★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK262 > 220.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
地殻活動期にある日本のすべての原発を停止せよ。(日々雑感)
http://www.asyura2.com/19/senkyo262/msg/220.html
投稿者 笑坊 日時 2019 年 6 月 19 日 23:05:58: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

https://okita2212.blogspot.com/2019/06/blog-post_19.html
6月 19, 2019 日々雑感(My impressions daily)

<18日午後10時22分ごろ、新潟県村上市で震度6強の地震があった。山形県の鶴岡市でも震度6弱の揺れが観測された。気象庁によると、震源は山形県沖で震源の深さは14キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.7と推定される。気象庁は、山形県、新潟県(佐渡島を含む)、石川県能登の沿岸で津波注意報を出した。新潟県で3人、山形県で6人のけがが報告されている>(以上「毎日新聞」より引用)


 記憶にあるだけでもマグニチュード6以上の地震がたびたび起きている。全国各地の火山も活動を活発化しているのは明らかだ。日本列島の地殻が活動期に入っているのは疑いようがない。

 能天気な裁判官は伊方原発即時停止請求に対して「(阿蘇山の)大噴火が起きるという証明がないから原発停止請求は却下する」との判決を下したが、むしろ「大噴火が起きないという証明がないから原発停止請求を認める」との判決を下すべきだった。なぜなら大噴火や大地震が起きてから停止しても間に合わないからだ。

 「天災は忘れたころにやって来る」とは物理学者にして随筆家だった寺田寅彦氏の言葉だ。しかし前回の大地震の記憶がある内に次々と大地震が起きるのは異常事態だ。地球の46億年という時空で考えるなら、現在の日本列島は地震で揺れ動いている、というべき状態だ。

 原子炉直下に活断層があるとかないとか、と悠長な議論をしている場合ではない。防波堤を嵩上げして津波対策を充分にやったとか、やってないとかチマチマとした言い訳をしている場合でもない。大規模天災に際してはそんな人間の小細工などケシ粒のようなものだ。殆どの防波堤が先の東日本大震災の津波に対して効き目がなかったと証明されたではないか。一番の安全策は津波よりも高い「高台」にいることだった。

 原発が稼働していては危険そのものだが、停止していても常に燃料プールは水を循環させて冷却しなければならない。そうしなければ核燃料の崩壊熱によりプールが忽ち沸騰してしまうからだ。そのことも福一原発の総電源停止で原子炉はいかなる事態に陥るか、全国民は学んだはずだ。

 それでも全国各地の原発を再稼働しようと画策している政府与党はイカレている。彼らは原子炉の簡単な構造原理すら知らないのだろうか。原子炉内で起きる核燃料の核分裂熱を取り出すための熱交換器が無数の細管だ。細管内は水で満たされていて、それが核崩壊熱により加圧沸騰し、細管を循環して炉外へ取り出されて発電タービンを回す。

 細管は文字通り細い管だ。原子炉容器は釣鐘状のブ厚い合金の塊だ。そうすると自ずと振動周期が異なるのは明らかだ。地震で原子炉が揺すられると細管と原子炉との接する個所で異なる振動周期による破損が起きるのは自明の理だろう。

 原子炉は地震で破損する。それも想定以上に脆く破損する、と考えるべきだ。その検証を福一原発ですべきが、いまだ人が原子炉に近づくことすら出来ていない。猛烈な放射能を噴出させている核燃料スラッジすら手付かずのままだ。既に原発事故から八年が経過したというのに。

 地殻活動気に入ったとみるべき日本列島で呑気に原発を再稼働している政府・与党は能天気というより日本を滅ぼす気なのだろうか。たかが発電装置の一つに過ぎない原発の稼働に拘る彼らの「動機」は一体何だろうか。

 長年原発を推進して来た官僚や利権集団の謝りのない「無謬性」を揺るがしてはならない、という愚かな信念からだろうか。原発は安全でもなければ安価な発電装置ではない。天文学的な費用の掛かる悪魔のエネルギーだ。ただ日本政府が核兵器の原料になるプルトニュウムを必要とする、という動機で原発を稼働し続けるというのなら、その動機について国民に説明すべきだ。そして国民の非難轟々の声を浴びて政治家をやめるべきだ。

 彼らがやっていることは「日本を取り戻す」などと心にもないことを叫びつつ、日本を滅ぼし、国民を壊滅させることでしかない。そうでない、と否定するのなら、直ちにすべての原子炉を停止して、全国の原子建屋にゴマンとある使用済み核燃料を早急に「安全な施設」へ移送すべきだ。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 日高見連邦共和国[14391] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年6月20日 00:25:42 : DDug3qRh7M : LnAySXIyRVZiN2M=[1] 報告
その通りです!!
2. 2019年6月20日 04:06:13 : 2ELwOsUF5w : Y1EyU1NhTXJ0UnM=[1] 報告
 かつて推進派だったとしても現在の原発に対する姿勢をみるべきで小沢一郎、小泉純一郎や菅直人、細川護熙等は評価すべき。逆にいまだに原発に固執する売国的犯罪者たちは与野党問わず糾弾すべき。
3. 2019年6月20日 08:18:44 : fPAGedqalU : S0tQb1pzMi91OVU=[272] 報告
 東日本大震災時の揺れの凄さです。
 岩手県に原発を容認せずに拒否を明確に、し続けた先人は偉大だ。

 揺れと津波の高さ破壊力を目の当たりにした沿岸住民の統一した見解。
 いま、放射能を発生するILCの推進で容認しようとしている。

 実験を終えた後のトンネルは、永久核貯蔵にお誂え向きだと
 原発ムラが手ぐすね引いて裏で蠢いていてもおかしくない。

 原発推進と同様オブラートに包んだ説得が政財界で浸透して
 住民が知った時には既に遅しが恐怖だ。

 

 

4. 日高見連邦共和国[14400] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年6月20日 09:17:15 : 0nvyZmqwOI : OG1uRFQxbDR3M0k=[482] 報告
>>03

>原発を容認せずに拒否を明確に、し続けた先人は偉大だ。

岩手県民として、立派な先人に頭を垂れます。

>放射能を発生するILCの推進で容認しようとしている。

ご存じのように『放射能(エネルギー)』は質量に依存します。

亜光速でぶつけようとする粒子の質量はいったいいくらですか?

そこで生じる『放射能』の量と、その放射能が環境へ及ぼす影響を定量的にご指摘下さい。

事が『放射能管理』の問題であれば、施設内で充分に『管理・制御』可能です。

勿論、実験後の放射能で汚染された施設の廃棄方法は最初から考慮せねばなりませんが。

批判は、具体的な根拠によって行ってくださいね。それが『建設的議論』というものです。

>実験を終えた後のトンネルは、永久核貯蔵にお誂え向きだと
 原発ムラが手ぐすね引いて裏で蠢いていてもおかしくない。

『おかしくない』のではなく、実際に水面下では、そのような策動がされています。

ですが、高々地底100キロの花崗岩層では、『使用済み核燃料の永久処分場』の要件は満たしません。

精々、さらに大深度の貯蔵トンネルを掘る為の『パイロットトンネル』及び、将来あり得るかもしれない
『使用済み核燃料の永久処分場』の『管理・監視用施設』に転用できるかどうか、という代物でしょう。

実際、ILCの建設が始まればはっきりしますが、地下トンネルは『地下水との戦い』です。

延々と湧き出る地下水の汲み上げ・管理に、もしかしたら予想外の膨大な管理費用が生じるかもしれません。

そういう、『的を射た批判』が、なかなかILC建設推進反対派から出て来ないのが不思議でなりません。

ご心配なさらず。達増知事は水面下できっぱり『NO!』と言ってますから。

それが、ILC北上山地誘致が『前へ進まない』何よりの事情でありましょう。

これが『自民党系知事』に代わる事があれば、事態は予断を許さぬ方向へ行きかねません。

この辺は、達増知事の『事実上の4選出馬表明』とも絡んできちゃうお話しですがネ。

>住民が知った時には既に遅しが恐怖だ。

岩手の住民は民度が高いので、もうその辺の懸念も、一関の市民団体から表明されています。

岩手では、昔の松尾鉱山鉱毒処理問題を始め、県北での大規模な産業廃棄物問題、
そして何よりも『ラジオアイソトープ』を契機に、環境問題なかんずく放射能問題
にはアンテナが高いですから、『時すでに遅し』なんてことにはなりませんので。

余計な心配はご無用です。

ですが、もし日本が『原発再稼働』を推進し、使用済み核燃料や高レベル放射性廃棄物の処理を
『国外ブン投げ』しない限りは、国内のどこかにそれ『最終処分場』を造らねばならなくなるでしょう?

ですので、そのご提起の問題は、『岩手の問題』ではなく『日本全体の問題』となる訳です。

勘違いだけはしないでくださいね!

あ、貴方が100%の善意でそのような事を仰ってるのは理解してますので。(笑)

5. 2019年6月20日 13:34:01 : niyy4hTwUA : OHU1UGRCUHhtN0k=[342] 報告
原発板のネタかな?
日本で原発が無理やりにでも存続させられている理由は、日本も核兵器を持つべきと考える知能程度の低いものがいて、それが結構社会の上層部で、目くらましのために原発を無理にでも存続させているから、ってのが答え。

何とかにつける薬は無いって言うからなぁ。

6. 2019年6月20日 14:10:12 : Ni9ouoGZ5s : Q0dMNmVqRkJCMkE=[2] 報告
⇒《原発は安全でもなければ安価な発電装置ではない。天文学的な費用の掛かる悪魔のエネルギーだ。ただ日本政府が核兵器の原料になるプルトニュウムを必要とする、という動機で原発を稼働し続けるというのなら、その動機について国民に説明すべきだ。そして国民の非難轟々の声を浴びて政治家をやめるべきだ。》

国民民主党の小林正夫、浜野喜史にも説明責任がある。

7. 日高見連邦共和国[14414] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年6月20日 20:06:24 : 8EVcMkf3p2 : YXVXRjJUTU43c1U=[3] 報告
04です。読み返してすざまじい誤記を発見!

×(誤): ですが、高々地底100キロの花崗岩層では、

〇(正): ですが、高々地底100mの花崗岩層では、

あまりにも桁が・・・。(涙)

8. 日高見連邦共和国[14415] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年6月20日 20:07:39 : 8EVcMkf3p2 : YXVXRjJUTU43c1U=[4] 報告
>>06

確かにその2人、早々に締め上げなければならないかもしれませんネ!

9. 2019年6月20日 23:01:53 : EvfCFkBBos : cUtSTzVieTJIM2M=[35] 報告
>>6
確かに、これは話を聞いておきたい
国民民主はこういった所が不安
10. 2019年6月22日 21:20:58 : 6EBgSnqyGM : L2RMY2UubnJTSC4=[1] 報告
雑感氏のこの投稿には賛同するが氏が反グローバリズムという観点から共鳴しているチャンネル桜の常連のロリコンDV常習者の三橋貴明は原発に関しては推進とはいわないが維持すべきと主張しているが。
11. 日高見連邦共和国[14482] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年6月22日 21:42:55 : mXGiGEbslI : V25tZ2RzNTVtY2c=[3] 報告
>>10

『維持』ってことは、『再稼働を推進』ってコトっしょ。(笑)

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK262掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK262掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK262掲示板  
次へ