこの(政治の)世界でも辞めれば喋るかもしれない。

――そうですね。そこで、政治的だったという話ですが、ロッキード事件の場合、国内的にはやはり当時の三木武夫首相が非常に積極的で、田中さんを追及するために、まさに刑事免責の嘱託尋問、司法取引までやったということが指摘できますね。

小沢 その点は、まさに仲間うちで刺したとも言えるわけですね。田中の親父は三木武夫首相にやられたとも言える。うちの中の敵というのは一番危ないんです。それで、客観的事実を言えば、三木さんが田中の親父に敵対するようになった原因は、後藤田さんなんだよ。

――後藤田さん?

後藤田さんです。

https://image.chess443.net/S2010/upload/2019060300006_2.JPEG
全員閣僚懇談会で田中角栄首相と並ぶ三木武夫副総理=1973年11月14日、首相官邸

■三木武夫の牙城・徳島に後藤田正晴を擁立したことが…

 後藤田正晴は徳島県麻植郡東山村(現吉野川市美郷)に生ま
れる。戦前の東京帝国大学卒業後、内務省に入省。戦後内務省
廃止後は警察庁に入り警察官僚の道を進む。警察庁長官を辞任
後、第1次田中角栄内閣の内閣官房副長官(事務)に就任。以
後、田中は後藤田を重用し、1974年の参院選に徳島選挙区から
立候補させた。

――そうですか。

小沢 後藤田さんがそもそもの原因なんだ。 ・・・ログインして読む
(残り:約1107文字/本文:約5056文字)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年6月10日 19:49:20 : D0QUl32qUN : OWczZmhIbUhDL3c=[299] 報告
若き日の 小沢覚えた 違和感を
2. 2019年6月10日 21:15:13 : vnUxfbHXEY : eU9GNkMwZXpEdDI=[23] 報告
それに比べて今の自民党議員のレベルはそこらのネトウヨと変わらない。

何とか政宗、愛国教育鼻のあなが前に向いている下村大臣、意地悪女片山さつき、勘違い外務大臣河野太郎、戦争大好き稲葉朋美、嫌韓しか言わないアホ議員。

3. 2019年10月16日 17:24:27 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[3332] 報告
ロッキード事件について ゲスト:元公安検察 菅沼氏〖NET TV ニュース〗
.
JRPtelevision
2019/10/16 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=VW4esYcaNoA

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK261掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK261掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK261掲示板  
次へ