★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK261 > 880.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「空間識失調」の自覚なければ“パニック・ボタン”は無意味 最新鋭機F35Aはなぜ墜落したのか(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/19/senkyo261/msg/880.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 6 月 15 日 10:55:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

 


「空間識失調」の自覚なければ“パニック・ボタン”は無意味 最新鋭機F35Aはなぜ墜落したのか
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/256129
2019/06/15 日刊ゲンダイ


調査結果公表は事故から2ヶ月後(C)共同通信社

 航空自衛隊が公表した事故機の航跡概要図によれば、管制官が三沢基地に近づく米軍機との距離をあけるため、降下するよう指示した際の高度は約9600メートル。細見彰里3等空佐操縦のF35A戦闘機は、約20秒後にはなんと4700メートルにまで急降下し、時速900キロに加速している。

 さらにここで管制官から左旋回を指示された事故機は、「knock it off」(訓練中止)を告げて旋回降下を深め、その約15秒後に時速1100キロという音速に近い速度で海面に激突している。

「F15戦闘機のマニュアルを参考にすると、訓練中止を告げた高度から6Gで引き起こせば助かったはずだが、彼は減速もしていない。米軍機の回避は急ぐ必要がない。細見3佐の操縦は考えられない動き」(元同僚)

 こうしたことから、推定事故原因として用いられたのが、「空間識失調」(バーティゴ)という一般には耳慣れない言葉だ。特に機動の激しい戦闘機パイロットにとって忌むべき航空生理現象である。

 自力で空を飛べない人間の三半規管は大ざっぱで、平衡感覚や加速度の多くを風景の変化で検知する。視界の利かない雲中や夜間飛行でバーティゴに陥れば、天地の向きや上昇降下の違いなど容易に錯覚するのだ。それは飛行経験豊富な操縦士でも変わらない。しかもほとんどそれと気づかずに墜落するから、何のメッセージも残さない。

 これまで世界各国で多くのパイロットの命を奪ってきたバーティゴは、「原因不明」の代名詞ともいわれている。

「もしバーティゴに気づいたら、自分の感覚よりも計器を信じることが重要だが、孤独な戦闘機乗りは、とかく機械を疑ってしまう」(元戦闘機パイロット)

 実はF35Aには、緊急時を想定した対策が施されている。右手操縦桿の前に「オート・ピッチ・リカバリー」というスイッチがあり、これを作動させれば自動的に水平飛行に戻る。操縦士たちはこれを「パニック・ボタン」と呼んでいるが、バーティゴに気づかなければ役に立たない。

 記録に残る細見3佐の声音は終始落ちついていたという。つまり、バーティゴに気づかずに操縦していたと推測しなければ理解できないほど、不可解な飛行なのだ。

 今回の事故の一報を聞いて、航空関係者であればバーティゴを疑うのは当然だが、「針の穴をくぐって襲う」のが航空事故である。他の要因も考えてみたい。 (つづく)


武田ョ政 ノンフィクション作家
1958年、浜松市生まれ。専門月刊誌「航空ジャーナル」を経て、88年にフリー。オウム真理教による坂本弁護士一家殺害事件の全容をスクープ。大相撲の八百長告発記事で「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム大賞」受賞。新著「真・輪島伝 番外の人」を28日に上梓。






 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[17687] kNSCqYLU 2019年6月15日 10:56:49 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[7752] 報告


2. 2019年6月15日 12:46:48 : JhOJrAyLn6 : SDZWdWJYOXpWSm8=[3] 報告
「元同僚」や「元戦闘機パイロット」は、唾棄すべき人間のク○だ。

細見三佐のミスによって事故が起きた証拠は、何もないのに、政府の意に沿った「証言」をしている。

@ > 「空間識失調」の自覚なければ・・・・

自覚がなくても、“a ground proximity warning system”があり、「機体を引き上げろ(pull up)」との音声警告が流れる。

反応しなかったということは、警告が流れたときには、細見三佐は、意識を失っていた可能性が高い。

A > F35A戦闘機は、約20秒後にはなんと4700メートルにまで急降下・・・・訓練中止を告げた高度から6Gで引き起こせば助かった

管制官の指示前後に、細見三佐は、眠くなるとか、意識が遠のくとかで、酸素供給装置の不具合に気づいた。

急降下は、空気密度が十分濃い高さまで、最短で到達できる方法だ。

でも、訓練中止を告げた後で、意識を失った。

B 現在、F35A戦闘機で訓練を行っているパイロットたちは、空自のパイロットの中でも、特に優秀な、トップガンというべき人たちで、後輩のF35A戦闘機パイロットの教官となるべき人々だ。

当然、F35A戦闘機の欠陥についても熟知していたに違いない。

それらのパイロットでも事故を防げなかったことは、重大な問題だ。

また事故が起きた場合、事故の真相究明をせずに、訓練を急いだ(戦争が近いのか?)政府、防衛省のク○は、どんな責任を取るのか。(日本の典型的な無責任体制。)

おまけ

F−35BとF−35Cが、ステルス性を失うという、カテゴリ1の重大な欠陥が、新たに露わになった。

F−35Bは、マッハ1.3で80秒以上、マッハ1.2で40秒以上、加速のためにアフターバーナーを連続使用すると、水平尾翼やテールブームのステルスコーティングに膨らみ傷ができる。

作戦中に、満足な加速もできず、ステルス性を失うことは、ときに致命的である。

> F-35′s Stealth Coating Has Big Problems With Supersonic Speeds

https://southfront.org/f-35-stealth-coating-has-big-problems-with-supersonic-speeds/

3. 2019年6月15日 12:51:15 : JhOJrAyLn6 : SDZWdWJYOXpWSm8=[4] 報告
>>02誤り訂正

正しくは、F−35Bは、マッハ1.2で80秒以上、マッハ1.3で40秒以上・・・・

4. 2019年6月15日 14:20:20 : Ft5PhGZaus : eVhpVlpSams1eTY=[161] 報告
 まあ、コックピット周辺の注意書きをよく見ればわかるが、3inch位の電波吸収板が貼ってあって、アフターバーナーを吹かすこととか、高速機動による「熱発生」には「剥げ落ちる」要素が強くなっているんだな。危ないことだ。
 これじゃあ、訓練なんかできないな。「静かに、そっと」なんていうのが訓練かい。
 ロッキードマーチンの「第五世代」「未亡人製造機」だ。「超音速」だけが「売り物」だったF-104の二の舞だ。
 大量購入した西ドイツのエアハルト政権は「私はこれで崩壊しました」となったわけだ。
5. 2019年6月15日 16:58:33 : sUpHQ8Q75g : TzR2aVBha0pPeGc=[59] 報告
>>2氏のコメントに完全に同意する。

F35に搭乗してるパイロットは空自の戦闘機乗りの中でもトップクラス揃いだ。
何の証拠も無い現段階では、空間識失調に気付かず墜落したと考えるよりは、
酸素供給装置の異常による酸欠からの意識喪失の方が遥かに合理的だろう。
真の理由が後者であれば今後の調達配備計画に悪影響が及ぶ恐れがあるため、
安●ナチ政権はパイロット個人の資質の問題に矮小化しようとするのだ。
墜落原因も実は判明していて隠蔽されてるだけかも知らん。
つくづく卑怯なク○野郎共だと思う。
安●ナチ政権の詐欺的体質は多くの国民の知るところであり、
一刻も早く権力の座から引き摺り下ろす必要がある。

6. 2019年6月15日 19:50:24 : D0QUl32qUN : OWczZmhIbUhDL3c=[435] 報告
大わらわ ポンコツぶりの 隠蔽に

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK261掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK261掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK261掲示板  
次へ